三井住友VISAプライムゴールドカード・JCB GOLD EXTAGEから始めるクレジットヒストリー

30歳未満であっても“もっと自身のステータスを高めるためにゴールドカードを持ちたい”という方にオススメのクレジットカードが、三井住友VISAプライムゴールドカード」と「JCB GOLD EXTAGE」の2つです。

年齢に関係なく、高いステータス性のクレジットカードを持ち、それに見合った待遇を受けたいと思うのは当然のことです。また、将来的に最上級のクレジットカードを持ちたいと考えているのであれば、若いうちから上位のクレジットカードで利用実績を作ることはとても大事なことです。

若いうちから高いステータスを持ち、早くプラチナ級のカードを所有したいと考えるのであれば、若者限定のゴールドカードを持つのが一番の近道だと言えます。

三井住友VISAプライムゴールドカードとJCB GOLD EXTAGEは、20代限定のヤングゴールドカード!

ヤングゴールドカード」とは、多くのゴールドカードの入会基準である「30歳以上、年収500万円」という入会基準には満たないものの、将来のゴールドカード会員候補とされる20代のヤングエグゼクティブに向けて発行されているクレジットカードです。

三井住友VISAプライムゴールドカードJCB GOLD EXTAGEは、どちらも29歳以下であることが利用条件のヤングゴールドカードです。

どちらのカードにも、最高5000万円の海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング補償や空港ラウンジサービスなど、非常に似た付帯サービスが付いています。まさに「若者向けのゴールドカード」と呼ぶに相応しいクレジットカードです。

三井住友VISAプライムゴールドカードとJCB GOLD EXTAGEの違いはポイント優待

三井住友VISAプライムゴールドカードとJCB GOLD EXTAGEには、それぞれにポイントサービスが付いており、利用に応じて貯まるポイントを様々なサービスや商品に利用することができます。

基本のポイント還元率はどちらも0.5%(1,000円につき1ポイント)となっていますが、ボーナスポイントやポイントアップなどの優待内容が異なります。

三井住友VISAプライムゴールドカードのポイント特典


・通常カードの2倍のボーナスポイント
・カード切り替え時の継続サンクスポイント
・ポイントUPモールの利用でポイントが最大20倍

さらに、三井住友VISAプライムゴールドカード独自の特典ではありませんが、「マイ・ペイすリボ」の利用でポイント還元率を上げることができるので、上記の特典と併せることでもっとお得にポイントを貯めることが可能です!

JCB GOLD EXTAGEのポイント特典


・カード入会後の3ヶ月間はポイント3倍
・カード入会後の4ヶ月目以降はポイント1.5倍
・海外の買い物はポイント2倍
・JCB ORIGINAL SERIESパートナーの利用でポイントが最大10倍
・OkiDokiランドの利用でポイントが最大20倍

三井住友VISAプライムゴールドカードとJCB GOLD EXTAGEを持てば、空港ラウンジを利用できる!

三井住友VISAプライムゴールドカードJCB GOLD EXTAGEを所持していれば空港ラウンジを利用することができます。

シーズンや時間帯によっては混雑している空港で、搭乗手続きや保安検査などを行うと心身ともに疲れてしまいますが、そんな中でゆったりとした時間を過ごせるというのはとても助かります。

ほとんどの空港ラウンジでドリンクバーや無線LANを提供していますので、つかの間の休息だけではなく、急な仕事の対応と言ったビジネスシーンでも活用できます。

三井住友VISAプライムゴールドカード会員であれば、全国28箇所の空港ラウンジを利用できます。

⇒ 三井住友VISAプライムゴールドカードの公式サイトを見る

一方、JCB GOLD EXTAGE会員であれば、国内主要空港とハワイ・ホノルル空港で空港ラウンジを利用することができます。

⇒ JCB GOLD EXTAGEの公式サイトを見る

利用できる空港ラウンジや、空港内のどこにあるのかなどを事前に確認しておくことで、より時間を効率的に使えます。

三井住友VISAプライムゴールドカードもJCB GOLD EXTAGEも、初年度は無料で使える!

