クレジットカードのプロパーカードには魅力がいっぱい

目次

プロパーカードは国際ブランド発行のクレジットカード

プロパーカードとは、クレジットカードの国際ブランドが直接発行しているカードのことを言います。クレジットカードの決済機能は、日本国内の会社が発行したカードでも、海外で利用可能となっています。この海外でも通用する決済機能サービスを管理しているのがクレジット会社である国際ブランドです。

クレジットカードは、カード会員である利用者が支払う金額を、クレジット会社が一時的に立て替えるという決算方法を取っています。国際ブランドは決済サービスの加盟店を世界中に増やしているため、カード会員は海外でも加盟店ならクレジットカードで支払うことができるのです。

国際ブランドには、決済機能サービスだけを提供している会社と、自社でもカードを発行している会社があります。この国際ブランドが発行しているカードがプロパーカードです。

クレジットカードは、カードを発行している会社が入会審査を行い、顧客の管理をして、決済以外のサービスをどのような内容にするかを決めています。プロパーカードではクレジット会社が直接顧客を管理しているので、ステータスが高いものが多くなっています。プロパーカード以外の、顧客管理などは別の会社が行っているカードは提携カードと呼ばれます。

⇒  国際ブランドについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック

提携カードとプロパーカードの違い

提携カードとは、クレジットカード会社と提携契約を結んだ会社が発行するカードです。決済機能サービスに関してはクレジット会社が対応しますが、それ以外の入会審査やサービス設定などはカードの発行会社が行っています。ですから顧客情報もカードを発行した会社が持っていて、クレジット会社にはありません。

クレジットカードの表面には、提携カードであっても国際ブランドが記載されています。しかしそれはカードで利用できる決済機能サービスを表しているのであって、カード会員と直接関わりがあるわけではないのです。

提携カードの発行会社は国際ブランドと契約することで、自社のカードにクレジット機能を搭載させながら、自社独自のサービスを提供するカードを発行できるようになります。発行会社の商品をカード会員が購入した時に、ポイント還元や割引サービスが受けられるといったようなものです。

カードを発行する会社は、国際ブランドという世界に広がるネームバリューを利用しながら独自色を出すことができ、国際ブランドも提携会社を通して会員や加盟店を増やせます。そのため提携カードの発行元はたくさんあり、カードが付帯するサービスもさまざまなものとなっているのです。

VISAやマスターカードは決済サービスに特化

クレジットカードの国際ブランドは長らく5大ブランドでしたが、近年は中国などが参入して7大ブランドとなっています。しかし、すべての国際ブランドがプロパーカードを発行しているわけではありません。国際ブランドの中でもメジャーなVISAやマスターカードはプロパーカード制を導入していず、決済機能サービスしか提供していないのです。そのためVISAやマスターカードのクレジットカードは、提携カードのみとなっています。

提携カードの発行元は、裏面のサポートセンターの連絡先を見れば記載されています。例えば三井住友VISAカードだったら、裏面に三井住友カード株式会社と書かれているのです。

VISAやマスターカードは決済機能サービスに特化したクレジット会社なので、決済カードブランドという区別をされることがあります。プロパーカードによって独自サービスを行わない代わりに、決済の利便性に重点を置いているのです。

VISAはVISAインターナショナル、マスターカードはマスターカードワールドワイドという機関がライセンスを管理しています。どちらのクレジット会社も巨大な電子決済ネットワークを保持しているため、ライセンスを取得する加盟店が非常に多いからです。カード会員はその提携先の多さのため、海外のさまざまな店でクレジットカードを利用して安全に決済することができるのです。

プロパーカードを発行しているクレジット会社は、T&Eカードブランドです。トラベルとエンターテインメントという意味で、加盟店を増やす際やカードのサービスの内容で、旅行と娯楽方向の展開に力を入れています。
⇒  世界が認めた国際ブランドの王者「VISA」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック

JCBのプロパーカードは4種類

JCBは日本の国際ブランドで、T&Eカードブランドの一つとなります。プロパーカードには、一般、ゴールド、ゴールド・ザ・プレミア、ザ・クラスの4つの種類があります。

一般カードとゴールドカードは審査に通れば誰でも持てますが、上位の2つは利用履歴で認められ、クレジット会社から招待を受けなければ持つことができません。そのステータスの高さから、ゴールド・ザ・プレミアはプラチナカード、ザ・クラスはブラックカードのランクに当たります。

上位のカードは取得するのが難しいのでサービスも充実していますが、一般のカードにもいろいろな特典が付いています。特にJCBのプロパーカードはポイント還元や利用に柔軟性があって使いやすいという、提携カードのようなサービス内容も持っています。クレジット会社が日本の会社のため、日本人の利便性を考えてそのようになった結果、実用性がより増したプロパーカードとなっているのです。

一般カードとゴールドカードには保険が付帯されていますが、ゴールドカードでは一般カードより最高額が大きく引き上げられ、上位2種のカードのサービスも一部ですが利用することが可能です。また、ゴールドカードを持っていれば、利用履歴で条件を満たせば上位のカードを取得することができるというメリットもあります。
⇒  日本が誇る国際ブランド「JCB」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック

