目次

商品代金の立て替えとキャッシングはどう違う?

クレジットカードは、主にショッピングを目的として使用するカードです。商品を購入する以外には宿泊や航空券、エステといったサービスを利用した際の代金の支払いや公共料金の支払いにも利用することができます。
クレジットは利用限度額内であれば自由にショッピングの際の決済ができるので、現金を持っていない時の商品の購入やサービスの利用ができる便利なものです。
支払いも1回から複数回と自由に選択できるだけでなく、毎月定額のリボ払いやボーナス払いなども選択できます。

つまり、現金を所持していない時にもクレジットカードが立て替えしてくれることで、商品を手に入れることができるのです。現金を持っていない時だけでなく、一括で購入するのが難しい高価な商品を購入する際にも利用されています。
クレジットカードを使用するには、商品を購入するところがカード決済に対応している必要があります。また、場所によっては対応していないカード会社もあるのでどのカードが使えるか事前に確認してから利用しましょう。

一方、クレジットカードのようにショッピングではなく融資を目的にしているのがカードローンです。カードローンは、提携金融機関やコンビニエンスストア等のATMまたはキャッシュディスペンサーから現金を引き出して使うことができます。その他、指定の口座に直接振り込みしてもらえるローンカードもあります。カードローンなどでお金を借りることをキャッシングと言います。
クレジットとの違いは、商品を購入する際に直接決済ができないことです。そのため、購入したい物がある場合にはATMやキャッシュディスペンサーから現金を引き出す必要があります。

キャッシングは、クレジットカードでも利用することができます。ただし、キャッシング枠といってお金を借りる機能が付帯しているカードに限られ、すべてのカードにキャッシング枠が付けられるわけではありません。
クレジットカードに付帯しているキャッシングも、カードローン同様、提携金融機関やコンビニエンスストア等のATMまたはキャッシュディスペンサーから引き出すという方法が一般的です。また、カードローンのように指定の口座に振り込んでもらえるものもあります。

クレジットもキャッシングもそれぞれ使い方は異なるものの、お金を借りるということには変わりはありません。利用した後は当然支払いや返済が必要です。
どちらも簡単に利用できますが、使い過ぎることで返済が困難になったり、返済が遅れたりすることで遅延金も発生します。また、信用状況に影響することもあります。
どちらも、必要に応じて無理なく計画的に使い、便利に活用しましょう。

実は発行元が違う!クレジットカード会社と消費者金融系カード

キャッシングを利用したい場合に覚えておきたいことは、カードの発行元の違いです。
特にカードローンの場合は、クレジットカード会社で発行しているものと銀行系や消費者金融系のカードがあることを知っておきましょう。
もっとも大きな違いは金利の利率です。クレジットカード会社で発行しているものが消費者金融系のカードと比較するとやや低い設定が目立ちます。
数字で見てしまうと一見それほど大きな開きはないように感じますが、実際に借り入れした場合にはその金額によってかなり変動は見られます。

また、銀行系や消費者金融系は即日融資が可能なものが多く急な出費の際には心強いですが、その分金利がつきやすいという側面もあります。
金利はよく〇〇%~〇〇%といった具合に低い金利と高い金利が提示されていのを知っているでしょうか?消費者金融系の中には他社への借り入れ総額をあまり気にせずにカードを作れるものもありますが、融資を目的としたカードで借りやすいものや審査が甘いものは、高い方の金利で審査が通っている場合が多いので気をつけたい部分です。

一方、使い方によっては大きなメリットもあります。消費者金融系カードで多いのは、期限内に一括で返済をすれば一切金利がつかないというものです。例えば、利用後30日以内に全額を返済したら無金利というローンカードで¥200,000(税抜)を借りたとします。借り入れ後2週間で全額を返済すれば金利はかからず元金の¥200,000(税抜)だけで済むのです。
このサービスはカード会社によって条件は若干違うので、チェックして上手に使いましょう。
ボーナスなどまとまった入金を予定している時の借り入れにはおすすめです。

もう一つの銀行系のカードですが、発行自体は銀行になっているものの、管理は消費者金融というカードも中にはあります。利用する時に約款などに目を通せば明記されていますが、気づかない人も少なくないようです。
これは、カードローンに関して銀行と消費者金融の提携が増えているといった背景もありますが、同じ消費者金融が直接発行するカードと比較すると銀行発行の方が金利は低めに設定にされているのも特徴です。また、即日融資の場合やカードの発行は、消費者金融の窓口を使うところは少なくありません。

一方、クレジットカードはショッピングに特化しているという性質上、キャッシングを付帯する場合でも即日融資はできないものが多い傾向が見られます。その分、申し込みから契約、カードの発行に至るまでのほとんどがインターネットや郵送になりますが、銀行の専用窓口や消費者金融系の窓口または無人契約機の利用に抵抗がある場合でも契約しやすいという印象は強いようです。

割賦販売法と貸金業法はどう適用される?

