クレジットカードは所有者のステータスを表す鏡?!

クレジットカードはさまざまなカード会社が発行しており、種類が豊富にあります。

還元率が高いものや優待特典が充実しているもの、シンプルにクレジットカード機能に特化しているものなど、それぞれのカードによって性格が異なります。

そこでもうひとつ忘れてはいけないのが、クレジットカードのステータス性です。ステータス性とは、カード会員がどのくらい社会的に信用できる人物かを表すひとつの指標となります。クレジットカードの「クレジット」が「信用」を意味することからも、それが裏付けられているといえるでしょう。

クレジットカードは色によってランク付けがされており、一般的なカードよりもゴールドの方が、ゴールドよりもプラチナの方がステータス性は高くなっていきます。そのため、見る人が見ればクレジットカードの表面だけで、カード会員の社会的地位や年収などがおよそ把握できてしまうのです。

持っているカードがステータスカードであればさまざまなシーンで使うことに抵抗はないでしょうが、社会的地位がそれなりにあるにもかかわらず、審査が甘いとされるカードなど比較的誰でも作れるクレジットカードを持っていると、他人から勘違いされて恥ずかしい思いをする可能性も考えられます。

では、一体どのようなクレジットカードが、持っていて恥ずかしくないカードなのでしょうか。ます、ゴールドカードやプラチナカードはステータスカードなので、堂々と人前で使用しても恥ずかしくないカードです。しかし、カードによっては満30歳以上の人しか作れなかったり、インビテーション制だったりと、年齢制限やクレジットカード使用歴が浅いことによって、社会的地位や収入がそれなりにあるにもかかわらずランクが上のカードを持つことができないケースがあります。そのような場合は、一般カードの中からよりステータスがあるものを選んでみましょう。

一般カードの中にも人前に見せて恥ずかしくないカードの種類があり、必ずしもゴールド以上のステータスカードを持っていなければ恥ずかしいということはありません。例を挙げると、年会費が無料のものより有料のものの方が基本的に特典やサービスが充実しているため、カード審査も厳しめの傾向にあります。

銀行系、信販系、流通系、交通・航空系など、カードの系統を吟味することも、恥ずかしくないクレジットカードを作るために役立つ項目です。銀行系のカードは、例えば流通系のものと比べて一般的に審査の時間が長く、即日発行などを行わない傾向があります。審査がより厳しいと見て取れるため、銀行系はカード会員になるのがより難しいと考えられます。この稀少性が、一般カードにおけるステータス要因のひとつとなっています。

20代30代におすすめ!年会費がおトクなのに、高評価のクレジットカード

三井住友VISAクラシックカード

ゴールドカードを持ちたくてもまだ持てない若年層が持っておきたいオススメのクレジットカードは、銀行系の三井住友VISAクラシックカードです。

三井住友銀行という信頼性がある金融機関が発行しており、世界中どこでも利用できる国際ブランドのVISAの名前が付いているので、このカードの知名度は抜群です。三井住友VISAクラシックカードは、持っている人の世界を広げる1枚といえるでしょう。高校生を除く満18歳以上の人なら誰でも申し込みをすることができます。

三井住友VISAクラシックカードの年会費は1,250円(税抜き)ですが、初年度は無料です。しかし、条件が整えば翌年度以降の年会費も無料や半額となるため、年会費がかかるクレジットカードにもかかわらず少額で済むのも大きなメリットでしょう。

また、三井住友VISAクラシックカードはシルバーを基調としたスタイリッシュなデザインをしているため、周りにスマートな印象を与えることができるという魅力もあります。

公式サイトはこちら→

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、特に海外へ行く人にとって持っていて恥ずかしくないカードです。

国内外の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスを優待年会費で登録できたり、最高5,000万円までの補償がある旅行傷害保険が付帯していたりと、お得な特典がたくさんあります。ゴールドカードなので券はもちろん金色、見た瞬間多くの人がゴールドカードだとわかるデザインをしています。

また、高いステータスを持つ人しか保有を許されないブランドなので、どこの国に行っても恥ずかしくないのが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを持ちたくなる理由です。セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は、ゴールドカードにもかかわらず1万円(税抜き)という安さで、しかも初年度は無料となっています。

「クレジットカードのステータス性は欲しいけれど年会費は抑えたい」という人にとっては、とてもうれしい1枚となっています。クレジットカードの利用で貯めたポイントは永久不滅なので、期限を気にせず思う存分ポイントを貯めることができます。

公式サイトはこちら→

 

