クレジットカードが作れない!?考えられる原因と対策を徹底解説!

目次

なぜそんなことになってしまうのか。クレジットカードを作ることができない理由

クレジットカードを新しく発行したくても、審査に落ちてしまったために作れないというケースは多々あります。なぜこのような事態が発生してしまうかというと、カード会社はクレジットカードのショッピングやキャッシングを通してお金を貸すことを仕事としていますから、信用できる人間のみに利用してもらいたいと考えるからです。そのため、返済能力がない、あるいは計画性のない方だと判断すれば、容赦なく審査で落としてしまいます。

クレジットカードが作れない主な理由としては「きちんと返済してもらえそうだとは思われていないこと」に尽きますが、その判断基準は多岐に渡っているのです。審査に落ちた方の中には、カードの発行基準を満たしていない方もいれば、登録されている信用情報に問題がある方もいます。他にも、申し込みの方法が原因になった方など、きっかけは実にさまざまです。ただ、具体的な理由については自分で分析し、判断する必要があります。

なぜなら、実際にクレジットカードの発行を申し込んで審査に落ちたとしても、その理由を個別に教えてもらうことはできないのです。なぜクレジットカードが作れないのか、自分の状況とじっくり照らし合わせて考えてみる必要があるでしょう。当てはまる原因が見つかったなら、その問題をきちんと解決しないことには、クレジットカードを新規に発行するのは難しいと言えます。まずはどんなシチュエーションだと審査に落ちてしまうことになるのかを把握することから始めていきましょう。
※参考:『クレジットカードを作るなら知っておきたい!審査とは何か?

カード発行基準を満たしていない

クレジットカードそのものやカード会社によって状況は異なりますが、多くの場合はカード発行基準が細かく定められています。いわゆるカード会社が対象のクレジットカードの発行者に求めている最低条件ですから、この基準を満たしていなければ審査に落ちてしまうので注意しなければなりません。クレジットカードを申し込むのなら、まずはカード発行基準を満たせているかどうか、自己分析する必要があるでしょう。

カード発行基準として、審査の合否を判断する数字については、クレジットカード会社が公開しているわけではありません。つまり、例えば「年収がいくらあれば審査に通る」といった基準は提示されていないのです。ただ、カード会社は返済能力の高さと生活が安定しているかどうかを見て判断しますから、年収や勤続年数、居住年数などが大きく影響する可能性が高いことは覚えておくといいでしょう。他にも、勤務形態や職種、固定電話の有無といった部分もチェックされる可能性があるので注意です。

ただ、審査の厳しさについては、クレジットカード会社によって全く異なります。そのため、A社のクレジットカードは問題なく作れたのに、B社の審査には落ちてしまったというケースも決して珍しくはありません。カード発行基準を満たして確実にクレジットカードを作るためには、安定した仕事と収入がある、生活に余裕があるなどといった属性を強化しておくことが重要です。特に、安定性という面においては、勤続年数や居住年数で判断されやすいですから、日頃からの真面目な姿勢が影響すると言っても過言ではないでしょう。
※参考:『初めてクレジットカードを作る方へおさえておきたいポイントとおすすめのカード5選

カードやローンの利用履歴が全くない!

多くのクレジットカード会社は審査を行う際にまず、個人信用情報機関に対して、カード発行希望者の信用情報に関する情報の開示を求めます。この時、カードやローンに関する利用履歴の情報が全くないとなると、そのまま落とされてしまうこともあるのです。なぜこのような事態に発展するかというと、信用に値するかどうかが非常に判断しにくいためだと言えるでしょう。そもそも、信用情報に登録されるカードの利用やローンを組んだ経験が全くない方というのは非常に珍しいので、学生や主婦などでない限りは怪しいと思われやすいのです。

信用情報機関に登録される情報は主に過去5年間となります。つまり、5年以上前の情報については抹消されているので、昔はどんな風にクレジットカードやローンの利用をしてきたのかが不透明なのです。そのため、実際には全く滞納したことがなかったとしても、カード会社は「もしかしたらブラックになったことがあるのかもしれない」と考えてしまいます。カード会社としては返済してもらえないというリスクを背負いたくないものですから、厳しい所だとリスクヘッジのために審査に通らないという事態に発展してしまうのです。

