「ゴールドローン」の基本情報や特徴のまとめ

目次

「ゴールドローン」の基本スペック

クレジットカード会社最大手の三井住友VISAカードの提携カードである「ゴールドローン」の利率は3.5%~9.8%、ご利用枠700万円までです。

ご利用枠290万円以下では9.8%、300万円~490万円では7.8%、500万円~690万円では4.5%、700万円では3.5%となっていて、利用枠に応じて段階的に利率が下がっていきます。

三井住友カードという名前がついているので、クレジットカードと誤解されやすいですが、クレジットカードとしての機能はついておらず、カードローン専用のカードとなっています。

「ゴールドローン」の特典

三井住友カードのゴールドローンでは、「適用利率引き下げサービス」という独特なサービスをやっており、最大で1.2%利率が引き下げられるようになっています。公式サイトには、「お借り入れ後、ご返済の遅延がない場合は、ご返済実績に応じて翌年度のご利用残高分より適用利率を0.3%ずつ引き下げるサービス」と書かれていますので、単純に延滞をせずに利用していれば毎年0.3%ずつ利率が引き下げられていくようです。

ほとんどの人は延滞をせずに利用していると思われますので、毎年0.3%ずつ利率が引き下げられていき、4年後には最大で1.2%利率が引き下げられた状態になります。最大で1.2%ですので、それ以上は延滞をせずに利用をしていても利率の引き下げはないようです。最大で1.2%利率が引き下げられた場合、ご利用枠290万円以下では8.6%、300万円~490万円では6.6%、500万円~690万円では3.3%、700万円では2.3%という利率になります。

三井住友カードのゴールドローンには無利息期間などの特典は現在ついていないようですが、利率の低さがそのまま特典であるとも言えます。銀行カードローンであるような、給与振込みに指定している人や住宅ローンを利用している人に優遇金利が適用されるといったサービスもありませんが、すでに優遇金利が適用されたような低金利になっています。

「ゴールドローン」の特徴

三井住友カードのゴールドローンは、新規で契約した人でも年利3.5%~9.8%、最大で1.2%利率が引き下げられた後には年利2.3%~8.6%という、カードローンにしては他に類を見ないほどの低金利となっています。限度額700万円、年利2.3%という最高の条件になれば、自動車ローンなどの目的別ローンも必要なくなるかもしれません。

最大で1.2%利率が引き下げられるというサービスにしても、利率を引き下げるための条件は「延滞をせずに利用していること」となっており、だれもが気をつけて利用をしていれば満たせる条件であり、4年後には2.3%~8.6%という年利になっている人も多いでしょう。

一方、三井住友カードのゴールドローンは、すべてにおいて他のカードローンよりも優れているというわけでもないという点には注意が必要です。コンビニATMや提携ATMを利用するときには、¥10,000以下で『¥100(税抜)』、¥10,000超で『¥200(税抜)』という手数料がかかります。借り入れと返済の両方で手数料がかかるので、毎月¥20,000を借りて、返済をするということを繰り返す場合には、手数料だけでも毎月『¥400(税抜)』かかってきます。

少額のお金を借りて、すぐに返済をしてしまうようなケースでは、利用の仕方に気をつける必要があります。¥20,000を借りて、すぐに返済をしてしまいたいというときには、手数料無料の銀行振り込みで借り入れをして、返済ではATMを使わずに自動引き落としを利用するようにすれば手数料はゼロとなり、利息も手数料以下の負担となります。

三井住友カードのゴールドローンの申し込み条件には、「満20歳以上~55歳以下で安定収入のある方で学生は除く」となっていますので、正社員はもちろん、派遣、契約社員、アルバイトの人でも安定収入があれば申し込みができます。好条件のカードローンですので、審査はそれなりに厳しいかもしれませんが、個人信用情報に傷がなく、他社借入もない人なら無理のない金額なら借りられる可能性があります。申し込みをしてみる価値はあるでしょう。

「ゴールドローン」のクチコミ

限度額50万円となりましたが、金利は9.8%という、他社のカードローンではありえないような低金利となりました。さらに、4年間延滞をせずに利用をしていれば毎年金利が下がっていくというのも魅力的です。延滞をしなければ金利が下がると考えると、返済が楽しくなります。次の目標は、限度額を上げていって金利をさらに下げることです。(30代、男性)


私は契約社員なので、このような好条件のカードローンは厳しいだろうと思っていましたが、意外にもあっさりと審査に通りました。カードは3日くらいで家に届きました。契約社員でも安定収入があって、過去に延滞などをしていなければ可能性があるとわかりました。同じ理由で、派遣社員やアルバイトでも属性の良い人なら大丈夫だと思います。(20代、女性)


私は他社のカードローンで、インターネットバンキングで返済をしていたので、自動引き落としとATM返済にしか対応していないことにはやや不満がありました。しかし、私はそれなりに大きなお金を借りることが多いため、計算をしてみると利息で大きなメリットが出ていました。ATM返済の手数料などは気にならないほど、利息でのメリットが大きいので、総合的には非常に満足しています。(20代、男性)


金利が低いゴールドローンは、銀行のカードローンだと思っていましたが、信販会社のカードローンであり、消費者金融に分類されるようです。そのため、総量規制がかかることには注意が必要です。年収500万円台の私は、限度額を179万円くらいまでしか上げられません。しかし、低い限度額でも9.8%という低金利であり、延滞をせずに利用をしていれば8.6%まで金利が下がるので、十分魅力的でした。考えてみれば、銀行カードローンでもどのみち年収の3分の1くらいまでしか借りられませんので、デメリットではないと思います。(20代、男性)

⇒ 三井住友VISAカードにはなにがある?もっと知りたい方はここをクリック!

▲目次にもどる