三井住友VISAカードエブリプラスはブランド重視の方におすすめ

クレジットカードは様々な会社が発行しています。そんな中、クレジットカードなんてどの会社のものでも同じだと思っていたり、どれを選べばいいのか解らない、と感じていたりする方も多いと思います。そのような中で、特に高いブランドやステータスを誇るのが三井住友VISAカードエブリプラスです。プライベートからビジネスシーンまで、幅広い場面で活躍する三井住友VISAカードエブリプラスの特徴についてご紹介していきたいと思います。

 

安心・信頼・安全が最大の特徴の、国内最大手のクレジットカードブランド

三井住友VISAカードエブリプラスは、三井住友フィナンシャルグループに属する「三井住友カード株式会社」が発行していて、日本初のVISAカードとして発行されたカードです。また現在でも、国内最大手のクレジットカードブランドであり、長年の歴史とブランド力に裏打ちされた「安心」「信頼」「安全」が最大の特徴になります。

 

クレジットカードは持ち主のステータスを左右する大切な持ち物

三井住友VISAカードのように有名なものから、あなたが知らないマイナーなブランドまで、クレジットカードは数多く世の中に存在しています。しかし、例えば海外では、収入証明書として扱われる国があったり、所有者の資産を表す鏡と言われたりもするほど、クレジットカードというものはとても重要なアイテムです。日本でも、海外ほどではないにせよ、社会的ステータスや、周囲からの信用や見られ方といったものは、持っているクレジットカードによって変わってくるのです。

 

三井住友VISAカードエブリプラスはリボ払いをしたい人におすすめの正統派カード

三井住友VISAカードエブリプラスは日本で初めて発行されたVISAカードという実績のあるカードです。またVJA(VISA JAPAN ASSOCIATION)グループの中で、発行枚数が最も多いカードでもあるので、ブランド力の点で、日本国内で発行されているほかのカードよりも抜きんでています。

また三井住友VISAカードエブリプラスの最大の特徴は、支払い方法が「マイ・ペイすリボ」という、いわゆるリボ払いに限定される点です。しかし毎月の支払い上限を最大にしてしまえば、リボ払いと言いつつも実質1回払いと変わらない形で買い物ができますし、何よりも三井住友VISAカードエブリプラスだけのメリットがあります。というのも、他の基本的な三井住友VISAカードでは、カード利用金額における付与ポイントは1,000円で1ポイント(還元率0.5%)なのですが、三井住友VISAカードエブリプラスに限っては、リボ払い請求があった月の付与ポイントが1,000円につき3ポイント(還元率1.5%)と、他のカードを利用した場合と比べて、なんと3倍もの還元率になるのです。リボ払い手数料のかからない月に関しては、従来の三井住友VISAカードと同じく、1,000円につき1ポイントとなるので、リボ払いをよく使う人ほどお得になるカードとなっています。

 

学生にも社会人にもふさわしい高級感と落ち着きのあるデザイン

三井住友VISAカードエブリプラスの券面には、三井住友カードの共通シンボルである「パルテノン神殿」があしらわれています。学生が持てば大人びた雰囲気を演出できますし、社会人が使っていると気品と落ち着きを感じさせる、そんな高級感あふれるデザインとなっています。国内最大手の三井住友VISAカードエブリプラスには相応しいデザインですね。

 

三井住友VISAカードエブリプラスとは?

三井住友VISAカードには以下のラインナップがあります。

 

三井住友VISAクラシックカード:スタンダード

・三井住友VISAクラシックカードA:スタンダード

三井住友VISAデビュープラスカード:25歳以下限定

三井住友VISAアミティエカード:女性専用

三井住友VISAエブリプラス:リボ払い

・三井住友VISAエグゼクティブカード:満20歳以上の安定した収入のある方向け

三井住友VISAプライムゴールドカード:20代限定のゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード:満30歳以上の安定した収入のある方向け

三井住友VISAプラチナカード:満30歳以上の安定した収入のある方向け

 

これら三井住友VISAカードのラインナップの中で、唯一のリボ払い専用、また年会費は永久無料という特徴を持ったカードが、三井住友VISAカードエブリプラスとなります。さらに、キャッシングの返済実績によっては、キャッシングリボ適用利率の実質年率を最大13%まで引き下げることが可能です(発行当初は実質年利17%)。この利率はキャッシングリボ適用利率の業界水準が実質年率18%だと言えば、その低さが伝わるのではないでしょうか。

ポイント還元率は、通常時は1,000円で1ポイント(0.5%)と、他のカードと大差ないのですが、リボ払いの手数料発生時のポイント還元率は通常の3倍で、1,000円で3ポイント(1.5%)となります。三井住友VISAクラシックカードや三井住友VISAエグゼクティブカード等、他の三井住友VISAカードのリボ払い時還元率が1%程度。三井住友VISAゴールドカードでも、リボ払い時で最大1.3%程度であることを考えると、三井住友VISAカードエブリプラスは圧倒的に高い還元率を誇っていることが解ります。

もちろん、iDやWAONなどの電子マネーにも対応し、ICチップ搭載でセキュリティーも万全と、他の三井住友VISAカードに備わっている機能はしっかりと三井住友VISAカードエブリプラスにも備わっているので安心です。

 

第二段落:三井住友VISAカードエブリプラスの年会費や国際ブランドは?

