年会費は格安、しかしサービスは上質!それが「SBIプラチナカード」

目次

格安の年会費が魅力の「SBIプラチナカード」

入会資格としては、学生を除いた20歳以上の安定した収入のある方が対象となります。年会費はプラチナカードでは格安の20,000円(税抜)発生します。家族カードの発行も可能で、年会費は1枚目は無料、2枚目以降は1枚につき5,000円(税抜)の年会費が発生します。

国際ブランドはMasterCardで国内、海外どちらも利用しやすくなっていカードとなります。カードのご利用枠は10万円以上の額で定められ、審査を元に決定されるのが通常です。カード利用代金の支払いは残高スライド元利定額リボルビング方式を取っており、返済日は任意に一定の日を選択することができます。
※参考:『「SBIカード」とは

利用するほど増えて、現金化もできるポイントプログラムが魅力の「SBIプラチナカード」

カードを利用して買い物や各種支払をすることでポイントが貯まります。利用額1,000円ごとに10ポイント付与されるので、買い物や支払額が増えるほど、貯まるポイントも大きくなります。各種支払をまとめてカード払いにすると、ザクザクポイントが貯まるのでお得です。

貯まったポイントは、現金へ交換することも可能です。変換手続きは会員専用ページで簡単にできますので、特に難しいことはありません。ポイント交換レートは3,000ポイントと5,000ポイント単位の場合、1ポイントあたり1円以下の交換レートとなりますが、1万ポイントの場合、プラチナであれば1ポイント1円のレートで交換することが可能です。そのため、現金化するのであれば、頑張って1万ポイント以上貯めて、交換することをおすすめします。

また、現金に直接交換するだけでなく、SBIポイントに移行して現金化する方法もあります。ただし、付与されたポイントをSBIポイントに交換する時のレートは、1万ポイント以上だとしても1ポイント1円分未満となっているため、注意が必要です。SBIポイントから現金に交換する時も同様ですね。そのため、通常であれば直接現金に交換した方が良いのですが、SBIカードの会員になっている方は特別優遇が受けられるので、SBIポイントを1円以上のレートで交換することができます。

さらに、半年間のカード利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる特典があり、200万円以上利用した場合は1万ポイントをボーナスとしてプレゼントします。つまり、1万円分のボーナスがもらえるとのことです。
※参考:『クレジットカードを選ぶときは、自然に貯めることができるポイントに注目

費用対効果の高さが特徴の「SBIプラチナカード」

プラチナカードの年会費は5万円以上のカードが多く、中には10万円以上発生するクレジットカードもあります。しかし、SBIプラチナカードは年会費が2万円(税抜)で、比較的に格安です。そのため、特典や付帯サービスの質で劣るのかとも考えられますが、そのようなことはありません。コンシェルジュサービス、空港ラウンジサービス、様々な優待サービスなどが利用でき、万全の保険サービスまで備えられています。SBIプラチナカードは他のプラチナカードに比べると費用対効果が非常に高いクレジットカードです。

コンシェルジュサービスとは飛行機のチケットやレストランの予約、旅行や料理体験に関する案内など、日常生活を電話にてサポートしてくれるサービスのことを言います。このサービスを利用することで、困ったことがあったときに様々な分野での問題解決に役立ちます。また、家の鍵を無くしたから手配をお願いしたい、パーティーをするので会場を取ってほしいなど、頼みにくいことやささいなことでも頼めるので非常に便利です。コンシェルジュサービスを利用するには、専用ダイヤルに電話をかけておこないます。

空港ラウンジサービスである「ラウンジ・キー」では、日本の空港だけでなく、アメリカ、ヨーロッパを始めとする世界各国の空港VIPラウンジを無料で利用することができます。他社カードから提供するプライオリティ・パスとは異なる、独自のVIPラウンジサービスとなります。別途カードの発行は不要で、SBIプラチナカードを提示するだけでラウンジの利用ができます。また、カード会員本人だけでなく、その同伴者も利用可能です。同伴者は年に6回まで無料で利用ができ、7回目からは別途料金が発生します。

優待サービスとしては、全国厳選のホテルや旅館、海外のホテル、航空券が優待価格で利用できます。また、全国の有名レストランで一部割引を受けられるなどの特典があります。

国内と海外の旅行傷害保険も充実していて、保険金額は最高1億円となります。その他、ショッピングカード保険、紛失・盗難保険も備えていて、万全の体制を整えています。
※参考:『クレジットカードのショッピング保険。正式名称は動産総合保険ってなに?

「SBIプラチナカード」のクチコミ

・プラチナカードでは驚きの年会費
プラチナカードの年会費は通常5万円~10万円程度だと知っているのに、このカードの年会費を聞いた時、驚きを隠せませんでした。その分サービス面で劣るのではとも思ったのですが、そのようなことはありませんでした。高級レストランでの食事ができたり、高級ホテルに泊まれたりするなど、セレブの気分を味わえています。プラチナカードを持ちたいならおすすめの1枚です。(30代、女性)


・日常生活に困ることが無くなった
SBIプラチナカードを持っていると様々なサービスを受けらるのだが、私が最も気に入っているのはコンシェルジュサービス。これはホテルやレストランなどの予約、旅行の計画、医療相談、専門家の紹介など、日常生活に関するいろんなことをサポートしてくれる。私はこのサービスを受けるようになってから日常生活に困らなくなったと思う。(40代、男性)


・このカードのおかげで安心して旅行に行ける
海外旅行に行くと少なからず事故やトラブルに遭遇する可能性があるという不安がつきまといますが、このカードを持ってから安心して旅行に行けるようになりました。SBIプラチナカードには海外旅行傷害保険が備わっていて保険金の額も高く、しっかりした補償が受けられるからです。このカードは国内、海外ともに高額の旅行傷害保険を付帯しているので、旅行によく行く人にはおすすめです。(30代、男性)


・利用頻度が多いとポイントがザクザク貯まる
カードを利用して代金を支払うと、ポイントがどんどん貯まっていくのがいいですね。普通カードで買い物をしすぎないようにするものですが、私は購買意欲が湧いて、積極的に買っています。そのおかげでポイントがたくさん貯まり、数千円程度のキャッシュバックを受けられました。また、利用額に応じてボーナスポイントがもらえるのも見逃せませんね。(20代、女性)

▲目次にもどる