目次

クレジットカードの不正利用とは?

クレジットカードの不正利用とは、「本人ではない人がカードを勝手に使う事」を指します。請求書を見たら、身に覚えのない利用履歴があった場合、それは不正利用です。クレジットカードは、本来カードの名義人しか使う事は出来ません。また、カードの裏面にサインした人のみが使うことができるもので、その人以外は使うことはできないのです。

クレジットカードを不正利用されてしまう手口としては、カードの盗難が主な要因です。例えば、財布を盗まれてしまい、中に入っていたクレジットカードを悪用されてしまえば、それは“不正利用”に当たります。財布を無くしたことに気付いてから、カード会社へ連絡し、カードの利用停止手続きをするまでの間に使われていることも考えられます。クレジットカードと言うのは、基本的にサインまたは暗証番号を必要としますが、店舗によってはサインレスのところもあり、店舗側はその人が名義人なのか不正利用者なのかの判別を付けることは難しいです。

また、カード会社が「異常な利用」と判断すれば、自動的にカードの利用を停止することもあります。例えば、家電製品など換金しやすいものを短時間に大量に購入している場合です。カード会社のシステムでは、常にいつどこで使われているかを検知しており、明らかに異常な行動パターンを示していれば、不正利用の疑いとしてカードを停めるなどの措置を講じています。その時点で、カード会社は、本人に対し、「こういう事態がありましたが本当にあなたが購入していますか?」などと問い合わせをし、その時点で不正利用に気づくというケースもあります。

このように、クレジットカードを不正に使われてしまうことを不正利用と言います。クレジットカードの名義人以外の方が使ってしまえば、それは不正利用にあたりますので絶対にしないでください。不正利用されていると感じた場合は、速やかにカード会社へ連絡し、次の指示を仰ぐようにすることをおすすめします。

クレジットカードを不正利用されたときの対処法

クレジットカードが不正利用されているか確認する手段として、大きく分けて2つあります。1つ目は、「利用明細で発覚」という手段です。クレジットカードは、代金後払いとなっており、後日、自宅に利用明細が郵送されてから代金が口座から引き落とされる仕組みになっています。現在では、Web明細なども使われるようになってきており、明細を確認していないという方も少なく無いですね。

実は、この“利用明細”が、不正利用の有無を明らかにしてくれる大切なものなのです。クレジットカードの明細には、「いつ・どこで・いくら使った」が記載されています。この利用明細の中に、身に覚えのない利用履歴があった場合、それは不正利用の疑いが強いです。Web明細へ切り替わり、見るのが面倒くさいという気持ちも理解できますが、大切なお金を失ってしまっているので、毎月届く明細には目を通し、不正な利用が無いかどうかを確認するようにしてください。

2つ目は、「カード会社からの連絡」です。先ほども少しご紹介しましたが、換金性の高いものを短時間で大量に購入した場合、カード会社のシステムが異常と判断し、カード所有者へ連絡が行くシステムが導入されています。回数券や商品券などの金券類も、換金性が高くても少しの量であれば、カード会社のシステムには引っかかりませんが、大量かつ短時間に購入していると引っかかります。システムに検知されると所有者にカード会社から連絡が行き、事実関係を確認します。この時点で、利用者が使っていないと確認できれば、不正利用と認定され、カードの利用を止めてもらえます。これ以降、そのカードは手続きしない限り使えませんので、被害を大きくする心配はありません。

このように、クレジットカードの不正利用を確認する手段としては、大きく分けて2つほどありました。明細書は、自身の身を守る大切なものですので、毎月必ずチェックするようにしてください。

クレジットカードを不正利用されたときの対処法

もしも、ご自身が持っているクレジットカードが不正利用されてしまった場合の対処法をご紹介します。まず、不正利用されたカードのカード会社に不正利用された旨を伝えます。そうしますと、カード会社の方で本当に身に覚えがないかを確認されますので、今一度確認をしてみてください。それでも当てはまらない場合は、専門部署の方へ回されますので、そこで詳しい説明を行います。その際に、店舗へ確認するように指示があることもありますので、その指示が出たら必ず店舗に連絡して話を伺ってみるといいです。

