目次

クレジットカードの『金利』と『利息』の違い

『金利』と『利息』は一見似ているので、同じような意味で使われることが多いですが、実はそれぞれに意味の違いがあります。

お金を借りたら、返済時に利息を支払わなければなりません。その利息の割合を『%』で表した数値を金利と呼びます。いわゆる『利率』『利回り』なども金利のことを意味しています。通常、金利は、1年あたりの利息の割合を示す年率です。例えば、金利18%で100,000円を借りた場合、1年間で18,000円の利息が発生します。この利息の18,000円は100,000円を借りたときに発生する『レンタル料』といえます。返済の際は、初めに借りた金額(元本)に利息がプラスされます。つまり、金利18%で100,000円を借りた場合、トータルで118,000円を返済することになります。

ちなみに世間的には、金利はキャッシングやカードローンで使われる用語で、利息は銀行から預金のお礼としてもらう実際の金額という認識が一般的なようです。
※参考:『クレジットカードでスピーディーかつ簡単に借り入れができます

『実質年率』と『金利』の違い

クレジットカードの広告やホームページには『実質年率』という言葉が記載されています。この実質年率は『%』で表すため、金利と混同されがちですが、諸経費が含まれているかいないかの違いがあります。

通常、クレジットカードを申し込むと、カード会社はお客様が信頼できる人かどうかを審査します。その過程では、調査や報告書作成等の費用がかかってきます。その諸費用と手数料・保証料などをあらかじめ含めた金利を『実質年率』といいます。つまり、借り入れしたお金の返済額には、すでに様々な経費が上乗せされているわけです。消費者の誤解を避けるために実質年率の表示は法令で義務付けられていますので、クレジットカードでキャッシングやローンを利用する場合、返済額が実質年率で計算されていれば、カード会社から返済金額以外に費用を請求されることはありません。

また、実質年率が明記されることで、 毎月カード会社に返済することになる最低金額が算出され、 自分が支払う返済金額が明確になります。

リボ払いの金利は何%?

リボルビング払い(リボ払い)とは、クレジットカードなどでのショッピングやキャッシング、カードローンの利用代金を、利用件数や金額にかかわらず、毎月ほぼ定額で返済していく返済方法です。分割払いでは返済回数を指定しますが、リボ払いでは、カードの利用があった月の月末の利用残高に応じて決まる、月々の最低支払金額(ミニマムペイメント)を下回らない範囲で、毎月の支払額を設定します。

リボ払いの金利は、どのクレジットカード会社でも大抵15%です。ただし、15%は年利ですので、例えば、半年で返済すれば7.5%になり、4カ月で返済できた場合には3分の1の5%になります。

ほとんどのカード会社で、一括払いをあとからリボ払いに変更できるサービスや、カードの購入をリボ払いにするサービスを提供するなど、リボ払いを積極的に推奨しています。リボ払いは、お金に余裕のないときに非常に便利です。高価な買い物をしても、毎月の支払い額はほぼ一定ですので、カード引落し日に口座残高が足りないといったミスを防ぐことができます。もちろん、金利手数料がかかりますので、計画的に利用することが重要になります。

また、利用明細をチェックした際、予想以上にカード利用金額が高額になっていて急きょリボ払いに変更する場合に備えて、クレジットカードのリボ払い手数料と計算方法の知識は持っておいたほうがいいです。
※参考:『クレジットカードの手数料は怖くない?!便利なカードを100%楽しむカギは手数料にあった!

キャッシングやリボ払いは金利を意識した利用を

クレジットカードでキャッシングやリボ払いをするときは、『車を買う』『海外旅行に行く』など、借りる目的を明確にすることが大事です。

カードを持っていると、手軽にいくらでも借り入れできてしまうので、借金をしているという意識が希薄になりがちです。『いつの間にかお金を使ってしまったから、とりあえず…』『急に欲しいものを見つけた』など、そのときの気分でキャッシングを繰り返すと、無計画な借り癖がついてしまい、返済不能に陥ってしまう可能性があります。常に、金利手数料が発生するということを意識して、慎重にキャッシングすることが大切です。

キャッシングは、まず返済計画をきっちり立ててから行いましょう。自分の収入と支出をしっかりと把握したうえで、毎月の収入から無理のない範囲内で返済していくことが大事です。早く完済したいからといって、毎月支払うと決めた額以上の金額を返済しようと焦ると失敗します。無理な返済をして生活費がまかなえなくなり、再度借金をしてしまうという悪循環になりかねません。

ほとんどのカード会社では、キャッシングする前に、返済計画をシミュレーションすることができます。自分の支払能力を把握したうえで、無理のない返済計画を立てることが重要です。
※参考:『リボ払いを知って、クレジットカードを活用しよう

▲目次にもどる