目次

    1. 2017年最新入会特典がステキなおすすめのクレジットカード9選
    2. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード1  三井住友VISAカード(クラシック)
    3. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード2 三菱UFJニコスVIASOカード
    4. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード3 オリコカード ザポイント
    5. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード4 楽天カード
    6. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード5 JCB CARD EXTAGE
    7. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード6 三井住友VISAプライムゴールドカード
    8. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード7 イオンカード(WAON一体型)
    9. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード8 JCBリンダカード
    10. 入会特典がステキなおすすめのクレジットカード9 ANA VISA Suicaカード

2017年最新入会特典がステキなおすすめのクレジットカード9選

世の中には魅力的なクレジットカードがたくさんあるので、新規入会をしたくてもどのカードを選べば良いのか悩んでしまうことも多いかもしれません。どのクレジットカードにもお得な特典や、いざという時に頼りになる機能が付いているので、何を基準に選べば良いのかは難しい問題です。

もし、あなたが今クレジットカード選びに頭を抱えているのなら、入会特典に的を絞って選んでみてはいかがでしょうか。入会特典とは入会するだけでポイントが得られたり、初年度の年会費が無料になったりするお得な特典のことです。クレジットカードによっては入会特典だけで総額¥10,000以上ものポイントやマイルなどが得られることがあります。

入会特典が魅力なカードを見つけて、まずはお試し感覚で申し込みをし、特典を手に入れてみましょう。その後、クレジットカードを使い続けるかどうかは会員本人の自由なので、カードの使い心地によっては解約することも可能です。まずは気になるカードを見つけるところから始めてみましょう。そこで、今回は入会特典が充実しているおすすめクレジットカードを9つご紹介します。どのカードも入会特典が魅力にあふれていることでしょう。

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード1  三井住友VISAカード(クラシック)

クレジットカードの中でも抜群の知名度を誇る三井住友VISAカードのクラシックカードは、初年度の年会費が無料なので、初めてクレジットカードを持つ人やセカンドカードとして使い心地を見てみたい人にはぴったりの1枚となっています。三井住友VISAカード(クラシック)では、新規入会者に期間限定でたびたび数千円相当をプレゼントするキャンペーンを展開していることがあり、入会するだけでお小遣いが少し増えるという入会特典に力を入れているカードでもあります。

多くのクレジットカードでは、入会するだけではポイントやキャッシュバックが得られることは少なく、使用することによって入会特典を手に入れられるシステムが採用されていますが、三井住友VISAカード(クラシック)の場合は、例えば入会するだけで¥1,000のキャッシュバックが得られます。また、マイペイす・リボの同時設定と利用で同じく¥1,000、三井住友iDの同時入会と使用で¥2,000など、設定や利用をするたびにキャッシュバックされる金額は増えていくので、最終的には総額で¥8,000相当のお金が手に入る仕組みになっています。

いずれのキャッシュバック特典ももれなくもらえるので、応募して抽選で当たった場合にだけ得られる運任せの特典ではありません。また、入会特典ではありませんが、三井住友VISAカード(クラシック)はネット申し込みをすると最短で3営業日で発行されるスピーディーに手に入るカードなので、クレジットカードをすぐに手に入れたい場合でも煩わしい思いをせずにカードも特典も獲得できるでしょう。どのクレジットカードに入った方が良いのか迷っているのなら、まずは三井住友VISAカード(クラシック)を検討してみてはいかがでしょうか。あなたの信頼出来るパートナーになれるおすすめの1枚です。

→ 三井住友VISAカード(クラシック)をもっと詳しく知りたい!

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード2 三菱UFJニコスVIASOカード

最短で翌営業日に発行されるクレジットカードの三菱UFJニコスVIASOカードは、本会員も家族会員も年会費が無料となっています。国際ブランドのMasterCardを採用しているので、1枚作っておけば世界中を旅するのに大変便利な1枚です。三菱UFJニコスVIASOカードの入会特典の特徴は、最大¥10,000相当のVIASOポイントが手に入ることです。入会特典で¥10,000を超えるポイントが還元されるクレジットカードは少ないので、大きくポイントを手に入れたい人にはおすすめできます。ポイントを手に入れるためには、入会日から3カ月後末日までに合計で¥150,000以上のショッピング利用をする必要があります。