さて、みなさんがカードを持つ際、真っ先に気になるのが、年会費がいくらかかるのか、ではないでしょうか。また海外旅行によく行く人なら、どこの国で使えるか、も気になりますよね。ここでは三井住友VISAカードエブリプラスの基本情報や、国際ブランドなどについてご紹介します。

 

入会資格

三井住友VISAカードエブリプラスは、他の一般的なクレジットカードと同じく、高校生を除く満18歳以上であることが入会条件です。ただし、未成年の場合は親権者の同意が必要となります。

三井住友系のグループ会社だからと言って、引き落とし口座を必ずしも三井住友銀行にする必要はありませんから安心してくださいね。三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・インターネット専業銀行・一部の地方銀行を引き落とし口座として利用する場合は、インターネット上で口座振替設定をおこなうことで、最短3営業日でカードが発送されます。少しでも早くカードが欲しいという方は、上記の銀行口座を引き落とし口座として設定しておくといいかもしれません。

 

三井住友VISAカードエブリプラスの年会費は無料

ほとんどの方が最も気になるのは三井住友VISAカードエブリプラスの年会費でしょう。なんと、三井住友VISAカードエブリプラスの年会費は永久無料。いくら使い続けようと、年会費がかかることは一切ありません。永久無料でありながら、三井住友VISAカードというブランド力のあるカードを所有することができて、その他様々な特典、リボ払い時のポイント3倍など、数々の恩恵にあずかれる、とてもお得なカードです。

 

マイ・ペイすリボとは?

三井住友VISAカードエブリプラスの、利用額支払い方法として設定されている「マイ・ペイすリボ」。これは、三井住友VISAカードエブリプラスにおける、いわゆる「リボ払い」のことです。

通常のリボ払いは高額な手数料がかかりますが、三井住友VISAカードエブリプラスの「マイ・ペイすリボ」なら初回支払い時は手数料がかかりません。つまり、毎月のリボ払いでの支払い額を、カードの利用上限金額と同じにしてしまえば、リボ払いとは言いながら実質一括払いで済ますことができるのです。

しかしこの方法だと、リボ払い手数料がかからないため、三井住友VISAカードエブリプラスの最大の売りでもある「リボ払い手数料発生月はポイント3倍」という、最大の恩恵を受けることができなくなってしまいます。ではどうすればいいのでしょうか。

「マイ・ペイすリボ」の支払い額は毎月、三井住友VISAカード会員専用インターネットサービス「Vpass」から、増額や減額をすることができます。

Vpassから、「臨時増額」の申込みをすると、「現在のリボ払いご利用残高」が表示されます。そこで、「一部を追加して払う」を選択して、「現在のリボ払いご利用残高」に満たない範囲で、「ご希望追加お支払額」を設定すると、リボ払い手数料をほとんど支払うことなく、ポイント3倍の恩恵にあずかることができるのです。

例えば、月のクレジットカード利用額が50,500円だった場合は、支払い額を臨時増額して、リボ払い手数料は発生するので、ポイント3倍のボーナスを受け取ることができる一方、翌月に請求されるリボ払い手数料は7.5円(リボ払い利用残高500円×月利1.5%)のみとなるのです。毎月のカード利用額が一定の方はさておき、そうでない方は毎月支払い額の設定を行う必要がありますが、そのひと手間以上のポイントを得ることができるので、この方法は三井住友VISAカードエブリプラスを使う上で、是非おさえておきたいテクニックです。

 

Web明細サービス

毎月カードのご利用明細が郵送されてくるのは、管理が手間で面倒くさいし、確認したい時にすぐ見られなくて困る……という方は、三井住友VISAカードエブリプラスなら、カード利用額の明細をウェブ上で確認することができる、「Web明細サービス」を是非有効活用しましょう。ウェブページを開くだけで明細を確認できるので、今月はいくら使ったのか、などを外出先でもすぐに確認できて、非常に便利です。

 

常時入会キャンペーン実施中

三井住友VISAカードエブリプラスでは、常に何らかの入会キャンペーンをおこなっています。ギフト券プレゼントやキャッシュバックといった内容のキャンペーンであることが多いですが、時期などによって変わってきますので、詳しくは公式ホームページでご確認ください。

最大8,500円分キャッシュバックキャンペーン実施中!

