クレジットカードの利用明細書は、領収書代わりに利用できる?

目次

クレジットカードの利用伝票は、領収書代わりに利用できる?

買い物をする際の支払いに大変便利なクレジットカードですが、カードで買い物をした後領収書をもらえないことに気づいているでしょうか。精算時にレシートのようなものはもらえますが、これは領収書ではなく、クレジットカードを利用したことを証明する利用控え伝票です。

領収書の発行は、店側が現金を受け取った後で発行することが原則となっています。カードを使った時点ではまだ店側は売上金を得ておらず、後でカード会社から代金を振り込まれるシステムとなっているので、買い物をした時点では店側で領収書を発行することができないのです。クレジットカードを使っての買い物は、店と購入者の間での取引ではなく、店とカード会社、カード会社とカード会員の間での取引であることを覚えておきましょう。

では、会社の経費として落としたいものでクレジットカードを使って購入した場合、領収書がないので経費として落とせないのでしょうか。実は、利用伝票を会社の経理に提出すれば、経費として扱ってもらえます。また、フリーランサーは確定申告の際の証明書として、利用伝票を使用することが可能です。

なぜなら、利用伝票には販売者の名前や日付、購入金額など領収書の条件を満たす情報が載っているからです。そのため、領収書ではないからと利用伝票をレシートのようにずさんに扱うと、後悔することになりかねないので注意しましょう。

利用伝票とは別に領収書を発行してもらえる?

クレジットカードの利用伝票が領収書の代わりになると明らかになりましたが、利用伝票の他に領収書も発行してもらえるのでしょうか。一般的に、領収書は店側が現金を得た際に発行するものなので、利用伝票以外に領収書を発行してもらうことはできません。

もしも利用伝票と領収書をそれぞれ発行したなら、1つしか購入していない商品を2つ買ったかのような誤解を生む可能性があるため、領収書や領収書の代わりとなるものは二重で発行することはできません。そのため、例えば領収書を失くしてしまったとしても、店は領収書を再発行する義務を負いません。

このことから、カードでの会計時に受け取った利用控え伝票を失くしたなら、領収書を失くしたのと同じような扱いになり、経費として落とすことができなくなるので、利用伝票の管理は徹底して行うようにしましょう。一方で、店によってはカードでの支払いでも領収書を発行してくれることもあります。その場合、領収書には「クレジットカードでの支払い」と明記されています。

しかし、領収書という題名がついていてもカードで支払ったなら、厳密にいうと領収書としてはみなされないので、たとえ5万円以上の買い物でも収入印紙を貼らなくてよいことも併せて覚えておきましょう。

利用明細書は領収書にならない

クレジットカードを使用すると、カード会社から月毎に利用明細書が送られてくることがあります。ペーパーレスを選択した場合にも同様に、ウェブ上で利用明細を随時確認できます。何をいつ、いくらで購入したのかの詳細を知ることができる利用明細書は、カードの利用状況を確認するのに便利な書類です。

では、利用伝票と同じく領収書の代わりとして扱うことができるのでしょうか。領収書の代用となる書類の条件には、書類作成者の名前、購入した日付、購入したものの内容、購入金額、書類が発行される人の名前が明記されている必要があります。カード会社から送られてくる利用明細書は、購入代金を立て替えたことをカード会員に知らせる目的でカード会社が作成したもので、商品を販売した店が発行しているわけではありません。

そのため、利用明細書を領収書の代わりとして経理や税理士に提出することはできません。仮に提出したとしても、利用伝票の提出を求められてしまいます。しかし、だからといって利用明細書に価値がないわけではありません。どのくらいカードを使って支払いをしたのかを把握するのに有効的であり、利用控え伝票に間違いがないかを確認するための大事な資料になるので、大切に保管しておくことが望ましいです。

いずれの書類も適当に扱ったり捨てたりしてしまわず、まとめてひとつの場所に置いておくなどして失くさないように心がけましょう。

領収書の発行義務について。クレジットカードの場合どうすればいいの?

以上のように、クレジットカードを利用しが買い物では、現金でのやりとりと違ってカード会社を間に挟むため、少し複雑になることがわかりました。カードでの支払いの際には、店側で領収書を発行する義務を負いませんが、その代わり利用控え伝票を出す必要があります。そのため、購入者で領収書が欲しいといっても店は発行しなくてもよいということになります。

もしもむやみに利用伝票と領収書の両方を発行してしまうと、二重発行となり店側の不正会計を疑われてしまいます。カード利用者の方でも二重の支払いをしたことになってしまうので、経費として計上するときに、こちらの方でも不正会計ができてしまうのです。そのような事態を避けるため、クレジットカードを使った支払いをする際には、店側に領収書の発行義務はないのです。

しかし、カード利用時に発行される利用伝票が領収書の代用となるので、心配することはありません。経理や税理士には、利用伝票を提出しましょう。利用伝票を取り扱うときに気をつけなければならないことがあります。領収書と違い利用伝票は感熱紙を使ったレシートのようなものなので、不要なものだと間違えて捨ててしまったり、直射日光が当たる場所に置いて文字情報が消えてしまったりしないように、保管する際は気を付けましょう。利用伝票には領収書の代わりになる大切な情報がたくさん載っています。しっかりと保管しておくことが重要です。