学生だからこそクレジットカードを持とう!おすすめの学生カードをご紹介します

目次

学生向けのクレジットカード「学生カード」とは

大学生や専門学校生なったら、それまでとは生活の質が一変するものです。一人暮らしを始める人もいますし、アルバイトをして自分で生活をやりくりする人も出てきます。高校生までと違って、クレジットカードを作ることもできるようになります。しかし、そこは未熟な大学生に過ぎません。クレジットカードは使い方によっては学生でも大金を動かすことができるため、カード会社も収入に不安のある人になかなかカードを発行してくれません。ですから、安定した収入のない学生が普通のクレジットカードを発行することはとても難しいことなのです。

そこで、注目したいのが「学生カード」です。学生カードとは、18歳から25歳までの年齢を対象に、主に大学生や専門学校生、短大生や大学院生などの学生向けに発行されるクレジットカードのことです。一般のクレジットカードの場合、発行するまでに収入や職業などのさまざまな審査を通過しなければなりません。一方、学生カードは、そもそも収入面で期待のできない学生のために発行されるカードなので、一般のクレジットカードに比べて審査の基準がそれほど厳しくありません。つまり、収入に不安のある学生でも発行しやすいクレジットカードなのです。

学生カードを持っていれば、通常のクレジットカードにはないさまざまな特典を受けることもできます。そうした特典をうまく利用することができれば、何かと出費がかさみがちな学生生活をうまくやりくりすることもできるようになります。
今回は、そんな学生カードの中でもとくにおすすめしたいカード4選をご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。
※参考:『クレジットカードを作るなら知っておきたい!審査とは何か?

おすすめの学生カード1:三井住友VISAデビュープラスカード

おすすめの学生カードとして、まず三井住友VISAデビュープラスカードをご紹介します。三井住友VISAデビュープラスカードは、クレジットカードデビューをする学生向けのクレジットカードです。より厳密にいえば学生カードというわけではないのですが、学生にとってさまざまな特典があるという意味でとてもおすすめです。学生カードは通常のクレジットカードとは異なる特徴を持っているのが一般的ですが、三井住友VISAデビュープラスカードも通常の三井住友VISAカードよりポイント獲得効率が2倍という特徴があります。ポイントが貯まると電子マネーなどと交換できるなど、いろいろな恩恵に与ることができます。また、年間に1度でも利用すれば年会費が無料になるという点も、何かとお金のかかる学生にとってはありがたい特典ですね。
※参考:『「三井住友VISAカード」とは

おすすめの学生カード2:JCB CARD EXTAGE

学生向けカードといえば、JCB CARD EXTAGEもおすすめです。JCB CARD EXTAGEは18歳から29歳までが対象年齢なので、一般の学生カードよりも年齢の幅が広いという特徴を持っています。また、ネットショッピングで買い物をすると高いポイントがもらえるクレジットカードなので、ネットショッピングを頻繁にするという学生にとってはとても便利でお得感のある学生向けカードといえます。それから、通常よりもポイント優遇をしてくれる加盟店が多いところも特徴のひとつです。セブンイレブンやスターバックスなどの学生が利用しやすいお店でお得なポイントを獲得できるのは、学生にとってうれしい特典です。
参考:『「JCB GOLD EXTAGE」の基本情報や特徴のまとめ

おすすめの学生カード3:学生専用ライフカードとは

「ライフカード」の基本情報や特徴のまとめ

学生専用ライフカードは、まさに学生のために作られたクレジットカードです。一人暮らしをしていれば、光熱費や携帯代などを毎月支払うことになりますが、こうした支払いをクレジットカード払いにすると、ポイントを獲得しやすくなります。特に学生専用ライフカードには誕生月にポイントが5倍になるという特典があり、誕生月にこのカードをたくさん利用すれば大きなメリットを享受することができます。さらに学生専用ライフカードは、学生のうちに海外旅行をしておきたい人にもおすすめの学生カードです。なぜなら、海外で学生専用ライフカードを利用すると買い物金額の5%がキャッシュバックされるという特典があるからです。春休みや夏休みに海外旅行に行くという学生は、このカードを持っておくだけで、さらに買い物を楽しめます。
参考:『「学生専用ライフカード」の基本情報や特徴のまとめ

おすすめの学生カード4:楽天カード

楽天カードは学生専用のカードというわけではなく、さまざまな人が利用できるクレジットカードです。一方で、学生が持っておくといろいろな特典を享受できる学生向けカードでもあります。入会金も年会費もない上に、カードを発行して利用をすると、楽天ポイントを獲得できるというキャンペーンを常に実施しているので、とりあえず発行しておくだけでもメリットのあるカードなのです。しかも楽天関連のサービスを利用すれば、利用した分だけ楽天ポイントを獲得することができ、インターネットで買い物をするときにかなりの節約をすることができますね。楽天はさまざまなサービスを提供していますし、提携店も決して少なくないので、楽天カードを持っているだけで多くのポイントを稼ぐことができる点も大きなメリットのひとつです。
参考:『「楽天カード(一般)」の基本情報や特徴のまとめ

