クレジットカードは所有者のステータスを示すアイテム

クレジットカードは単なる決算の手段ではありません。

所有しているクレジットカードのブランドやランクによって、所有者の社会的地位や周囲からの見方が変わるほどの大切な持ち物です。

実際に、海外では所有しているクレジットカードが収入証明として扱われることもあり、持ち主のステータスや資産レベルを測る手段として用いられています。

今回は、そんなクレジットカードが持つステータスをフルに活用したいという方にオススメの「三井住友VISAプラチナカード」と「JCB ザ・クラス」という、最上級のステータスとブランド力を持った2枚のクレジットカードをご紹介いたします!

三井住友プラチナカードとJCB ザ・クラスはどちらもプラチナ級カード

三井住友プラチナカードの年会費

三井住友VISAプラチナカードの年会費は初年度・二年目以降共に54,000円(税込)とやや高めです。しかし、プラチナカードの相場から見ると、平均より少し安いくらいかもしれません。

三井住友プラチナカードの公式サイト

JCB ザ・クラスの年会費

一方、JCB ザ・クラスは黒とゴールドの券面デザインということもあり、JCBの「ブラックカード」と呼ばれることもあります。とはいえ、年会費は初年度・二年目以降共に54,000円(税込)と、三井住友VISAプラチナカードと同額です。

JCBザ・クラスもプラチナ級のカードというのが正確な位置づけのようです。

JCBザ・クラスの公式サイト

三井住友VISAプラチナカードもJCBザ・クラスも高いステータスを持つプロパーカード

あまり聞き馴染みがないという方も多いかもしれませんが、「プロパーカード」であれば、クレジットカードを持つことで得られるステータスをより高めることができます。

そもそも、クレジットカードは発行会社によって発行されていますが、日本国内において一部の国際ブランドが自社発行しているものが「プロパーカード」と呼ばれています。具体的には、「JCB」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナーズクラブ」が自ら発行しているクレジットカードがプロパーカードにあたります。

どのクレジットカードも“お高い”という印象が強いかもしれませんが、そのイメージこそがまさにステータス性という一番の強みだと言えます。

JCBザ・クラスは、まさに国際ブランドJCBが発行するプロパーカードで、その中でも最も高いステータス性を持つクレジットカードです。

三井住友VISAプラチナカードは、正確な意味での「プロパーカード」ではありませんが、三井住友カードが自ら発行しているクレジットカードという意味合いではプロパーカードと言えます。

さらに、VISAは日本国内において一切プロパーカードを発行しておらず、1967年に日本国内で最初にVISAブランドのカードを発行したのが三井住友カードであったことから、VISAのプロパーカードといえば「三井住友VISAカード」という認識がもたれています。

海外利用は三井住友VISAプラチナカード、国内利用はJCBザ・クラス

海外でも強い三井住友プラチナカード

三井住友VISAプラチナカードの国際ブランドは、VISAとMasterCardの2種類から選択可能です。

現在、クレジットカード売上高の世界シェアは、1位がVISAで56%、2位がMasterCardで26%(※NILSON REPORT 2016年4月)となっています。合わせるとこの2ブランドで、実に82%のシェアを獲得していることになります。

三井住友VISAプラチナカードであれば、この2大国際ブランドであるVISAとMasterCardを発行することができ、1枚持っていれば世界中でクレジットカードを利用することができる場所が格段に広がります!

国内利用なら不便なく使えるJCBザ・クラス

一方、JCBザ・クラスの国際ブランドはもちろんJCB

JCBとは元々の会社名「日本クレジットビューロー」(Japan Credit Bureau)の略です。日本発の国際ブランドということで、国内においてのクレジットカード加盟店は他のブランドに比べても多いという特徴があります。ほとんど海外に行くことがないという方には、国内での利便性や特典などを考慮してJCBを選択する方がお得だという見方もあります。

三井住友VISAプラチナカードはインビテーションが無くても申し込める!

