目次

クレジットカードの作り方は?必要な書類や用意するものをおさらいしよう

大型ショッピングモールで買い物をしているときに、ふと便利なクレジットカードの宣伝が目に止まり、その場でカードを作りたくなったとしましょう。クレジットカードを作る際には、一体何が必要なのでしょうか。

まずは、自分が何者かを証明する身分証明書を係りの人に見せなければなりません。運転免許証でもパスポートでも大丈夫ですが、カード会社によっては顔写真付きのカード以外は認めないこともあるので注意が必要です。運転免許証は番号で本人を特定できるので、免許証を持っている人はそれを使うのが一番いいかもしれません。その際、証明書に書かれている住所と現住所が一致していなくてはならないので、異なる場合はさらに書類が必要となります。

その他、カード会社が利用料金を引き落とすための銀行口座とその銀行印も持っていくのも忘れないようにしましょう。銀行印を準備する理由は、もちろん他人の口座を指定できないようにするためです。未成年者の場合は、保護者の同意書も必要になってきます。以下の項目が、カード発行に必要な書類となりますので、事前に準備しておくとよいでしょう。

<クレジットカード発行に必要な書類>
・身分証明書(運転免許証、パスポート、住民票の写し など)
・クレジットカード代金の引き落とし用口座
・引き落とし用口座の銀行印
・(未成年の場合)保護者の同意書

また、クレジットカードの発行方法や審査についてはこちらの記事に詳しく記載しておりますので、お時間がある際に目を通してみてくださいね。
※参考:『【入門ガイド】クレジットカードを初めて使うなら知っておきたい使い方・作り方の基本

クレジットカードはどこで申し込むの?発行までにどのくらいの時間がかかるの?

クレジットカード申請の際に必要なものを全て揃えたら、いざカードの申し込みに行きましょう。街中や店頭でクレジットカードを作る場合、係りの人の指示に従って申込み書類に必要事項を記入していきます。クレジットカードの暗証番号もその場で書くことになるので、事前に数字を考えておきましょう。インターネットからの申込みではなく直接対人でクレジットカードを作るメリットは、申込み書類を記入していて分からない項目があってもすぐに人に聞けることです。クレジットカードを手に入れるには、各カード会社が定めた審査に通過する必要があり、間違いがあれば審査に通らない危険性をはらんでいます。

クレジットカードは、申し込んでからカードを手に入れるまで1ヶ月近くかかることがあります。長い間待ったにもかかわらず、記入ミスで審査が通らない事態は避けたいのが本音でしょう。クレジットカード発行を手伝うプロが近くにいれば、安心して書類に記入できます。直接その場で書類を作成すれば、本人確認もほとんど終わっているので、後は審査を終えて無事にカードが家に届くのを待つだけです。

一方、最近ではクレジットカードを対人ではなくインターネットで簡単に申し込むこともできます。インターネットを使えば、自宅にいながらカードを作れるので大変便利です。様々なサイトでクレジットカードを比較して、自分にぴったりなものを見つけることもできるので、賢くカードを作れるでしょう。

また、インターネットでクレジットカードを申請する際の最大のメリットは、インターネットからの申込者限定で、入会ポイントやキャッシュバックが付くカードが多いことです。カードを作るだけで数千円の価値を手に入れられるなんて、かなり太っ腹ですよね。しかも、街中で作るクレジットカードと違い、提出書類が一切不要というカード会社も多くあるので、銀行印が今すぐに見つからなくて焦っている人でも手軽に素早くカードを手に入れることができるのです。

なぜこのような太っ腹なキャンペーンを年中実施することができるのか・・・。こちらの理由に関しても、先ほどの記事に詳しく記載しておりますので、ご確認くださいね。
※参考:『【入門ガイド】クレジットカードを初めて使うなら知っておきたい使い方・作り方の基本

インターネットでクレジットカードを発行する方法とは?

