安心してクレジットライフが満喫するために!セキュリティコード豆知識

目次

セキュリティコードが持つ意味とは

お店で直接クレジットカードを使ったショッピングの時は何も言われないのに、インターネット上で買い物をした時にしばしば求められるセキュリティコード。一体、セキュリティコードはなぜ存在するのでしょうか。名前を見る限り安全性のために備え付けられた番号であることがうかがえますが、セキュリティコードを使用することで本当に安全性が高まるのか疑問に思ったことがある人も多いかもしれません。

セキュリティコードは多くの国際ブランドで3桁、アメリカン・エキスプレスでは4桁の数字となっています。セキュリティコードはクレジットカードを使ってお店で会計してもレシートに記入されることはないので、カードを持っている本人だけが知ることのできる情報といえます。そのため、インターネット上での買い物において大変役に立つのです。

インターネットを使ったショッピングでは、カード番号を知ってしまった第三者が、やろうと思えばカードを不正に使用することができてしまいます。カード裏面のサインを確認する人がいないにもかかわらずカードの暗証番号を押す必要もないため、ウェブ上でのカードの使用は不正利用のリスクが高まります。しかし、セキュリティコードがあることで未然に不正使用を防ぐことが可能なのです。

全てのクレジットカード会社がセキュリティコードを導入しているわけではないので、オンラインでの買い物を頻繁に行いたい人はセキュリティコードが付いているカードを選ぶことをおすすめします。カードを使う時の安心感が違ってくるはずです。セキュリティコードはカードが変わるたびに変更されるので、カードが更新されたのに昔のコードを打ってしまわないように気をつけましょう。

※参考:『慌てないで!クレジットカードが不正利用されたときの対処法

セキュリティコードってカードのどこに記載されているの?

セキュリティコードの必要性がわかったところで、コードはクレジットカードのどこに記載されているのか、気になった人もいるのではないでしょうか。お手持ちのクレジットカードを裏返してみてください。署名欄がありますよね。その署名欄の右の方にいくつかの数字が書いてあるのを見つけられるかもしれません。セキュリティコードは羅列された数字の一番右側に書いてある3〜4桁の数字になります。

多くの場合セキュリティコードは他の数字よりも大きめに書かれていたり、離れたところに目立つように記載されていたりするので、間違うことは少ないと思われます。セキュリティコードは一種の暗証番号なので、人に見せないようにすることが大切です。

安心してインターネットショッピングをするために

インターネットショッピングは、家にいながらも世界中のショップからアイテムを購入できる、とても便利なものとして認知されてきています。しかし、その一方でクレジットカードの個人情報が漏洩してしまうなど、何かとリスクを負うものでもあります。セキュリティコードはそのような不安を少しでも解消するために導入されたシステムで、現代人の買い物には欠かせないものと言えます。オンラインでの買い物時にセキュリティコードを打ったとしても、お店側でコードを保存することは禁止されているので、安心して買い物ができます。

頻繁にクレジットカードを持ち歩いたり出し入れしたりする人は、セキュリティコードがかすれて見えなくなってしまうという事態がおこることもあります。そのような時は速やかにカード会社に連絡しましょう。とても大事な番号なので、見えなくなってしまうといざという時にカードが使用できなくなります。また、新しいカードが来た時に署名をしなければなりませんが、その時に誤ってセキュリティコードの上から署名しないようにすることも大切です。いつでも正しく読めるように、セキュリティコードに守られるだけではなく、セキュリティコードを守るようにも心がけたいものです。

※参考『クレジットカードの暗証番号を忘れた時の対応は?照会・確認・変更する方法

▲目次にもどる