目次

AFraid of math

お会計時、クレジットカードの暗証番号を忘れてしまったら

ICチップ付クレジットカードが普及し、レジでは、暗証番号の入力を依頼されるようになりました。クレジットカードには大きく分けて、従来からある裏面に黒色の磁気ストライプがついたタイプと、表面のカード番号の上部にICチップがついたタイプの2種類があります。ICチップは磁気ストライプよりも安全性が高いため、ICチップ付のクレジットカードが普及しつつあります。しかし、店側のクレジットカードを読み取る端末機がすべてIC端末機というわけではなく、依然として磁気端末を使用している店舗も多いため、実際にはICチップ付クレジットカードの裏側に磁気ストライプもついているタイプのクレジットカードがほとんどです。

ICチップ付クレジットカードでは、4桁の暗証番号による本人確認が行えるようになりました。磁気ストライプ付クレジットカードでの支払いの後はサインによる本人確認を行なっていましたが、ICチップの内臓により、クレジットカードを読み取る端末機で暗証番号の確認を行えるようになり、サインよりも手軽で安全性の高い暗証番号の入力を求められることが増えています。

しかし、今までサインで本人確認を行っていた人の中には、暗証番号を忘れてしまったという人もいるかもしれません。実際、ICチップ付クレジットカードを使っていても、店側が磁気ストライプのみ対応の端末機しか持っていない場合、暗証番号の入力には対応していないため、サインを求められることがあります。そんなことを繰り返していると、暗証番号を使う機会が少なく、いつの間にか暗証番号を忘れてしまったなどということもあるでしょう。でも、安心してください。暗証番号の入力を求められたときに、仮に暗証番号を忘れてしまったとしてもお会計をすることができるのです!

では、暗証番号を忘れてしまったら、どのように支払いをすれば良いのでしょうか?方法は、いたって簡単!サインで対応しましょう。方法は、レジの方に「サインでお願いします」と言うだけでOKです。実際、暗証番号を覚えている人の中にも、人前や監視カメラの前で大切な暗証番号を入力することに抵抗のある人もいて、常にサインを利用している人もいます。ですから、サインで対応することは、必ずしも暗証番号を忘れた時の回避策というわけではなく、正当な対応方法の一つです。

では、なぜサインでも対応可能なのでしょうか?

それは、サインも暗証番号も、その時使用しているクレジットカードが本人のものであるということを確認する手段だからです。サインは筆跡により本人であることを確認できますし、暗証番号は本人のみが知る番号です。ですから、カード会社としては、本人が確認できればどちらを利用してもセキュリティ上問題ないと判断しているわけなのです。

暗証番号とサインのどちらでもいい場合は、店側がIC端末機を利用している場合です。ICチップ付クレジットカードを持っていれば、本人確認は暗証番号またはサインのどちらでも行うことができます。しかし、クレジットカード自体がICチップ付でなく、磁気ストライプしかついていないタイプの場合には、サインのみとなります。また、店側の端末が磁気対応の場合には、クレジットカードがICチップ付でも磁気ストライプ付でもサインのみになります。

Combination Lock on top of a Credit card e.g. Credit Card Security

クレジットカードの暗証番号を間違えるとロックがかかる

クレジットカードは、セキュリティの面から、暗証番号の入力を3回間違えるとロックがかかるシステムになっています。これは、クレジットカードを盗難されたりどこかでなくしたりしてしまった場合に、不正に使用されることを防止するためで、「暗証番号を知らない=本人ではない」と判断されてしまうためです。この際、暗証番号が入力される端末が同じ端末かどうか、一定時間内かどうかには関係ないという点にも注意が必要です。

つまり、同じクレジットカードを使って3回暗証番号を間違えた時点でロックがかかってしまうのです。ですから、暗証番号を忘れてしまった場合、異なる端末を使用しても、時間を置いて試しても、3回続けて暗証番号を間違えた時点でそのクレジットカードにはロックがかかってしまい、一時的に使えなくなってしまうため気をつけなければなりません。