 

国際ブランド比較はVISAとMasterCard

三井住友VISAカードエブリプラスの国際ブランドは、VISAとMasterCardの2つです。売上高の世界シェアはVISAが58%、MasterCardが26%と、この2つのブランドだけで世界の8割ものシェアを占めていることになります(2015年3月のNILSON REPORT調べ)。日本発の国際ブランドであるJCBは、国内では使える場所も多く重宝しますが、海外ではかなり使える場所が限られてきてしまいます。さらに誰もが一度は耳にしたことのある、アメックス(アメリカンエキスプレス)やダイナーズクラブなどは、確かに知名度もブランド力も抜群なのですが、それ故に使うことのできる箇所が限られてきてしまうのです。

逆に、世界中ほとんどの場所で使うことができるVISAとMasterCardを発行している三井住友VISAカードエブリプラスを持っていれば、どこへ行っても安心してカードを使った決済ができます。

 

中国渡航に強い「銀聯カード(UnionPay)」も発行可能

また、三井住友VISAカードエブリプラスを所有していれば、「三井住友銀聯カード」の発行も可能です。銀聯は世界シェアこそ10%程度と高くありませんが、中国国内では最も一般的なカードブランドで、大都市から地方都市まで、実に1700以上もの加盟店で利用することができるのです。中国に旅行や出張に行かれる際には、持っていると安心できる1枚です。

 

VISAとMasterCardどちらでも電子マネー「iD」「WAON」「PiTaPa」を利用可能

また、三井住友VISAカードエブリプラスは海外だけでなく、国内でも便利に使うことができるカードです。VISA、MasterCardどちらのブランドカードでも、電子マネー「iD」「WAON」「PiTaPa」を利用できます。

特に、イオングループの店舗で使うことのできるWAONはおすすめです。イオンでは毎月20日と30日に、WAONで会計すると5%OFFになる「お客さま感謝デー」を実施しているほか、5日、15日、25日には2倍のWAONポイントを受け取ることができる「お客さまわくわくデー」を実施しています。「お客様わくわくデー」はイオンの他にも、イオングループの店舗であるマックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなども対象店舗となっています。

 

家族カード

三井住友VISAカードエブリプラスは「家族カード」の発行も可能です。家族カードとは、契約者の家族が持つことのできるカードのこと。利用した分の請求は、契約者の口座から引き落とされるので、家族会員の方は、基本的に無審査でクレジットカードを持つことができます。

気を付けないといけない点は、家族カードを持つ場合、契約者のカードと家族カードでの合計利用金額が契約者の支払い金額になるということと、例えば契約者のカード利用上限額が80万円の場合、利用上限は各々のカードで80万円ではなく、本人のカードと家族カードの合計で80万円までになるということです。また、家族カードとはいえあくまでもクレジットカードですので、18歳未満の方にはもちろん発行できません。

 

バーチャルカード

また、三井住友VISAカードエブリプラスは「バーチャルカード」も発行できます。バーチャルカードとは、インターネットでの支払いでのみ使うことができるカードで、バーチャルカードを発行すると、会員番号や認証番号、有効期限などが記載された会員証が郵送されます。そこに記載された番号を使って、ネットショッピングをすることができるようになるわけです。最大のメリットは、万が一ネット決済の際に情報流出してしまった場合でも、バーチャルカードを使って決済していれば、本体のカード情報は守られるという点です。ネットショッピングの利用頻度が増えてきている今、これは本当に大きなメリットです。また通常のカード利用と同様に、バーチャルカードの利用でも「ワールドプレゼントポイント」が貯まります。

バーチャルカードの利用上限額は月10万円で固定ですが、万が一不正利用されたとしても、利用枠の範囲内で補償され、情報流出したバーチャルカードは使用不可能になるなど、セキュリティー面は万全です。ネットショッピングをよく利用する方は、作っておいて全く損はないでしょう。

 

ETCカード

三井住友VISAカードエブリプラスは「ETCカード」の発行も可能です。ETCカードとは、高速道路などの有料道路で、ETCシステムを利用する際に使うカードのことです。これがあれば、ETCゲートを通過するだけで、クレジットカードのように後払いでの精算が可能になります。窓口で料金を払う手間がなくなるので、快適にドライブを楽しむことができます。

注意点は、ETCカードを利用するには、それを差し込む「車載器」の取り付けが必要になります。ETCカードを持っているだけではETCゲートを通過できませんので気を付けてください。

三井住友VISAカードエブリプラスのETCカードは、発行手数料と初年度年会費は無料で、翌年から500円(税抜き)の年会費がかかります。しかし、前年に1度でもETCの利用請求があれば年会費はかからないので、年に1度は必ず高速道路を利用する、という人は実質無料でETCカードを利用することができます。

 

三井住友VISAカードエブリプラスだから安心できるココがスゴイ!ポイントとは?

