目次

コンビニでクレジットカード払いするメリットって?

コンビニで買い物をする場合、多くの人は数百円程度の小額な買い物が多いですよね。「少しの金額でクレジットカードを使うのは恥ずかしい」そう考える人もいるでしょう。

でもレジ前で「あ、あと10円あります…!」とモタモタお財布の中の小銭探しをするほうがよっぽど恥ずかしいのでは? 後ろに並んでいる人がいる場合は迷惑にもなりますし、サッとクレジットカードを出せたほうがよっぽどスマートです。

コンビニでクレジットカードを使う場合、ほとんどが小額なのでサインや暗証番号の入力なしで決済することが可能です。(1万円以上の高額な場合はサインを求められます)なのでクレジットカード1枚で驚くほど早く支払いが完了してしまうのは朝の時短にもなります。

また「すべてのコンビニでクレジットカードが使えるの?」という疑問がありますが、ほとんどの大手コンビニではクレジットカードの使用が可能です(スリーエフ、am/pmは使用不可)

そしてVISAやJCBなどは基本どこでも使用が可能ですが、AMEXカードなど、コンビニによっては使用できないカードもあるので「これは大丈夫かな?」というカードの場合にはレジで確認するようにしましょう。

最大のメリットはポイント

コンビニでクレジットカードを使うメリットはスムーズに支払いが出来るからだけではありません。一番のメリットは「ポイントが貯まる」点です。

たとえば毎日コンビニを利用している人で現金払いをしている人は、月に数万円、年間だと数十万円分のポイントをとり損なっているということになります。これはもったいなさすぎます。たまに家電やインテリアなど大きな買い物をするときはポイントにこだわるのに、頻度が日常である決済手段においてポイントを貯めないのはとてももったいないです。

コンビニ利用の多い人は、支払いをクレジットカードにするだけでかなりのポイントがたまっていきます。いままで現金払いしていたのがもったいなく思えること間違いなしです。

EdyやSuicaなどの電子マネーはプリペイド型なので、基本的にチャージをする工程を伴いますが、クレジットカードならその心配もなし。使いすぎは本末転倒ですが、それさえ注意すればポイントもたまって時短にもなって断然お得です。

コンビニ利用が多い人にオススメのクレジットカード1:
三井住友VISA系

ポイントを貯められるだけのクレジットカード。と思いきや、多くのコンビニでマイルまで貯められるということをご存知でしょうか? 「出張は少ないし、なかなかマイルがたまらない…」という方には朗報です!

各航空会社で発行しているクレジットカードを、決められた提携店で使えばカードのポイントとは別にマイルまでもらえてしまうのです!

たとえば三井住友VISAカードから発行されているANAカードセブンイレブンでクレジットカードを使用した際に、決済額に応じたマイルとは別にANAカードマイルプラスによるマイルが還元されます。コンビニで支払っている毎日の買い物を、三井住友VISAのANAカードで支払っていくと、気がついた頃には海外旅行の交通費を無料で行けるぐらいまでマイルがたまっていた、なんてこともあるでしょう。

nanacoポイントでもANAマイルへの直接交換が可能ですが、還元率の観点から基本的にはANAカードでの決済でOKです。

また三井住友VISA カード全般においてはリアル店舗でのお買い物がお得になる「ココイコ!」というサイトが利用でき、指定のコンビニを事前にエントリーしておくことで、そこでお買いものをした際にボーナスポイントを得られることが可能です。

三井住友VISAカードの公式サイト

そのほかにも三井住友VISAカードでは電子マネーIDを無料で利用する事が出来る(他のカードだと年会費がかかるものもある)ので、それを利用することで面倒なチャージも省けて、且つ普通のクレジットカード支払いではサインが必要になるコンビニでもスムーズな決済が可能です。

これらの理由からも総合的なスペックとかを加味すると、コンビニでポイントをがっつり貯めていきたいという方には、無料ID付帯の三井住友VISAカードがおすすめです。

おまけですが、三井住友VISAからは女性に向けたクレジットカード、三井住友VISAアミティエカードが出ています。

どういった特典が女性向けかといいますと、国内、海外旅行保険をはじめ、ショッピング保険というものまでついているのです!女性の大好きなものに保障がたくさんついているほか、携帯やPHSの料金を支払いで利用するとポイントが2倍になるというサービスもついています。女性ならではでありがちな「今月話しすぎちゃったな」という場合にも、その分ポイントになって返ってくるというのが嬉しいポイントです。

公式サイトはこちら→

参考:『三井住友VISAカードのクレジットカード一覧』

コンビニ利用が多い人にオススメのクレジットカード2:
ファミマTカード

「よく行くコンビニはファミリーマート」「TSUTAYAを利用することが多い」という人にオススメなのがファミマTカードです。
おにぎり1個やペットボトル1本など、小額の買い物から1万円未満まではサインレス(サイン、暗証番号入力不要)でOK。
DVDやCDレンタル店として有名なTSUTAYAのカードも兼ねておりますので、TSUTAYAの会員証としてもこれ1枚あれば問題ありません。

