毎回わざわざコンビニなどに行って税金の振込を行うのは払い忘れなどの心配もあり、不便を感じることがあるのではないでしょうか。そのような手間や心配を減らすものの一つにクレジットカードでの納税があります。ここではクレジットカードでの納税方法や納税可能な税金などについて解説します。

クレジットカード納税とは?いつから始まったの?

クレジットカードはショッピングやキャッシングで使用するものと考える人が多いのではないでしょうか。しかし、実は納税もできる大変便利なアイテムなのです。クレジットカード納税は、納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ国税の納付を立替え払いをしてもらうことで税金を納める方法です。平成29年1月4日から始まりました。クレジットカード納税をする場合は、まずインターネットで申し込み手続きを完了させる必要があります。インターネットを通じて24時間日曜・祝日を問わず納税できるので、大変利便性の高いシステムとなっています。(※1)

クレジットカード納税では、1回払いの他にも分割払いとリボルビング払いを選択できます。分割は3・5・6・10・12回から選べるので、自身の経済状況に合った方法を選んでください。

クレジットカード納税ができる税金の種類とは?

クレジットカード納税が行える税金の種類は多岐にわたります。一般の人が利用する可能性があるものは、所得税(申告所得税及び復興特別所得税や告知文のみの源泉所得税など)や贈与税、相続税でしょう。また、消費税及び地方消費税、法人税などもクレジットカードでの納税ができ、嗜好品のたばこやお酒にかかる税金もカードで納税可能です。

上記の税に加えて、加算税や延滞税等の納付もカードで行えます。便利なことに予定納税も可能です。中間申告や確定申告、修正申告、予納などで利用できます。このように幅広い納税に利用できるクレジットカードですが、カード納税では1度に1,000万円を超える額を納付することはできません。また、使用するクレジットカードの限度額(手数料含む)を超えても納税することはできないので、納税する前にカードを使って納税ができるか、使用するカードが納税に適したカードかなどを調べておく必要があります。

クレジットカードは一時的に利用限度額を増額することができます。通常は海外旅行など大きな出費がある月に行うやり方ですが、どうしても納税額の方が利用限度額よりも大きい場合は、この方法を使って一時的に与信枠を広げるのも良いでしょう。

クレジットカード納税で手数料はかかる?かからない?

クレジットカード納税の場合は納税自体にかかる手数料はありませんが、クレジットカード決済に関しては手数料がかかります。決済手数料は国の収入とはなりません。決済手数料のおおよその目安は、1万円までで82円(税込み)、1万1円〜2万円までで162円(税込み)と、1万円増えるごとに82円(税込み)増えていきます。

クレジットカード納税では領収書が発行されないので、領収書が必要な場合は金融機関や所轄の税務署にある窓口で納付する必要があります。ただし、カード納税でも納税証明書の発行は可能です。その場合発行が可能となるまでの期間が3週間程度かかることがあります。

クレジットカード納税の手続き方法はネットで!

クレジットカード納税の手続きは、3つの方法でアクセスできます。ひとつ目は国税庁ホームページから「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスする方法です。2つ目はe-TAXに情報登録した後でメッセージボックスで受信する通知から入るやり方です。3つ目は確定申告書等作成コーナーの案内画面からのアクセスになります。手続きにあたっては本人確認や事前に準備すべき書類などは不要で、簡単に行えるのが特徴です。ただし、手続きでは整理番号や納付先税務署名、納付する国税の税目及び納付税額などを入力する必要があるので、手元に情報を確認できる資料を揃えておく必要があります。もちろんクレジットカード番号も入力するため、納税で使用するカードも用意しておいてください。

法人税などを支払う場合は氏名欄に法人名を入力します。誤って個人名を入力してもその後連絡をすれば納税ができるようになります。しかし、余計な時間と手間をかけないためにも、法人税などを支払う際には個人名を書いてしまわないよう注意しましょう。

クレジットカード決済日が納期後の場合でも大丈夫?

クレジットカードはシステム上利用日と決済日が異なります。せっかく納税をしたのに決済が納期限の後だった場合、遅延となってしまうので注意が必要です。もしも納期限前にクレジットカード納税を行ったのにもかかわらず決済が納期限後になる場合は、納税をする前に「国税クレジットカードお支払サイト」で手続きをする必要があります。手続きを終えていれば遅延扱いにはなりません。しかし、手続きが納税日より後になってしまうと遅延扱いとなってしまうので気をつけて下さい。

もうひとつ注意しておきたいことに、1度カードを使った納税手続きが完了すると、いかなる理由があってもその納付手続きの取り消しはできない点があります。金額を間違えて払いすぎた場合は、後日還付の手続きをしなければなりません。手間と時間を節約するためにも、クレジットカード納税をする際には間違いがないように細心の注意を払う必要があります。

納税に利用できるクレジットカードの種類は豊富

クレジットカード納税で利用できるカードの種類はたくさんあります。重要なのはカード会社ではなくカードのブランドです。クレジットカードに以下のブランドマークがついていれば、基本的に納税に使用できます。2大国際ブランドと呼ばれる世界的なシェア率が高いVisaとMastercard、日本発祥の国際ブランドJCB、ステータスカードとして知名度の高いAmerican ExpressとDiners Club、トヨタファイナンスが発行するTS CUBIC CARDの6種類です。

上記のブランドは日本で流通しているクレジットカードのほとんどを占めているので、保有カードで納税ができない確率は少ないでしょう。ちなみに上記のブランドマークが付いていれば、デビットカードやプリベイドカードであっても納税が可能なケースがあります。ただし、こちらはカード会社にもよるため、事前にカード会社に連絡を取って使用可能か確認しておきましょう。

便利なクレジットカード納税!ぜひ手続きしてみて

クレジットカード納税は忙しい人でも時間を気にせず税金を納められるメリットと、クレジットカードによるポイントが貯められる2つの大きなメリットがあります。便利でお得感もあるクレジットカード納税は、今後もますます利用者が増えていくことでしょう。クレジットカード納税の手続きは簡単なので、ぜひ1度使用してみてください。クレジットカードの利便性を最大限享受するためにも、クレジットカードでの納税を検討してみましょう。

※1.【国税庁】[手続名]クレジットカード納付の手続
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/credit_nofu/index.htm