次に、警察へ届け出を行ってください。警察へは、紛失届または盗難届で出すようカード会社から指示があるはずですので、その指示に従ってください。警察に届け出をした後、伝えられる受付番号(受理番号)をカード会社に伝えます。その時点で、カード会社は警察に届け出されたことを認識します。後日、カード会社より書類が届きますので、その書類に必要事項を記入して送り返します。しばらくすると、新しいカードが手元に届きますので、裏面の署名欄に必ず署名しましょう。これで、新しいカードの再発行手続きは完了です。古いカードは、すでに利用停止になっていますので、そのまま木にしなくても問題ありません。

仮に、すでに引き落としがされている分が不正利用だった場合、速やかにカード会社に申し出ることで、後日、銀行口座へ返金してもらえる場合があります。ただし、あまりにも時間が経ちすぎている場合、返金対象にはならない場合があるので注意が必要です。カード会社は、加盟店より送られてくるデータに基づいて、決済処理を行い、引き落としをかけています。そのため、利用者から不正利用されたと言われても、カード会社が調査をし、本当に不正利用かどうかを確認しなければなりません

そのため、タイミングによっては引き落とされてしまうこともありますが、不正利用分であれば後日必ず返金されます。また、引き落としエラーになってしまった場合は、カード会社の方で支払留保手続きなどをしてくれることもあります。この場合も、自動で手続きが行われるわけではなく、カード会社にご自身が連絡をすることで行ってくれます。もしも、ご自身のクレジットカードが不正利用されていると感じたら、まずはカード会社に連絡です。カード会社はユーザーから連絡を受けるまで不正利用だとは把握していません。連絡を受けて初めて不正利用の疑いに気づき、調査を開始します。

また、同時に警察へ届け出ないと調査は進みません警察から発行される番号が無ければ、動いてくれません。必ず警察へ届け出るようにしてください。また、すでに引き落としが行われていた場合などでも泣き寝入りせずに、必ずカード会社へ連絡しましょう。カード会社へは、電話で伝えた方が状況を伝えやすく、より迅速に動いてもらえるはずです。忙しいという方でも、不正利用されたのであれば時間を作ってカード会社と警察に連絡することが大切です。

クレジットカードが不正利用された時の補償はどうされる?

 

クレジットカードの不正利用によって生じた被害は、ほとんどの場合、保険会社が補償してくれます。ただし、名義人に重大な過失があった場合や、警察へ届け出ていない、カード会社への連絡が遅れた場合などは、補償の対象外になる場合がありますので注意が必要です。まず、重大な過失ですが、これは暗証番号についてです。クレジットカードを利用するには、暗証番号が必要ですが、暗証番号が漏えいしていた場合、これは重大な過失とみなされ、補償の対象外となってしまいます。しかし、不正アクセス等で暗証番号が漏えいしていた場合は、重大な過失には当たりませんので補償の対象となります。また、不正利用した人が家族だった場合や、カード裏面に署名していなかった場合も重大な過失に当たりますので補償対象外です。

また、カード会社が補償をしてくれる期間は、カード会社に連絡があってから60日以内です。それを過ぎている分に関しては補償されません。60日以内の不正利用分に関しては、補償されますし、ご自身に請求が行くことはありません。ただし、泥酔時などに利用し、自筆でサインしている場合は、契約が成立したものを見なされてしまいますので、補償対象外ですので注意しましょう。

補償申請の方法は、まずカード会社に不正利用された旨を伝え、補償を受けたいことを伝えます。そうしますと、届け出日から起算し、60日以内の明細を確認してくれます。クレジットカードを不正に使われたと思う箇所を伝え、その部分だけ補償申請したいと伝えると審査に入ってくれます。審査結果が出るまで、その部分の支払いは保留となります。後日、審査結果が出て、補償対象となれば支払いは免除となりますが、補償対象外となってしまうと支払い請求されます。多くの場合、クレジットカードが不正利用されたことを伝えた時に、同時に補償申請の手続きが進むのですが、不安な方は再度連絡しておきましょう。

