目次

高ステータスのクレジットカードってなに?

誰もが一度は憧れるであろうゴールドカードやプラチナカード。みなさんが「高ステータスのクレジットカード」と聞いて思い浮かべるのは、どのようなカードですか?ゴールドカードを持っていれば高ステータスではないかと考える人も多いのですが、実はもっと深い定義があります。

高ステータスのクレジットカードは、入会審査がとても厳しく年会費も一般的なクレジットカードと比べて高額です。そのため、そのクレジットカードを持っているだけでこの人は社会的地位が高くて信用があるのだろう、恐らく高収入であろうということが分かってしまうようなカードのことをいいます。一定の限られた経済的、社会的地位などの条件を満たしていないと持てない、そんな富裕層向けのカードが高ステータスのクレジットカードです。

そう聞いて、「自分はそんなステータスカードは持てないのでは?」と不安になった方もいるかもしれませんが、クレジットカードの正しい知識を身につけ、カード会社から信用を得られるような使い方をし続ければ、あなたにもステータスカードを所持できるチャンスがあるのです。

今回は、そんな誰もが一度は憧れる高ステータスカードの中でも特に人気のあるオススメのクレジットカードをご紹介。長年クレジットカードを利用している方なら、もしかしたらすでに入会資格をクリアしているかもしれません。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

おすすめカードステータスカード1:三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカードは2種類のデザインから選べます。カードの色はブラックで、文字やデザインはプラチナ色またはゴールド色のどちらかを選べます。原則として満30歳以上であり、安定した収入のある人が審査の対象となります。三井住友VISAプラチナカードはインターネットか郵送で申込が可能です。

無事審査が通ったら年会費が¥50,000(税抜)かかりますが、家族会員については無料になるのは嬉しいサービスです。主な特典としては、プラチナグルメクーポンがあり、国内の大都市圏にある約100店舗の一流レストランで食事をすると2名以上で1名分が無料になります。またカードを利用しなくても自動的に旅行傷害保険が付帯されており、傷害死亡・後遺障害の場合は最高1億円、賠償責任保険は1事故につき1億円までと高額な保険に入っています。家族会員であれば同様の補償内容が付帯されます。さらに会員でなくても会員の配偶者、同居親族、未婚の子も補償額は下がりますが保険が自動付帯されます。保険だけでもこれだけ充実しているのです。

おすすめカード2:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査基準をみてみましょう。25才以上で日本国内に在住し定期的な収入のある人が申し込み可能です。気になる会員の年会費は¥29,000(税抜)です。家族会員は1年目で1枚が無料、2枚からは¥12,000(税抜)かかります。アメリカン・エキスプレスと聞けば海外に強いというイメージがありますが、その特徴についてみていきましょう。

海外に出張や旅行に行くことが多い人には嬉しい特典が多いです。最高1億円の旅行傷害保険がアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで航空券などを購入すると付帯されます。時には飛行機の遅延により宿泊が必要になることもあります。その際に航空便遅延費用補償がついていますので、遅延により発生した宿泊費や食事代を負担してくれるのです。空港で預けた荷物が届かないというアクシデントや、万が一紛失した場合にも購入費用を負担してくれます。また、このカードだけの特別なサービス、キャンセルプロテクションをご存知でしょうか。海外旅行をやむを得ない理由でキャンセルしなければいけない状況になったとき、キャンセル料が気になるところです。しかし、キャンセル費用についても負担してくれます。

おすすめカード3:JCBゴールドカード

JCBゴールドカードの入会資格は、原則として20歳以上で学生以外の方で、安定した収入が必要です。初年度の年会費は無料になります。2年目からは¥10,000(税抜)です。家族会員は1年目で1枚が無料、2枚からは¥1,000(税抜)かかります。JCBは国内ではとても使いやすいですが、JCBゴールドカードは海外旅行などでも利用できる場面が沢山あります。

主な特典としては最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯され、最高5,000万円まで国内旅行傷害保険についても同様に自動付帯されます。JCBゴールドカードは家族に対しての補償も充実しているのが特徴です。国内や海外を問わず家族で旅行した際には家族にも旅行傷害保険が自動付帯されるという、他のカードではあまりみられないサービスです。さらに、金額は2万円から4万円までと限られますが、航空便の遅延による宿泊や食事代も補償されますし、空港での手荷物紛失や遅延に対する補償も備わっています。年会費の割に保険補償内容は厚いといえます。

