くつろげる空間を提供してくれる空港ラウンジ

搭乗手続きの前後で優待される空港ラウンジ

特定のカード所有者が入れる「クレジットカードラウンジ」とは

空港で国内線や国際線を利用するときに使えるラウンジは2つあります。そのひとつはある特定のクレジットカードをもっていると利用できる「クレジットカードラウンジ」です。クレジットカードラウンジは、基本的にゴールドカードをもっていると使用することができる空港ラウンジで、航空券の種類や搭乗クラスにしばられることなく利用することができます。

ただし、国内線ラウンジは利用できるが国際線ラウンジは利用できないなど決まりがあるので、事前に調べておきましょう。また、ラウンジの場所や種類により使用できるサービスも違います。利用できるサービス概要に関しては、各自クレジットカード会社のホームページなどで確認をすることが可能です。

プレミア感漂う特別な空間「航空会社ラウンジ」とは

もうひとつのラウンジが「航空会社ラウンジ」です。航空会社が提供するラウンジを利用するための条件の一つは、その航空会社の航空券を所持しており、航空会社のプレミアムメンバーであることです。または、ビジネスかファーストクラスを利用する方であることが条件で、誰でも利用できるわけではありません。

こちらも、航空会社のプレミアムメンバーの条件や、ビジネスクラスかファーストクラスかによって利用できるラウンジが変わってきます。ラウンジで提供するサービスは無料で受けることができ、自分が乗る搭乗口にも近いので搭乗手続き間際までくつろぐことができます。

空港ラウンジで利用できるサービス

食事やドリンクサービスについて

クレジットカードラウンジでは、ソフトドリンクが無料で飲めます。アルコールは1杯までは無料で提供しているラウンジもありますが、基本は有料です。航空会社ラウンジでは、食事(ビュッフェスタイル)やソフトドリンク、アルコール類が無料で利用できます。アルコールはウイスキーやスピリッツなどさまざまなお酒をボトルで用意しています。トップクラスのラウンジになるとシャンパンなども置いてあります。ファーストクラスや上級ランクの会員の場合は、食事やドリンクの質がさらにグレードアップします。

新聞や雑誌・テレビを見られるサービスも

クレジットカードラウンジでは、雑誌や新聞を閲覧できる場所もあります。詳細は各空港のカードラウンジ案内に記載していますので、ご利用前に確認をすることができます。航空会社ラウンジでは、雑誌や新聞を閲覧できるサービスを提供しています。また、両ラウンジ内にはテレビが設置してあるところがあり、放映している番組を見ることも可能です。

携帯やスマホの充電が可能な場所もある

クレジットカードラウンジでは、携帯充電が無料でできるラウンジもあります。しかし、各席に電源が必ずあるわけではないので、持ち運びができる充電器を持ち込む必要があります。場所によっては、携帯電話の通話機能制限をしているところや、パソコンを利用するにも電源がない場合もあります。その場合は充電がもつ範囲での利用になりますので、注意しましょう。携帯充電ができるラウンジは空港ホームページで確認できます。無料Wi-Fiに関しては、空港で用意しているものを利用することが可能です。

航空会社ラウンジでは、各席に電源がついていることが多く、場所に捉われずに充電をすることが可能です。携帯電話に限らず、お子様のゲームやパソコンの充電にも利用でき、幅広い用途に使用できます。もちろん無料Wi-Fiが飛んでいるので、インターネットの利用が可能です。

シャワールームがついていれば利用できます

クレジットカードラウンジでは、シャワールームがついていないラウンジもあります。もしシャワールームがあるラウンジでしたら有料で使用することができます。例えば羽田空港のSKY LOUNGE ANNEXのシャワールーム料金は、1,030円(税抜き)で30分間の利用が可能です(2017年1月6日時点)。シャワールームにはシャンプーやボディソープ、バスタオルも用意されているので、利用者が持っていく必要はありません。

航空会社ラウンジでは、シャワールーム完備のところが多く、無料でシャワールームを利用することができます。広さはクレジットカードラウンジに比べると広く、個別にされているアメニティグッズも充実しており、利用者がもっていくものは特にありません。

出国前にゆったりとした時間を過ごせます

公衆無線LANで快適な通信を

どちらのラウンジも公衆無線LANがあるので、出発前のメール確認や仕事をパソコンで行うことが可能です。さらにうれしいのは、航空会社ラウンジではほぼ全席にコンセントプラグが完備しており、1人2口利用することもできます。パソコンで作業しながらスマホや携帯電話の充電を行うことも可能です。家族連れの場合は、お子様の携帯ゲームの充電などにも利用できます。インターネットにつながるので、スマホ使用の際も、お子様がオンラインでゲームをしたい場合にも、通信料などを気にする必要がありません。