ではここで、いくつかのインターネットを介したクレジットカードの作り方を見ていきましょう。

まずは、一切の提出書類が不要のカード発行方法です。この場合は、クレジットカードを作ると同時に銀行口座もインターネットを介して作ります。いわゆるネットバンキングです。口座をカードと一緒に作るので、その場では本人確認が不要というわけです。しかし、カードが実際に出来上がって届いてから不正利用される恐れがあります。そのため、カード配達人が本人確認を行うというシステム(本人限定受取郵便)になっていることが多く、カードを申請者本人が受け取らなければなりません。この場合、たとえ家族であっても本人の代わりにクレジットカードを受け取ることはできません。

また、すでにある銀行口座を使いたい場合でも、もちろんインターネットでお得にクレジットカードを作ることができます。その際に必要になるのは、銀行のキャッシュカードや通帳です。口座がすでにあるので、必要事項をタイピングしていくと、金融機関を指定するページが出てきます。その際に自分が使用したい金融機関の情報を全て打ち込みます。審査を経て、本人限定受取郵便によってカードが手元に届きます。

インターネット経由でクレジットカードを作る場合は、サインや印鑑が一切不要なので、ペーパーレスで環境にも優しいのが特徴です。また、カード会社側のカード申込者対応時間も削減できるため、その分キャッシュバックやポイントとして利用者に返ってくるのでしょうね。また、もう一つの特徴として、インターネットで申し込めば3日以内や1週間以内にカードが手元に届くスピード発行が可能ということが挙げられるでしょう。店頭や郵送でクレジットカードの申込みをした場合は、ネットからの申込みより発行期間が長いことが多いので、早めにカードを発行したいという方は、インターネットからの申込みが無難かもしれません。

インターネットを使ってクレジットカードを申し込んでも、やはり書類で提出したほうが安心という人には、インターネットで申し込むのではなく、必要書類を取り寄せてカードを手に入れる方法もあります。こちらは暗証番号を手書きで入力できるので、不正に情報が流出してしまう恐れを回避できます。インターネットを使うことに慣れていないシニア世代のカードを代行してお得に作る場合なども、必要書類を請求して取り寄せるほうが本人に取っても代行者に取っても安心ですね。書いた書類を何度も確認できるので、些細な記入ミスを防ぐこともできるでしょう。インターネットを使えば24時間必要書類を取り寄せられるので、夜中にふとクレジットカードを作りたくなった時も朝を待たずに資料請求ができます。

クレジットカードが届くまでの流れを知ろう

次に、必要書類に記入した後、どのような流れでクレジットカードを手にできるのかを見てみましょう。

クレジットカードは、申請したからといって必ず取得できるものではありません。「クレジット」という言葉は「信用」という意味なので、申請者が本当に支払い能力のある、信用できる人間なのかを各カード会社は綿密に審査する必要があるのです。クレジットカードはその信用力で後払い、つまり借金をするわけですから、誰も信用のできない人にお金を貸したくないのと同様に、誰も信用できない人にクレジットカードを発行したくないのです。それでは、どのような人がクレジットカードを手にするのにふさわしい人なのでしょうか。その審査の過程について説明します。

申請書類には職業や年収だけではなく、家族構成や持ち家かどうかなど様々な情報を書かなければいけません。「こんなこと書く必要あるの?」と不思議に思った方もいるかもしれませんが、クレジットカード会社が申請者の経済状況を知るためには必要なことなのです。もしも申請者が急に働けなくなったとき、誰か代わりに働いていて世帯収入がゼロにならないかどうかは人にお金を貸す時に重要な情報になりますよね。
※参考:『クレジットカードを作るなら知っておきたい!審査とは何か?

