目次

クレジットカードを利用停止するタイミング

クレジットカードの機能を一時的に停止させることを「利用停止」と言いますが、実際にクレジットカードを利用停止するのはどんなタイミングなのでしょうか?
利用停止をするタイミングはいくつかありますが、ここでは特に起こりやすいケースを挙げてみます。

利用者側が利用停止を判断する場合

・紛失
・盗難

利用者以外が利用停止を判断する場合

・不正利用が発覚した
・利用限度額を超えていた
・支払いを延滞した
・有効期限が切れている
・磁気不良で使用不可

今回は、クレジットカードの利用者である皆さんが利用停止を判断する要因になり得る「紛失・盗難」のシチュエーションに沿ってクレジットカードの利用停止方法を詳しくご紹介していきたいと思います。自分の身にも十分起こり得ることですので、しっかり読んでいつでも対処できるようにしてくださいね。

Point1: クレジットカードの紛失・盗難に遭ってしまった!そんな時はすぐに利用停止を

もし、クレジットカードの紛失・盗難にあってしまったら、すぐに利用停止の手続きをしてください。利用停止手続きは、カード会社に連絡をすることで行うことができます。まず、クレジットカードを紛失・盗難された場合は、まずは深呼吸をして落ち着いてください。興奮した状態ですと、正常に物事を判断できず、かえって混乱に陥ってしまう恐れがあります。

次に、紛失・盗難にあったカードを発行しているカード会社に電話連絡をします。オペレーターに繋がったら、紛失・盗難の旨を伝えます。いくつか質問されますので、その質問に嘘偽りなく答えましょう。次に、警察に届け出を行うように指示が出ますので、必ず警察に届け出を出してください。これで、利用停止手続きは完了です。

その後、警察で紛失届けが無事受理されたら、警察に届出をしたという証拠になる「届出番号」がもらえます。この番号はカード会社でも控える必要がありますので、届出番号をもらい次第速やかにカード会社に連絡するとよいでしょう。

同時に、新しくクレジットカードを再発行する手続きも進めてもらいます。もし、オペレーターが何も言わないようでしたら、こちらから再発行したいという旨を伝えましょう。書類に必要事項を記入して返送するため、しばらく時間がかかるケースがありますが、再発行は可能です。しかし、カード番号は変わってしまうため、今まで登録していた公共料金の引き落としなどに影響が出てしまいます。

そのため新しいカードが届き次第、速やかに公共料金などの再登録、及び変更届を出すようにしてください。以上が、クレジットカードの利用停止から再開までの一連の流れになります。

クレジットカードの利用停止は、24時間365日受け付けています。コールセンターが営業時間外であっても、利用停止を受け付けてくれるセンターは営業中です。
対応が遅れると、その分だけ他人に不正利用される可能性が高くなってしまいます。紛失・盗難だけにおさめ、これ以上被害を拡大させないためにも、深夜だからと言ってためらわず速やかに手続きを行いましょう。


利用停止方法のおさらい

①本当にクレジットカードを紛失したのか、身の回りをチェック
②クレジットカード会社に利用停止の連絡をする
③警察に紛失届けを出し、「届出番号」をもらう
④カード会社に届出番号え、再発行手続きをする
⑤新しいクレジットカードで公共料金などの再登録を開始

Point2: クレジットカードを紛失した時の緊急連絡先を把握しておこう

クレジットカードを紛失してした際、必ず利用停止手続きを行うことをおススメする理由。それは、外出先で無くした可能性も否めず、誰かに拾われて悪用されたら、思わぬトラブルの元になる事もあるからです。利用停止手続きのやり方は先ほどご紹介した通りです。次にするべきことは、緊急連絡先を把握することです。当然ですが、カードによって発行しているカード会社は異なります。なかには、ブランドが違うだけで同じカード会社ということもあります。

緊急連絡先はスマートフォンのメモ帳などに書き記しておきましょう。クレジットカードを落としてしまったり、無くしてしまったりするとパニックに陥ってしまうことが想定されます。紛失したクレジットカードは、どこのカード会社かという事を調べているうちに、悪用されてしまうこともありますので、事前に緊急連絡先を調べておくことをおすすめします。

まず、スマートフォンのメモ帳に、「クレジットカード緊急連絡先」などと書いてファイルを作成します。その中に、自身が持っているカード会社の名前と電話番号を書きます。ご自身が、どこに何のカードの番号を書いたかをきちんと分かるように、カード会社の前にカード名を書いておくことが大事です。

調べ方としては、インターネットで「○○(カード名)紛失」などと検索をすることで、紛失・盗難デスクの電話番号が出てきます。その番号を控えておくといいですね。また、クレジットカードによっては、カード裏面に電話番号が記載されていることがあります。その電話番号にかけると、デスクに繋がるようになっていますので、予めその番号を控えておくというのも良いでしょう。

Point3: 利用者本人以外が申し出ても、クレジットカードの利用停止はできない!