クレジットとカードローンでは、実はそれぞれに適用される法律が異なります。これによってキャッシングで利用できる限度額や審査の結果が左右されることを知っておくと、どんなカードを作るか、または自分は審査に通るのかを迷った時の判断もしやすくなります。
この2つの法律の違いは、商品の購入に対して定められたものか借り入れに対して定められているかという違いです。

借り入れに対しては、収入に見合わない借り入れをしてしまうことで多重債務に陥る人や、債務整理を行う人が増える傾向にあることを受けて施行、改正がされています。それが「賃貸業法」です。この法律で年収の3分の1を目安にそれ以上の借り入れができないことになっています。つまり、消費者を守る法律なのです。
これは1社の借り入れに対してではなく、借り入れの総額で判断されるため、例えば年収¥3,000,000(税抜)の人がカードローン1社からすでに¥500,000(税抜)を借り入れしている場合は、他社からは¥500,000(税抜)しか借りることはできないことになります。

一方、クレジットは融資ではなく商品購入に対する立て替えということになるので、「割賦販売法」という法律が適用されます。
お金を借りるという概念には変わりはありませんが、「割賦販売法」ではあくまでショッピングに対する法律なので、限度額が設定されていません。しかし、クレジットに付帯するキャッシングは融資に当たるので「賃貸業法」が適用されるということを頭に置きましょう。
つまり、クレジットに付帯しているとは言え、キャッシングの利用があればその金額も借り入れ総額の中に含まれるのです。

カードローンを作りたい時や、クレジットカードにキャッシングを付帯させたい場合には、「賃貸業法」が適用されることを知っておけば事前に審査が通るかどうか判断しやすくなります。
また、カードローンを作りたい時にクレジットのキャッシングの利用がすでにあったり、なんらかの借り入れがあったりする場合には、完済するかある程度返済が進んでからの方が通りやすい状況ができます。

クレジットのショッピングは借り入れとして反映されないので審査に関しては特に心配は要りません。カーローンなども同様に考えられます。
しかし、いずれにしても支払いが困難になることは避けたいものです。審査に向けて限度額を目安にすることも大切ですが、全体の支払いを考慮して計画的で無理のない使用を心がけましょう。

ローンカードの使い方とそのメリットは?

カードローンは、クレジット会社で発行しているもの、銀行や消費者金融で発行しているものに分かれていますが、申し込み方法や契約、使用方法にはそれほど大きな違いはありません。また、融資が目的である以上、審査もクレジットカードより多少厳しい傾向があります。
カードローンの利用限度額は、発行している会社で異なります。主に¥2,000,000(税抜)~¥8,000,000(税抜)の間で設定されているものが多く、中には¥10,000,000(税抜)以上の高額なものも出ています。

この限度額は審査結果で決まるため、必ずしも限度額いっぱいまで利用できるわけではありません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠と比較すると大きな金額が利用可能です。
そのため、持っていれば突発的で大きな出費にも十分な備えになります。住宅ローンなどと比較すると金利はやや高いですが、その分使用目的が自由なのは大きなメリットです。たとえば家のリフォームや冠婚葬祭などの出費、家族旅行や突然の入院などさまざまな場面で活用できます。

他社への借り入れの影響や収入が気になる場合には、カードの申し込みの前にネットで簡単にチェックできるところが多いのでやってみましょう。入力内容は収入や他社の借り入れ状況、そして希望限度額などが主です。
実際の申し込みはカード会社によって流れや提出書類は若干異なりますが、パソコンやスマートフォンでできるところが増えています。免許証や保険証といった身分証明書も画像をアップしたり専用のアプリを使用したりして完結できるので、簡単に申し込むことが可能です。

もちろん、郵送による書類申請も可能なので、特に急がない場合やパソコンの操作が苦手な人でも心配は要りません。カード発行は郵送を選択することもできますが、急ぐ場合には直接カード会社の窓口か無人契約機などで申し込みをすると即日発行されます。
審査も30分~1時間程度で結果が出るところが多く、申し込む時間帯によっては即日融資を受けることも可能です。
即日融資を受ける場合も、指定の口座に振り込んでもらう方法とカードを使って自分で引き出す方法がありますが、これはカード会社によっても違います。

