目次

家賃はクレジットカードで支払うこともできる

クレジットカードで公共料金の支払いはできても、家賃に関してはできない、というのが少し前までは一般的でした。家賃は、銀行などの金融機関から振り込むというのが大半で、クレジットカードが使えたとしても、専用のカードを作らなければならなくなったり、家賃が多少割高になったりするなどの条件が付くことが多く、利用しにくい状況でした。

しかし、クレジットカードで家賃の引き落としが可能な賃貸物件は増えてきています。使用できるカードの種類も、主要なブランドを大体網羅しているため、特定のカードを持っていなければ支払いができないということも起こりにくくなりました。

クレジットカード利用可能の物件は、インターネットの検索で簡単に探すことができます。物件の条件やポイントのところなどに、カード決済可能といった記述があり、検索条件でもカード決済可能な物件をまとめて閲覧することができます。そのような物件では、家賃だけでなく初期費用もカード決済できる場合が多く、現金の用意や振り込みの手続きについてのわずらわしさがかなり減るという利点があるのです。家賃のカード決済には、ほかにもたくさんのメリットがあり需要も多いため、今後もそのような物件は増えていくことが見込めます。

家賃をクレジットカードで支払うことでどんなメリットがある?

家賃をクレジットカードで支払うことによる大きなメリットは、支払った金額の1部がポイントというかたちで還元されることです。家賃は、月々の支払いのなかでも占める金額の割合が多く、1年支払ってその1%が還元されるとしても、馬鹿にならない額になります。公共料金と同じように、家賃も必ず払わなければいけないもののため、ポイントが毎月着々と貯まっていくというわけなのです。また、物件やカードの種類にもよりますが、入居の際の初期費用について、分割やリボ払いが選択できる場合があります。クレジットカードが持つ利点を、そのまま家賃の支払いに応用できるのは見逃せないポイントです。

また、クレジットカードによる家賃の引き落としでは、インターネット上で手続きを済ませられます。大手の決済システムを導入している物件なら、パソコンやスマートフォンでカード情報などの必要事項を入力すれば、それで家賃のカード決済ができるようになるのです。銀行などの金融機関でも、自動振り込みサービスを利用して家賃の引き落としはできますが、大抵は日中に金融機関に出向いて手続きをする必要があります。しかし、ネット上では24時間申し込みを受け付けているので、忙しくて手続きができないということも起こりません。振り込みに大金を用意しなくてもよく、混んでいるATMに並ばなくても済むカード決済は、特に働き盛りの時間に追われることの多い世代にとっては、大変助かるシステムです。

さらに、賃貸の際には保証人が必要になりますが、昔のように兄弟がたくさんおらず、ひとりっ子が多くなった現代では、保証人を見つけるのに苦労する人も出てきました。しかし、家賃をクレジットカードで支払うことが条件で、保証人が不要になるサービスというものがあります。すべてのカード会社や不動産会社が行っているわけではないので、事前に実施している会社を調べなければなりませんが、保証人を頼むのが大変だという人には、なかなか心強いサービスではないでしょうか。

家賃のクレジットカード支払いが普及していなかった理由とは

このように、多くのメリットがあるクレジットカードでの家賃支払いが、なぜ今まで一般的ではなかったのかというと、加盟店の支払う手数料(加盟店手数料)が問題になっていたのです。クレジットカード会社は、カードの契約者や加盟店の支払う手数料で利益を得ています。カードの利用者が加盟店で支払いをするたびに、加盟店はその何%かをカード会社に支払う仕組みになっています。そして、賃貸について加盟店はオーナーになります。家賃の1部を手数料としてカード会社に収めるのは、オーナーにとってはなかなかの負担になるのです。

クレジットカード会社は、基本的にカード利用者に加盟店の負担する手数料を支払わせることを認めていません。しかし、家賃をぎりぎりの金額に抑えているオーナーの場合は負担しきれず、家賃に上乗せするといった状況もなくはなかったのです。また、クレジットカードで家賃の決済をするためには、カード番号など入居者の重要な個人情報を預かって管理しなければなりません。そのような事情もあって、二の足を踏むオーナーが多かったのです。

