クレジットカードに返金なんてできるの!?その仕組みや方法について詳しくご紹介

目次

クレジットカードに返金ってどういうこと?

自宅にいながら買い物ができるオンラインショッピングは、とても便利ですよね。支払い方法には金融機関やコンビニからの振込、代引き、クレジットカード決済などがあり、自分に合った方法を選ぶことができます。中でも手数料がかからないクレジットカード払いを選ぶ人は多いのではないでしょうか。

しかしオンラインショッピングの場合、実際に商品が届いたらイメージと違った、サイズが合わない、注文ボタンを誤って押してしまったといったケースもあり、交換・返品の手続きをとることになります。もしくは稀に店側の事情で商品の在庫がなくキャンセルになる場合もあります。

その他、クレジットカードを使ってホテルを予約したけど直前で都合が悪くなりキャンセルしなければならなくなった、実店舗で買い物をした場合でも返品したので返金してほしい、といった場合などにはクレジットカードの返金処理が行われます。

このように、クレジットカードの返金とは「クレジットカード払いをした商品やサービスをキャンセル処理し、一度払ったお代を返還してもらうこと」を言います。

ただし、返品の場合には未開封や未使用であること、購入後一定の日数以内であること、食品などは返品不可、などの条件を設けているところもあるので注意が必要です。このような条件がない場合には、ほとんどのケースで返金対応をしてもらえるでしょう。

返金されるまでにはどれくらいの時間がかかるの?

実際に商品を返品したり、注文をキャンセルしたりして店舗に返金をお願いする場合、返金までにかかる日数はキャンセルをしたタイミングや店舗側の対応にかかる時間に応じて変わってきます。一般的にはクレジットカード会社の締め日(請求確定日)前か後かで、返金がひと月単位でズレが生じることがあるため、注意が必要です。

商品購入後にキャンセルもしくは返品をすると、ほとんどの場合次の締め日に返金されることになります。キャンセルをした日付や、あなたのクレジットカードの締め日のタイミングによっては、一度請求が来てしまうこともあります。その場合は、一度口座から購入金額が引き落とされ、翌月以降に同額が返金され相殺というかたちになるので安心してくださいね。

クレジットカードの締め日は各カード会社によって異なるため、自分の契約しているカード会社に確認しておくと安心です。

またカード会社が返金処理を行うためには、買い物をした店舗からのキャンセル依頼が必要です。良心的に素早い対応をしてくれる場合はいいのですが、忙しかったりずぼらな対応だったりという理由でカード会社への連絡が遅れると、それだけ返金されるまでに時間がかかります。基本的に返品の場合は、商品の返品が確認された後に返金処理が行われるので、早めに返送するようにしましょう。

このように早い場合は数日で返金され、時間がかかると1〜2カ月程度かかってしまうことになります。またカードを利用することで利用可能枠が一時的に減りますが、返金手続きを行ってすぐに利用枠が回復する会社と時間がかかる会社があるので注意が必要です。

なぜ現金で返金せずに、クレジットカードへの返金になるの?

店頭で商品を現金購入した場合は、店舗へ現品とレシート・領収書など購入した証拠を持参すれば現金にて返金処理をしてもらえることがほとんどです。
しかし、クレジットカード払いをした際の返金処理は、基本的に現金ではなく指定の登録口座への返金が一般的です。この場合、振込み日はカード会社によって異なりますが、多くはカードの引き落とし日に入金されることが多いようです。

基本的には、クレジットカードの請求金額からの相殺という形で返金されますが、ではなぜ現金での返金が一般的ではないのでしょうか?

これには店舗側の事情によるところが大きいと言えるでしょう。店舗は客がクレジットカード払いをした場合、契約しているカード会社に「加盟店手数料」を支払う必要があります。その際、客のクレジットカード決済毎に商品代金の3〜7%程度が加盟店手数料として発生しています。店舗から支払われるこの手数料分が、カード会社の利益となるのです。

それを踏まえると、クレジットカードのキャンセル処理を行った際、店舗側にこの手数料も戻ってきますが、現金で返金すると手数料は戻ってきません。そのため店舗側としては現金での返金はなるべくしたくないのです。

また現金での返金の場合は、カードの利用明細書にキャンセル分が反映されないため、後々トラブルに発展することがあります。返金の振込みがあった口座のコピーや、店舗とのメールのやり取りなどを該当月のカード明細書と一緒に保管しておくなどして、トラブルにならないよう気をつけましょう。

実際どのようにクレジットカードへの返金が行われるの?