三井住友VISAプラチナカードには「原則として満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方」という入会条件しかありません。

本来、ほとんどのプラチナカードの発行にはインビテーション(招待制)という入会条件があり、満30歳以上で十分な継続収入があったとしても入会できないという性質があります。

しかし、三井住友VISAプラチナカードは2010年10月からインビテーションを待たずして申し込みすることが可能となりました。

とは言え、入会審査に通りやすいのはインビテーションを経由しての申し込みのようで、三井住友ゴールドカードを所持している方の場合は、年間約100万円〜200円万以上の利用を2年以上続けるあたりからインビテーションが届きやすいと言われています。

⇒ 三井住友プラチナカードの申込はこちら

JCBザ・クラスの発行は、インビテーション経由の申し込みのみとなっています。

インビテーションが発行される確かな条件等は明らかにはなっていませんが、ゴールドカードの上位版である「JCBゴールド ザ・プレミアム」を、年間100万円以上利用という実績を1年から2年続けると、JCBザ・クラスのインビテーションが送られてきやすいようです。

貯まったポイントは航空会社のマイルに交換することも!

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカードは、利用額に応じてポイントが貯まるサービスがあります。クレジットカードで貯めたポイントを、マイルに移行するという方も少なくはないと思います。

三井住友VISAプラチナカードで貯めたポイントは、ANAマイルに移行することができ、交換単位は100ポイントで300マイルとなっています。

JCBザ・クラス

JCBザ・クラスにも、利用額に応じてポイントが貯まる「Oki Dokiポイント」というサービスがあります。

貯まった「Oki Dokiポイント」はANAマイルだけでなく、JALマイルにも移行することができ、交換単位は500ポイントで1500マイルとなっています。

三井住友VISAプラチナカードにも、JCBザ・クラスにもお得なレジャー特典が!

三井住友プラチナカードはユニバーサル・スタジオ・ジャパンに特化!

三井住友VISAプラチナカード会員は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにおいて、人気アトラクションの待ち時間をグッと短縮するユニバーサル・エクスプレス・パスを、1人につき1日1枚手にすることができます。ユニバーサル・エクスプレス・パスは1枚につき最大4人の同伴者をつけることができるのでグループで遊びに行くときにも十分な特典です。

 

また、定期的に行われる宝塚劇場の「三井住友カード貸切公演」で、プラチナカード会員限定のSS席が用意されます。その他のグレードの席であっても優先的に購入することができるお得な特典となっています。

JCBザ・クラスはディズニーランドへ特化!

一方、JCBザ・クラス会員には、カード更新時に「メンバーズセレクション」というカタログギフトが送られてきます。中でも人気のサービスが「東京ディズニーランドペアランチお食事券とパスポート(2枚組セット)」です。

さらに、ランチの場所として指定されるレストランがディズニーマニア憧れの場所「クラブ33」なのです。

現在は利用条件が抽選になっていますが、入店すら難しいクラブ33に入れるチャンスなだけあって、非常に人気の高いサービスになっています。

三井住友VISAプラチナカード JCBザ・クラスにはまだまだ人気のサービスが!

三井住友プラチナカード

三井住友VISAプラチナカード会員には、国内ホテル優待、プラチナグルメクーポン、カードご利用プレゼント、空港ラウンジの利用、最大1億の旅行傷害保険などといった、高いステータスに見合ったサービスが豊富に用意されています。

⇒ 三井住友プラチナカードのサービス詳細

JCBザ・クラス

JCBザ・クラス会員にも同様に、先述したメンバーズセレクション、グルメベネフィット、ゴルファー保険、空港ラウンジ利用など、豊富なサービスが用意されています。さらに、ディズニーマニアには嬉しいサービスがあり、それは東京ディズニーリゾート内のJCBラウンジが利用できるというもの。アトラクション内に設置されたラウンジの利用後は、そのアトラクションをそのまま楽しむことができるので長い列に並ぶ必要もありません。

三井住友VISAプラチナカードもJCBザ・クラスもステータスだけではない!

三井住友VISAプラチナカードは、人生において妥協することなく常に最高のものを求め続ける方におすすめの、ステータス・国際性・先進性を備えた最上級のカードだと言えます。高いブランド力を持つだけではなく、所有者のステータスに相応しい上質なサービスを受けることができます。

公式サイトはこちら→

 

JCBザ・クラスも高いステータスを証明するだけではありません。特にディズニーマニアには嬉しい、JCBザ・クラス会員にしか受けることができないサービスがあります。また、JCBという日本国内での利便性が高いブランドだけに、国内外どちらでもの利用が多い方に向いていると言えます。

公式サイトはこちら→