カードローンの返済方法はカード会社で異なりますが、口座から引落しになるものやATMから入金するといったものが主になります。余裕があれば一括返済や増額返済が可能なところも多いので、早めに返済すると金利を抑えることもでき、節約になります。
また、一定の期間内に一回で返済すると無金利で利用できるカード会社もあるので上手に活用すると金利ゼロでの利用も可能です。
カードローンは定期的に利用し、その都度遅滞なく返済をすることで信用が上がっていけば、利用限度額が上がる可能性も大いにあります。

クレジットカードの上手な利用とメリット

クレジットカードを作る時には、一体何を基準に選べば良いでしょうか?クレジットカードといってもいろいろあります。ショッピング枠の限度額がより高く見込めるのも良いですが、利用できる場所が多いというのも利便性を考えると重要です。
せっかく持っていても使える場所が限られてしまうと、結局活用しなくなってしまいます。
クレジットカードは、まず自分がどう使いたいか、自分のライフスタイルで活用できるのはどれかを基準にして考えると上手に選べます。

例えば、オンラインショッピングが多い人や特定の店舗で買い物をすることが多い人なら、そこで対応しているカード会社を選べばポイントも早く貯まることも期待できます。
海外出張や旅行の多い人なら、渡航先でも安心できる保険が付帯しているものを優先的に選ぶのもおすすめです。保険はショッピングだけでなく、突発的な事故や急病の際に適用されるものも多く出ています。こうした保険のほとんどは年会費の中に組み込まれているので、旅行の度に個別に加入する必要がありません。

提携先の施設やサービスが無料または割引になるなど、お得な利用ができるカードもあります。空港のラウンジなどもその一つですが、持っていることで優遇されたり、優先的に予約ができたりするカードはそれだけでも大きなメリットがあります。
自分のライフスタイルに合ったカードを持つことで、いつも使う施設をスムーズに利用したり、特典を便利に活用したりしませんか?特に普段使いのカードならこうした選び方をすると節約にも繋がります。

普段はあまり使わないけど、いざという時のために持っていたいという人もいます。大きな買い物をする時や旅行の時の保険代わりにしたいなら、年会費や利用限度額を抑えて作ると無駄もありません。
年会費が無料のものにも、初年度に限り無料なものとずっと継続して無料になるというものがあります。事前に確認して作りましょう。
年会費無料のカードでも、ある程度の旅行保険やショッピング保険は付帯しているものが多いので、利用頻度が少ない人にもおすすめです。

また、多少の備えが欲しいという人なら、キャッシングを付帯させると便利に活用できます。キャッシングに対応しているカードを選ぶ必要がありますが、限度額は自分で引き下げることが可能です。
例えば、¥500,000(税抜)が限度額として審査結果が出た場合でも、必ずしもそれで作る必要はありません。¥400,0000(税抜)や¥300,000(税抜)で設定してもいいのです。使っても必ず一括で返済する金額で設定しておくのも、使い過ぎを防ぐだけでなく金利を抑えることができ、無駄なく使えます。
ポイントを貯めたりサービスや特典を活用したりと、自分に合ったカードを選びましょう。

どう違う?それぞれのカードのキャッシング上限枠と金利

キャッシングという目的は同じですが、クレジットカードとカードローンではその特徴は異なります。

まず一番の違いは利用できる限度額ではないでしょうか?クレジットの場合は、ショッピングが目的のカードという性質上、キャッシングはあくまでもついでという扱いがほとんどです。そのため、利用できるのは¥200,000(税抜)~¥500,000(税抜)といった金額が多く見られます。
ショッピングの限度額が¥1,000,000(税抜)~¥3,000,000(税抜)、またはそれ以上であっても、キャッシングの限度額がそれを上回ることはまずありません。

また、クレジットカードの種類によっても付帯できないものもあることを覚えておきましょう。家族カードや学生向けカードの中にはキャッシングが付帯できないものが多くあります。利用したくない場合にはキャッシング枠のないカードを選ぶか、始めから外してしまうことも可能です。
これとは逆に、途中で限度額が上がる場合もあります。利用状況に応じて信用を上げることで、例えば¥200,000(税抜)だったキャッシングの限度額が¥300,000(税抜)に引き上がることもよくある例です。

一方、カードローンの場合は融資自体を目的としているため、限度額はかなり高額なものも出ています。
低いものなら¥2,000,0000(税抜)程度のものもありますが、¥5,000,000円(税抜)~¥10,000,000(税抜)といったものが主流になりつつあります。
これらはもちろん審査によってその限度額が左右され、例え最高¥8,000,000(税抜)であってもそこまでは通らないことは大いにあります。
また、カードローンの場合は5%~18%といったものが多いようですが、限度額が¥10,000,000(税抜)を超えるものは金利がさらに低いものも出ています。

特にカードローンは審査によって限度額に個人差が出やすいため、低い場合は¥300,000(税抜)~¥500,000(税抜)といった結果になることも珍しくはありません。利用できる目安は年収の3分の1であり、さらに他社の借り入れも反映されます。

クレジットとカードローンなら審査はどちらが通りやすいのか?

