ファミリーカードってなに?

クレジットカードには、家族カード(ファミリーカード)というものがあるのを知っていますか?ファミリーカードは、カード本会員の家族を対象に追加発行されるカードです。上手に使えばポイントも効率よく貯まり、家族みんなでお得になります。ここでは、クレジットカード生活をより便利にするファミリーカードの基礎知識について解説します。

クレジットカードは基本的にカード会員本人の名義で発行されます。しかし、クレジットカードを欲しい人全員がカードを作れるわけではありません。カードを発行するためには一定の収入などが必要になるため、安定した収入のない専業主婦や学生では本人名義のカードを持つのは難しいです。そんなときに役立つのが家族カードです。家族カード(ファミリーカード)とは、安定収入のあるカード会員本人の信用で、その家族にも同様のカードが発行されるという仕組みです。カードの審査もカード会員本人にしか対象になりません。したがって、家族のなかに1人でもカードの本会員がいれば、収入がない・少ないという人でも家族カードという形でクレジットカードを持てるということになります。家族カードは本会員カード発行後、追加発行の形で発行されます。

ファミリーカードにはどんなメリットがあるのか

ファミリーカードを持つことには、家族全員がバラバラにカードを持ったときにはないメリットがあります。 1つ目のメリットは、年会費が優遇されていることです。メインカードが年会費有料であっても、家族カードに関しては追加の年会費が不要、もしくは本会員より会費が割安に設定されています。自分名義のカードをわざわざ持つよりも、年会費の面でお得になる場合が多いのです。

2つ目のメリットは、ポイントが一括でまとめられることです。家族カードで貯めたポイントはメインカードのポイントに集約されます。貯まれば商品券などに交換できるポイントですが、有効期限がある場合がほとんど。毎年のカード利用額にもよりますが、有効期限内にまとまったポイントを貯めるのはかなり大変です。家族がバラバラのカードを使っているとその分ポイントが貯まりにくいので、ポイントが有効期限切れを起こしやすくなります。しかし、家族で使っているクレジットカードを本カードと家族カードに一本化しておけばポイントが集約され、効率よくポイントが貯まります。目標のポイント数にも届きやすくなるはずです。

3つ目のメリットは、付帯保険などの特典が家族カード会員にも適用されることです。メインカードについている特典は、家族カード会員にも適用されます。海外旅行保険などの付帯保険もついてくるので、旅行に行くときなどには便利です。特に、特典の多いゴールドカード以上の家族カードであれば、家族全員が充実のサービスを受けられてお得です。

4つ目のメリットは、家計管理のしやすさです。本カードと家族カードの利用明細はまとめて届くことになるため、結果的にカードの明細を1つにまとめられます。カードの利用状況が一括で把握できるため、家計の管理をするときに便利です。誰が何に使ったか一目瞭然となる分、無駄遣い防止にもつながります。

デメリットもしっかりと把握しておこう

一方、ファミリーカードにはデメリットもあります。1つ目のデメリットは、カードの利用内容が他の家族に知られてしまうことです。利用明細は共有されるため、誰が何を買ったのか他の家族に知られてしまいます。したがって、家族カードを使っている限り家族に内緒の買い物はできません。2つ目のデメリットは、利用限度額が共通になってしまうことです。家族カードを作ったからといって、新しく利用限度額が増えるということはありません。本会員のカードの利用限度額を家族みんなで分け合うことになります。そのため、利用限度額が少ないカードだとすぐに利用限度額に達してしまい、カードが使えなくなってしまうリスクがあります。

3つ目のデメリットは、クレジットヒストリーに関するものです。個人の信用格付けを決定するうえで、これまでのクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー)は重要な判断材料になります。きれいなクレジットヒストリーを持っていると、住宅ローンや他のクレジットカードの申込み時に有利です。しかし、このクレジットヒストリーが育つのは本人名義のカードを使った場合のみ。家族カードを利用してもクレジットヒストリーは育たないのです。クレジットヒストリーがまったくないと、新規でカードを作るのが難しくなります。自分のクレジットヒストリーを持ちたい人で、かつ自分名義のカードが発行できそうな人は家族カードに加え、自分名義のクレジットカードも持っておきましょう。

家族で使うならコレ!おすすめクレジットカード

ファミリーカードの使い勝手の良さはカード会社によっても変わってきます。ここでは、ファミリーカードを作ることも考えた場合のおすすめカードを紹介します。

三井住友VISAカード ※全券種

三井住友VISAクラシックカード

1枚目に紹介するのは三井住友VISAカードです。もっともスタンダードなクラシックカードの場合の年会費は1,250円(税別)、初年度は会費無料です。翌年度以降も利用額によっては無料になります。気になる家族カードの年会費は400円(税抜き)です。ただし、1枚目は初年度無料、翌年度以降も3回以上の利用で無料になります。メインカード、家族カード(1枚目)ともに実質年会費無料での運用が可能です。なお、プラチナカードであれば家族カードの年会費がすべて無料になります。三井住友VISAカードの特徴は、Web明細サービスの使い勝手に優れている点です。Webサービス「Vpass」では、家族会員と本会員のパスワードを個別に設定できるため、本会員のWeb明細を家族が見られないように設定できます。

ちなみに、ゴールドカード・プラチナカードなら引き落とし口座を別々に指定することも可能です。気になる限度額はクラシックカードで最高80万円となっています。

公式サイトはこちら→

MUFGカードゴールド

2枚目に紹介するのはMUFGカードゴールドです。ゴールドカードならではの充実したサービスが受けられるため、家族会員になるメリットは大きいです。主な特典としては海外・国内旅行障害保険、ショッピング保険などの付帯保険サービス、空港ラウンジサービスが挙げられます。会費は本会員1,905円(税別)、初年度は会費無料です。家族カードは1枚まで年会無無料、2枚目からは1枚につき400円(税別)の年会費がかかります。限度額は最高200万円です。

詳細を見る

オリコカードザポイント

3枚目に紹介するのはオリコカードザポイントです。1.0%以上の高還元率でポイントがどんどん貯まります。メインカード、家族カードともに年会費無料なのも魅力です。ただし、家族カードは3枚までしか作れないので、家族が多い人は注意する必要があるかもしれません。限度額は最高300万円となっています。

詳細を見る

ポイントを押さえて有効活用しよう

ファミリーカードは、使い方によってはとても魅力のあるカードです。カードの本会員が家族のなかにいれば簡単に発行できるため、本人名義のカードに申し込めない人でも作れます。利用明細や請求先がまとめて届くというデメリットもありますが、そのかわりポイントが効率よく貯まります。

さらに、付帯保険などの特典も利用できるのに、カードの年会費は本会員になるよりお得。家族で利用ルールなどをしっかり決めて使うことで、メリットを最大限に活かせるはずです。