また、職業や年収が本当に記載された通りかを知るために勤め先の会社に電話をかけて、申請者が本当にその会社に在籍しているかを確認する「本人確認」を行う場合もあるのです。必要があれば申請者本人に電話をかけて本人確認を行うケースもあり、これらのことからもクレジットカードを1枚作るのに多くの手間をかけているのが伺えます。そのため、多くの場合はカード発行まで数日から数週間かかり、場合によっては審査に通らないということもありえます。

カード発行を断られる理由は様々にありますが、以前返済が遅れた経験がある場合、職業が安定していない場合、専業主婦などで収入がほとんどない場合などが挙げられるでしょう。また、大量のクレジットカードをすでに所有している場合も断られるケースがあり、このことからカード会社は本当に多様な方向性から申請者の信用度をチェックしていることが分かりますね。しかし、1つの会社に断られたからといって、今後一生クレジットカードを持てないかといえばそうではありません。他のカード会社は他の会社で審査基準がまた別にあるので、申請してみたら通ることがあるかもしれません。また、将来的に安定した職業や収入を得られれば、いつかはクレジットカードを保有することができるでしょう。

 

 

一方、無事にクレジットカードを入手できたからといって、手放しに信用されていると喜ぶのは少し早いかもしれません。カードには利用限度額というものがあり、カード会社の社内審査によっては「クレジットカードを持つくらいに信用はあるけれど、利用限度枠を100万円にするほどの信用はない」など、利用限度枠で信用度の格付けがなされるケースもあります。カードが届いても限度枠が低い場合は、返済を怠ることなく、どんどんクレジットカードを使って信用度を高めていけば、次回発行されるカードの利用可能限度枠が広がるかもしれません。

では、それぞれの申請方法によって、カードが届くまでの流れにどのような違いがあるのかを確認していきましょう。街中やお店で係りの人に従いながら申込書を書いたとき、書類がカード会社に送られて処理され、審査を通過してカードが発行されるまで数週間かかるケースが多いでしょう。早いところで1週間以内です。しかし、クレジットカードによってはその場で即日発行してくれることもあります。今すぐクレジットカードが欲しい、届くまで数日も待っている時間がないと考えている人は、即日発行可能なカードに申し込むといいでしょう。もちろん、即日と言っても多少は時間がかかるので、申請書を書いてからその辺をぶらついて時間を潰さなければなりません。しかしこの速さは、インターネット経由以外でカードを作る最大のメリットの1つと言えるでしょう。

インターネット経由で銀行口座とクレジットカードを同時に開設・申請した場合、早いところで3日以内に届くとうたっている所が多々あることから、かなりスピーディーにカードを手に入れられるようです。本人確認はカードを受け取る際の本人限定受取郵便なので、家族や同居人では受け取れません。申請者が仕事等で日中家にいない場合は、たとえ3日以内に発行されたとしても受け取るのが遅くなってしまうので注意が必要です。また、海外に在住している人が日本のクレジットカードを申請したとしても、本人限定受取郵便のシステムによって申請者が日本にいないため受け取ることができません。家族に委任することもできないので、現在では海外在住者が日本のクレジットカードを申請することは不可能と言えるでしょう。日本のクレジットカードを手に入れたい場合は、一時的に帰国する他手段はありません。

クレジットカードがどのくらいのスピード性を持って審査を終えて申請者の手元に届くかは、発行するクレジットカード会社によるとしか言えないでしょう。カード会社選びには人によって様々なフィルターがあると思いますが、発行スピードも選ぶ基準の1つになるかもしれませんね。
※参考:『利用限度額から見えるクレジットカードの仕組みとは?

クレジットカードの有効期限や更新って何?