クレジットカードを使っていく上で最も不安を感じるのは、セキュリティーなどの安全面でしょう。三井住友VISAカードエブリプラスは、セキュリティー面もしっかりとした、安心のできるカードになっています。では、なぜ安心できるのかを以下にご紹介していきたいと思います。

 

写真入りカードなので、不正利用の確率が格段に下がる

万が一カードをなくしてしまったら、という不安を持っている方も多いでしょう。三井住友VISAカードエブリプラスなら、裏面に顔写真の入ったカードを発行することができます。発行方法は、通常のカードが自宅に郵送された後、「写真取替申込書」という書類に必要事項を記入して郵送するだけです。これで写真付きのクレジットカードを発行することができます。なお顔写真入りのカードを申請した場合でも、通常の三井住友VISAカードエブリプラスと同じく、年会費は無料なので安心です。

顔写真入りのカードにすることで、万が一紛失した際に不正利用される確率を、大幅に下げることができます。

 

ICカードは磁気ストライプのように情報を勝手に読み取ることが非常に困難なので安心

三井住友VISAカードエブリプラスには、高度な暗号化技術によるICチップが搭載されています。これによって、磁気ストライプを搭載したカードよりも第三者が勝手に情報を読み取ることが困難な作りとなっているのです。

近年はICチップ搭載のクレジットカードが増えてきましたが、まだ搭載していないブランドも多く残っています。そんな中、ICチップが搭載されていて、さらには顔写真も入れることまでできる三井住友VISAカードエブリプラスは、セキュリティー面でも安心ですね。

 

24時間、年中無休で紛失・盗難の連絡を受け付け

万が一カードを紛失、またはカードが盗難にあってしまった場合でも、三井住友VISAカードエブリプラスなら、24時間年中無休で連絡を受け付けているので安心です。また連絡の受け付けだけでなく、不正なカード利用がないかを24時間体制でチェックしていて、不審な利用があったと判断された場合、一時的にカードの機能が停止されます。もちろん不正利用ではないことが分かった場合は、カードの利用を再開してもらえるのでご心配なく。

さらに海外で紛失、盗難に遭った際も「VJデスク」で日本語サポートを受けることができます。こちらも24時間年中無休なので、どんな時でも、どんな場所でも安心して三井住友VISAカードエブリプラスを使うことができます。

 

三井住友VISAカードエブリプラスのお得なポイントサービス

三井住友VISAカードエブリプラスには、とてもお得なポイントサービスも用意されています。ここでは、ポイントサービスについて、また利用可能な電子マネーについてもご紹介していきます。

 

三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まる

「ワールドプレゼントポイント」とは、三井住友VISAカードエブリプラスのポイント制度のことで、三井住友VISAカードエブリプラスなら、VISA加盟店で三井住友VISAカードエブリプラスを使って会計する毎に、税込み1,000円につき1ポイント貯まっていきます。1ポイント=5円相当になるので、ポイント還元率は0.5%ということになります。

また年間のカード利用金額に応じてボーナスポイントのプレゼントや、次年度のポイント還元率のアップする特典もあるので、カードを使う程お得になっていきます。ポイントボーナスの還元率は、300万円以上の利用で次年度は0.65%、100万以上300万未満だと0.575%、50万以上100万未満だと0.55%となります。リボ払い利用による手数料のかかる月の場合は、通常の年間利用額によるポイント+1%となり、300万以上の利用で1.65%、100万以上300万未満で1.575%、50万以上100万以下だと1.55%になります。

三井住友VISAカードエブリプラスは「リボ払い手数料のかかる月の獲得ポイントが3倍(還元率1.5%)になる」という特徴を持つカードです。現在のリボ払い利用残高に満たない範囲で、希望追加お支払額を設定するなど、Vpassを有効活用して、リボ払い手数料をほとんど支払うことなく、賢くポイント3倍の恩恵にあずかりましょう。

ワールドプレゼント、ボーナスポイントに加えて、プレミアムポイントというものもあるのですが、これらはいずれも、有効期限がポイント獲得月から2年となっています。有効期限を過ぎたポイントは失効し、利用できなくなってしまうので、こまめに確認をするようにしましょう。獲得したポイントの残高や有効期限は「Vpass」上で確認することができます。

 