実際にはブラックではないのにブラックと同等の扱いを受けてしまうため、信用情報の記録が全くないのであれば、記録を作る所から始める必要があります。まずは審査がそれほど厳しくはないクレジットカードを発行してみるか、消費者金融のキャッシングを利用してみるのもいいでしょう。気軽な所でも利用履歴を作っておくことで、審査において有利に働きます。もちろん、信用情報にしっかりと記録されるわけですから、本来作りたかったクレジットカードをスムーズに発行するためにも、絶対に滞納しないように気をつけなければなりません。

個人信用情報機関に登録されている内容に「事故情報(ブラック)」が存在している

クレジットカードを作るのが最も困難な条件と言ってもいいのが、事故情報、つまりブラックになっている方です。個人信用情報機関に事故情報があるという時点で、殆どの場合は審査に落ちてしまいます。事故情報がある方に関しては、滞納した履歴があるということですから、まずカード会社からの信用を得ることはできません。よほど審査が緩いようなカード会社でない限りは、クレジットカードを作れないものだと考えたほうがよいでしょう。

どこかは審査に通るはずという淡い期待を寄せてクレジットカードの申し込みを何度も行う方もいますが、そのような努力を重ねたからってカードを作れるようになるというわけではありません。逆に、申し込みを繰り返すことでクレジットカード会社から警戒される可能性すらあります。悪目立ちしてしまうと、仮に事故情報が抹消されたとしても審査で不利な状況が続いてしまうでしょう。クレジットカードをきちんと作れるようになりたいのなら、事故情報が存在している間はカード発行を諦めるのが最も無難な方法です。

信用情報機関には最短で過去5年間の事故情報が記録されています。ブラックだけどクレジットカードを作りたいという場合には、まずこの情報が抹消されるのを待つのが最善の方法です。ただ、事故情報の記録は滞納した日から5年間ではなく、滞納したお金を完済してから5年間残る形なので、十分に注意しましょう。滞納金を返済しないままだと、信用情報機関に記録がずっと残ってしまいますから、いつまでもブラックから抜けることはできません。過去の記録を抹消して新しくクレジットカードを有効的に活用したいのなら、滞納したお金は必ず清算するように努めましょう。

何社も一気に申し込む!?

ショッピングに特化したものやマイレージが貯まりやすいもの、ガソリン代が安くなるものなど、特徴的なクレジットカードは多数存在します。カード会社によっては、それだけではなく、新規発行者に向けたキャッシュバックキャンペーンやプレゼントを実施しているので、懸賞への応募感覚で申込みたくなるものは多いでしょう。しかし、カード会社へ同時に、もしくは短いスパンで何社ものクレジットカードに新規申し込みをすることは避けたほうが無難です。

なぜなら、本来の目的であるカード利用を無視して、入会特典を得たいがためだけの利用者をカード会社は歓迎していないからです。そのため、キャンペーンを実施しているカード会社に対して同時期に複数申し込んでいる方は、入会特典目的だと思われ、そのまま審査に落ちてしまうケースもあります。そうでなくても、複数のカード申し込みは、夜逃げやキャッシングの踏み倒しを目的としているかもしれないと判断されることもあるのです。

多重申し込みをしている、審査に落ちたというような情報は複数のカード会社間で共有されていますから、後で不利にならないように一気に申し込みは行わないようにしましょう。どうしても複数のクレジットカードを所有したいのであれば、発行後にきちんと数ヶ月の期間を置く必要があります。その期間中に、発行したクレジットカードで優良と思われるような利用履歴を信用情報機関に残してから、新しいカードの申し込みを行うという形を取るのがベターでしょう。
※参考:『クレジットカードの適正な保有枚数は?複数枚を持つときの注意点と審査の通し方を解説!

▲目次にもどる