家族カードとは何か?

家族カードとは本会員の家族が使うカードのことです。一方、本会員とは安定した収入のあるクレジットカード会社の審査を通過した人のことになります。家族の対象はカード会社によって異なりますが、一般的には本会員と生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子とされていることが多い傾向です。家族会員は、本会員がクレジットカード審査に通れば基本的に審査を受けることなくクレジットカードを作ることができるので、収入のない専業主婦や学生でも家族カードを持つことができます。

家族カード作成のメリット・デメリット

家族カードのメリットは、「カードが発行しやすい」「年会費が無料、あったとしても安価」ということです。本会員としてはクレジットカードを作れなかったという人でも、家族会員であれば問題なく作れたという人も多い傾向です。さらに、家族カードにも本会員と同じように各種サービスや保険が付帯されることはメリットといえます。格安でカードを持てるうえに、本人会員同様の傷害旅行保険やショッピング保険が付帯されるのです。旅行の際は重宝するでしょう。一方、ポイントやマイルを貯めやすいこともメリットとしてあげられます。家族会員がいれば利用頻度が増えるので、利用額も増えます。ハイペースでポイントやマイルを貯められるだけでなく、家族で合算することもできるので1枚のカードで貯めるよりもムダなく効率的に貯めることができるでしょう。

本会員にとってのメリットは、クレジットカードの利用履歴の成長速度が格段にアップするということです。たとえば、自分だけで毎月10万円の利用よりも、家族カードとあわせて20万円の利用の方がカード会社にとっては優良な顧客になります。信用履歴が充実すれば、上位カードへの切り替えを薦める案内が届いたり、お得なキャンペーンの情報も届く可能性が高まるでしょう。

一方、デメリットは主に3つあります。1つ目は、利用明細が家族にも分かってしまうことです。利用履歴がすべて閲覧できてしまうので、中には夫婦で別のカードを作りたいと考えている人もいるでしょう。2つ目は、家族会員は自分自身の信用履歴を育てることができないことです。信用履歴はクレジットカードだけでなく、カードローンやキャッシング、住宅ローン、自動車ローンにも適用されます。家族カードは利用しやすいですが、自分で収入を得られるような状態であれば、自分自身の本会員カードを1枚は持っておいた方がよいでしょう。なぜなら、30歳くらいまでにクレジットカード本会員の利用履歴がまったくないと、それ以降は新規でクレジットカードなどの審査が通りにくくなるケースもあるからです。学生時代に家族カードを作り、社会人になってもそのままという人は早めに自分のカードを作った方がよいでしょう。

3つ目としては、利用限度額の上限が本会員と合算となることです。カードの利用頻度が多い人にとっては、利用限度額が家族カードと共通になってしまうと、いざというときに限度額いっぱいでつかえないというデメリットも考えられます。ゴールドやプラチナなどのステータスカードなら、それほど限度額を気にすることはないでしょう。しかし、限度額が低いカードの家族カードを作ってしまった場合は、早く限度額に達してしまい、カードが使えなくなることもあるでしょう。

また、家族会員の場合は新規入会ポイントの対象外が多い傾向です。新規入会ポイントや継続ポイントを狙うのであれば、家族カードではなく新規にカードを作成した方がお得になるでしょう。

家族カードの疑問点は?

家族

家族会員カードの年会費は、無料あるいは本会員に比べると安くなっているケースが多い傾向です。たとえば、三井住友VISAカードの場合、プラチナカードの本会員の年会費は5万円(税抜)ですが、家族会員は無料です。ゴールドカードは、1人目の家族会員は無料、2人目から1,000円(税抜)になります。一般カードのクラッシックカードでは400円(税抜)となっています。ステータスが上になるほど、家族カードを作るメリットが増すでしょう。

家族カードの名義は、家族カードを作る人の名義です。家族カードは本会員の年収や職業が考慮されますが、実際に使うときはカードを持っている家族が自分でサインをすることになります。暗証番号は、本会員の暗証番号とは別に家族会員が任意の番号を設定することが可能です。ただし、家族カードは本会員がカードを発行するときに同時に申し込むか、本会員がカードを発行した後に本会員が会員サイトなどで申し込む必要があります。

多くのクレジットカードでは、申し込みの際に「家族カードを発行するかどうか」をチェックする項目があります。そのため、家族カードを持ちたいと考えている人はそのタイミングで作ってしまうと手間が少ないでしょう。家族会員も本会員と同様のサービスを受けられるのでポイントやマイルはしっかりと貯めることができます。多くのクレジットカードは利用額が増えると、ポイント付与率もアップするので、本会員ひとりの利用よりも家族で合算してカードを使った方が効率よくポイントを貯められることになります。

家族カードを発行するにあたっての注意点とは?

「P-one FLEXYリボカード」の基本情報や特徴のまとめ

家族カードを発行するにあたっての注意点は主に3つあります。1つ目の注意点は、利用限度額が本会員と合算されてしまうことです。利用限度額が100万円のカードでは、本会員と家族会員それぞれが100万円の枠を利用できるのではなく、合わせて100万円まで利用できるということです。大きな買い物をするときには、少し注意が必要かもしれません。

注意点の2つ目は引き落とし口座の設定についてです。家族カードの利用分も基本的には、本会員の口座からの引き落としです。ただし、上位カードの場合は口座を分けられるサービスがあるクレジットカード会社もあります。

3つ目は利用明細についてです。家計の管理がしやすいというメリットがある反面、家族にカードの利用履歴が明らかになってしまうことに抵抗を覚える人もいるでしょう。三井住友VISAカードでは、本会員と家族会員のパスワードを別々に設定できるので、それぞれの明細を確認できないようにすることも可能です。

まとめ

家族カードは「本会員としてはカードを発行できない人」「家計をまとめたい人」「手ごろな価格で本会員と同じサービスを受けたい人」におすすめのカードです。収入がない人や、専業主婦、学生でも本会員が親カードとなって家族カードを発行できます。本会員が上位カードを持っている場合は、家族カードを持つ主婦や学生でも空港のラウンジを無料で利用できたり、荷物の宅配サービスを受けることもできるということです。本会員の信用履歴は、家族会員が増える分、充実したものになります。そのため、将来金融機関から何らかの融資を受ける際には、有利に働く可能性もあるでしょう。一方、デメリットもありますので、家族の収入や状態に合わせて賢く使い分けをするようにしてください。