クレジットカードの仕組みは、消費者がカードを利用して店舗で商品を購入すると、カード会社が後日消費者から料金を回収し、その後カード会社から店舗へ料金が支払われるという流れです。

クレジットカードの返金処理を行う際には、店舗からカード会社へ買い物データや伝票などの情報を送付して請求のキャンセルを依頼します。請求金額確定前であれば、次回の請求書内で返金分がマイナス計上され「相殺」という形で返金されます。例えばその月に8万円の請求金額があった場合、3万円分の返金があれば、結果5万円分の請求金額になります。請求書には返金分がマイナス表示されます。

請求予定金額(8万円)-返金金額(3万円)=変更後の請求金額(5万円)

もしカード締め日の後であれば当月の請求金額は確定してしまっているので、一度請求金額を支払った上で翌月の請求金額から相殺されます。もしくは迅速なキャンセル処理が行われた場合には、カードの明細自体が取り消されて買い物の記録自体が残らないこともあります。クレジットカードを使用して買い物をするとポイントが付与されることがありますが、返金処理を行うことでこのポイントも失効することをどうぞお忘れなく。

返金手続きがきちんと行われたかを確認する方法は?

いざ商品を返品したり注文をキャンセルしたりした後に、返金が行われたかどうかを確認するには、カードの利用明細書を確認するのが一番です。明細書には返金分がマイナスで表示され、請求金額から相殺されています。当月もしくは翌月までには返金されることがほとんどなので、きちんと確認をしてください。また返金該当月にカードの利用がなく、口座への振り込みという形で返金された場合には、口座の明細を確認しましょう。

手続きをしたから確実に返金されるだろうと安心してそのままにしておくと、何らかのトラブルで返金が行われていないのに気づかないこともあります。しっかりと確認してくださいね。もし翌月にも明細書に反映されない場合には、商品を購入した店舗や会社に問い合わせてみましょう。返品の場合だと店舗側に商品が届いてからの対応になるので、きちんと商品が返送されているのか確認してみてください。

店舗からカード会社へキャンセル処理の連絡が遅れれば遅れるほど、返金までに時間がかかりますので、早く手続きをしてほしい旨を伝えてみるといいかもしれません。店側での手続きが終了したら、今度はカード会社での手続きになり、ここまでくるとカード会社の締め日に合わせた処理が行われます。

返金手続きをする際に気を付けたいのが、海外でクレジットカードを使用した場合です。一般的に現地でカードを利用する際には、カード利用日と日本のカードセンターにデータが届き処理される換算日が異なる場合があり、基本的には換算日のレートが適用されます。換算日のレートそのままで返金手続きを行う会社と、返金処理を行う日のレートで手続きを進める会社があるため、場合によっては返金される金額が商品代金よりも減ることがあります。不明な点はクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

またオンラインモールなどで買い物をした場合は、モールの担当者は基本的に仲介役であり、実際に問い合わせて返金対応してもらうのは店舗かクレジットカード会社になりますので、気をつけてください。

クレジットカードに返金される際には手数料が必要なの?

基本的には、カードの返金手続きに手数料はかかりません。クレジットカードの利用明細書を見ると分かりますが、返金対象となった商品やサービスの金額がマイナス表示されていて、別途手数料が請求されることはありませんね。

しかし飛行機や電車、バス、船などの交通機関のチケットは別途キャンセル(取り消し)料金がかかる場合がほとんどです。チケット代金から手数料を差し引いた金額が返金されたり、キャンセル手数料を別途請求されたりします。気をつけたいのが電車やバスなどの定期券を購入した場合です。定期券は1カ月〜年単位で購入できますが、出勤経路が変更になったり転勤になったりした場合には返金手続きが取れます。しかし使用した日数が計算されて引かれることに加えて、キャンセル手数料もかかり、早く申請しないと損になる仕組みですので、早めに手続きをとるようにしましょう。

また店舗や会社によっても返品手数料やキャンセル手数料を徴収するところがありますので、買い物をする際には事前に確認しておきたいですね。

カード利用に関して困った場合には、どこに問い合わせればいいの?

クレジットカードを普及させ公平に利用してもらうために、現金払い・クレジットカード払いどちらの消費者に対しても差をつけてはいけないという規約があり、これは店舗とクレジットカード会社の間に存在しています。通常店舗側は消費者がカードで買い物をする際に、カード会社に対して加盟店手数料を支払いますが、中にはこの手数料を消費者に負担させようとする姑息な販売者がいます。

これはれっきとした加盟店規約違反にあたりますので、カード会社に相談しましょう。カード会社から注意・指導が行われ、ペナルティーが課される場合もあります。もし何らかの理由で返金が遅れていて、店舗に問い合わせてもなかなか急いで対応してもらえない場合なども、カード会社に連絡してみましょう。

もしくは消費者センターや国民生活センターなどの機関へ相談するのも手です。「消費者ホットライン188」へ電話をかけると、全国最寄りの消費生活相談窓口を案内してもらえます。返金がされない経緯を説明し、問い合わせに使用したメールの履歴やカードの明細書を用意して相談してみてください。

 

 

▲目次にもどる