「ANAカード」の基本情報や特徴のまとめ 

目次

「ANAカード」の基本スペック

クレジットカード会社最大手の三井住友VISAカードの提携カードである「ANAカード」の入会資格は高校生、大学生以外の18歳の人で、20歳未満の人は親権者の同意が必要です。

年会費は初年度無料で次年度以降は¥2,000(税抜)となっていますが、割引特典を受けられれば支払う年会費を低くすることが可能です。家族会員制度もあり、年会費は初年度無料、次年度以降は¥1,000(税抜)となっています。

割引特典は、適用される場合とそうでない場合があります。国際ブランドは、VISAとMaster Cardから選択することが可能です。

「ANAカード」の特典

日本最大の航空会社であるANAが提携先となって発行するカードなので、旅行やマイルに関する特典が多いです。このクレジットカードに入会すると1,000マイル、毎年のカード継続ごとに1,000マイルのボーナスをもらうことができます。また、ANAのグループ便に搭乗し、マイル対象運賃である場合、通常付与されるマイルに加えて割り増しのマイルをもらうことが可能です。

次に、ANAカードで代金を支払うと利用金額¥1,000(税抜)ごとにワールドプレゼントが1ポイント貯まります。家族会員がいる場合は、本会員と家族会員が獲得した合計ポイントが本会員に付与される仕組みです。また貯まったワールドプレゼントは景品や他社のポイントプログラムに交換できるのですが、マイルへ移行することも可能です。この時ANAカードマイルプラス提携店を利用してカードで支払うとさらに¥100(税抜)又は¥200(税抜)ごとに1マイル貯まります。

それから、旅行をする際、いろいろな優待サービスやカード会員限定割引が受けられます。具体的には航空機内での購入が10%OFF、ANAスカイホリデー、ANAハローツアーの利用が5%OFFで利用でき、複数の場面で経済的メリットを受けることが可能です。

「ANAカード」の特徴

ANAカードは、旅行に強いというのが最大の特徴のクレジットカードです。カード会員になる、ANAグループ便を利用する、ポイントを移行するなどの方法でマイルを獲得できるので、貯まるスピードも早いです。そのため旅行をする際、貯まったマイルを効果的に利用すれば、より多くの楽しみを味わうことができるでしょう。

旅行する際に、心強い付帯保険が付与されているのもこのクレジットカードの特徴です。ANAカードには旅行傷害保険が付与されており、海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険がそれぞれ最大1,000万円(税抜)までの補償となっています。国内航空傷害保険は国内旅行傷害保険よりも適用範囲は狭いですが、海外と国内の旅行に関する傷害保険が付与されている一般カードは貴重なのではないでしょうか。

また、海外・国内を問わず旅行中にカードで買い物をすることも少なくありませんが、購入した商品が盗まれてしまったり、紛失してしまったりする可能性もあるでしょう。しかしANAカードにはショッピング補償が付与されていて、年間100万円(税抜)まで補償してもらうことができます。ただ国内で買い物をした場合、対象となるのはリボ払い、3回以上の分割払いのみとなります。一方海外で買い物をした場合、制限はありません。

それから、ANAカードには、クレジット機能、ANAマイルの他に電子マネーのiDの機能が付与されています。海外や国内の旅行中においての支払いだけではなく、日常生活内やネットショッピングの支払いをする場合にも利用できるので便利だと言えるでしょう。また電子マネーを利用する場合、あらかじめチャージしなければならないものもあるのですが、iDの場合はチャージ不要なので利用するのに手間がかからないのがメリットだと言えますね。

「ANAカード」のクチコミ

ANAカードの年会費は初年度無料、次年度以降が¥2,000(税抜)なので、比較的安い方だと思います。また年会費割引特典の存在が魅力だと言えるのではないでしょうか。私は毎月の支払額を自分で決められるマイ・ペイすリボへ登録し、基本的にカード払いをしているので、年会費割引特典が適用され、毎年支払う年会費は通常の半額程度になっています。(30代、女性)


このカードを利用すると、通常よりもマイルが貯まりやすいですね。ANAの航空サービスを利用すれば、マイルボーナスが付与されたり、カードで貯まったポイントをマイルに移行したりできるので、気付いたらマイルがたくさん貯まっていることに気づきます。私は貯まったマイルを旅行中に有効活用して、プチ贅沢を楽しんだりしています。(20代、男性)


クレジットカードの判断基準の一つに付帯保険の充実度がありますが、このカードは一般カード以上のレベルだと思います。海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険の他、ショッピング補償まであり、これだけで安心して旅行に行くことができます。また補償額も旅行傷害保険は最大1,000万円(税抜)、ショッピング保険は年間100万円(税抜)と、それなりに大きいのも魅力的だと感じています。(30代、男性)


ANAカードで支払いをするとワールドプレゼントというポイントが付与されるのですが、いろいろな景品に交換できたり、他社のポイントに交換できたりと有効活用できるのがいいと思います。私はプライベートで電車によく乗るので、電子マネーのsuicaに交換しています。また国民年金保険料の支払いにもあてられるそうなので、今度利用してみようと考え中です。(30代、女性)

⇒ 三井住友VISAカードにはなにがある?もっと知りたい方はここをクリック!

▲目次にもどる