利用目的の明確な違いはありますが、クレジットカードとカードローンにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。
どちらも持ちたいという人も多いものですが、実際に作るとなると一番気になるのは審査が通るかどうかです。作れないなら意味がありません。
一般的にどちらが通りやすいというのは明確に決まっているわけではありませんが、ショッピングが目的のクレジットカードに比べれば、融資という性質のカードローンがやや審査は厳しい傾向にあるのは否定できません。

もちろん、クレジットカードもカードローンもそれぞれに発行する会社によっても審査の基準は若干異なります。ブラックリストにのっている場合はほぼどこのカード会社も無理ですが、それ以外の返済に関する瑕疵(かし)があるかどうかを判断する信用情報をどの機関を元にするかというのも、カード会社で違いがあるからです。
また、それらの信用情報は各カード会社や金融機関の支払い状況と利用に関するデータが元になることも忘れてはいけません。

カード会社や金融機関によっては非常に厳しい判断基準を設けているところもあります。
例えば、返済日が休日に当たってしまった場合に翌営業日に入金したとしましょう。他社では遅延として判断しない程度のものでも、カード会社や金融機関によっては遅延として情報機関に報告してしまうこともあります。
携帯電話の遅延なども含まれることもあるので、過去の支払いに関して不安がある人は、どちらの場合も情報が消えるタイミングを考えて審査を受けると失敗は回避しやすくなります。

クレジットカードもカードローンも、それぞれにキャンペーンなどの期間中は比較的審査が甘くなる傾向も見られます。
まだカードを持っていない上に安定収入がある成人であればどちらも審査は通りやすいですが、特にクレジットの場合はカード会社からすすめられた時に作るとスムーズにできる率が高いので上手に利用しましょう。

キャッシングつきクレジットカードの利用でローンカードの審査も変わる?

カードローンを申し込む際の審査は収入ももちろん考慮されますが、大きく影響するのは信用情報と他社からの借り入れ状況です。クレジットカードに付帯しているキャッシングの利用も当然これに含まれます。
付帯しているカードを持っていても、利用がなければ審査には反映されません。また、利用履歴があった場合でも既に完済しているものもやはり影響しないので大丈夫です。
返済中のものがある場合には、その残金や返済状況によります。収入に対する借り入れ可能総額に影響しないものや遅延がなければほぼ審査に響かないと考えていいでしょう。
遅延や利用金額が多い人は、キャッシングに限らずショッピングだけの利用でも審査結果に反映されます。

学生が使うならこんなクレジットカードがおすすめ

学生向けのクレジットカードは、在学中は年会費が無料といったものが多く出ています。対象年齢は18歳以上と未成年でも作ることができますが、高校生は対象外なので注意しましょう。
専門学校、短大、大学、大学院に在学中は年会費がかからないだけでなく、学生に限定したサービスなどもカード会社によってさまざまなものがあります。例えば、入学時と卒業時にポイントが大きく加算されるといったものです。
学生向けのカードは、安定収入に関する審査が甘い傾向が見られますが、家族カードという性質に近いため、保護者の同意が必要になります。
また、大学によってはカード会社と提携した独自のカードを出しているところもあります。

これは避けたい!クレジットカードとローンカードの2重使い!

クレジットとキャッシングについて説明してきましたが、それぞれの特徴やメリット、注意点は把握できたでしょうか?
クレジットもキャッシングも使い方次第では生活が便利でスムーズになるだけでなく、ポイントや特典などお得なものもたくさん利用できます。
ショッピングや支払いのツールとしてポイントを貯めながら使うのが目的であればクレジットを持つのはおすすめです。特に利用する予定はなくても、無理のない範囲内でキャッシング枠を付帯させておけば、万が一の備えにもなります。

クレジットもキャッシングもそれぞれにメリットがありますが、使い方で気をつけたいこともあります。それはクレジットカードとカードローンを併用することです。2重に使用することで、容易にできていた返済が追いつかなくなってしまうということは珍しいことではありません。多重債務はもっとも避けたいことです。
自由に引き出せることで、中には使い過ぎてしまう人もいます。使い過ぎるだけでなく、クレジットの支払いをカードローンでキャッシングするといった例も珍しくはないのです。

キャッシングで使い過ぎる心配のある人は、クレジットもショッピング枠だけにすると安心して使用できます。現金として持つことができると、どうしても感覚が麻痺してしまうこともあります。
利用の目的がショッピングやサービスの決済ということに限定されたクレジットカードの使用なら、安心感を持って利用できます。

▲目次にもどる