これで基本はばっちり!?正しいクレジットカードの使い方をレクチャー!

目次

悪用に備えて!カードが届いたらまずはサインを!

クレジットカードを発行し、無事に手元に届いたらすぐにでも使うことは可能ですが、最初にやらなければならないことがあります。それは、クレジットカードの裏面の署名欄にサインを記入することです。ボールペンでも大丈夫ですが、摩擦などで簡単に消えてしまわないようにサインペンを使うのが望ましいですね。サインの形式に関しては、漢字と英字のどちらでも良いため、自由に記入して問題ありません。ただ、店舗などで使用して、サインを求められた際には署名欄に書いたものと同じサインをすることになるため、比較的書きやすいものにしておくことをおすすめします。

もしカードの裏面にサインをしないままでいると、店舗での買い物などで確認された際、記入するように注意されてしまいます。拒否すれば、「このままでは使えない」と言われてしまうケースが大半ですから気をつけましょう。また、サインを記入しないまま使用していると、他にもリスクがあります。きちんとサインしている場合、万が一、クレジットカードが盗まれて不正利用されてしまった時は盗難保険で補償してもらえます。しかし、未記入の場合は、この対象から外れてしまい、被害に遭ったとしても自己負担しなければならなくなる可能性が出てきてしまうのです。悪用に備えておくという意味でも、届いたらすぐにでもサインしておき、安全に利用できるようにしましょう。

店舗でクレジットカードを使うなら!注意すべきポイントとは?

店舗で食事や買い物をして、クレジットカードを使いたい場合、いくつかの注意点があります。まず、その店舗自体がクレジットカードを使えるかどうかを知る必要があります。使えるかどうかが分からなければ、店舗のスタッフに聞いてみるのも1つの方法です。しかし、たいていは、レジの周辺や店舗の出入り口辺りに使用可能なクレジットカード会社のマークやロゴが一覧表示されたプレートやシールを設置してあります。「VISA」や「MasterCard」「JCB」などのブランドロゴを提示している所がほとんどなので、それを見た上で、自分が所有しているカードは使用可能かどうかを判断しましょう。

使用する時には、支払い回数の選択があります。店舗によっては一括払いのみの対応となっていますが、分割払いやリボ払いを選ぶことが可能です。ただ、支払い方法はカード会社側の設定が優先されるので、リボ払い専用のクレジットカードなら、店舗側で一括払いにしたとしても、支払い方法は一括にはならないので十分に気をつける必要があります。また、店舗によって暗唱番号やサインを求められるので、支払い額をよく確認した上で対応していきましょう。最後に、利用明細を渡されるので、それを受け取ると、クレジットカードによる決済の行程は完了となります。

暗証番号やサインが不要!?店舗でも求められないケースって?

店舗でクレジットカードを利用するとなると、必ず暗証番号やサインを求められるものだと認識しているかもしれませんが、実はそうとも限りません。その時に利用した額が少額の場合、そしてコンビニやスーパーでは必要ないことも珍しくはないのです。暗証番号の入力やサインの記入をしなかったとしても、カード利用をすれば、決済はしっかりと行われます。高い買い物をした際と同様に支払い方法を問われることはありますが、店舗によっては何も確認せずに決済が完了となるので注意しましょう。

また、この場合は一括払いが基本です。もし、支払方法を尋ねられた場合でも、ちょっとした買い物程度の額であれば、一括払いにするのが一般的となっています。

ネット通販での使い方!ネットならではの注意点とは?

昨今では、ネット通販でも気軽にクレジットカードを使用できるようになっており、カードの情報を入力、もしくは登録しておくことで決済が可能になります。通販サイトによって、入力画面の仕様は異なってきますが、必要な情報は大体同じです。名前を始め、カードのブランドや番号、有効期限の記入が基本となっています。ただ、なりすましによる不正利用を防ぐため、サイトによってはこの他にセキィリティコードの記入が求められる場合がありますので注意しましょう。セキュリティコードとは、カード番号とは別にクレジットカードに印字されている3、4桁の数字を指します。記入箇所は発行したカード会社によって異なるので、実際に所有しているカードを見て確認してみると良いです。

また、他にもネットならではの注意点があります。情報さえ入力すれば、クレジットカードで決済を行えるので非常に手軽ですが、それ故に気をつけなければならないのは、目的とは違う商品を購入してしまうことです。返品が可能な商品であれば、購入したサイトに直接問い合わせて注文の取り消しや返品の依頼をすることになります。お店側がカード会社へ支払い請求の取り消しやマイナス清算を行わなければならなくなるため、迷惑をかけてしまいますし、手間や時間もかかる場合があるため、十分に注意しましょう。

基本中の基本!支払いは忘れないこと!