会員限定サイトである「ポイントUPモール」経由のお買い物で最大20倍のポイントが貯まる

三井住友VISAカードが運営しているポイント優待サイト「ポイントUPモール」を利用することで、通常よりもお得にポイントを貯めることができます。使い方は三井住友VISAカードエブリプラスを使ってAmazonや楽天市場といったサイトで買い物をする際に、ポイントUPモールを経由するだけ。これだけで、最大20倍ものポイントを獲得することができます。また、実店舗での買い物の際も「ココイコ!」というサイトを利用することで、ポイント付与やキャッシュバックといった特典を受けることも可能です。どちらのサイトも三井住友VISAクラシックカードを持っていれば誰でも利用することができます。

 

<ポイントUPモール提携先と還元率>

名前 ポイント倍率 還元率

Amazon 2倍 1.0%

楽天市場 2倍 1.0%

LOHACO 3倍 1.5%

Yahoo!ショッピング 2倍 1.0%

ポンパレモール 2倍 1.0%

ベルメゾンネット 2倍 1.0%

セブンネットショッピング 4倍 2.0%

DeNAショッピング 3倍 1.5%

ニッセン 3倍 1.5%

ヤマダモール 3倍 1.5%

SEIYUドットコム 3倍 1.5%

楽天ネットスーパー 2倍 1.0%

楽天24 2倍 1.0%

FANCL 3倍 1.5%

DHCオンラインショップ 2倍 1.0%

爽快ドラッグ 5倍 2.5%

家電 ビックカメラ.com 3倍 1.5%

Apple Store 2倍 1.0%

ひかりTVショッピング 3倍 1.5%

ヤマダ電機 WEB.COM 2倍 1.0%

エディオンネットショップ 2倍 1.0%

BookLive! 11倍 5.5%

honto 6倍 3.0%

TSUTAYA オンライン 2倍 1.0%

ひかりTVブック 11倍 5.5%

旅行 エクスペディア 6倍 3.0%

楽天トラベル 2倍 1.0%

じゃらん 2倍 1.0%

JTB 3倍 1.5%

るるぶトラベル 3倍 1.5%

H.I.S. 2倍 1.0%

クーポン グルーポン 4倍 2.0%

ポンパレ 2倍 1.0%

楽天RaCoupon 2倍 1.0%

くまポンbyGMO 5倍 2.5%

マルイウェブチャネル 3倍 1.5%

ジーユー オンラインストア2倍 1.0%

i LUMINE(アイルミネ) 3倍 1.5%

JINS 6倍 3.0%

ABC-MART.net 3倍 1.5%

 

付与ポイントの増えるキャンペーンも頻繁に実施されています。またポイントUPモール経由のし忘れを防ぐためのツール「ポイントUPチェッカー」も配布されていますので、活用しましょう。

 

<主なココイコ!提携先と還元率>

店名 ポイント倍率 キャッシュバック

東急百貨店 3倍 1.0%

福屋 3倍 1.0%

小田急百貨店 3倍 1.0%

大丸 3倍 1.0%

阪急メンズ東京 3倍 1.0%

松坂屋 3倍 1.0%

渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス) 3倍 1.0%

三井アウトレットパーク 3倍 1.0%

ビッグエコー 2倍 0.5%

カラオケの鉄人 18倍 8.5%

東急ハンズ 3倍 –

+CASA 3倍 1.0%

伊達の牛たん本舗 2倍 0.5%

鈴廣かまぼこ 風祭店 2倍 0.5%

オーダーショップ エフワン 3倍 1.0%

コナカ 3倍 1.0%

紳士服はるやま 4倍 1.5%

東京・渋谷 YOSHIDA 3倍 0.5%

Perfect Suit FActory 4倍 1.5%

エクセル 3倍 1.0%

フォーエル 大きいサイズの店 10倍 4.5%

ユニバーサル・シティウォーク大阪 3倍 1.0%

スポーツショップ GALLERY・2 2倍 0.5%

ヴィクトリア・ヴィクトリアゴルフ・エルブレス 4倍 1.5%

近商ストア・ハーベス 3倍 1.0%

美容室アッシュ 2倍 0.5%

 

三井住友VISAカードエブリプラスが利用可能な電子マネー

三井住友VISAカードエブリプラスではiD、WAON、PiTaPaを利用することができます。特にiDは電子マネーに対応している店舗なら、ほとんど利用可能と言い切っても過言ではありません。カードと違ってサインや暗証番号の入力は必要なく、また小銭を出す手間も省くことができポイントも貯まるiDは、是非普段の買い物に有効活用したいですね。

三井住友VISAカードエブリプラスでiDを利用するには、おサイフケータイ機能の付いたスマートフォンと連携させる、専用のカードを作る、のどちらかをおこなう必要があります。クレジット一体型のiDは三井住友VISAカードエブリプラスでは利用できないので気を付けてください。

他のクレジットカードでは、iD発行に手数料がかかる場合もあるのですが、三井住友VISAカードエブリプラスは無料で利用することができるので、気軽に作ることができますね。