¥150,000以上利用すると¥9,000相当のポイントがもらえ、さらに楽Payに登録することで¥1,000相当のVIASOポイントが手に入れられます。3カ月以内に¥150,000以上の買い物をするのが難しい人は、楽Payに登録をして¥1,000相当のポイントだけでも獲得しておきましょう。また、三菱UFJニコスVIASOカードには付帯カードとしてETCカードも付けることができます。新規発行手数料として¥1,000(税別)かかりますが、入会時に同時に申し込みをしておくと便利でしょう。

三菱UFJニコスVIASOカードは年会費が無料なので、入会特典を得た後に使用しないからといって解約する必要がないクレジットカードと言えます。そのまま持っていても何もマイナスにはならないので、セカンドカードやサードカードとしていざという時に役に立つ時が来るかもしれません。使用頻度が少なくても持っていると安心感があり、旅や日常生活をエンジョイすることを支えてくれるのが、三菱UFJニコスVIASOカードというクレジットカードなのです。

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード3 オリコカード ザポイント

入会特典の魅力といえば、入会した後に得られるポイントやキャッシュバックですが、オリコカード ザ ポイントに入会後獲得できるオリコポイントは最大で18,000ポイントと、ポイント還元にかなり力を入れています。オリコカード ザ ポイントに入会すると、まずもれなく1,000オリコポイントが手に入ります。

それだけでもちょっと得した気分になりますが、オリコカード ザ ポイントの入会特典の魅力はまだまだ続きます。ウェルカムキャンペーンという名の、入会後のお得なキャンペーン期間中はカードの利用金額に応じて最大3,500ポイントが還元されます。3,500ポイントを得るためには期間中に¥100,000以上のカード利用をしなければいけませんが、¥10,000以上でも1,000ポイント、¥30,000以上で2,000ポイントと、少ない額の利用でもポイントが手に入るチャンスはあるので、あまりカードを利用した買い物をしないという人でもポイントがしっかりと還元されます。

また、キャンペーン期間中に¥30,000以上カード利用した人の中で、オリコポイントゲートウェイに新規登録することで500ポイント、携帯電話料金と電気料金をオリコカード ザ ポイントで支払うとそれぞれ1,000ポイント得られ、家族カードに申し込みをすることでも500ポイントが自動的に手に入れられる仕組みになっています。

これだけでも十分新規入会特典としては満足のいく内容ですが、オリコカード ザ ポイントの特典はまだまだ続きます。入会後6カ月の間はなんとポイント還元率が2%となり、最大で10,000オリコポイントが獲得できるのです。入会特典としてはかなりユニークなこのサービスは、カードを利用すればするほどお得が増えていくので、ショッピングをする楽しみを何倍にも増やしてくれることでしょう。オリコカード ザ ポイントとともに、次の買い物をぜひ楽しんでみてください。

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード4 楽天カード

発行されてから比較的日が浅いクレジットカードにも関わらず、破竹の勢いで会員数を増やしている楽天カードには、人々をひきつける魅力的な入会特典が満載しています。楽天カードに入会すると、もれなく2,000ポイントが手に入ります。これだけでは他のクレジットカードと大きな差をあまり感じないかもしれませんが、楽天カードのすごいところは、この新規入会ポイントが申請後5営業日以内に受け取れることにあります。入会後すぐにポイントが手に入り、それを使用できるフットワークの軽さが楽天カード人口を増やしている遠因になっているのかもしれません。

また、カードを利用すれば5,000ポイントが獲得できるもの、楽天カードをおすすめする理由のひとつです。他のクレジットカードの多くは、〇〇円以上の利用でポイントが進呈されるなど利用額に決まりがあるところが多いのですが、楽天カードの場合はカードを利用するだけで良いのです。少額のショッピングにカードで支払いをするだけで5,000ポイントが手に入るので、大変手軽でお得にポイントが獲得できるシステムとなっています。

また、Edy機能付きのカードを選択すると、¥500分がチャージされた状態のカードが送られてきます。すでにお金が入っている状態なので、小さな買い物ならカードを受け取ってすぐに利用を開始できます。楽天カードには家族カードがあり、本会員がカードを作るときに同時に申し込むことで本会員に1,000ポイント、家族会員には200ポイントが付与されます。もちろん家族カードも年会費が無料なので、カードを作れる家族がいる場合はぜひ同時に申し込みをしておきましょう。さらに、誰かを楽天カードに紹介した場合はもれなく2,000ポイントが手に入ります。紹介した人数が増えれば増えるほど手に入れられるポイントが増えていくので、クレジットカードを作りたいと考えている友人がいる場合は誘ってみてはいかがでしょうか。