クレジットカードの利用停止の申し出は、利用者本人以外からは出来ません。犯罪を防ぐために、本人確認が行えない場合は、カード会社も勝手な行動ができないのです。例え家族であったとしても、本人確認ができないので利用停止手続きを行うことはできません。しかし、これが本会員カードではなく、家族カードの場合は話が異なってきます。家族カードは、本会員カードの信用に基づいて発行されるものだからです。

例えば、家族カードを持っている人が、そのカードを落としてしまった場合、家族カードの名義人と本会員カードの名義人のどちらかが、利用停止手続きをすることでそのカードは停まります。このように、本会員カードは本会員のみ、家族カードは家族カードの名義人と本会員カードの名義人が利用停止手続きを行うことができるというわけです。そのほかの方は、依頼があっても対応することはできません。

Point4: クレジットカードを利用停止したことによる影響は?

クレジットカードを利用停止した場合、いくつかの影響が出ます。まず携帯電話などの公共料金の支払いにクレジットカードを利用していた場合、会社側がカード会社に処理をお願いしても、カード会社が拒否をしてしまうため、代金未払いとなってしまいます。解決策としては、公共料金の支払先のカスタマーセンターにクレジットカードを利用停止している旨を伝えてください。そうすると、支払に関する代替案を提示してきますので、その中からご自身が支払える方法を選び、その方法に従って代金を速やかに支払ってください。

次に、予約をしていた場合です。インターネット通販で、予約購入をしていた場合、クレジットカードを停止することで決済できなくなり、キャンセルされてしまう恐れがあります。そういう場合、支払方法を変更しましょう。もし、支払方法を変更できない場合は、その店舗に連絡をして事情を説明してみてください。場合によっては、特例として支払方法を変更してくれることもあります。まずは、相談してみると良いです。

このほかにも、いつも使っているお店で使えなくなった、あるいはファンクラブの年会費が引き落とせないなどの影響が出てきてしまいます。その場合も、速やかにカスタマーセンターに連絡をして事情を説明してください。多くの場合、話せば理解してくれます。その後、新しいクレジットカードが届き次第、カード番号の変更手続きをすることで今まで通り決済をしてもらうことができるようになります。

Point5: 利用停止したクレジットカードを復活させる手順は?

利用停止したクレジットカードを復活させる手順ですが、まず、カード会社に連絡をして利用停止を解除してほしいという旨を伝えます。次に、本人確認が行われるので本人確認を済ませれば利用停止が解除され復活します。しかし、“完全利用停止”手続きがなされていた場合は復活できません。

これはクレジットカードの番号を無効化し、解除できないよう凍結してしまう手続きです。カードの支払い延滞や一時的な利用停止であれば、カード会社に連絡をして利用停止を解除するように頼むことで復活できますので簡単です。しかし、完全利用停止である場合、いくら本人確認が済んだからと言ってカードが利用再開になるのかと言えば、利用再開にはなりません。理由は、「セキュリティの都合」です。クレジットカードと一緒に保険証や免許証も紛失していると考えれば、悪用したい第三者がそれらの身分証を使い、カードの利用停止を解いて悪用してしまうことが考えられます。再発行という形で登録してある住所に新しいカードを送れば、それで本人確認となりますのでカード会社にとっても都合が良いのです。

そのため、“完全利用停止”手続きを行っている場合は、再発行という形でしか復活できません。再発行は、カード会社に連絡をすることで速やかに行ってくれます。手続きには1週間ほどかかってしまいますのでその間は不便ですが、現金などでやりくりしましょう。

紛失・盗難にあっても落ち着いてスピーディーにカード停止の対処しよう

クレジットカードが紛失・盗難にあった場合、もしかするとカードが重なっていることもありますし、財布から落ちてカバンの中に落ちていることもあります。まずは、落ち着いてそれらを確認してみてください。次に、カード会社のカスタマーセンターに連絡をします。その際に、紛失・盗難の旨を伝えると、「どこかへ置き忘れていないか」などの確認をされますので、もう一度探してみてください。それでも見つからなかった場合は利用停止手続きに入ります。

利用停止手続きはカードの利用を停める手続きですので、停めてしまえば第三者に悪用されることはありません。もし、無くしたことに気が付いたのが、かなり時間が経っている場合もまずは停止することが大切です。もしも、その間に不正利用された場合は調査を経て返金処理されることもあります。

クレジットカードには盗難保険が付けられており、カード会社に連絡が入った日から起算して60日以内の不正利用分に関しては保険会社が補償してくれます。しかし、調査中に60日を超えてしまった場合、残念ながら補償対象外になってしまうこともあります。そういった被害を防ぐためにもスピーディーな対応が求められます。クレジットカードを紛失・盗難にあったということに気づいたら、まずは身の回りを確認して本当にないことを確認した上で、カード会社に連絡をしたり警察に届け出をしましょう。

強いセキュリティ性を持つクレジットカードとは?

日本で発行するクレジットカードの中で、最もセキュリティが硬いクレジットカードがこの三井住友VISAカード。
常に怪しい動きがないか24時間365日監視するカード不正使用検知システムや、写真入りカードの発行など、大手銀行系カードにふさわしいセキュリティ性を持つカードです。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

・24時間365日カード利用状況を関しする独自のカード不正使用検知システム採用
・カードホルダーの写真が入っている「写真付きカード」発行対応
・ワンタイムパスワードサービス「One Time Pass」採用

公式サイトはこちら→

▲目次にもどる