クレジットカードはネットで申し込もう!特典多数!

クレジットカードはどこで申し込みをするものなのでしょうか。申し込みカウンターをショッピングモールやファッションビルなどの商業施設、駅や空港で見かけたことがあるという人もいることでしょう。実は、ネット申し込みは簡単でお得にできる方法です。今回は、ネット申し込みのメリットや申し込みの流れを説明します。

メリット1.いつどこにいても申し込み可能

ネット申し込みの最大のメリットは、「気軽」に申し込みができるという点。カウンター申し込みは、設営場所まで出向かなければならず、時間帯も限られています。一方、ネット申し込みは24時間受け付けているので、ネット環境があれば、早朝や真夜中でも自分の都合がよいときに手続きをすることができるのです。

インターネットが当たり前の世代にとって、申し込み用紙を手書きせずに済むことも手軽でよいと感じるのではないでしょうか。キーボードの入力で完了するネット経由の申し込みは、手書きよりもスピーディーに行うことができるからです。また、手書き申し込みの場合は申し込み用紙の控えや規約、その他の案内を手渡されることになりますが、ネットではそうしたものが発生することはありません。ネット申し込みは、いつでも自分の都合がよいときにスピーディーに行える点が魅力です。

クレジットカードには、銀行系や流通系、交通系などの企業が発行しているものとVISAやJCB、アメックスなどのカードブランドが発行するプロパーカードがあります。プロパーカードは基本的にネット申し込みしかできませんので、ネットの方が申し込みできるカードの種類は豊富といえるでしょう。

メリット2.キャンペーンがある

すでにクレジットカードを持っている人の中にはキャンペーン目当てでカードを発行したことがある人もいるかもしれません。カウンターとネットの双方で申し込みを受け付けている場合は、ネットの方がお得なキャンペーンを実施しているケースが多くなっています。キャッシュバックやポイント付与に関してはネット申し込みの方が条件が緩くなっていたり、付与額が大きくなっているケースが目立ちます。

ネットであれば各社の比較がしやすいので、どのカードがお得か、同じカードでもどの申し込み経路がお得かをじっくり検討することもできます。しかし、インターネット限定のキャンペーンは期間限定のものもあります。プロパーカードや、Amazon、楽天などの通販会社の発行するクレジットカードはネット申し込みしかありませんので、キャンペーン情報はマメにチェックし気になるキャンペーンを見つけたらタイミングを逃さず申し込むのがポイントです。

先に利用者側の視点からネット申し込みのメリットを挙げましたが、カード会社としてもネット申し込みに誘導したいという思惑があります。カード会社にとってネット申し込みはカウンターを設営するよりもコストがかからないほか、労働人口が減っている中では勧誘スタッフを集めるのも難しくなっているという事情もあるからです。そのため、キャンペーンを厚くしてもネット申し込みの方がカード会社にとってもメリットが大きいといえるのです。

ネット申し込みのデメリットは気軽に質問できないこと…

一方、ネット申し込みならではのデメリットもあります。大前提として、ネット申し込みをするためには、PCやスマホ、タブレットなどの操作ができることが条件です。PC関係が苦手な人や、高齢の方の場合はネット申し込みに対してハードルを感じることも事実です。

また、ネット申し込みはカウンターでの申し込みとは違い、不明点を気軽に質問することができません。コールセンターへ電話をすることもできますが、コールセンターの営業時間内に問い合わせをする必要があります。タイミングによってはすぐに電話がつながらないことや、そもそも電話が苦手というケースもあるでしょう。しかし、最近では不明点をチャットで質問できるところも増えています。営業時間の問題はありますが、ネット申し込みの疑問点をクリアにしてくれる仕組みだといえます。

一般的なネット申し込みの流れを把握しよう

次にネット申し込みの流れについてみていきましょう。各社多少の違いはあるものの、一般的には「入力フォームに入力」→「審査」→「結果連絡」の流れになっています。ネットの申し込みは、ダイレクトにカード会社の審査部門に入力情報が届くことに加えて、手書きの申し込み内容をデータに入力する手間がないので、カウンターでの申し込みと比べると結果連絡までの日数は大幅に短縮されています。

銀行系クレジットカードの中には、その銀行に口座がなければカードを発行できないところがある点に注意してください。条件を確認し必要に応じてあらかじめ口座を開設しておきましょう。

ネット申し込み前にしておきたいチェックポイント

ネット申し込みは気軽にできるのが魅力ですが、いくつか押さえておきたいポイントがあります。1つは、本人確認書類を準備しておくこと。申し込みの際に本人確認書類の画像データをアップロードできるところも多くなっています。運転免許証や健康保険証、住民票の写しなどはスムーズに手続きができるよう事前に準備をしておきましょう。

2つ目は、入力情報は自分の最新情報を記入することです。申し込みの際には、年収や勤務先、家族構成や住宅ローンの有無、借家か持ち家かを記入する必要があります。こうしたデリケートな情報を入力することには多少抵抗を感じるかもしれませんが、クレジットカードの審査に必要な情報です。うっかりミスや虚偽がないように、転職をした人は現在の仕事の情報を、家族構成が変わった人は最新の状況を記入してください。

3つ目は、他の金融機関からの借り入れやローンの状況を把握しておくことです。クレジットカードの審査で見られる点は、経済力や返済能力の有無です。借り入れやローンの額が大きかったり、これまでに返済の遅れや焦げ付きがあるとカードの発行が難しくなってしまうので普段からお金は計画的に使うようにしましょう。

クレジットカードは自営業やフリーランスの人よりも、会社勤めをしている方が審査に通りやすくなっています。会社員の方が、安定的な収入があるからです。また勤続年数を重視しているカード会社もあります。現在会社員をしていて、これから転職をしようと考えている人は転職前にカードを発行することをおすすめします。

クレジットカードはネット申し込みがラクでいい

クレジットカードはネット経由の申し込みが最も気軽で簡単、かつお得です。ネット限定のキャンペーンも多く、比較や検討をじっくり行うことができます。さらに、審査も早くカード発行までの時間がカウンター申し込みと比べるとかなり短縮できます。一般カードだけでなく、ゴールドやプラチナカードもネットで申し込めるものも増えています。お得にクレジットカードを作りたい人、早くカードを手に入れたい人はネット経由で申し込みをしてみましょう。