三井住友VISAカードの支払日(引き落とし日)は?

クレジットカードを利用すると、商品やサービスの購入代金の支払いを先延ばしにできます。先延ばしにした購入代金の支払い方法には、分割払いやリボルビング払いなどもありますが、一般的な支払方法は一括払いです。クレジットカードの種類や発行会社ごとに、一定の期間が決められていてその期間内の購入代金をひとまとめにし、決められた支払日に支払います。

このように、商品やサービスを買おうと思ったときにお金が足りなくても買うことができることが、クレジットカードのメリットのひとつです。もちろん支払日になってもお金が用意できないと遅延損害金が発生し、場合によっては強制的に解約されることもあります。

三井住友VISAカードの支払日は翌月の10日または26日となっています。翌月の10日支払いの場合は毎月15日締め、翌月の26日支払いの場合は毎月末締めです。つまり、先々月の16日から先月の15日までのクレジットカードによる買い物代金を今月の10日までに用意する、先月のクレジットカードによる買い物代金を26日までに用意すればいいということです。支払い口座に指定できる銀行口座はホームページで確認できます。

振込を忘れていた、給料日を勘違いしていたなど、支払日なのに引き落とし口座に十分なお金を用意できないこともあるかもしれません。支払日に請求額した額を引き落とせないと遅延損害金が発生します。遅延日数×利用額に応じて定められた額が遅延損害金の金額です。遅延損害金の発生ならまだしも、利用限度額が引き下げられたり、強制的に契約解消されたりすることもありますから、クレジットカードの利用には支払日までにお金を用意できるような計画性が必要になります。

三井住友VISAカードの支払日(引き落とし日)の選択方法は?

三井住友VISAカードは申込時に支払日を選ぶことができます。一度指定した支払日は永久に変えられないというわけではなく、ネット管理サイト「Vpass」にて変更できます。

Vpassとは、三井住友カードを持っている方のために、利用明細を確認したり、ポイントを交換したり、登録情報の変更などを行うサイトです。三井住友カードのシステムが使用されているけれどサービスやポイントなどは他社のもの、といういわゆる提携カードを使用している方はこのサイトから支払日を変更することはできません。また、SMBC系カードを複数持っている方が2枚以上のクレジットカードの支払日を変更する場合は、1枚ずつの変更申込となります。

では、変更申込後、いつから支払日が変更になるのでしょうか。支払日を10日から26日に変更する場合は月末頃までに申し込めば翌月から新しい支払日に、26日から10日に変更する場合は15日頃までに申し込むと翌々月から新しい支払日に変更されます。ただし、月によって支払日変更をするタイミングが少し変わるので、月末や15日ぎりぎりに申し込むと次の変更申込として処理されて、さらにひと月先からの変更となってしまうかもしれません。余裕を持って申請しましょう。今申し込んだらいつから変更になるのかは、Vpassで支払日変更した際に最終画面で確認できます。

一度支払い日を変更したらその後6ヶ月間は変更できないので、変更するときは注意が必要です。 キャッシングが利用できるクレジットカードを支払日変更する場合は、キャッシングご利用枠などの変更に関する書面が送付されることがありますが、キャッシングに関して何か変わるわけではありません。賃金業法第17条第2項によって、支払日が変更されて契約内容が変わるとそれを通知する義務があるため、利用者に通知書を送らなければいけないというだけです。WEB通知書サービスを利用している方にはメールとWEB上で連絡が届きます。

支払日に入金が間に合わなかった場合

引き落としの指定口座が三井住友銀行・みずほ銀行なら、支払日に必要な額を引き落とせないとその翌営業日以降も自動で引き落としが実行されます。支払日を10日に設定している場合は月末まで、26日の場合は翌月15日まで自動引き落としがされるので、どうしても支払日までにお金が用意できなければ、自動引き落としが実行されているうちに振り込みましょう。それ以外の銀行の場合は特定の日に再度引き落とされます。再引き落とし日は三井住友カード株式会社のホームページで確認、ホームページに載っていない銀行の場合は電話で確認できます。

また、引き落とし時間より前に入金できれば延滞にはなりませんが、その時間を過ぎたら延滞となってしまうため注意が必要です。引き落とし時間は銀行によって異なります。このように、遅れてもすぐに入金すればカード会社に連絡する必要はありませんが、支払いの意思を示すためにも連絡はしておいたほうが良いでしょう。なお、支払いが確認できるまでクレジットカードは利用できません。

三井住友VISAカードはCICという指定信用情報機関に利用者の個人信用情報を提供しています。CICのホームページにある「開示報告書の各項目の説明について」によると、延滞が記録されるのは61日以上延滞したときです。個人信用情報に延滞などの情報が残ると、三井住友VISAカードの利用を止められる可能性があるだけでなく、他社のクレジットカードやローンなどを利用する際にも影響があります。

加えて、クレジットカード会社は独自の延滞者リストも持っています。それは延滞した人に再度自動引き落としを実行するためのものですが、その情報がいつ消えるかはクレジットカード会社次第で半永久的に消されない可能性もあるのです。そのリストは他社への影響はありませんが、リストの性質上、一日でも延滞すると載ってしまいます。

再引き落とし日にもお金を用意できない場合は、クレジットカード会社に相談しましょう。連絡の際にはどうして支払えなかったのか、いつ支払えるのか、お金はどのように調達するのかを説明します。

引き落とし日を26日にするメリット

10日払いだと15日締めなので、ふた月にまたがって支払額が計算されることになりますが、26日払いならひと月分の購入代金を支払えばよく、支払う額をイメージしやすくなることがメリットのひとつです。ただし、公共料金や通信料金などは事務処理の都合で先月分が今月の支払いに含まれ、ひと月に2回分支払うことになる場合もあります。

また、お金の管理が楽になることも26日払いのメリットです。給料日は一般的に5の倍数の日、あるいは1日か月末に支払われます。給料日が15日・20日・25日の方は26日引き落としにすると給料受け取り後の引き落としになるので、入金を忘れる心配もありません。次の支払いはまた給料日後になるため、口座に残ったお金はそのまま使うことができます。給料が10日以降に振り込まれるのに10日払いにしている方は、Vpassで給料日以降の支払いに変更すると、支払い日前に神経を使う必要もなくなります。もちろん給料日が26日以降の人は10日払いのほうがが都合いいでしょう。

クレジットカードのクレジットは「信用」という意味です。その言葉通り、クレジットカード会社と利用者との信用だけで成り立っている仕組みなので、少しでも信用を失わないような行動をとるのがベストだと言えます。そのためには、クレジットカードを計画的に利用して支払えないようなお金を使わないこと、延滞せずに支払うことが大切です。給料日後に支払日を設定することで、延滞する可能性を下げるとともに、残ったお金から生活費を除いてクレジットカードをいくらまで利用できるかといったことも計算できます。自分の給料日に合わせて、支払日を設定すればクレジットカードの利用にも余裕ができるでしょう。