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード5 JCB CARD EXTAGE

日本が誇る国際ブランドJCBが送る、18歳以上29歳以下までの若者専用のクレジットカードのJCB CARD EXTAGEは、年会費無料の使い勝手が良いカードです。カードのデザインは数種類あるので、自分のセンスにしっくりくる1枚がきっと見つかることでしょう。JCB CARD EXTAGEの入会特典の魅力は、何と言っても高い還元率にあります。

JCB CARD EXTAGEでは、入会後3カ月間の還元率は通常の場合の還元率よりもなんと3倍にもなる特典があります。多くのクレジットカードのポイント還元率は0.5%ですが、JCB CARD EXTAGEでは1%とすでに高い還元率を誇っています。しかし、さらにそこから3倍ということは3%の還元率になるので、還元率としては驚異の数字であることがわかるのではないでしょうか。それだけではなく、入会後4カ月以降12カ月以内の還元率は1.5倍なので、初めの3カ月でカード利用が思うようにできなかった場合でも、1年間は高い還元率でポイントをサクサク貯めることが可能です。

JCB CARD EXTAGEでは新規入会者に限定して、最大¥12,500分のプレゼントが手に入れられるキャンペーンを展開しています。インターネットでの申し込み限定ですが、もれなく新規入会で¥2,000分のJCBギフトカードが、家族カードの新規入会で同じく最大¥2,000分のギフトカード、誰かをJCBカードに紹介すると最大でなんと¥5,000分のギフトカードがもらえます。それ以外にもJCB入会サンクスキャンペーンに登録し、公共料金をカードで支払うと¥3,500、支払い名人の登録と利用で¥1,500がキャッシュバックされます。ギフトカードだけではなく、お金が手に入るので、クレジットカードを利用する楽しみが広がっていくことでしょう。

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード6 三井住友VISAプライムゴールドカード

通常ゴールドカードは、年会費が多くかかるなどのお財布にとってはマイナス面もありますが、一般のクレジットカードに比べてサービスが充実している傾向があります。入会特典に関しても、ゴールドカードの特典はゴールド級と言えるでしょう。満20歳から30歳未満の若者向けのゴールドカード、三井住友VISAプライムゴールドカードは、初年度の年会費は無料で翌年度以降¥5,000(税抜)かかります。しかし、条件を満たせば翌年度以降も¥1,500(税抜)まで割引されるという会員にとってはうれしいサービスもついています。

三井住友VISAプライムゴールドカードの魅力的な入会特典は、インターネットで申し込みした人限定で最大¥8,000分のキャッシュバックプレゼントがあることです。すべての特典でもれなくプレゼントがもらえるので、¥8,000分の特典を手に入れたいならきっちりと入会と利用をしておくことをおすすめします。

まずは新規入会者がカードを利用した場合、¥1,000がキャッシュバックされます。バーチャルカード、家族カード、マイ・ペイすリボのクレジットカードと同時入会と設定した後に利用することでそれぞれ¥1,000分キャッシュバックされます。また、三井住友カードiDの同時入会と利用で¥2,000、三井住友カードiDの入会キャンペーンにエントリーした後に利用することで最大で¥2,000分のiDバリューがプレゼントされます。入会特典が充実しているので、今すぐにでも申し込みをして三井住友VISAプライムゴールドカードを手に入れたいという人は多いかもしれません。インターネットを利用すれば24時間いつでも申し込みができるだけではなく、最短3営業日にカードが発行されるので大変便利です。上に挙げた入会特典もインターネットで申し込みした人だけが対象なので、ぜひインターネットを利用して三井住友VISAプライムゴールドカードを手に入れてください。

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード7 イオンカード(WAON一体型)

イオングループで買い物をするとときめきポイントが2倍になるという、日常の買い物の強い味方イオンカード(WAON一体型)は、国際ブランドのVISA、MasterCard、JCBの3つから選べるので、普段使いだけではなく、海外旅行のパートナーとしても優れた1枚となっています。イオンをよく利用する人は持っておきたいイオンカード(WAON一体型)ですが、新規入会をオンラインで行うことで、お得が2倍にも3倍にも膨らみます。