おすすめカード4:ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードに入会するための基準はどのようなものなのでしょうか。カードの色はシルバーであるものの、年会費や特典などは高ステータスといわれるゴールドカードにひけをとりません。入会するための資格は年齢27歳以上であることです。年会費は会員が¥22,000(税抜)で家族会員は¥5,000円(税抜)となります。

ダイナースクラブカードの特徴としては、利用可能枠に制限がないことです。そのため月々の支払額を気にしないで使えます。さらに、対象レストランでのコース料理は会員を含む2名以上で1名分の料金が無料となり、6名以上で2名分が無料となります。この特典だけで年会費分はお得になります。海外・国内旅行傷害保険の補償額も他のゴールドカードとそれほど変わらないので、シルバー色のカードでも高ステータスなクレジットカードといえます。

取得難易度が高すぎるクレジットカード!

高ステータスのクレジットカードには少し憧れがある、いつかはそんなクレジットカードを手に入れてみたいと思う人もいるのではないでしょうか。しかし、実際には世の中に本当に取得難易度が高いクレジットカードが存在しているのです。そのカードはゴールドカードやプラチナカードのさらに上を行く、「ブラックカードと呼ばれているカードです。現在ではこのブラックカードがクレジットカードの中で最も高ステータスといわれています。では、このブラックカードの取得難易度はどれほどのものなのでしょうか?

ブラックカードは年会費の金額が他のカードを圧倒しています。年間に最低でも10万円(税抜)以上かかることが一般的です。まず、この年会費だけで驚いてしまいそうですが、他にも取得が難しい理由がいくつかあります。各クレジットカード会社によって審査基準がありますが、自分がブラックカードに申し込みたいと思っても、それすら叶わないことがあるのです。なぜなら、ブラックカードはクレジットカード会社が入会をして欲しい人にだけに招待をしています。招待されないと入会できないということは、クレジットカード会社の厳格な基準に基づいて会員が選ばれているという事実があります。

では、クレジットカード会社から招待されるにはどうしたらよいのでしょうか。確実にこれをやれば大丈夫という方法は残念ながら存在しないようです。ひとつの方法としては、自分が欲しいブラックカードの会社のゴールドから入会して、プラチナにアップグレードして確実に長年の支払実績をつくるという方法がありますが、それでも招待される保障はありませんのでブラックカードを所持するのはとてもハードルが高いです。

高ステータスのクレジットカードで充実したライフスタイルを!

たとえブラックカードが手に入らなかったとしても、先ほどおすすめカードとして紹介したクレジットカードで十分に高ステータス感を得ることが可能です。ブラックカードに比べて年会費もリーズナブルに設定されており、その会費に対して得られる特典を考えると会費以上の満足度である可能性が高いです。もし、心に少しゆとりを持って、ちょっとだけ贅沢なライフスタイルを家族と共に楽しんでみたいと思ったら、一度は試しにクレジットカードを高ステータスのものにグレードアップしてみることをおすすめします。

例えば、空港などの待ち時間を静かに、ゆっくりと専用ラウンジで過ごしたり、普段は仕事の接待でも行く機会がないような高級レストランを専用コンシェルジュサービスの利用で予約してもらったり、家族旅行でたまには贅沢にホテルのアップグレードをしてみたりなど、普段の日常とちょっと違った経験をすることで満足感が得られるのではないでしょうか。その結果、毎日の生活にも充実感が得られることに繋がりそうです。高ステータスのクレジットカードは家族の忘れられない感動や、思い出つくりも実現してくれます。

さらに、年会費はかかりますが、高ステータスのクレジットカードは自分や家族が安心できるような手厚い保険サービスも充実しているのも魅力です。旅行などのレジャーに対してサポートしてもらうだけでなく、そのレジャー時に発生しかねない万が一のときのための補償が高ステータスのクレジットカードには備わっていることも有難いですね。

▲目次にもどる