クレジットカードを見てみると、自分の名前や数字が所狭しと書かれています。この数字やアルファベットにはそれぞれ意味があり、カードを使う時などにはとても重要になってきます。16桁の数字はカード番号で、インターネットなどで買い物をする際に打ち込むものです。その下には4桁の数字があると思いますが、THRU(有効期限)やMONTH/YEARと近くに書かれているのを見てとることができるでしょう。これらは書いてある通り有効期限であり、この年月を過ぎたらそのカードは使用できなくなることを意味しています。

でも、安心してください。使用できなくなると言っても、せっかく苦労して手に入れたクレジットカードをまるまる失うのではなく、そのカードが使えなくなるというだけで、ほとんどのクレジットカード会社から自動的に新しいクレジットカードが郵送されてきます。これをクレジットカードの更新と言いますが、ほとんどの会社で特別何かを申請する必要はありません。

しかし、自動的に送られてくるはずのカードが、まれに送られてこないことがあります。大体のカード会社は有効期限が切れるおよそ1ヶ月前に新しいカードを送るようにしていますが、送られてこない場合は更新の申請が必要なカード会社なのもかもしれないと心得ておきましょう。そのような会社の場合は、手紙やメールで更新のお知らせのようなものが届いているはずです。引越しなどをしてカード会社に新住所を伝えていなかった場合は、届いていないなどのトラブルが発生しているのかもしれません。また、新しい住所を伝えていなかった場合は、カード会社がカードを送ったのにもかかわらず届かなかったケースも考えられるので、いずれの場合もカード会社にすぐに確認を入れてみましょう。
※参考:『クレジットカードの更新手続き、その方法とは?

一方で、カード会社が更新時にクレジットカード保有者の状況を審査しなおしたときに、更新するに当たらないと判断する場合もあります。以前にそのカードや他社のクレジットカードを使って支払いを滞らせた経緯があったり、犯罪をにおわせるようなあまりにもおかしなカードの使い方をしていたり、他の会社とクレジットカードの新規契約をたくさんしていたりすると、更新時の審査に通らないことがあります。また、特に年会費が無料のクレジットカードでほとんど利用歴がない場合も、カードの更新が拒否される可能性があります。現金で支払える場合でも、クレジットカードの更新を確実にするためにはたまにカードを使って買い物をしておくといいでしょう。

更新が拒否される場合は通告なくカードが送られてこないのではなく、カードが送られてくる代わりに更新ができないという内容の通知が送られてくるはずです。そのため、通知もカードも送られてこない場合は何らかのトラブルが考えられるので、カード会社にすぐに連絡を入れましょう。

カードの有効期限は発行する各クレジットカード会社によって異なります。初めは1年でその後有効期限が数年に伸びるケースや、初めから4年、5年と長い有効期限を持ったカードもあります。更新前と更新後でクレジットカードの番号に変化はありませんが、有効期限とカードの後ろにある数字(セキュリティコード)が変化しています。
更新をすることで利用限度枠が増えたり、新しいカードで買い物ができる喜びがあったりするので、カードの更新は面倒なものではなく、むしろ嬉しいものと言えるでしょう。

初めてだからこそ失敗したくない!クレジットカードの賢い選び方とは

これまで多くのクレジットカードに関する情報を見てきましたが、いざカードを作ろうと思った時、どのようなカードが自分に一番合っているのか分からないこともありますよね。初めてクレジットカードを選ぶ際に押さえておきたいポイントを、ここでは2つご紹介いたします。

1つ目は年会費です。無料のものからゴールドカードクラスになると年に1万円以上のものまで幅があります。年会費はカードを利用しなくても毎年取られますが、旅行保険がついていたり、年会費無料のカードよりポイントがお得に貯まったりと魅力的な特典もあります。

2つ目はポイント還元率でしょう。クレジットカードは使用する毎にポイントがたまり、商品券やアイテムに交換できます。還元率が高ければ高いほどお得になるので還元率をチェックしてみてください。

最後は、そのカードが自分を表現する1枚になりえるかということです。信用のステータスでもあるクレジットカードは、持っているだけで入れる施設があります。多少高い年会費を払っても人に見せて恥ずかしくないカードを持つことは大切なことと言えるでしょう。
※参考:『初めてクレジットカードを作る方へおさえておきたいポイントとおすすめのカード5選

▲目次にもどる