現金いらずで手軽に支払いができるクレジットカード。正しく利用すれば大変便利なカードですが、利用金額をしっかり把握していないと、気付いたときには口座の残高不足で返済ができないという状態に陥ることがあります。この状態が続くことを「滞納」と呼びます。滞納をすると、あなたのクレジットカードヒストリーに傷が付き、これが続くとカード会社からの信用を失いブラックリストに載ることになったり最悪の場合強制解約や裁判沙汰になってしまうこともあります。

今回は、そんな状況に陥らないための対処法と滞納しないために気をつけておくべきことを詳しくご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

目次

支払いができず滞納したら電話や書面での連絡がくる

支払日に口座の残高不足で引き落とされなかった場合は、「再引き落とし日」に引き落とされることが多いです。その場合は事前にカード会社からお金を入れておくようにと連絡があります。引き落とされる金額には延滞料金が含まれていますので利用額以上のお金を用意しなくてはいけません。引き落とし額の連絡は電話や書面で来ますので絶対に見落とさないようにしましょう。電話の場合は留守電メッセージに詳細が吹き込まれていることもあります。延滞料を含めた引き落とし額がわからなくなった場合はカード会社に連絡すれば教えてもらえます。

再引き落とし日にも支払えなかった場合は、再び連絡が来ます。再引き落とし日に支払えない場合は、振り込みで支払うことになります。振込先が書かれた書面が届きますので、それに従って払うようにしてください。振込用紙での支払いもしくはカード会社指定の銀行の口座への振り込みとなります。支払い日にきちんと支払わなくてはいけませんが、それができない場合は最低でも再引き落とし日にはきちんと支払えるようにしたいものです。通常の引き落とし日とは異なりますので、あらかじめ書面などできちんと確認して前日までには口座に入金しておくようにしてくださいね。
※参考:『クレジットカードが残高不足で支払えなかった!起こり得るトラブルは?

連絡を無視するとクレジットカードが利用停止になる

支払日や再引き落とし日に支払えない場合は書面や電話で連絡が来ますが、その連絡を無視するとカードの利用停止となります。よくあるのはカードで支払うことが常になっていて、気づいたら支払えなくなっているということです。お店でカードを使おうとしたら「このカードは現在利用できません」と言われるのはみっともないですよね。このような恥ずかしい思いをしないためにも、きちんと支払いをすることが大切です。

支払っていないことが後ろめたくなって電話に出たくないと思ってしまうかもしれませんが、絶対にやめましょう。再引き落とし日には支払えるのにめんどくさくて電話に出ない人もいるようです。しかしこのような対応を取ってしまうと、支払う気がないのかと思われてしまうことがあります。支払えるという意思確認にもなりますので連絡は無視しないようにしてください。一度連絡を取れば済むことです。支払える場合には連絡でその意思を伝えた方が、カード会社も良い印象を受けます。
※参考:『クレジットカード利用停止から再開までの流れを詳しくご説明!紛失や盗難にあっても慌てず対応しよう

強制解約になると全額一括返済の請求が発生する

支払いを催促する連絡を無視し続けたり、支払いが滞ることが続くと法的処理によって強制解約となることがあります。その場合は、カード会社と裁判所から支払い命令が届き、「全額一括返済の請求が発生します。強制解約の場合は、全額返済が完了するまで、遅延損害金というものが発生するため、当初の返済額よりも多くの金額を支払わなければならないのです。

貯金から支払えるならすぐに対応できますが、貯金を崩しても支払えない場合は支払いに応じることができません。最終的にこうならないためにもカードは計画的に使うことが求められます。

普段から数百円の日用品やコンビニのお菓子まで何でもかんでもカードで支払っていると、気づいたら利用額が大きく膨れ上がっていることもあります。まさに「ちりも積もれば山となる」です。旅行代金や大型家電などの大きな買い物以外はカードで支払わないなど、カードの使い方を考えれば常日頃からカードを使いすぎる心配はなくなるのではないでしょうか。大きな買い物だけにカードを使う場合でも、今後支払える見込みのある買い物しかしてはいけません。カードの支払いに躓く前に、あらかじめ自分の給料や貯金とよく相談して使いたいものです。