お財布に何枚もカードを入れておくのはかさばりますし、見た目にもかっこいいとは言えません。「あのカードどこにやったかな〜」とお会計のときに恥ずかしい思いをしないためにも、自分がよく利用するサービスのなかから何役もこなしてくれるカードがあるとすごく便利。

「ちょっと近所に買い物」というときにも、カード1枚あれば問題ありません。
TSUTAYAでもコンビニでも使えるファミマTカードは、どちらも頻繁に利用する人は持っていた方が良いといえるカードでしょう。

ファミマTカードでは毎週火曜日と土曜日が「カードの日」になっており、ポイントアップのチャンス!なんと買い物した際のポイントが5倍。
公共料金の支払いなど、少し高めの支払いをするときは、カードの日を狙って支払をするようにするといいです。
また、ファミマTカードは年会費が無料というのもうれしいポイントです。

それ以外のメリットでいうと「今お得」という商品はファミマTカードの提示だけで、対象の商品がその場で値引きされます。

まず、ファミマTカードの基本として、ショッピングポイントとクレジットポイントがあります。

ファミリーマートで商品の支払いにあカードを使用した場合、ファミマTカードの提示で200円につき1ポイントのショッピングポイントが貯まり、200円につき1ポイントのクレジットポイントが貯まります。
つまり、ファミリーマートでファミマTカードを使うと還元率は1%になります。

またファミマTカードからはVisaデビッドカード付のキャッシュカードも出ており、こちらはなんと審査が不要のカード。使ったその場で銀行口座から引き落としされるので、お金の使い過ぎということはなくなります。

それ以外にもファミマランクというものが設定されていて、自分のランクがあがればあがるほど、ポイントを貯めやすいカードになっています。
1ヶ月で1万円程度コンビニでお買い物をする人は少なくないと思いますが、上記理由からもメインで使用するコンビニは決めておくと良いでしょう。

コンビニ利用が多い人にオススメのクレジットカード3:
セブンカード・プラス

「よく行くコンビニはセブンイレブン」「近所のスーパーはイトーヨーカドー」という人にオススメなのは、セブンカード・プラスです。
セブンカード・プラスは店舗によってポイントの還元率が高いのがメリット。

普通にクレジットカードを使うと200円で1ポイント(0.5%)
セブンネットやSEIBU、SOGOでは200円で2ポイント(1%)
セブンイレブンやイトーヨーカドーで使うと200円で3ポイントも!(1.5%)

これはとても高い還元率です。

CMなどでも耳にしたことがあるかもしれませんが、毎月8のつく日はイトーヨーカドー、ネットスーパー全店のハッピーデー。セブンカード・プラスを使って支払うと5%引きで買い物をすることができます。イトーヨーカドーをよく利用する人にとってはかなりオススメです。たかが5%と思わず、コツコツ節約すると年間では大きな割引になっているでしょう。

セブンカード・プラスでたまったポイントは1ポイント1円で、nanacoポイントとして利用することができます。
セブンイレブンはもちろん、デニーズやSEIBUなどのnanacoマークがあるお店で利用可能です。

またnanacoポイントに変えるのではなく、提携ポイントに変えることも可能です。提携ポイントの中には、ANAのマイルに変えられるものも!セブンイレブンで使ったものがANAでも使えるとは、驚きですね。

「ポイントをもっとためたい!」という人はセブンイレブンで買い物をするとき、商品に注目してみるといいですよ。商品の中には「ボーナスポイント対象商品」となっているものがあり、それを選んで購入するとポイントが一気にたまりやすくなります。

デザートで何を買うか迷ったとき、ボーナスポイント対象商品のものを選べばなんだか得した気分になりますよね。ちょっとしたところで気をつけてみると、ポイントがたまりやすくなるのでオススメですよ。

コンビニ利用が多い人にオススメのクレジットカード4:
レックスカード

「レックスカード」という名前のカードをご存知でしょうか? あまり耳にしたことがない人もいるでしょう。レックスカードは価格.comや食べログなどを運営しているカカクコムがプロデュースし、JACCS(ジャックス)から発行されているクレジットカードです。

還元率が1.5%と高いのが大きな魅力。ポイントの還元率やポイントをキャッシュバックしたい人にはオススメのカードです。

年会費は初年度無料で、2年目以降は前年に50万円以上カードを利用すれば無料になります(通常は税込2,700円)。年間50万円というと1か月あたりだいたい4万円ちょっとというところ。クレジットカードの利用額が月に4万円でしたら多くの人が当てはまるでしょう。「年会費がかかるのはイヤ」という人も、自分の月々の利用額を考えてみれば苦にならない問題でしょう。

