クレジットカードを作成しようと考えたときに気になることの一つにクレジットカードがいつごろ手に入るかどうかというものがあると思います。クレジットカードが手元に来るまでの期間は審査期間と呼ばれる申込者の信用情報などについて審査する期間です。この記事ではクレジットカードの審査期間はどれくらいなのか、時間がかかるのにはどんな理由があるのかということについて解説をしていきます。

一般的なクレジットカードの審査期間はどのくらい?

クレジットカードは申し込めば必ず手に入るものではなく、カード会社による厳しい審査を経る必要があります。一般的なクレジットカードの審査期間は、トータルで2週間ほどかかることが普通です。しかし、審査の進み具合や混み具合、申し込むカード会社などさまざまな要因で変わる可能性があることを覚えておきましょう。

また、申し込み方法でも審査期間は大きく左右されます。オンラインで申し込みする場合は比較的早く審査が完了しますが、郵便での申し込みは相手に届くまでに1日〜3日程度かかり、相手からこちらに郵送されるまでにも同じくらい時間がかかります。そのため、審査期間を少しでも短くしたいのなら、申し込み手段もよく考える必要があるでしょう。

審査が長い理由1.信用情報機関への問い合わせ

カード会社による審査期間が長引く理由のひとつに、信用情報機関への問い合わせが挙げられます。個人の信用情報には、その人のこれまでのクレジットカードの使用状況や他社借入件数、借入残高がなどが記載されています。カード会社はこの資料を参考にしてクレジットカードを発行して良いかを調べており、信用情報に傷がある場合はカード会員になれる可能性は低くなります。

信用情報機関は24時間いつでも開いているわけではありません。営業時間外にカードの申し込みを行えば必然的にカード審査期間が長引く可能性が上がります。特に週末や祝日前に申し込みを行えば、営業日までカード審査が行われないこともあるので注意が必要です。また、カード会社が個人の信用情報をスムーズに手に入れたとしても、信用情報に傷が付いていればそこでカード発行をすべきか精査しなければならなくなります。そのため、通常以上に審査が長引くことがあります。

審査が長い理由2.在籍確認が取れない

多くのカード会社が導入している審査システムのひとつが在籍確認です。在籍確認では申し込み用紙に記載してある自宅や会社の電話番号にカード会社が電話をかけて、申し込み情報に偽りがなく、本当に本人が在籍しているかを確認します。カード会社から在籍確認の電話がかかってきたときに自宅にいなかったり、ちょうど会社で席を外していたりする場合は、確認が取れず次の段階へ審査を進めることができません。

気をつけておきたいのが職場が休みのときと在籍確認が重なることです。週末や連休など会社が休みになりがちなときに在籍確認がきてしまうと、電話を受け損ねて審査期間が長引く恐れがあります。在籍確認は土曜日にも行われることがあるので、土曜日が休日の会社に勤めていてカード審査を遅らせたくない場合は、土曜日に出勤するなどの対策が必要となります。

審査が長い理由3.スコアリング

カード会社がカードを発行するかどうか決めるやり方にスコアリングがあります。スコアリングとは顧客の個人情報に点数をつけることをいい、クレジットカード会社によって審査基準が異なることが特徴です。高いスコアリングを得るためには、高収入や長い勤続年数、中小企業よりは大企業に勤めている必要があります。また、職業によってもスコアは変化します。一般的には公務員や医師などはスコアが高く、高収入であっても自営業者は低くなる傾向があります。

その他、固定電話回線を持っていたり、既婚者だったり、年が若かったりすることでも、多少スコアを上げることが可能とされています。ただし、カード会社は自社のスコアリングシステムを公表していないため、必ずしも上記のような条件で高スコアを取れるとは限らないということを留意しておいてください。また、スコアリングは結果が基準以下だとそれ以上の審査をしてもらえません。

審査期間が伸びやすいのは、スコアリングの結果がカード発行のギリギリのラインである場合が多いのです。したがって、一般的な審査期間以上に時間がかかっている場合は、スコアリングの結果が思わしくない可能性が高いと考えられます。

審査結果が短いケースで考えられることは?

一方、思ったよりも審査結果が短いケースもあります。考えられる理由としては、カード会社が定めているカード会員になるのに十分な収入がある場合や、信用情報機関の情報が良い場合、スコアリングの結果が良い場合などがあります。また、クレジットカードヒストリーと呼ばれる、すでに持っているカードの使用状況に問題がなく、新規発行するカードをたくさん使ってくれそうな人にもカード審査はスムーズになります。

通常クレジットカードは申込者が一定の基準を満たしていれば速やかに発行されるものなので、審査期間が短いことには何も問題はありません。むしろカード会社から信用されている証拠として喜ぶべきことといえます。

複数の同時申し込みは審査に通らない可能性あり!

海外旅行を控えていたり、オンラインですぐにショッピングをしたかったりと、クレジットカードの発行を急ぐケースもあるでしょう。しかし、クレジットカードは申し込んでも必ず手に入れられるわけではありません。そのため、保険の意味でも複数のカードを同時期に申し込んだ経験がある人もいるかもしれません。しかし実は、複数のカード申し込みは信用情報機関に負の記録として残る可能性があります。どのような理由で複数枚を同時に申し込んだとしても、カード会社からは多重申し込みとして認識されるので良い印象は持たれません。どうしてもすぐにカードを手に入れたいのなら、即日発行可能なクレジットカードに的を絞って申し込むと良いでしょう。

また、以前のカード申し込みからは結果のいかんを問わず、最低でも半年は期間を空けてから次のカード申し込みをすることをおすすめします。半年経てば勤続年数も長くなり、以前信用情報に傷をつけてしまった場合でも負の情報が消える可能性があり、カード発行が有利になる確率が高くなります。

クレジットカードの審査期間を考えて申し込みは早めに

クレジットカードをできるだけ早く手に入れたい場合は、カード会社による審査期間を考慮してなるべく早めに申し込みをすることが重要です。自分ではカード発行に問題はないと思っていても、カード会社はそう考えないケースもあります。カード会社による審査は厳格なので、ほんのちょっとしたことが審査を長引かせる原因にならないとも限りません。

どんなに審査が早いとうたっているクレジットカードでも、申し込みから受け取りまでには数日かかることは珍しくありません。きちんと逆算して、クレジットカードが必要となる日までに余裕を持って手に入れられるよう申し込みをしましょう。

発行が早いクレジットカード

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

・大手銀行系カードであって対応が非常に丁寧
・365日24時間不正利用がないか監視する安心システム採用
最短3営業日で発行対応

公式サイトはこちら→

JCBカード(一般)

「JCB一般カード」の基本情報や特徴のまとめ

・日本の国際ブランド「JCB」から直接発行するクレジットカード
・JCBならではの高品質の付帯サービス
最短翌日で発行対応

公式サイトはこちら→

エポスカード

最短即日で発行対応
・年会費永年無料
・マルイでの利用で10%割引提供

公式サイトはこちら→