 

主なiD等電子マネー使用可能店舗

【コンビニエンスストア】
・セブンイレブン

・ファミリーマート

・ローソン

・ローソンストア100

・ミニストップ

・スリーエフ

・セイコーマート

・デイリーヤマザキ  など

 

【スーパー・ショッピングセンター】

・イオン系列店

・イトーヨーカドー

・まいばすけっと

・マックスバリュ

・ららぽーと

・ラゾーナ川崎プラザ

・横浜赤レンガ倉庫  など

 

【レストラン・ファストフード店】

・ガスト

・かっぱ寿司

・牛角

・カフェ&バー プロント

・ジョナサン

・白木屋

・すき家

・T.G.I.FRIDAY’S

・バーミヤン

・マクドナルド   など

 

【本・CD・DVD】

・紀伊国屋書店

・タワーレコード

・TSUTAYA

・ブックオフグループ

・丸善       など

 

【家電】
・コジマ
・ビックカメラ
・ヨドバシカメラ  など

 

【レジャー】
・歌広場
・カラオケの鉄人
・ビッグエコー
・スパリゾートハワイアンズ
・インターコンチネンタル東京ベイ
・東京サマーランド
・富士急ハイランド  など

 

【その他主要店舗】
・ダイソー
・洋服の青山
・ドン・キホーテ
・ムラサキスポーツ  など

 

また「おサイフケータイ」機能の付いたスマートフォンを使っている方は、「Visa payWave」という電子マネーを発行することもできます。このVisa payWaveは、海外の提携店でも使用可能な電子マネーで、海外に行かれる際に重宝するでしょう。

 

Apple Payにも対応

三井住友VISAカードエブリプラスは、2016年10月25日から日本でも使用できるようになった、「Apple Pay」にも対応しています。

Apple Payは、クレジットカードや電子マネーカードの情報をiPhone端末内で電子化し、その情報を使って決済ができるというもの。「おサイフケータイ」のようなものとご理解いただければ問題はないでしょう。

三井住友VISAカードエブリプラスをApple Payに登録すると、iDとして使用できます。前述のように、iDは国内の電子マネー対応店ならほとんどの場合使うことができますし、ポイントも貯まるという優れものです。

 

 

三井住友VISAカードエブリプラスのお得で安心の付帯サービス

三井住友VISAカードエブリプラスには、カードのセキュリティーだけでなく、様々な時に安心できる、お得な付帯サービスがあります。様々な場面で安心できる、三井住友VISAカードエブリプラスの付帯サービスをご紹介していきます。

 

海外旅行傷害保険

海外旅行先で事故や病気にかかってしまった際にかかることのできる保険です。注意していただきたいのが、「日本出国前に、旅行のために利用した公共交通乗用具の利用代金を該当の三井住友VISAカードエブリプラスで決済した」「出国後、現地の公共交通乗用具の利用代金を該当の三井住友VISAカードエブリプラスで決済した」「出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行の代金を該当の三井住友VISAカードエブリプラスで決済した」のいずれかを満たした場合に保証される利用付帯であることです。旅費等の支払いは三井住友VISAカードによる決済にしておけば、ポイントが貯まって保険も付けられるので、お得で安心ですね。

 

補償内容(三井住友VISAクラシックカードの場合の金額)

障害死亡・後遺障害   最大2000万円

障害治療費用      50万円(1事故での限度額)

疾病治療費用      50万円(1疾病での限度額)

賠償責任        2000万円(1事故での限度額)

携行品損害       15万円(1旅行中かつ1年間での限度額、自己負担1事故3000円)

救援車費用       100万円(1年間での限度額)

 

ただし、所持しているカードの種類によって、保険の補償金額や、そもそもの保険の有無が変わってきますので、詳しくは三井住友VISAカードエブリプラスの公式ホームページをご確認ください。

 

国内旅行傷害保険

こちらは国内旅行での死亡や後遺障害の場合に適応される保険です。こちらも海外旅行傷害保険と同じく、クレジット決済の有無によって最高保証額が変わります。またカードの種類によって保険適応の可否が変わってきますので、詳しいことは三井住友VISAカードエブリプラスの公式ホームページをご確認ください。

 

補償内容(三井住友VISAクラシックカードA、三井住友VISAアミティエカードの場合)

障害死亡・後遺障害 最大2000万円(自動付帯300万円、利用条件分1700万円)

 

三井住友VISAゴールドカード、三井住友VISAプライムゴールドカードの場合のみ上記の傷害保険に付随して

入院保険金日額    5,000円

通院保険金日額    2,000円

手術保険金           最高20万円

 

三井住友VISAカードエブリプラスのVJデスクとは?