ではコンビニでレックスカードを使うと、どんなメリットがあるのでしょうか?
レックスカードは2000円ごとに30ポイントがついてきます。「じゃあ100円のおにぎりを買っても意味ないじゃない!」と思うかもしれませんが、そうではありません。
レックスカードは1か月のトータル金額に対しポイントがついてくるのです。つまり小額の支払いでもコツコツと積み上げていくことが大切ということですね。

レックスカードは、ためたポイントを実質キャッシュバックで現金化できるのがうれしいところ。ポイントの交換は1,500ポイントからです。利用額でいうと約86,000円使うとポイントが使える、ということになります。ポイントをカード支払額として使うことができるのはとても実用的で魅力があります。
他のカードではポイントを特定のサービスなどからしか選べないことがあるので、支払額として使えるのは便利で経済的ですね。1ポイント1円として使うことができますよ。

コンビニ利用が多い人にオススメのクレジットカード5:
JMBローソンPontaカードVISA

「よく使うコンビニがローソン」「ローソンストア100が近くにある」という人は、JMBローソンPontaカードVISAがオススメです。
ポイントカードのみのPonta カードは100円(税抜)ごとに1ポイントがつきますが、クレジット機能つきのPontaカードはさらにお得です。

クレジット決済機能付きのJMBローソンPontaカードVisaは、ローソン店頭でクレジット払いをすると100円(税抜)ごとに2ポイントがたまります。
またローソン店舗以外のVisa加盟店でクレジット決済をすると、毎月トータルで1000円(税抜)ごとに5ポイントが翌月に付与されるのです。これはVisaでクレジット払いをする人にはかなりポイントがためやすいですね。

またクレジット決済機能付きのJMBローソンPontaカードVisaでは、200円(税抜)ごとにJALのマイルが1マイルたまるとのこと! PontaカードでJALのマイルがたまることを知らない人は多いでしょう。知っておくととても得をするポイントですね。

そもそも100円ごとに2ポイントたまるというのは、還元率が2%ということ。これはコンビニの中では最高の還元率です。何を買っても2%は戻ってくると考えれば、絶対に現金払いよりクレジット決済機能付きのローソンPontaカードVisaで支払ったほうがいいですよね。

クレジットカード機能だけではなく、Pontaカードとしてポンタポイントをためるとローソン店内のLoppiという機械で「お試し引換券」を発行することができます。対象商品は日替わりでさまざまなのですが、ドリンクやお菓子、ビールなどを破格で購入することができるのです。日頃からローソンを利用している人はぜひ知っておきたいところですね。

コンビニ利用が多い人にオススメのクレジットカード6:
楽天カード

CMで耳にしたことがある人も多いであろう「楽天カード」。
「ネット通販の楽天市場で買い物をするとお得なのかな?」と考える人がほとんどだと思いますが、通常のコンビニ利用でもメリットがあるのです。

それぞれのコンビニにはそれぞれ特化したカード(ローソンならPonta、ファミリーマートならTカード、セブンイレブンならnanacoなど)がありますが、楽天カードは大手コンビニ店ならどこでも使えるのが特徴。(カード払いに対応していないコンビニは除きます)
これだったら「ポイントをためたいから○○に行かなくちゃ!」という必要はありません。近くのコンビニでどこでもポイントをためられるのはとても便利ですよね。

また他のクレジットカードの多くは1000円単位でのポイント交換ですが、楽天カードは100円単位でポイントがつきます。これもうれしいですよね。何百円の差は少ないように見えて大きいですから、ポイントのとりこぼしが少なくてすみます。

楽天カードの公式サイト

もちろん楽天市場で利用しても大きなメリットがありますよ。コンビニ利用でのポイント還元率は1%ですが、楽天市場で楽天カードを使って決済すると2%の還元率になるのです。たまったポイントは楽天市場で1ポイント1円から使えます。楽天市場は品揃えがかなり豊富ですし、利用価値もとても高いので、ここで使えるポイントというのは現金と同じくらいの価値がありますよ。

楽天カードはサービス産業生産性協議会が行っている「JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」で、クレジットカード部門の顧客満足度第1位に選ばれています。しかも2009年から2015年まで7年連続です! これは利用者の満足度をあきらかに反映しているものですので、使ってみて損はないといえるでしょう。
楽天市場ユーザーにはかなりオススメのカードですよ。

楽天カードの公式サイト

それぞれのカードの特徴を、簡単ではありますがお分かりいただけたでしょうか?
自分にあったカードに出会えれば、ちょっとした日々の生活もより便利に快適に過ごせますよ。

公式サイトはこちら→

▲目次にもどる