インターネットを経由して申し込みをすると、最大で¥5,000相当分のときめきポイントが獲得できるので、申し込みはオンラインで行うことをおすすめします。新規に入会した後Web明細に設定をすると、もれなく¥1,000相当分のポイントが付与され、クレジットカードの利用がキャンペーン期間中合計で¥30,000以上になったら、3,000ときめきポイントをもらうことができます。イオンカード(WAON一体型)の特徴であるWAONを合計¥10,000以上利用すると、¥1,000相当のポイントも手に入れられます。多くのクレジットカードでは、申し込み後審査が行われ、カードを発行するべきかどうかが審議されます。発行することが決定されると郵送などでカードが送られてくるため、審査にかかる日数と郵送にかかる日数を合わせると、申請から実際にカードを手にするまで短くても数日かかることは珍しくありません。

しかし、イオンカード(WAON一体型)では、審査が完了しカードの発行が決定された後はカードが送られてくるのを待つまでもなく、店頭でカードが受け取れるサービスがあります。例えば午前中に申し込みをして審査が完了すれば、同じ日の午後に店頭で自分のクレジットカードを手に入れて、ショッピングに利用できるのです。スピード発行をうたうクレジットカードは多くありますが、即日発行が可能でしかもカードを作成している間の待つ必要がないイオンカード(WAON一体型)は、申請者の時間に配慮したカードと言えます。

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード8 JCBリンダカード

クレジットカードは種類が多いため、お得なカードがあったとしても見つけることは難しいかもしれません。もし、女性にうれしい特典が満載のカードを探していたなら、JCBリンダカードがおすすめです。毎月少額の掛け金で女性特有の病気に対する保険を付けられるので、いざという時頼りになることでしょう。

JCBリンダカードのステキな入会特典は、新規入会とカードの利用で最大¥5,500分のギフトカードのプレゼントやキャッシュバックがあることです。新規入会と家族カードの同時入会で¥2,000分のJCBギフトカードがもらえます。家族カードは1人につき¥1,000のギフトカードがもらえますが、最大2枚までしかカードは作れないので最大で¥2,000分ということになります。家族カードの場合、本会員がカードの申し込みをする時に同時に申請しなければいけないので、入会特典を謳歌したいなら迷わず家族カードの申し込みにチェックを入れましょう。

ショッピング利用分が自動的にリボルビング払いになる支払い名人に登録して利用することでも、お得な特典が享受できます。キャンペーン期間中に合計で¥50,000以上JCBリンダカードを使って支払いをすると、もれなく¥1,500がキャッシュバックされます。月々の支払額が一定となるリボ払いは、支払額に対して複雑な計算をしなくてもよいので、お金の管理がしやすいという特徴があります。支払い名人に登録して一定額以上の支払いをすることでキャッシュバックも得られるのは、お得と言えるかもしれません。

JCBリンダカードには7つの異なるユニークなデザインが施されており、カードを選ぶ楽しみが広がります。クレジットカードのデザインを選べるのは申し込みをした時だけなので、選ぶときは慎重に行いましょう。ステキなデザインのカードを選べば、ますますJCBリンダカードを使いたくなってくることでしょう。

入会特典がステキなおすすめのクレジットカード9 ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードはその名の通り、航空会社大手のANAとSuicaの機能が一体となったクレジットカードで、移動や旅をする時に大いに活躍してくれることでしょう。初年度の年会費は無料で、次年度以降¥2,000(税抜)かかりますが、その分、旅行傷害保険が付帯しているなど、サービス面で充実しているという特徴があります。

ANA VISA Suicaカードに入会すると、もれなくANAマイルとSuicaのチャージがもらえるというダブルでお得な入会特典が魅力的です。マイルはもれなく最大で28,000マイル相当を、Suicaは¥1,000分がチャージされるので、近場ならANA VISA Suicaカードに入会するだけで行けてしまいます。このキャンペーンの期間は短く、次またいつ行われるのかは分からないので、このような入会特典が打ち出された場合は急いで決断をすることが重要です。

また、ANA VISA Suicaカードは最大で62,000マイルがもらえるANAカード入会キャンペーンの対象でもあるので、ふたつのキャンペーンの期間が被る時期に申し込みをすれば、何重にもお得な特典を手に入れることができます。キャンペーンには期間があり、機を逃すとキャンペーン自体が無くなってしまうことがあります。

入会してもカードの使い勝手がよくなければ解約することももちろん可能なので、とりあえずエントリーをしてカードを利用するところから始めてみるのもひとつの方法です。また、他にも特典があります。例えば、三井住友iDに登録すると、利用代金から¥1,000がキャッシュバックされます。ANA VISA Suicaカードには大変お得な入会キャンペーンが目白押しなので、クレジットカード選びに困っていたら、迷わずこのクレジットカードを選んでみてはいかがでしょうか。

▲目次にもどる