三井住友VISAカードエブリプラスは、世界の主要都市に「VJデスク」というサポートデスクを置いています。カードやパスポートの盗難・紛失などのトラブルから、現地の観光情報の提供やレストラン・チケットの予約と言ったサービスまで、24時間日本語で対応してくれる、海外旅行時の心強いサポートです。日本以外でVJデスクの置かれている国は以下の通りです。

【VJデスクの設置されている国一覧】

アメリカ・カナダ・ブラジル・韓国・台湾・中国・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピン・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・フランス・イタリア・ドイツ・オーストリア・オランダ・スペイン・ポルトガル・ベルギー・スイス・ギリシャ・デンマーク・トル

ハワイにある「VJデスク ホノルル」の中には、「ハワイ・ホノルルラウンジ」があります。

ハワイ・ホノルルラウンジでは、以下のようなサービスを受けることができますので、ハワイ旅行の際には是非有効活用しましょう。

・手荷物一時預かり、日本語新聞の閲覧、Wi-Fi接続、携帯電話充電器のレンタル、ベビーバギーのレンタル、大手デパートの割引クーポン券付与など

更に、世界28都市の主要な観光スポットや交通案内、治安状況などの情報を掲載した「世界のお得なお店ガイド」に掲載されているお店で、クーポンを提示して三井住友VISAカードエブリプラスで支払いをすると、利用代金の割引やプレゼントなどの特典も受けられるなど、様々なサービスで海外旅行をアシストしてくれます。

 

VJトラベルデスク

海外旅行だけでなく、国内旅行の際にも特典は存在します。「VJトラベルデスク」から該当の国内・海外パッケージツアーを申し込むと、同伴者の方の分も含め、基本料金から最大5%オフなど、お得に旅行できるのです。

 

国内旅行の割引対象(すべて5%割引)

・日本旅行(赤い風船)

・ANAスカイホリデー

・JALパックスペシャル

・クラブメッド

 

海外旅行の割引対象と割引率です。

・日本旅行 5%

・JALパック 5%

・ANAハローツアー 5%

・クラブメッド 5%

・ユナイテッドツアーズ 5%

・プレイガイドツアー 5%

・JALバックパックスペシャル 3%

・日本旅行Best 3%

・プレイガイドツアー 3%

 

また「VJホテルステイプラン」という、全国のシティホテル・リゾートホテルに優待料金で宿泊できるサービスも存在します。なんと最大60%優待割引というホテルもあるので、国内旅行の際は是非利用したいサービスです。

 

Globe Pass(グローブパス)は韓国でおトク

「Globe Pass」とは、アジア各国のホテルや免税店で、クーポンを提示することで割引やプレゼントといった優待サービスが受けられるプログラムです。

対象国は韓国、中国、台湾、香港、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、日本です。

また韓国に限り、韓国湖民銀行(KB)でパスポートと三井住友VISAカードエブリプラスを提示すると、円からウォンへ両替する際の手数料が30%割引されるといった恩恵もあります。旅行やビジネスシーンで行くことも多いであろう韓国には、このような特典が多数取り揃えられています。うまく活用し、お得に渡航したいですね。

 

ショッピング保険

三井住友VISAカードエブリプラスには、盗難や旅行時の保険の他に、買い物での損失も補償してくれる「ショッピング保険」というものが付帯しています。三井住友VISAカードエブリプラスで購入した商品が盗難に遭ったり、破損したりした場合、自己負担金3,000円でそれ以上の損害は保険で補償してくれるというものです。補償上限は年間100万円までです。

注意点は、国内での買い物において一括払いで決済した場合は保険適応外だということと、補償期間は商品購入から90日間だということ。海外で一括払いを利用して購入した商品に関しては、保険の適用対象となります。

……実はこの注意点、三井住友VISAカードの中で三井住友VISAカードエブリプラスに限っては、補償期間の点以外は注意する必要がありません。理由は簡単で、三井住友VISAカードエブリプラスには「マイ・ペイすリボ」払いしか存在しないため。リボ払いの設定金額が上限最大で、結果として一括払いの形になってしまったとしても、手数料が発生しないだけで、リボ払いをしたことに変わりはありませんし、きちんと保険の適応対象になりますから安心してください。

なお、以下の商品は補償対象とはなりませんので注意してください。

・船舶(ヨット、モーターボートおよびボートを含む)、航空機、自動車、自動二輪車、原動機付自転車、自転車、雪上オートバイ、ゴーカート、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、セーリングボート、ラジオコントロール模型およびこれらの付属品

・移動電話、ポケットベルなどの携帯式通信機器およびこれらの付属品

・義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類するもの

・動物および植物

・現金、手形、小切手、その他の有価証券、印紙、切手、乗車券など(鉄道・船舶・航空機の乗車券・定期券・宿泊券・観光券および旅行券をいいます)、旅行者用小切手およびあらゆる種類のチケット