MUFGカードゴールド

学生を除く18歳以上の人が申し込みできるMUFGカードゴールドは、ゴールドカードなのに年会費が1,905円(税抜き)という格安の料金設定となっています。

しかも、家族会員は1名無料という太っ腹な特典が魅力です。これだけ年会費が安いと、サービスの質が悪いのではないかと疑う人もいるかもしれません。

その点、MUFGカードゴールドの海外旅行傷害保険は、最大で2,000万円補償がされるので、決してサービスのクオリティが低いとは言えません。MUFGカードゴールドはゴールドカードらしい色使いで、高級感がある落ち着いたデザインをしています。国内では年会費がお得なゴールドカードとして認識されていても、海外に出かければ年会費のお得さを知っている人は多くありません。

そのため、ゴールドカードのステータス性が欲しいという人にとって、MUFGカードゴールドはコストパフォーマンスが抜群の1枚となっています。

公式サイトはこちら→

プロパーカードはステータスがいい?!

ステータスカードを見極めるコツのひとつに、「プロパーカード」が挙げられます。

プロパーカードとは、国際ブランドのライセンス企業が自ら発行しているもので、銀行や信販など他の機関や企業などと連携して発行していない独自のクレジットカードのことです。

世界的に有名な国際ブランドの中では、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCBの3社がプロパーカードを発行しています。プロパーカードは基本的に、一般のクレジットカードよりもステータス性が高いとされています。

40代50代におすすめ!エグゼクティブなステータスのあるクレジットカード

では一歩踏み出して、40代50代になったときに持っていたいカードとは、一体どのようなものなのでしょうか。仕事に脂が乗っているミドル世代は、多くの人が憧れる名実ともにステータス性が高いクレジットカードを持つのが良いでしょう。

アメリカン・エキスプレスゴールドカード

「アメリカン・エキスプレス ・ゴールド・カード」の基本情報や特徴のまとめ

アメリカン・エキスプレスゴールドカードは、その中でも特にオススメの1枚です。年会費は2万9,000円(税抜き)とゴールドカードらしい価格帯ですが、家族カードは1枚に限り年会費が無料です。旅行やグルメに関する付帯特典も多く、年会費以上のサービスが充実しています。

また、アメリカン・エキスプレスゴールドカードといえば、バブル時代に多くの人が憧れたかっこいいクレジットカードの代表的な存在です。プロパーカードであるアメリカン・エキスプレスカードのゴールド版なので、そのステータス性の高さは推測できることでしょう。黄金色の券面が、ゴールドカードのステータス性に花を添えています。

公式サイトはこちら→

三井住友VISAゴールドカード

どんなにゴールドカードやステータスが欲しいと思っても、審査に通らなければカードを手にすることはできません。

手を伸ばしやすいゴールドカードとしてオススメなのが、三井住友VISAゴールドカードです。ポイントが貯めやすく、日常生活で使用するのにもお得度が高いのがメリットです。

三井住友VISAゴールドカードの見た目は、三井住友VISAクラシックカードをシックなゴールドカラーにしたもので、クラシックカード同様落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

三井住友VISAゴールドカードの年会費は、初年度は本会員・家族会員ともに無料で、翌年度以降は本会員1万円(税抜き)、1人目の家族会員は無料なのでかなりお得です。2人目以降でも1,000円(税抜き)と格安なので、コストパフォーマンスが高いゴールドカードです。

三井住友VISAクラシックを長年使い続けてクレジットカードヒストリーに傷がない場合、三井住友VISAゴールドカードはより手に入れやすくなる可能性があります。

20代30代は三井住友VISAクラシックカードで過ごし、40代以降は三井住友VISAゴールドカードにランクアップしてみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら→

JALカード CLUB-A GOLD

クレジットカードと空の旅は相性が良く、大手航空会社と提携したクレジットカードは珍しくありません。ビジネスクラスで毎回出張に行っていそうなステータスカードといえば、JALカード CLUB-A GOLDです。

この1枚を持っているだけで、世界中を飛び回って仕事をしている人に見えることでしょう。ゴールドカラーのカードにJALのロゴである鶴マークがあしらわれており、和風で品のあるデザインが特徴的です。

一方でディズニーのキャラクターがあしらわれたカードもあるため、かわいいデザインが好きな方はこちらを選ぶと良いでしょう。

国際ブランドはJCB、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブと、ほとんどすべての有名な国際ブランドが揃っています。年会費はブランドごとに異なり、JCB、VISA、MasterCardでは、本会員1万6,000円(税抜き)、家族会員はその半額となっています。アメリカン・エキスプレスでは、本会員1万9,000円(税抜き)、家族会員は8,000円(税抜き)、ダイナースクラブでは、本会員2万8,000円(税抜き)、家族会員は9,000円(税抜き)です。

 

公式サイトはこちら→