American Expressのプロパーカードは旅行と娯楽のサービスが豊富

American Express(アメリカン・エキスプレス)は、一般、ゴールド、プラチナ、センチュリオン、スカイ・トラベラー、スカイ・トラベラー・プレミアと多彩なプロパーカードを発行しています。このうちスカイ・トラベラーシリーズは空港マイルを貯めやすくしたり旅行保険を強化したりと、他のカードよりも海外旅行や出張で空港を利用する会員向けサービスを重視しています。

一般カードは、カードの色からグリーンカードという言い方もされます。審査に通れば取得できる最下位のカードですが、ステータスの高さは他のカードのゴールドカードと同等だという評価もあり、ステータスカードでもあるのです。

プラチナとセンチュリオンはともに上位カードで、センチュリオンがブラックカードです。American Expressのプロパーカードは、ステータスのランクに合わせてカードが色付けされているという特徴があって、独特のデザインとも相まって一目でランクを見分けることができます。

American Expressの上位カードはT&Eカードブランドらしく、高級レストランやバー、ホテルで優待や割引のサービスが受けられる特典があります。そしてグリーンカードでも、他社のゴールドカードが利用できるのとほぼ同じ程度、空港ラウンジが利用できるというメリットがあるのです。

そのためゴールドカードを持っていても空港ラウンジを利用できる数はあまり変わらないことになりますが、ゴールド付帯の保険はグリーンカードが利用付帯なのに対して自動付帯で、さらに使いやすくなっています。

⇒  アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック

Diners Clubのプロパーカードは2種類だけ

Diners Club(ダイナースクラブ)は、クレジットカードというシステムを作った会社です。そして最初は富裕層を顧客のターゲットとしていたために、クレジットカードのステータスも高いものとなっています。プロパーカードにもそれは反映されています。

Diners Clubのプロパーカードは2種類しかありません。一般カードとプレミアムカードです。しかし一般カードと言っても、その上位であるプレミアムカードのステータスはブラックカードです。ですから一般カードも、他社のゴールドからプラチナ程度のステータスを持つステータスカードなのです。

Diners Clubの一般カードには、利用限度額に制限がありません。旅行保険の補償額も最初から高く、旅行やショッピングについての優待サービスや会員限定イベントなども豊富です。一般カードにはビジネスに特化したカードもあり、こちらは仕事に関係したサービスが充実しています。

プレミアムカードの会員になると、空港ラウンジやコンシェルジュサービスといったサービスやサポートのグレードが大きくアップします。プレミアム会員には他のプロパーカードを発行する会社と同じく、招待されなければなることができません。どのような基準で招待されるのかは、非公表になっています。

プロパーカードは高ステータスのため審査基準も厳しめ

プロパーカードの審査基準は、提携カードよりも厳しく設定されている場合が多いです。それは、下位のカードでもステータスが高めだという理由からです。ステータスが他社のゴールドカード以上のステータスの一般カードの場合は、職業や年収、勤務年数やクレジットヒストリーが特定の条件に当てはまらなければ、審査を通過できない可能性が高くなります。

ステータスがそれほど高くない一般カードでは、審査基準が緩めに設定され、若者向けのカードというのも存在します。まだ年収や勤続年数が特定の基準に達しない年齢層に向けたカードのため、受け付けには年齢制限があります。

最初から高いステータスになっているプロパーカードのゴールドカードになると、やはり審査基準の難易度は上がります。ゴールドカードは上位カードの前段階となり、そこからしか上位カードを取得できる方法はありません。そしてその段階から上位ランクのサービスを部分的に利用できるようになるわけですから、そのカードを利用できるだけの信頼度があることを、クレジット会社に証明しなければならないのです。

さらに、上位カードに招待されるためには返済をしっかりするだけでなく、カードを利用した決済金額もある程度以上大きくなければならないのです。

付帯サービスと細やかなサービスがプロパーカードの魅力

プロパーカードは審査が厳しく、ステータスが高めのため、付帯サービスのクオリティーも高くなっています。プロパーカードには海外旅行をする際に役立つ保険が付帯されているといったような事柄です。プロパーカードでも最下位のカードでは、旅行保険は旅行代金をクレジットカードで支払わなければ利用できない利用付帯となっています。しかしゴールド以上のカードになれば、自動付帯が普通になるのです。

また、空港ラウンジや加盟しているグルメ・エンターテインメント関連の店や施設の優待サービスも、プロパーカードのランクが上がるにつれて、どんどん手厚いものになっていきます。

プロパーカードでは、サポートセンターであるコンシェルジュサービスでも優遇されます。サポートセンターに連絡を入れても混み合ってつながらなかったり、必要な手続きが取れなかったりすれば不愉快な思いをします。プロパーカード会員は、下位のカードでも丁寧なサポートを受けられるので、海外でも安心できます。ブラックカード会員になると、会員専用のコンシェルジュサービス担当者が付くこともあるのです。

プロパーカードでゴールド以上の会員になれば、利用できるサービスが多くなるため、サポートセンターを通じて問い合わせやイベントなどの予約をする機会が増えます。その時に細やかな配慮をしてくれるコンシェルジュサービスは、会員の気持ち良い利用の手助けをする頼もしい助っ人なのです。

▲目次にもどる