・食料品

・稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに準ずるもの

・不動産および不動産に準ずるもの

・会員が従事する職業上の商品となるもの

 

ライフ&スポーツ賠償付 自転車保険

三井住友VISAカードエブリプラスの学生会員は、「ライフ&スポーツ賠償付自転車保険」に加入することができます。加入期間は、卒業予定年の3月末日まで。自転車通学をしている学生さんや、日常的に自転車をよく使う学生さんにはもってこいの保険です。補償される場合は次の通りです。

自転車搭乗中や運行中の自転車との衝突・接触により、死亡または後遺障害を負った場合。

日常生活において、他人を死傷させた場合や他人の財物に損害を与えた場合の損害賠償責任。

ただし、競輪やロードレースなどの、自転車を使った競技の最中に起こった事故による怪我は保険適応外となりますので注意してください。

 

JR東海プラスEXサービス

国内旅行を更にお得に、手軽にする手段として、三井住友VISAカードエブリプラスの会員は、東海道新幹線(東京~新大阪間)の座席予約をネット上で済ますことのできる「JR東海プラスEXサービス」を利用できます。このサービスを利用すると、専用のICカードである「プラスEXカード」で、Suicaと同じように改札にタッチするだけで新幹線に乗車することができるようになります。よく東海道新幹線を利用する方にとっては、みどりの窓口や金券ショップなどで切符を買う手間を省ける、非常に嬉しいサービスです。

このサービスを使えば、新幹線の座席を自由に選択することもできますし、予約の変更を何度行っても手数料はかかりません。さらに、ゴールデンウィークや年末年始、お盆などの繁忙期でもチケットの値段は変わりません。帰省するのに東海道新幹線を利用する学生さんや、仕事で東海道新幹線を使って文字通り東奔西走するような社会人の方は、是非活用したいサービスです。

 

三井住友VISAカードエブリプラスの活用したいお得なレジャー特典

三井住友VISAカードエブリプラスは、レジャー特典も充実しています。友人と遊びに行きたい時、上司や得意先の接待に、または家族サービスにと、特典の使い道は様々です。三井住友VISAカードエブリプラスのレジャー特典を活用して、休日の楽しみも充実させましょう。

 

USJがお得に楽しめる!

Universal Studios Japan

三井住友VISAカードエブリプラスはユニバーサルスタジオジャパン(USJ)と提携しているので、USJの「1デイ・スタジオ・パス」(1日パスポート)を、割引価格で購入することができます。利用方法は、三井住友カード会員専用のUSJのウェブチケットストアで購入するか、割引クーポンを印刷してUSJのチケット販売所で提示するだけと簡単です。

またUSJ以外にもコンサートやスポーツ観戦のチケット、スポンサー契約をしている劇団の先行販売や優待券などを、「Vpassチケット」というウェブページから購入することもできるので、懐事情の寂しい学生さんには嬉しいサービスではないでしょうか。

Vpassチケットで取り扱っている主なチケットのジャンル(2017年5月28日現在)

 

ミュージカル・ダンス

演劇・歌舞伎・伝統芸能・歌舞伎

クラシック・オペラ・バレエ

J-POP・洋楽・演歌

イベント・スポーツ・その他

 

また、特に充実しているのが宝塚劇場との提携です。チケットを取るのが難しいことで有名な宝塚劇場ですが、月に1~3回ほど、三井住友VISAカードエブリプラス限定の貸切公演が開催されます。これなら、チケット争奪戦が他の公演よりも激しくありません。他にも、年に数回おこなわれる三井住友カード協賛の公演時には、三井住友VISAカードエブリプラス会員が優先的にチケットを購入できる優待もありますから、宝塚ファンの方も持っておきたいクレジットカードですね。

 

国内ゴルフエントリーサービスも充実

三井住友VISAカードエブリプラスは「国内ゴルフエントリーサービス」も充実しています。全国にある約700ヶ所のゴルフ場の平日プレイ予約を、電話1本で済ますことができるサービスです。エントリー代行料金はカード会員及び同伴者1人につき500円(税抜き)。希望するプレイ日や人数が決まったら、必ず三井住友VISAカードエブリプラス保持者本人が連絡をするようにしてください。対象となるゴルフコースは以下のものになります。

太平洋クラブ(北海道・福島・茨城・群馬・栃木・埼玉・千葉・神奈川・静岡・兵庫)、社団法人神戸ゴルフ倶楽部(兵庫)

社会人の嗜みでもあるスポーツの代名詞といえばゴルフですから、例えば、学生のうちからゴルフ場の予約に慣れてしまえば、社会人になった時に上司や取引先の方から一目置かれる、なんてこともあるかもしれませんね。