最悪の場合は裁判になる

強制解約となり全額返済の見込みが全く立たない場合は、いつまでも支払いに応じられません。つまり、カード会社への支払いの義務を果たせなくなってしまいます。こうなってしまうと最悪の場合は裁判に持ち込まれることもあります。ここまで来るとカードの恐ろしさを知ることになります。自業自得を悔い改めるとともに、カードには二度と手を出したくないと思ってしまうこともあります。お金は法律と深くかかわっていることもあって、よく裁判沙汰になるものです。お金を横領したとか盗まれたといったお金の問題について裁判沙汰になるように、お金が約束通りに支払えないことも裁判沙汰になりかねます。

たかがカード一枚で裁判になるなんて、と思っている人もいるかもしれませんが最悪の場合は裁判になってしまうのです。支払日や再支払日に支払えない、カード会社からの連絡を無視した、強制解約になったが全額一括支払いに応じられない、ついには裁判とまで発展しないようにしたいものです。計画的に使うことはもちろんのこと、支払えない場合はカード会社に支払う意思をきちんと伝え、支払いに応じるようにすれば裁判になることはありません。

クレジットカードの利用方法をもう一度改めよう

上記のように自力で返済が不可能になってしまう前に、事前にしっかりクレジットカードの利用状況や支払い額を把握しておくことが大切です。
ここからは、クレジットカードの利用停止や滞納にならないために気をつけるべきポイントを5つご紹介していきます。

利用方法の見直し①期日に支払えないと分かった時点で、カード会社に連絡する

カード会社からの引き落としは期日の早朝に行われるものなので、前日までに入金しなくてはいけませんが、うっかり忘れていたなんてこともあります。支払日までに入金が間に合わないなどで支払えなくなったら、すみやかにカード会社に連絡するようにしてください。そして、いつ頃支払えるかをしっかり伝えましょう。指定の支払日を過ぎていても、早く支払えば遅延手数料も安くて済むと言われています。

大切なのは約束した支払日にきちんと支払うことです。この日に入金を忘れていたなんてことになるとカード会社の信頼を失うことになりかねません。信頼が失われるとカード利用額の一時的な引き上げの審査も厳しくなるようです。また、通常のカードからゴールドカードといったカードのランクアップが難しくなってしまいます。

絶対にしてはいけないのは、カード会社への連絡なしに支払いを滞らせることです。支払い期日を過ぎていても支払いには応じてもらえますので、過ぎてしまったからといって放っておいてはいけません。期日に支払えないと利用停止になってしまいますが、早く支払えば支払うほどカードを使えるようになるまでの日数も短くなります。
※参考:『クレジットカードの基礎知識!締め日っていったい何だ?

利用方法の見直し②利用した金額を把握しておく

締め日を過ぎて支払日が近くなると、葉書やメールで支払いの通知が届きます。しかし支払いに当たっては常日頃から返済金額や利用した金額を把握しておきたいものです。結構使った気がするけど、あといくら使えるのかわからないという場合に活躍するのが、クレジットカード会社のWEBページを通じて利用状況を把握できるサービスです。IDとパスワードを入力すれば、MYページでカードの利用状況が常に確認できるようになっています。カードを使ったらその都度ログインし、今いくら使っているかを定期的に見ておくようにしましょう。

返済金額で気を付けたいのは今月分に前月分などを加算して支払う場合です。ものによっては一括払いが厳しく、分割払いを選択することもありますよね。この分割払いが残っている場合は翌月の支払いにも響きますので、それも合算して支払わなければいけません。毎月のリボ払いの場合も同様です。このように、今月使った分だけでなく他にも支払いがある場合はなおさらよく考えてカードを使わなくてはいけません。