クレジットカードでの家賃支払いが普及し始めたのは、大手の賃貸住宅会社が大々的に支払いシステムを導入したことがきっかけです。大手の会社は、システムを一括導入することでオーナーの負担を減らし、サービスを均一化しました。もともと、家賃をクレジットカードで支払いたいという需要はあったため、大手がそのような動きを取ったことで、不動産会社向けのカード決済システムを提供する企業も出てきました。そのようなサービスでは、オーナーにとってもクレジットカード決済を選択するメリットが大きくなっています。

例えば、オーナーが支払わなければならない手数料の割合が大幅に下げられているなどです。決済に伴う手続き回りについてもサービスが行き届き、オーナーが導入する際のハードルを下げるように努めています。家賃がクレジットカード決済できるというのは、オーナーにとっても物件をアピールできるポイントになるため、導入が進んできているのです。

家賃の支払い・回収が入居者もオーナーも楽に

クレジットカードによる家賃支払いは、他にもオーナーと入居者双方にメリットがあります。入居者が支払いについて手間が大幅に省けるのと同様に、オーナーも確認などに時間を掛けなくて済みます。家賃を振り込み方式にしていると、入居者のほうに悪意はなくても、仕事が忙しくて振り込みを忘れるという事態も起こり得ます。そして、オーナーは振り込みの期日に入金の確認をし、振り込まれていなければ催促をしなければなりません。毎回の確認は時間と気を使い、ひとたび家賃遅延のような事態が起これば、入居者とオーナーはお互いに気が重い状態にもなります。

クレジットカード決済では、忙しさによる振り込み忘れは起こらず、オーナーのほうはシステムによる結果を確認すれば良いのです。セキュリティー面に関しても、決済システムを提供する企業のサービスが適用されるため、安全性は高くなっています。また、大手のサービスが提供する決済システムはカード会社の制限があまりないので、入居者はポイント還元率が高いなど、好みのカードを利用できます。オーナーとしても、特定のカードの利用を条件にするのはデメリットと見なされかねないため、大手のカード決済サービスを利用する価値があるのです。

クレジットカード決済の物件を選ぼうとする時の注意点

クレジットカード決済ができる賃貸物件は増えてきていますが、全てというわけではありません。また、大手の決済システムではなく、オーナーが個別にカードでの支払いサービスを行っているケースもあります。そこで、カード決済ができる物件を見る時には、家賃の相場や利用できるカードの種類についても注意しなければなりません。カード決済では、入居者が事務手数料を負担することもあるので、疑問点があればオーナーに問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードで家賃を支払う場合には、公共料金を引き落としている時に気を付けなければならないポイントと同様のことに、注意する必要があります。

例えば、カードの有効期限や再発行時の手続きです。カードの期限が切れて新しいカードに変わる時には、カードの持つ情報も変更されます。その際に、決済サービスのほうで自動的に手続きをしてくれるものもありますが、そうでなければ変更手続きをしなければ支払いが止まってしまいます。カードを再発行すればカード番号が変わるため、これも再登録の必要が出てきます。有効期限についてどのようなシステムを取っているかなどを確かめておき、無用なトラブルは避けましょう。

家賃を支払っているクレジットカードを解約して、別のクレジットカードに変更する時も、忘れずに変更手続きをすることが必要です。カード決済で家賃を支払っている場合、もし残高不足や手続きの不備で遅延や延滞が発生すれば、金融事故として履歴に残る可能性があります。家賃を銀行振り込みなどにしていれば、延滞してもクレジットヒストリーに傷は付きません。そのような情報を共有するシステムがないからです。しかし、クレジットカードから支払っていれば、その情報はカード会社全体で共有されるので、その後新たにカードを作ったり、ローンを利用したりするときに影響があるのです。ですから、クレジットカードで家賃を支払うのなら、遅延や延滞には特に気を付け、デメリットはこうむらないように利用しましょう。

▲目次にもどる