ビュッフェ形式の食事でおなか一杯に

航空会社のラウンジではビュッフェ形式で食事を楽しむことが可能です。また、オーダー制で麺類を頼めるラウンジもあります。出発前にお腹がすいても、レストランに入ることなく無料で腹ごしらえができます。飛行機内で眠りたいためにアルコールを適量飲んでおきたいという人も、無料でサービスを受けることができます。好き嫌いが多いお子様にとっても、ビュッフェ形式なら自分で好きな料理を選んで食べることができるので、安心して食事をすることができるでしょう。

残念ながらクレジットカードラウンジでは食事をできるところが限られています。そのため、お腹がすいたときは空港内のレストランや売店で食事をすることになります。

空港ラウンジが使えて旅行にも最適なクレジットカードとは

一流の宿泊先を見つけるのに便利な「三井住友VISAゴールドカード」

初年度年会費無料、2年目以降年会費1万円(税抜き)で利用できる三井住友VISAゴールドカードは、全国主要空港のクレジットカードラウンジを利用することができます。

一流旅館やホテルの予約サービスReluxも利用でき、さらに3,000円割引が適用されるサービスがついています。海外・国内旅行傷害保険は、最高額5,000万円まで対応しており、家族特約でご家族にも保険が適用されます。ショッピング保証も最高300万円対応です。

20代の方の場合は、三井住友VISAプライムゴールドカードが利用でき、内容は三井住友VISAゴールドカードに近いサービスが受けられます。年会費は5,000円(税抜き)です。さらに上位にくる三井住友VISAプラチナカードでは、たくさんの旅行に役立つサービスが受けられます。年会費は5万円(税抜き)です。

公式サイトはこちら→

JALカードのサービスが受けられる「JALアメリカン・エキスプレス・カード」

JALアメリカン・エキスプレス・カードをおもちの方は、クレジットカードラウンジを利用することが可能です。

対象のラウンジはMUFG CARDのホームページに記載していますが、2017年1月時点で全国32カ所・海外1カ所のラウンジが使用可能です。同伴者は1名まで無料で利用できます。(※JALの航空会社ラウンジである『サクララウンジ』はご利用できません。

普通カード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類があり、それぞれに空港などで使えるサービスやマイルがたまりやすくなる特典がついています。年会費は普通カードで6,000円(税抜き)からです。

ANAのマイルがたまりやすい「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」

クレジットANAアメリカン・エキスプレス・カードのクレジットカードラウンジは、同伴者1名まで無料で利用することが可能です。(※ANAの航空会社ラウンジはご利用できません。

利用できるラウンジは28空港39カ所で、詳細はアメリカン・エキスプレス ホームページで確認することができます。年会費は7,000円(税抜き)です。

ANAグループでカード利用をすると、マイルが1.5倍でたまるほか、フライトやANAカードマイルプラス提携店で利用すると効率よくマイルを貯めることができます。カード会員限定でスーツケース1つを無料宅配できることや、さまざまな保険に対応していることなど、幅広いサービスも魅力的でしょう。

安い年会費でラウンジを利用できる「楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード」

楽天ゴールドカードでは、国内外29カ所のクレジットカードラウンジを使用することができます。海外旅行傷害保険にも対応していますが、年会費2,100円(税抜き)と比較的安くなっています。いろいろなキャンペーンを開催していたり、ポイントをANAマイルに交換できたりするのもうれしいところです。さらに上をいく楽天プレミアムカードでは、世界900カ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスに、無料で申し込むことができます。保険の幅も広がり、旅行傷害保険に加え動産総合保険にも対応しています。年会費は1万円(税抜き)と、特典を考えるとお得な料金になっています。

公式サイトはこちら→

空港ラウンジを利用するときに失敗しない方法

航空券と対象のクレジットカードを忘れずに

ラウンジは搭乗を待っている方の安らぎの場所です。そのため、航空券がなければラウンジへの入室はできません。航空券と対象のクレジットカード両方を持っていることで初めて利用をすることができるのです。そのため、旅行の際は必ず航空券とクレジットカードの両方を持っていることを確認してから、ラウンジに向かいましょう。

2名以上の同伴者がいる場合は別途料金で利用可能

クレジットカードラウンジでは、対象のクレジットカードをもっている人と同伴者1名までが無料で利用できるというサービスを提供している場合が多いのですが、もし同伴者が2名以上いると追加料金がかかってきます。料金は場所にもよりますが1名につき1,000円(税抜き)加算されます。ラウンジの使用が無料となる対象年齢は空港によって異なり、小学生までや3歳未満の幼児までなどさまざまなので、事前に空港のホームページで確認をとることをおすすめします。