目次

海外旅行で使えるクレジットカードと国際ブランドってどれ?

クレジットカードは普段のスーパーでの買い物から公共料金の引き落としまで、日常生活に密着した使い方ができる大変便利な道具です。しかし、日本国内だけで使用するのはもったいない側面もあるということをご存知ですか?海外での利用でポイント還元率が高まったり、さまざまな付帯サービスを受けることができたりと、旅行やビジネスなどで国境を越える際、クレジットカードはその力を最大限発揮するのです。

クレジットカードの種類によっては、海外での利用がしやすいものと、しにくいものがあります。例えば、国際ブランドのVISAMasterCardは、クレジットカード加盟店であれば世界中どこへ行っても使える機会が多いのですが、JCBは日本及びアジア各国、世界中の有名な観光地などでは使用できる可能性があるものの、現地のスーパーやカフェなどではVISAとMasterCardだけということも多々あります。そのため、海外へ出かけるときは、国際ブランドの異なるクレジットカードを2枚以上持っていくとどのお店でもカード払いができるでしょう。
※参考:『世界が認める国際ブランドの王者、VISAカードとは?

海外旅行で使えるおすすめのクレジットカード

海外のクレジットカード事情とその使い方

日本でクレジットカードを作って海外に行ったとしても、そのカードが使えないのなら意味がありません。外国においては、クレジットカードはどのように扱われているのでしょうか。欧米でのクレジットカードは支払い文化として根付いているため、多くの地域でカードがあれば現地通貨を使う機会はあまりないと言っていいでしょう。特にアメリカや西欧諸国では、クレジットカードやデビットカードでの支払いは一般的となっているため、少額利用でもカードでの支払いが可能です。

アジア地域では欧米諸国に比べてクレジットカードの文化はまだまだ浅いといえますが、韓国など局地的に普及率が高い場所もあります。いずれの地域でも、海外ではクレジットカードは信用の証として認識されているので、ホテルやレンタカーの予約の際にクレジットカードを持っていないと予約ができない可能性が高いです。そのため、海外に出かける際は最低1枚クレジットカードを持っていかないと、旅に支障が出る恐れがあります。しかし、クレジットカードだけを持って現金を全く持ち歩かないのもいざカードが使えないというときに困るので、ATMなどで現地通貨を手に入れておくことも大切です。クレジットカードは海外でキャッシングをするときにも役立ちます。

海外での利用でおすすめのクレジットカード1:
三井住友VISAクラシックカード

海外へ持っていくクレジットカードには、旅行傷害保険が付いているものを選ぶのがコツです。「三井住友VISAクラシックカード」は年会費が¥1,250(税抜)と少額ながらも最高で2,000万円という大きな保証があるので、そこが海外へ持っていきたいクレジットカードたるゆえんといえます。また、三井住友VISAクラシックカードにはAカードというワンランク上のカードもあり、こちらは年会費が¥1,500(税抜)に対して保険が最高で2,500万円となっています。

海外でのクレジットカードの利用を避けたい理由のひとつには、犯罪に巻き込まれたくないという思いがあることです。三井住友VISAクラシックカードでは、カードの表面に自分の顔写真入りのICカードを作ることもできるので、不正利用の防止に役立てます。その他にもカードを紛失してしまって場合でも24時間年中無休で連絡ができるので、安心してカードを使った買い物や食事を楽しめます。
※参考:『三井住友VISAクラシックカードの基本情報や特徴をご紹介!

海外での利用でおすすめのクレジットカード2:
JTB旅カード JMB

国内の旅行代理店大手JTBが発行する「JTB旅カード JMB」は、旅を快適に楽しみたい人が待ち望んでいたクレジットカードといえます。JALのマイレージと提携しているので、JTB旅カード JMBを使うとマイルが貯まるという特典もあります。また、世界中に展開しているJTBならではのサービスとして、海外55都市に事故やトラブルにあったときに日本語で相談できるトラベルデスクを設置しています。万が一のときもすぐに連絡を取ることができ、さらに、日本語で会話ができるので安心感が違います。

JTB旅カード JMBの年会費は¥2,000(税抜)で、国際ブランドのJCBが付いてきます。海外旅行傷害保険は自動付帯なので、JTB旅カード JMBを使ってツアーや航空券の予約をしなくても保険に自動的に加入されます。付帯保険には最高で2,000万円の個人賠償が付いているので、人や物を傷つけてしまったときでもしっかり補償を受けられます。
※参考:『「JTB旅カードJMB」の基本情報や特徴のまとめ