クレジットカードを利用する上での基本中の基本ですが、支払い日には請求された額をきちんと支払うことが大切です。いつ請求されるのかはカード会社によって異なりますから、あらかじめ確認をしておきましょう。支払い日をうっかり忘れてしまいがちな方は、毎月、給料が入ったらすぐに必要なお金を引き落としされる口座へ預けておく習慣をつけることをおすすめします。支払いが遅れてしまうと、その分だけ利息が増えてしまったり、遅延損害金が発生してしまったりなど、金銭面で損をしてしまうのです。

また、支払いをきちんとしないと、請求額が増えるだけではなく、所有しているクレジットカードが使えなくなってしまうこともあるため、気を付けなければなりません。最悪の場合、強制解約となってしまうこともあります。クレジットカード会社はそれぞれが必ず信用情報機関に登録していますが、この機関はあなたのクレジットカードの利用歴だけではなく、請求に対する延滞の有無も記録しています。信用情報に、そのような記録がされてしまうと、今後大きな買い物をしたい際や、新たにクレジットカードを作りたい際には不利になる可能性があるのです。忘れずに支払いをしている場合は逆に、信用を高めることができますから、何より自分自身のために支払い日の厳守を徹底しておきましょう。

絶対にタブー!?暗証番号を誰かに教えてはいけない

クレジットカードを利用する際、絶対にしてはいけないのは、暗証番号を誰かに教えてしまうことです。本来ならば、暗証番号はカードの所有者本人以外が知り得ない情報になります。この情報が漏れ、他者に悪用されてしまうと、大きな問題となってしまう可能性があるのです。不正利用された場合、盗難保険で補償してもらえるようにはなっていますが、暗証番号を入力されたとなれば、話は変わってきます。自分自身で大切な情報を流出させてしまった、もしくはその原因を作ってしまったがゆえの損害なので、自己負担しなければならなくなるのです。
暗証番号が他者に知られてしまうと、クレジットカードを悪用される確率は格段に上がってしまいます。クレジットカードと暗証番号があるだけで簡単に決済ができてしまいますし、キャッシング利用可のカードであれば、利用可能額をすべて現金に変えられてしまわないとも限りません。カード自体をきちんと所持していたとしても、カード番号や暗証番号などの情報を知られていれば、インターネット上で悪用されてしまうこともあります。このように、暗証番号を知られてしまうだけで、被害に遭うリスクが高まるのだということは念頭に置いてください。

家族や恋人でも駄目!?他人にカードを使わせないこと

やってしまいがちなタブーの1つとして、クレジットカードを他人に使わせてしまうことが挙げられます。例えば、レストランの会計時にトイレに行きたくて、家族や恋人などに対してカードを預け、支払いを頼んだといった経験を持つ方もいると思います。一時的に預けるだけなら構わないだろうと思うかもしれませんが、例え家族であってもご法度です。カード会社はあなたを信用してクレジットカードを発行し、利用を許可しています。あくまでもクレジットカードの所有者本人のみが利用するためのものなので、契約違反となってしまうのです。

他人はもちろんですが、家族へカードでの支払いを頼む、貸与するといった行為は不正利用とみなされてしまいます。この行為がカード会社に発覚してしまった場合は、規約違反により、利用停止や強制解約となってしまう可能性もあるのです。また、最悪の場合、他者にカードを使わせることで、その使用者がなりすましをしたという嫌疑をかけられ、詐欺罪に問われることもあります。他にも、他人に貸与することで、盗難保険で補償してもらえなかったり、紛失してしまったりといったリスクもあります。このように、数々のデメリットがありますから、どんなことがあっても絶対に貸し借りは行わないことが重要です。

利用明細は忘れずにチェック!確認しなければならない理由は?

クレジットカードで決済をすると、その場で会計額や利用明細を確認できるためか、カード会社から届く毎月の利用明細書の確認を怠ってしまう方は多いです。請求額だけを見て簡単に済ませてしまうのではなく、億劫に感じても確認を怠らないようにしましょう。なぜチェックしなければならないのかというと、身に覚えのない利用がないかどうかを見るためです。知らない間に不正利用されている可能性も絶対にないとは言い切れません。請求額が予想していたよりもはるかに多額になっているとなれば、利用明細を細かく見なくても発覚しやすいですが、少額となるとそのまま気付かずに支払ってしまうこともあります。

支払った後に発覚した場合でも、盗難保険で補償してもらうことは可能です。しかし、この保険には申請期限があるので注意しなければなりません。時間が経ち、盗難保険に申し立てできる期限が過ぎてしまった場合には、その額が例え膨大なものであったとしてもお金を取り戻すことはできません。そのような事態になってからでは遅いですし、気付けないままでいるとさらに被害が拡大することもあります。自分は大丈夫だと思うのではなく、毎月届く利用明細は隅々まで目を通す癖をつけると被害を避けやすくなりますし、不正利用の対処もスムーズに行えるようになります。

賢くクレジットカードを使う!上手な利用方法とは?

クレジットカードは決済を一本化したり、ローンを組んだりするのに大変便利なものですが、勝手にお金が出てくる魔法のカードではありません。当たり前のことですが、クレジットカードを使うということは、カード会社に一時的にお金を借りるのと同義ですから、後で支払いをするという形で使った分は必ず返さなければならないのです。何も考えずに好きなように使ってしまうと、後で多額の請求が来て途方に暮れてしまうという状況にもなりかねません。そういった事態を招かないようにするためにも、クレジットカードを上手に使えるような工夫をしましょう。

賢く利用する方法としては、まず毎月の利用上限を自分自身で定めておくことが大切です。際限なく使ってしまうと後で困ることになりますから、毎月の収入と支出の状況を考えて、利用可能な額を算出しておくと良いでしょう。また、毎月の支払い額を減らすためにリボ払いを利用する方がいますが、この方法はおすすめできません。リボ払いは一括払いや分割払いとは違い、利息が膨らみやすい支払い方法なのです。毎月の支払いができるかどうか、利息を増やさないための支払い方法も選んだ使い方なら、クレジットカードを上手に利用できていると言えます。

▲目次にもどる