「フライング・ブルーVISAカード」の基本情報や特徴のまとめ

目次

「フライング・ブルーVISAカード」の基本スペック

フライング・ブルーVISAカードはVISAとエールフランス航空・KLMオランダ航空が提携しているカードで、ポイントの代わりに独自のマイルが貯まります。クラシックカードとゴールドカードの2種類があり、それぞれ年会費は¥1,250と¥10,000です(税抜)。どちらもフライング・ブルー会員であることが必須条件です。フライング・ブルー会員の申し込みはエールフランス航空かKLMオランダ航空のウェブサイトから可能です。
※参考:『「三井住友VISAカード」とは

「フライング・ブルーVISAカード」の特典

カード名になっている「フライング・ブルー」とはエールフランスとKLMオランダ航空が独自に展開するマイレージプログラムであり、カードを利用するとマイルがどんどん貯まります。ショッピングや食事、フライトなどで使えば¥1,000につき10マイルが加算されますので、還元率は1%と高めです。エールフランス航空、KLMオランダ航空はヨーロッパ最大の航空会社連合「スカイチーム」に加盟しており、ここに加盟している航空会社のフライトならどれでもフライング・ブルーマイルを貯めることが可能です。

なお、日本航空とも提携しているので、国内の移動でもマイルを貯まります。貯めたマイルは特典航空券に換えることができ、エールフランスやKLMだけでなく提携航空会社の航空券を手に入れることも可能ですので、使い勝手の良いカードと言えます。

マイルの有効期限は20ヶ月と短めですが、対象の航空会社のフライトで利用すれば自動で延長されるため、使い方によっては実質無期限となります。フライング・ブルー会員は利用の状況に合わせて会員のランク分けがされています。会員ランクが上がればボーナスマイルの獲得もできますので、使えば使うほどオトクなカードです。
※参考:『ステータスカードに興味があるなら…今日から実践すべきことはコレ!

「フライング・ブルーVISAカード」の特徴

フライト搭乗時に使うことで便利なフライング・ブルーVISAカードですが、一般的なクレジットカードのスペックも持ち合わせています。クラシックカードには旅行傷害保険が付帯していませんが、ゴールドカードには海外・国内旅行の傷害保険が利用付帯されています。事前に旅行費用等を本カードで支払っておけば旅行中の怪我による死亡や後遺障害等に対し最大で5,000万円の補償金が支払われます。これはゴールドカードでは最高クラスの金額です。なお、事前のカード利用がない場合でも最大1,000万円の傷害保険が自動付帯されます。

また、ショッピング保険も付帯しており、フライング・ブルーVISAカードで買った商品が盗難に遭ったり、破損したりした場合には購入日より90日以内であれば補償金が支払われます。ゴールドカードの場合は年間最大300万円まで、クラシックカードでは年間100万円までが補償されます。ただし、クラシックカードはリボ払い・分割払い(3回以上)、あるいは海外での使用のみが対象です。そしてゴールドカードならば空港ラウンジサービスもついています。国内28箇所の主要空港のラウンジが無料で利用できますので、旅の出発前にのんびりとリラックスタイムを過ごすことができます。

旅行や出張時のフライトだけではなく普段の買い物やインターネットショッピングでももちろん利用が可能、そのような日常生活の買い物でもマイルがどんどん貯まります。加えて電子マネー「iD」がついており、コンビニや自動販売機などでのちょっとした支払いにも使えます。紛失や盗難に備えて24時間年中無休で問い合わせ可能なデスクもあり、いつでも安心・安全に使用していけるカードではないでしょうか。
※参考:『使わなきゃ損?!iD機能搭載クレジットカードの魅力

「フライング・ブルーVISAカード」のクチコミ

ヨーロッパ出張が多く、スカイチーム加盟の飛行機をよく使うので作ってみました。出張の度にマイルが貯まりますし、他のカードと違ってポイントからの交換ではないので手数料が発生しないのも嬉しいですね。VISAなので使用できない場所も今のところありません。貯めたマイルで夏休みに海外旅行に行こうと計画しています。(30代、男性)


ゴールドカードを持っています。年会費はかかりますが、それよりも持っているメリットの方が大きく、またWEB明細を使えば年会費が割引になるのでさして気になりません。海外に出張するときは積極的に使ってマイルを貯めるのはもちろん、傷害保険も入れるので頼りにしています。海外の買い物が保険対象となるので、もっぱら国外で使っています。(30代、女性)


マイルを効率的に貯めるなら、こんなに便利なカードはないのではないでしょうか。交換手数料がかからないので、自分が使った分だけマイルをゲットできるというのも嬉しいです。スペックは一般的なカードと同じなので、大きい買い物も小さい買い物もこれで済ませています。電子マネーiDの使い勝手もよく、最近は普段使いになっています。(20代、男性)


年に1度の家族旅行くらいのときしか飛行機には乗りませんが、そのときのために日々マイルを貯めています。普段のお買い物は別のカードで、このカードはインターネットでの買い物に使っています。日用品をまとめて買うときにインターネットを使うのですが、一気にマイルが貯まるのでお得な気分です。夫も持っているので、夫婦でマイルを貯めています。(40代、女性)

⇒ 三井住友VISAカードにはなにがある?もっと知りたい方はここをクリック!

▲目次にもどる