特典航空券の予約はスピードが勝負!

「せっかくマイルを貯めたに、特典航空券の予約が取れない」という声も多い。特繁忙期や人気の行き先はライバルが多く、予約を取るの難しいこともある。

そのため、受付開始と同に航空券を押さえておくの鉄則。予定が定まっていなても、とりあえず予約が定まっていなくてもとりあえず予約をして後で変更するといいだろう。

ANAやJALの場合、日時の変更は何度でも無料(行き先の変更は不可)。キンセル手数料もANA3,000マイル、JAL3,100円となっている。

特典航空券の次にレートがいいのは、航空券やツアー購入に使えるポイントへの交換だ。条件次第では1マイル=1.5円以上となり、電子マネーや共通ポイント(1マル=1円相当)への交換よずっとおトク。特典航空券異なり、好きなときに好き場所に行けるのもうれしい。

ポイントに交換
ANAは1マイルから「ANA SKY コイン」、JALはJALカードを持っていれば3000マイルから「eJALポイント」に交換可。公式サイトで航空券やツアーの購入に利用できる。

ANAカードマイルプラス 1万マイル → 12,000~13,000円相当
5万マイル → 60,000~85,000円相当
JALカード特約店 3000マイル → 3,000円相当
1万マイル → 15,000円相当

電子マネーに交換
期限切れ間近のマイルが余っている場合は、現金同様に使える電子マネーや共通ポイントへの交換が無難。ただし、1マイル=1円程度と交換レートは低め。

交換可能な電子マネー
ANA 楽天Edy、nanaco、iD、Suica、SUGOCA、PiTaPa、はやかけん
JAL WAON、Suica、PiTaPa、SUGOCA

航空券の必要マイル数を見る

特典航空券交換の必須マイル数は、エアラインによって様々。予約がとれないときは、旅行に使えるクーポンへの交換もおすすめ!

スターアライアンス ワンワールド スカイチーム
路線 ANA UA JAL BA デルタ
大阪 10,000~15,000 10,000 10,000~12,000 10,000 対象路線なし
札幌 12,000~18,000 10,000 12,000~15,000 10,000 20,000
那覇 14,000~21,000 16,000 12,000~15,000 16,000 20,000
台北 17,000~23,000 30,000 17,000~20,000 30,000 35,000~75,000
バンコク 30,000~38,000 45,000 25,000~35,000 45,000 45,000~90,000
ホノルル 35,000~43,000 50,000 40,000 50,000 60,000~130,000
ニューヨーク 40,000~55,000 70,000 40,000~50,000 70,000 70,000~150,000
パリ 45,000~55,000 90,000 45,000~55,000 90,000 100,000
スターアライアンス
路線 ANA UA
大阪 10,000~15,000 10,000
札幌 12,000~18,000 10,000
那覇 14,000~21,000 16,000
台北 17,000~23,000 30,000
バンコク 30,000~38,000 45,000
ホノルル 35,000~43,000 50,000
ニューヨーク 40,000~55,000 70,000
パリ 45,000~55,000 90,000
ワンワールド
路線 JAL BA
大阪 10,000~12,000 10,000
札幌 12,000~15,000 10,000
那覇 12,000~15,000 16,000
台北 17,000~20,000 30,000
バンコク 25,000~35,000 45,000
ホノルル 40,000 50,000
ニューヨーク 40,000~50,000 70,000
パリ 45,000~55,000 90,000
スカイチーム
路線 デルタ
大阪 対象路線なし
札幌 20,000
那覇 20,000
台北 35,000~75,000
バンコク 45,000~90,000
ホノルル 60,000~130,000
ニューヨーク 70,000~150,000
パリ 100,000

繁忙期には必要マイル数がアップ
一般的に、連休や夏休み、年末年始など繁忙期はより多くのマイルが必要になる。予約が取りづらい場合もあるので、受付開始と同時に申し込みをしよう。

外資系マイルでも国内線が使える!
UAのマイルがあればANA、BAのマイルがあればJALの国内線特典航空券にも交換できる。特に繁忙期は、ANAやJALのマイルを使うよりも有利!

燃油サーチャージが不要のエアラインも!
通常、特典航空券には燃油サーチャージの支払いが必要。ただし、UAなど一部のエアラインでは燃油サーチャージを徴収していないので要チェック。