クレジットカードの利用を検討している人の中にはクレジットカードのポイントを何に活用できるのかを知りたいという人もいるのではないでしょうか。今回はクレジットカードのポイントを利用して交換ができる商品について紹介をしていきます。

やっぱり定番はコレ!カタログ商品とポイント交換

クレジットカードの魅力の一つは、利用金額に応じてポイントが貯まることです。ポイント交換できるものとして人気なのがカタログ商品。三井住友VISAカードの場合、景品カタログはWEB上で確認できます。商品は数百ポイントで交換できるものから数千ポイント必要なものまでバラエティに富んでいるのが特徴です。数百ポイントなら、ドリンク類やタオル、食器などの小さな日用品、1,000ポイント以上になると有名メーカーの電化製品やキッチン家電、美容家電などが掲載されています(※1、2)。どれも自宅用としてはちょっといいものであることがポイントを貯めるモチベーションを高めてくれるでしょう。

ぜいたくなひとときを!旅行やレストラン招待

「モノ」はいらない、という人には旅行やレストランなどの「コト」体験はいかがでしょうか。有名日本料理店での食事券や、ホテル宿泊券、映画館のチケットなどに交換も可能です(※3)。景品で交換できるチケットを使えば、お得にレジャーを楽しむことができます。目的地までの交通費をICカードにクレジットカードでチャージすれば、またポイントが貯まります。大切な人との時間や自分へのごほうびとして、ぜいたくなひとときを過ごしたい人におすすめの交換先です。

スポーツ好きはうれしい!スポーツ観戦チケット

カード会社の景品によっては、スポーツ観戦チケットと交換できるものもあります。サッカーの代表戦や野球のゲームはシーズンがあるので、年中利用できるものではありませんが、スポーツ好きにはおすすめの交換先といえます。特定のチームが好きな人は、チームと提携しているカードを作るのもよいでしょう。多くのカードでは、利用金額の数パーセントをチームの強化資金に充てることができる内容になっています。また、オリジナルグッズをもらえる特典やポイントを貯めて会員限定アイテムと交換できたりするものもあります。

社会の役に立つならポイントで寄付しちゃおう

何も欲しいものがない、欲しいものの交換には足りないけれどポイントの有効期限が迫っている、という場合にはカードのポイントを使って社会貢献することもできます。寄付の方法としては、ユニセフや国連WFP、ユネスコなどの団体、大学の研究基金、被災地などの中から支援したいところを選びます。チャリティのメニューは、数百ポイントから可能なので景品と交換して余った端数を寄付に回すという使い方もできます。初めから寄付を目的にするのではなく、端数を寄付するという頑張りすぎない社会貢献のあり方も素敵なのではないでしょうか。

とりあえず交換するなら商品券がおすすめ

交換先の景品を決められない、という人はとりあえずギフトカードや商品券にしておくという方法もあります。よく百貨店やショッピングモールを利用する人なら百貨店商品券や全国共通商品券がおすすめ。ネットショッピングを利用する人はAmazonやiTunesで利用できるギフト券、本が好きな人は図書カードなどへの交換がよいでしょう。その他にもコーヒーショップやファーストフード店で使えるプリペイドカードのラインアップも。商品券やギフトカードは換金率もよいので、使わない場合は金券ショップに転売するという裏技もあります。

キャッシュバックで現金代わりに

ポイントの交換先にはキャッシュバックもあります。三井住友VISAカードのワールドプレゼントの場合は、1ポイント3円(※4)。商品券などそのほかの交換先と比べると率は悪いですが、とにかく現金が欲しい、という人にはよいでしょう。カードの利用代金に充当するキャッシュバックなら、1ポイント5円換算なので現金と交換するよりも率はよくなります。また、楽天スーパーポイントやnanacoポイント、WAONなどの電子マネーへ移行するという方法もあります。電子マネーであれば汎用性が高いので、現金とそれほど使い勝手は変わりません。実店舗の買い物で現金が不要になるので、会計時間が短縮できるうえに財布の中身もスッキリします。たいていの場合、電子マネーは現金よりも交換率がよくなっていますので、普段利用する電子マネーのレートをチェックしてみましょう。

クレジットカードのポイント交換先として一番お得なのは、電子マネーや他のポイントへの交換です。nanacoやWAONなどのポイントは買い物をした金額に対して付与されます。ポイントは、電子マネーで支払っても付与の対象です。クレジットカードを利用してポイントを貯め、そのポイントを電子マネーに交換して買い物をするとさらにポイントが付くという循環ができるのです。

もっとお得にしたい人におすすめなのは、クレジットカードの利用段階でポイントモールを経由して買い物をするという方法。クレジットカード会社各社には、ポイントモールが存在しています。ポイントモールを経由して買い物すると通常のポイントに加えて上乗せがあります。カード会社の運営しているモールの他にもモッピーやげん玉などのポイントサイトを経由すればポイントを獲得することができます。これらはすべて、そのサイトを経由して買い物をするだけでポイントの上乗せや、サイトで汎用性のあるポイントを貯められる仕組みがあるのが共通点です。

ポイントサイトの中には、買い物だけでなく各種サービスの利用でポイントを貯められたり、その他の提携サイトで貯めたポイントを合算できるところがあります。ポイントサイトを経由してクレジットカードを発行するだけで数千ポイントから数万ポイント獲得できるものもあるため、カード会社独自のキャンペーンと併用すれば非常にメリットが大きいといえるでしょう。クレジットカードでポイントを貯めたいと考えている人は、こうしたものを上手に活用してポイントの二重取り、三重取りを狙ってみましょう。

好きな物と交換できるのがポイントのメリット

これまで紹介したようにクレジットカードのポイントはさまざまなものに交換することができます。資産運用や財テクの視点でいえば、市販されている商品への交換よりも電子マネーや提携サービスへのポイントへの交換がお得です。ネットショッピングをする際には、よりお得になる方法がないか考えながら買い物をすると効率的にポイントを貯めることができます。

カードのポイント交換先に関しては、各社が会員獲得のため魅力的な商品を豊富に取りそろえています。新しくクレジットカードを作るときには、商品だけではなく自分のライフスタイルに合った交換先があるカードを作るようにすれば無駄なく効率良くポイントを利用できるでしょう。

※1三井住友VISAカードワールドポイント景品カタログ
http://vmobile.topica.ne.jp/wp/wp_catalog_keihin04.pdf
※2三井住友VISAカードワールドポイント景品カタログ
http://vmobile.topica.ne.jp/wp/wp_catalog_keihin03.pdf
※3三井住友VISAカードワールドポイント景品カタログ
http://vmobile.topica.ne.jp/wp/wp_catalog_keihin05.pdf
※4三井住友VISAカードワールドポイント景品カタログ
http://vmobile.topica.ne.jp/wp/wp_catalog_keihin06.pdf