クレジットカードは学生のうちに複数枚作っておこう

学生カードや学生向けカードは審査が厳しくないため、きちんと申込みをしていれば、それほど審査落ちをする心配はしなくても良いでしょう。しかし、すでに学生カードを複数枚所有している場合、新たに学生カードを発行するのは難しくなってしまいます。1枚目や2枚目の学生カードであれば問題なく作れるのですが、3枚目以降は審査落ちする可能性も考えられます。

しかし、学生カードは1枚でも多く持っておきたいところです。なぜかというと、学生カードは一般のクレジットカードよりも審査の基準が低く、比較的作りやすいクレジットカードだからです。社会人になってからクレジットカードを発行するとなると、収入や職業などの厳しい審査基準を通過しなければいけません。収入などに自信があれば良いのですが、将来のことは分かりません。学生カードの利点は何より気楽に発行できるという点なので、こうした特典を活かして学生のうちに複数枚発行しておくと、後でとても便利になる場合もあります。

また、学生カードは通常のクレジットカードと比べて利用限度額がかなり少なく、キャッシング可能額を利用できないものがほとんどです。つまり1枚だけしか学生カードを持っていないと、利用限度額の問題から使いたくても使えないというケースも出てきます。学生カードを複数枚所有しておけば、カードを使い分けることで使える金額を増やすことができるというメリットがあります。また、利用するお店やショップなどでカードを使い分けることができれば、ポイントをより貯めやすくなるというということもメリットのひとつです。ただ、複数枚の学生カードを所有しているとついつい使い過ぎてしまうこともあるので、くれぐれもカードの使い過ぎには注意しておくようにしましょう。
※参考:『クレジットカードの適正な保有枚数は?複数枚を持つときの注意点と審査の通し方を解説!

未成年の場合は親の同意が必要なの?

クレジットカードを発行するためには、年齢制限を満たす必要がありますが、学生カードに限らず基本的に未成年がカードを発行する場合は保護者の同意が必要です。これは各クレジットカード会社が決めていることではなく、法律で定められている規定です。そのため、学生であっても未成年者が親に内緒で学生カードや一般のクレジットカードを作ることはまずできません。どんなカード会社が発行しているクレジットカードでも親の同意が必要になってくるので、まずはこのことを覚えておきましょう。

ただ、20歳以上であれば、学生であっても親の同意なくクレジットカードを発行することが可能です。しかし、学生カードを発行する場合、20歳以上であれば親の同意が必要ないものの、親の経済力や資力が後ろ盾になっていることは間違いありません。カード会社からすると、収入のない学生にクレジットカードを発行するのは決して安心できることではありません。そのため、子供を大学に通わせるほどの経済力が親にあると推察されるからこそ、比較的簡単な審査基準で学生にカードを発行することができるのです。たとえ学生が間違ったカードの使い方をしても、学生であれば経済的に信頼できる親がいると考えられるため、比較的審査基準を甘くした学生カードが発行されています。つまり親の同意なくカードが発行できる20歳以上の学生でも、理屈としては親の経済力の影響下にあると判断されているということです。

社会人になったら学生カードはどうなるの?

カード会社によって異なりますが、社会人になった後の学生カードは一般のクレジットカードに切り替えられることが一般的です。たとえば、三井住友VISAデビュープラスカードであれば、26歳以降の更新日を迎えると、自動的に三井住友VISAカードに切り替えが行われることになります。同じように、他の学生カードも年齢や職業などに応じて、更新日を迎えたときに切り替えが実行されます。自動的に通常のカードに切り替えられるということは、仮に切り替え時に収入が不安定であったとしても一般のクレジットカードを手に入れることができます。それもまた学生カードの特典のひとつと言えます。

カード会社からしても、学生のうちにカードを発行しておくことは固定のユーザーを獲得することにもつながります。カード会社からすれば学生カードはクレジットカードのお試し版のようなものなので、学生のうちに発行しておくことで、メインのユーザーになったときも末永く自社のクレジットカードを利用してもらえる顧客として獲得することができるというわけです。

参考:『社会人になったら?サラリーマンにお得な人気のクレジットカード

参考:『働く社会人女性(OL)向けのおすすめクレジットカードとは?あなたのライフスタイルに合ったカードを見つけよう

学生のうちからクレジットカードに慣れておこう

学生カードを1枚でも持っておくことで、学生生活をより楽に過ごせるようになるとともに、将来的にもさまざまなメリットを享受することにもつながります。今では、さまざまなお店でクレジットカードを利用した買い物ができるようになっています。また、家賃や光熱費の支払いなど、生活を切り盛りする上でもクレジットカードが欠かせません。学生のうちからカードの利用に慣れておくと、余裕をもった学生生活が送れるだけでなく、社会人になった後も生活の知恵として役立てることができるはずです。

学生カードは、クレジットカードのひな形のようなものです。1枚もクレジットカードをもったことがない学生なら、まず手始めに学生カードを作ってみて、カードの使い方に慣れてみると良いでしょう。慣れてきたら複数枚の学生カードを保有して、さらに有効な使い方を研究してみても良いかもしれません。

▲目次にもどる