意外とありがち。実は使っていた

クレジットカードの不正利用だと思い、カード会社に問い合わせたら実は使っていましたというパターンは、意外とありがちです。例えば、アーティストのファンクラブの会費やゲームの課金をした場合などは、手元に商品が無いため、不正利用されたという感覚に陥りやすくなります。特にゲームの課金の場合、そのゲーム名が出てくるわけではなく、支払い代行会社の名前が出てくることもありますので、そういった感覚に陥りやすくなってしまうのです。

また、実際に使ったけども、請求書に書かれている会社名が違う場合なども、そういった感覚に陥りやすくなります。例えば、Aというお店で使ったのに、Bという会社名で請求が来た場合です。一見、違う会社に見えますが、実はBと言う会社はAの親会社だったというケースは良くあります。カード会社に問い合わせると、そういう事実を教えてくれたり、レシートなどを見るように教えてくれたりしますので、見比べてみると、「あっ!自分で使ったやつ!」などと分かることもあります。

カード会社では、不正利用かどうかを判断する前に、店舗へ確認してみるように勧めています。店舗へ連絡することで、何かわかることがあるかもしれないということで勧めているようです。そうすると、実は年会費で引き落としさせてもらっていた、または予約した商品の内金で引き落とされていたなど、連絡することで初めてわかることもあります。自身に身に覚えが無くても、年会費のように請求されるケースもありますので、確認は必須です。

このように、クレジットカードの身に覚えのない請求は、実は自身で使っていたものという事も考えられます。また、ご家族の方がネットショッピングで利用してしまったというケースもあります。不正利用されたと思う前に、まずは店舗や家族に確認を行い、その上でカード会社へ連絡すると良いです。カード会社に連絡する際に、すでに確認したという旨を伝え、確認した結果を伝えることでスムーズに調査が進むこともあります。

クレジットカードの不正利用を防ぐには

クレジットカードの不正利用を防ぐには、ご自身で対策を講じることが必要です。例えば、暗証番号ですが、複数枚のカードの暗証番号がすべて同じだという場合、1枚のカードの暗証番号が分かってしまえば、その他のカードも見破られてしまい、不正利用に繋がってしまいます。必ず、別々の暗証番号を設定するようにしてください。次に、“フィッシング詐欺”についてです。インターネットを利用していると、私たちを混乱させるようなメールなどが届くことがあります。内容には、「個人情報が漏れているから、このURLからログインして暗証番号を変えてほしい」などというものです。

カード会社では、メールで暗証番号を変えてほしいというアナウンスをすることはありません。多くの場合、そういったメールは詐欺サイトに繋がっており、サイトの作り方も本物そっくりなため、騙されてカード情報を抜き取られてしまう被害が後を絶ちません。万が一、騙されてしまったら、カード会社にそのことを伝えましょう。また、不正利用を防ぐために、明細は必ずチェックするようにしましょう。毎月届く明細には、「いつ・どこで・いくら使った」が記載されています。明細に目を通すことで、使った覚えのない履歴を発見することができるほか、補償対象期限内に手続きを終えることができます。

このように、クレジットカードの不正利用を防ぐためには、自身で防衛するしかありません。カード番号などを、パソコンに記録させておくなど便利な方法もありますが、ウイルスに感染したらそのまま流出してしまう危険性もありますので、不正利用を防ぐうえで、パソコン内にカード番号を保存することはあまりおすすめできません。毎回面倒であっても、カード番号を手入力するようにしといてください。特に、セキュリティーコードが漏れてしまうと、いろいろなサイトで決済できるようになってしまいますので、取扱いには十分な注意が必要です。

強いセキュリティ性を持つクレジットカードとは?

ご自身のクレジットカード管理も重要ですが、そもそものクレジットカードに不正利用を防ぐための装置がないと万が一の際に不安を感じます。セキュリティが固く安心して使えるクレジットカードもあります。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

・24時間365日カード利用状況を関しする独自のカード不正使用検知システム採用
・カードホルダーの写真が入っている「写真付きカード」発行対応
・ワンタイムパスワードサービス「One Time Pass」採用

公式サイトはこちら→

 

▲目次にもどる