リボ払いの基本をおさらい

クレジットカードのリボ払いと聞くと、なんだか危険というイメージがある人も多いのではないでしょうか。しかし、正しい使い方の知識を身に付けていれば、カードの利用をますます便利にしてくれるシステムだとわかるはずです。
リボ払いについて正しく理解して、有効活用すれば、より便利にクレジットカードを利用できます。

リボ払いはそもそも、クレジットカードの支払方法の一つです。支払い方法の一つ「定額方式」では、月々の利用額に関係なく毎月の支払額が一定にできます。つまり、カードを利用しすぎてしまった月やほとんど使用しない月があっても、カード会社に支払う金額は毎月変わりません。そのため、定額方式のリボ払いでは支払いの計画が立てやすいという特徴があります。

一方、リボ払いには「残高スライド方式」という方法もあります。こちらは支払い残高が増加すればそれに伴い、手数料を含む毎月の支払額が増える仕組みです。残高スライド方式ではランクに応じて毎月の支払額は変化します。例えば、支払い残高が10万円未満のランク1では月々の支払額が5,000円で、10〜15万円の残高ではランク2となり月々の支払額が7,500円と、ランクが上がるごとに支払額も上昇していきます。定額方式とは違い、いつまでも返済を続ける必要はなく、ある程度決まった期間内に返済できるのが特徴です。

カード会社によって違う!さまざまなメリット

入会特典がお得なおすすめのクレジットカード 9選

リボ払いにはさまざまなメリットがあります。特に、利用者にとって魅力的なのが、支払いが楽に感じられることです。例えば定額方式の場合、毎月の返済額を1万円と設定していれば、10万円利用した月も5,000円の月も、変わらず1万円のみの支払いとなります。また、支払額が一定になるため毎月どのくらい使用したかをチェックしなくても済み、管理が楽に感じられます。

リボ払いは後から設定することもできます。大きな買い物をカードでした後では、支払い日までにお金が用意できないということもあるでしょう。後からリボを利用すれば大きな出費があっても支払額を少額に設定でき、安心して支払いを行えます。カード会社によってはリボ払い設定をすることで独自のメリットを得られることもあります。リボ払いだとポイントが貯まりやすかったり、年会費がお得になったりします。また、繰り上げ返済が可能なカード会社もあるので、できるだけ早く返済したい人に対しても考慮されています。

知らないと危険!デメリットを知っておこう

リボ払いにはデメリットもあります。リボ払いのリスクには、カードの利用総額は確実に増えているのに、毎月の支払額は一定であることが挙げられます。つまり、実際は結構な額のカード利用があるのにもかかわらず、お金を使っているという感覚があまりないということです。このため、最終的には自分の経済力を超えるほど利用額が膨れ上がり、借金地獄に陥ってしまうケースがあります。

また、リボ払いでは支払い残高がゼロになるまで何カ月でも支払いが続きます。元金だけではなく金利も支払いに含まれますが、リボルビング払いの金利は年利でいくと一般的に高めに設定されています。そのため、月々の支払額を少額に設定しすぎると支払い残高がなかなか減らず、金利のみを支払い続けることとなる恐れもあります。いつまでたっても支払い残高が減らないと、支払いも延々と続くので注意が必要です。

クレジットカードを利用するとクレジットカードヒストリーが作られますが、リボ払いばかりで支払いをしていると、良好なクレジットカードヒストリーが作られません。リボ払いを多用すると「お金に困っている」とみなされてしまうことがあるからです。クレジットカードヒストリーを気にする場合は、要所々々でのリボ払いの選択がベストです。

もう1つ注意しておきたいことに、たまに作りたてのクレジットカードが初めからリボ払いに設定されていることが挙げられます。リボ払いは仕組みを知っていれば恐れるものではありませんが、知らずに利用していると返済の計画が狂い、後悔する事態になりかねません。カードを作成する際には案内所をよく読んだり担当者に聞いたりして、しっかりと支払い要件を確認してください。クレジットカードによっては支払い方法がリボ払いのみとなっていることもあるので、カードの申し込みをする前から注意しておく必要があります。

しっかりとした知識を身に付ければリボ払いを有効活用

リボ払いではもちろん計画的な利用をしないとリスクが発生しますが、きちんとシステムを理解して計画的に使用すれば非常に便利なものです。リボ払いの金利は、多くのカード会社で貸金業法の上限である年利15%に設定されています。ただし、15%はあくまで年利なので、1カ月で完済すれば1.25%、半年であれば7.5%の金利となります。リボ払いでは返済が長引くほどトータルの支払い額が大きくなるので、支払額の設定はしっかりと考えたうえで決めることが大切です。

1カ月1.25%の金利手数料とは、例えば1万円の買い物をして1カ月後に完済する場合125円分となり、手数料としてはそれほど大きな額ではないことがわかります。また、年利15%といっても12万円を1年間で返す場合、単純に手数料を含む合計14万1,000円を支払うわけではありません。毎月の返済分支払い残高が減るため、月を追うごとに手数料は低くなっていきます。したがって、1年後トータルで支払う額はおよそ13万円となり、年利15%といっても最終的な手数料も含む金利は10%未満ということになります。

クレジットカードの利用は計画的に

リボ払いには少なからず危ないというイメージがついてしまっていますが、きちんと仕組みを理解して計画的な使い方をしている人からすれば、とても便利な支払い方式です。リボ払いは完済までの期間が長引くほど金利手数料がかかります。しかし、カード会社によっては資金に余裕があるときに返済を行える繰り上げ返済も可能です。金利手数料を抑えつつリボ払いの魅力を享受できる方法はあるので、はじめからリボ払いを拒絶する必要はないといえます。

リボ払いは利用者にとって魅力的な面がたくさんあります。代表的なのは支払いの管理がしやすいことと、ポイントプログラムや年会費などが優遇されることでしょう。クレジットカードは使い方によってさまざまなお得を手に入れられるものです。リボ払いについてもっと知って、カードライフをより便利なものにしていきましょう。