クレジットカードの暗証番号を間違えて入力してしまった場合でも、3回以内に正しい暗証番号を入力すればそのクレジットカードを利用できます。例えば、2回間違えてしまっても、3回目に正しい暗証番号を入力すれば、そのクレジットカードを利用することができ、前の2回の間違えもクリアされます。ですから、次に暗証番号を入力する際も、3回まで入力できることになります。しかし、3回目も間違えてしまうと、そのクレジットカードはロックされてしまいます。

暗証番号の入力ミスにより一度クレジットカードがロックされてしまうと、自分では解除できないという点にも注意が必要です。これは、カードの不正利用を防止するセキュリティのためで、ロックを解除するにはクレジットカードの裏面などに書いてある電話番号に連絡するなどして、クレジットカード会社にロックを解除してもらわなければなりません。ロックを解除してもらっても暗証番号を思い出せない場合には、さらに暗証番号の再発行を依頼することになります。

Credit card of future

暗証番号を忘れた場合はすぐに再発行を

店頭でお会計の際に暗証番号を忘れてしまった場合には、適当に試すのではなくサインで代用することをおすすめします。というのも、先ほど説明したように、一度ロックされてしまったカードは自分では解除できず、一時的に使用不能になってしまうためです。そうなると、ロックが解除されるまでしばらくの間クレジットカードを使用できないということになってしまうので、それよりは、その場はサインで対応して暗証番号はのちに確認する方が賢い方法です。

ICチップ付のクレジットカードを利用した暗証番号による本人確認は、従来のサインによる確認よりも安全性が高いといわれています。なぜなら、サインは巧妙に真似をすることが可能ですが、4桁の暗証番号の組み合わせは1万通りあり、3回間違った時点でロックがかかってしまうことを考慮すると、適切な暗証番号を設定しておけば、暗証番号を解読してクレジットカードを不正利用することはほぼ不可能だからです。

そのため、サインでクレジットカードを不正利用された場合にはその金額が補償されるのに対し、暗証番号を解読されてクレジットカードを不正利用された場合にはカード所有者の管理責任が問われることになり、損害が補償されないため注意が必要です。

暗証番号を忘れてしまった場合には、クレジットカード会社に依頼して、暗証番号の再発行をしてもらうことが可能です。先述のように、暗証番号を忘れてしまうとクレジットカードが使えない場合もありますし、万が一不正利用をされてしまった場合には、損害が補償されないこともあります。暗証番号には管理責任があるということを十分理解して、忘れてしまった場合もそのままにせず、すぐに再発行手続きをとることが重要です。通常、再発行には1〜3週間程度の時間がかかります。

Serenity now! Serenity now!

暗証番号はしっかり把握しておこう

ICカードの普及にともない、サインよりもより安全性の高い暗証番号が利用できるようになりました。しかし、これまで述べてきたように、暗証番号は自分の財産を守るためにも、万が一不正使用されたときにカード会社による補償を受けるためにも、とても重要なものです。ICチップ付クレジットカードは、従来の磁気ストライプ付クレジットカードに比べて不正利用に対する安全性が高いという理由で、今後さらに普及していく傾向にあり、暗証番号を利用する人も増えていくことでしょう。クレジットカードが利用できる店舗でも、暗証番号の利用ができるIC端末機の導入が進んでいくと考えられます。

したがって、クレジットカードを複数持っている人や、普段は暗証番号を使っていない人なども、どのクレジットカードにどの暗証番号を使っているかをきちんと把握しておく必要があります。暗証番号を自分で設定できる場合には、誕生日など他人に簡単に推測されてしまう番号は暗証番号としてのセキュリティ効果を大幅に下げてしまうため避けなければなりません。他人に推測されにくい暗証番号を設定すると同時に、忘れにくい番号であることも大切です。さらに、もし暗証番号を忘れてしまった時のために、暗証番号をクレジットカードと離れた場所に保管しておいたり、ツールなどを使って管理しておいたりすると良いでしょう。

今後ますます普及していくであろうICチップ付クレジットカードは、正しく使えばクレジットカードのセキュリティを向上させてくれるものです。暗証番号を忘れてしまったときにはサインでも対応可能ということを覚えておくとともに、暗証番号をしっかり管理して、安全で便利に利用していきましょう。

 

 

▲目次にもどる