¥0

三井住友VISAプライムゴールドカードとJCB GOLD EXTAGEは、高い信頼性とステータス性を持っているにもかかわらず、年会費が手頃というコストパフォーマンスの良さも魅力の一つです。どちらも初年度の年会費・発行手数料は無料でクレジットカードを持つことができます。

二年目以降は三井住友VISAプライムゴールドカードが5,400円(税込)、JCB GOLD EXTAGEが3,240円(税込)となっています。

一見すると、JCB GOLD EXTAGEの方が安くゴールドカードを所有できるように思えますが、三井住友VISAプライムゴールド会員は「リボ登録」と、紙の利用明細を不要とする「web明細サービス」を利用すれば1,620円(税込)まで年会費を抑えて利用することができます。

三井住友VISAプライムゴールドカードもJCB GOLD EXTAGEも安心の保険が付帯。

クレジットカードを持つにあたって、保険や補償が充実しているという点は安心感を持てる大事な要素です。

三井住友VISAプライムゴールドカード会員には、海外・国内共に最高5,000万円の旅行傷害保険と、年間300万円までのショッピング補償が付帯します。

一方、JCB GOLD EXTAGE会員には、海外・国内共に最高5,000万円の旅行傷害保険と、年間200万円までのショッピング補償が付帯します。

どちらも充実の内容ですが、三井住友VISAプライムゴールドカード会員であれば、旅行傷害保険が自動付帯し、さらに子供の身に万が一の事態が起こった時にも安心の「家族特約」も自動付帯します。

持っているだけで保険の対象になる自動付帯がついているという点は、三井住友VISAプライムゴールドカードを所有するメリットの一つだと言えるでしょう。

海外利用は三井住友VISAプライムゴールドカード、国内利用はJCB GOLD EXTAGE

三井住友VISAプライムゴールドカードの国際ブランドは、VISAとMasterCardの2種類から選択可能です。

現在、クレジットカード売上高の世界シェアは、1位がVISAで56%、2位がMasterCardで26%(※NILSON REPORT 2016年4月)となっています。合わせるとこの2ブランドで、実に82%のシェアを獲得していることになります。

三井住友VISAプライムゴールドカードであれば、この2大国際ブランドであるVISAとMasterCardを発行することができ、1枚持っていれば世界中でクレジットカードを利用することができる場所が格段に広がります!

一方、JCB GOLD EXTAGEの国際ブランドはもちろんJCB。

JCBとは元々の会社名「日本クレジットビューロー」(Japan Credit Bureau)の略です。日本発の国際ブランドということで、国内においてのクレジットカード加盟店は他のブランドに比べても多いという特徴があります。その反面、海外での利用には不安の声もありますが、最近ではハワイやグアム、韓国などの日本人観光客が多く訪れる地域では不自由なく利用可能になってきています。

三井住友VISAプライムゴールドカード、JCB GOLD EXTAGEそれぞれの活用方法!

そもそも高いコストパフォーマンスを誇る三井住友VISAプライムゴールドカードJCB GOLD EXTAGEですが、さらにお得に有効活用する方法があります。

三井住友VISAプライムゴールドカードで、公共料金(電気・ガス・NHK)・携帯電話のクレジットカード払いを登録し実際に利用すれば、最大で1,000円のキャッシュバック受けることができます。

JCB GOLD EXTAGEでは、入会後3ヶ月の間は通常の3倍のOki Dokiポイントが付与されます。さらに、ヤングゴールドカードであっても通常のゴールドカード会員と同様の豊富なサービス「ゴールドカード特典」を受けることができます。

三井住友VISAプライムゴールドカードもJCB GOLD EXTAGEも、上位のゴールドカードに自動更新!

三井住友VISAプライムゴールドカードやJCB GOLD EXTAGEは、29歳以下であることが利用条件の若者向けゴールドカードです。そのため30歳になってからの更新時には、自動的にワンランク上のゴールドカードに切り替えとなります。

三井住友VISAプライムゴールドカード会員には三井住友VISAゴールドカード、JCB GOLD EXTAGE会員にはJCB GOLDカードが送られてきます。

三井住友VISAプライムゴールドカードやJCB GOLD EXTAGEは、最上級のステータスへの最短ルート!

三井住友カードもJCBも、自社発行カードの利用実績を重視しながら審査を行う傾向にあります。将来的に「三井住友VISAプラチナカード」や「JCBザ・クラス」と言った最上級のクレジットカードを所有したいと思っても、簡単に所持することはできません。

20代のうちからプロパーのゴールドカードを利用するという実績は、最上級のカードを手にする近道と言えます。

☞ 三井住友VISAプライムゴールドの公式ページ

☞ JCB GOLD EXTAGEの公式ページ