海外での利用でおすすめのクレジットカード3:
ANAカード

航空会社であるANAが送る「ANAカード」は、飛行機にたくさん乗る人にお得なクレジットカードです。カードを使って飛行機に乗ると、通常のマイルに加えて割り増しのボーナスマイルが得られる特典があります。その他にも、ショッピングなどで貯めたワールドプレゼントのポイントをマイルに交換することができ、また、ANAカードマイルプラス提携店や対象商品をANAカードの使用で購入した場合、ワールドプレゼントとは別にマイルを得られます。

ANAカードは国際ブランドのVISAMasterCardから選ぶことができるので、世界各国へ旅行するときにも使い勝手が良い1枚となっています。年会費は¥2,000(税抜)で、傷害保険の海外での最高補償額は1,000万円となっています。保険は自動付帯なので、特別な手続きをすることなく保険の恩恵を受けられます。

海外での利用でおすすめのクレジットカード4:
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランドのアメリカン・エキスプレスが付いたゴールドカード、「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は、ビジネスや旅行で世界中を駆け巡るアクティブな人たちにおすすめの1枚です。ゴールドカードといえば、特定の人しか持ち得ないステータスがあるカードとして世界的に認識されていますが、MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は¥1,905円(税別)というゴールドカードにしては破格の安さとなっており、持っていても負担にならない気軽さがあります。初年度は年会費無料なので、ますますお得感がありますね。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに付帯する海外旅行傷害保険は最高で2,000万円の補償があるので、旅に安心感を与えてくれます。海外でカードを使って購入した商品が破損、盗難の被害にあった場合は、年間で100万までショッピング保険がかかるので、買い物後の安心感もまた一味違ったものとなっています。

海外での利用でおすすめのクレジットカード5:
ライフカード(旅行傷害保険付き)

国際ブランドであるVISA、MasterCard、JCBの3つから選べる「ライフカード<旅行傷害保険付き>は、¥1,250円(税別)の年会費に対し、最高で2,000万円の海外旅行傷害保険が付いてきます。カードを使って旅行代金を支払わなくても自動的に保険は付帯されるので、いざというときに頼りになります。初年度の年会費が無料なのもうれしい特典です。

ライフカードは誕生月にポイント還元率が2.5%から3.3%いう高いものに変わるので、誕生日のお祝いに海外に出かけるととてもお得となります。ANAのマイレージプログラムと提携しているので、貯まったサンクスポイントは1ポイント3マイルに交換することが可能です。その他にも、ポイントはギフトカードや魅力的なアイテムに交換できるので、旅行先で貯めたポイントを日常生活に反映する楽しみがあります。

上手にクレジットカードを活用して楽しい海外滞在を!

海外でクレジットカードを使うメリットはたくさんありますが、便利な機能のひとつは現地の海外デスクと日本語でやりとりできることです。トラブルが発生したり、ホテルの予約を取って欲しかったりするときに連絡すると、旅をより快適にさせてくれます。また、旅行傷害保険が付帯しているものは旅行へ出かけるたびに短期の保険に加入する必要がないので、時間とお金の節約になります。

クレジットカードの種類によっては、傷害保険が自動付帯ではなく利用付帯のものもあります。利用付帯とは対象のクレジットカードを利用して旅行代金を支払った場合のみ旅行傷害保険がかけられるというもので、うっかり現金で支払ったり他のカードで旅行商品を購入してしまったりすると、保険のサービスを受けることができません。海外へ行くことを前提としてカードを作る場合は、事前にどのようなサービスをカード会社が提供しているかを調べておくことが大切です。

カードによっては、海外で使用した分の支払いに対するポイント還元率が、国内でのショッピングのときよりも高くなるものもあります。ポイントを賢く効率的に貯めたい場合は、海外用のクレジットカードを1枚作成しておくのもいいです。クレジットカードがあるのとないのとでは、地域によっては旅行の快適さが違ってきます。ストレスフリーで旅を楽しむためにも海外に強いクレジットカードを選んでいみてはいかがですか?
※参考:『海外旅行の保険加入はどうするべき?クレジットカードだけでも大丈夫?

▲目次にもどる