利用方法の見直し③支払い方法を適切に選択する

支払い方法は主に一括払い、分割払い、リボ払いがあります。一括払いは毎月の締め切り日までに利用した金額を、翌月の支払い日に支払います。分割払いは指定した、分割回数に均等分割した金額を毎月の支払日に支払うものです。リボ払いは、リボ払いにした利用額をあらかじめカード保有者が指定した一定の金額に分割して毎月支払っていきます。

一括払いの場合は手数料が不要ですが、分割払いやリボ払いの場合は手数料が発生します。さらに、手数料がかからない2回払いやボーナス一括払いという選択肢もあります。2回払いは支払日と翌月の支払日に支払うもので、ボーナス一回払いは冬の指定日から夏締日までの利用金額を夏、夏の指定日から冬締日までの利用金額を冬にまとめて支払います。

買い物が数千円程度であれば一回払い、大型家電であれば分割払いが好ましいです。今月かなり使ってしまったけど全額支払うのは厳しいという場合には、リボ払いにして少しずつ支払っていくこともできます。後でリボ払いに変更する場合は期日が設けられていますので、翌月の支払いに間に合うように設定しましょう。高額な買い物をしてその都度全てリボ払いにしてしまうと、いつまでも支払いが終わらないということにもなりかねませんので、払える分は翌月に支払うようにしてください。

利用方法の見直し④利用限度額を下げることも選択肢の一つ

利用限度額は年収などに応じて設定されますが、カード所有者の希望によってコントロールすることも可能です。年収が高いと利用限度額も高く設定されがちですが、つい使いすぎてしまう恐れもあります。そこで確実に返済するために、利用限度額を下げてもらうという選択肢もあります。まだまだ利用枠があると思うと、コンビニなどでのちょっとした買い物でもカードを使ってしまいがちです。しかし利用限度額が低いにもかかわらず同じように使っていると利用限度額に達してしまいます。そうならないようにするためにもカード利用が控えられるというわけです。このように利用限度額が下がることによってカードを計画的に使えるようになります。

日常生活でカードをついつい使ってしまう人には利用限度額を下げることをおすすめします。一日一回以上はカードで支払うという人はその習慣を改めることができます。何枚もカードを持っている人はいずれのカードも利用限度額を低めに設定しておくといずれかのカードを使いすぎたなんてこともなくなります。たかが一枚でも利用限度額が高いカードがあるとついそれを使ってしまいますので要注意です。

利用方法の見直し⑤保有しているクレジットカードを徹底管理する

お財布には何枚のクレジットカードが入っていますか?人によってはたった1枚だけ、多くなると3、4枚という人も出てくるかもしれません。たくさんのカードがあればそれぞれのカードの利用限度額分まで使えます。そのためいくらでも使えると思ってつい使ってしまいがちですが、それぞれのカードの総額の請求が発生すると思って使わなくてはいけません。

おすすめなのはどのカードをいくら使ったのか、カードを使用する度にきちんと控えておくことです。数百円のちょっとした買い物でも使ったものとして数えます。意外にこのような小さな買い物を何度もすることで利用額が上がっていくものです。すべてのカードを合算してみて今月はけっこう使ったななどと感じたら、カードを使わないようにすることが大切です。そうすれば使いすぎる心配もありません。さらに、あまり使わないと思って作ったカードでも持っていたら使ってしまうかもしれませんので注意が必要です。保有しているカードでやりくりできるのであれば、それ以上にカードを増やさないことも使いすぎを防ぐことにつながります。

<利用方法のおさらい>
①期日に支払えないと分かった時点で、カード会社に連絡する
②利用した金額を把握しておく
③支払い方法を適切に選択する
④場合によっては、利用限度額を下げる
⑤保有しているクレジットカードを徹底管理する

▲目次にもどる