目次

クレジットカードの在籍確認ってなに?

在籍確認とは、クレジットカードを申し込んだ際に、カード会社が行う本人確認のようなものです。クレジットカードを発行する際には審査がありますが、その審査では、申込者がカード会社に信頼してもらうために提出した自分の個人情報を記載した申込用紙を細かく見ています。

もし、在籍確認の電話がたまたま外出中で受けられなかった場合は、どうなるのでしょうか。仮に、そういう場合に遭遇してしまっても問題はありません。会社への在籍確認の電話は、申込者が受けられなくても、同僚の方などが、「今、席を外しています」と答えるだけで、その会社に在籍していることを確認できるからです。

また、電話は個人名で行われるため、席を外していて、他の方が受けた場合でも、それがクレジットカードの申し込みの電話だとは分かりにくくなっています。当然、勘の良い方だと見抜かれてしまうこともあるようですが、それはごくわずかですので安心しても問題ありません。また、カード会社によっては、「会社名を名乗ってほしい」などの要望に応えてくれるところもあるようです。しかし、うそをついてもらうことはできません。例えば、「うその社名を名乗って、キャンペーンの案内風にしてほしい」などのをすることはできません。

しかし、中には用件を曖昧にしたり、顧客のフリをしたりと、対応してくれる場合もあるようですので、不安な方は事前にカード会社に相談してみると良いでしょう。

クレジットカードの在籍確認の目的とは?

在籍確認の目的は、申込書に書かれた情報に虚偽の内容がないかを調べるために行います。クレジットカードは、カード会社が申込者に対して、信用がもてるか否かを判断し発行するものです。そのため、虚偽の内容が記載された申込書を提出すると、信用度はグッと下がってしまい、審査に落ちてしまうこともあります。カード会社は、出された申込書を眺めて、「これはウソの申込書だ」なんてことは判断できませんので、書かれている勤務先に電話をして、本人が在籍しているかどうかをチェックしているというわけです。

基本的にクレジットカードの在籍確認を逃れたい人といえば、「実際は申込書に記入した勤務先に在籍していない」「無職の状態でカードの申込みをした」など、申込書類に虚偽の内容を記載した人でしょう。在籍確認は、申込書に記入した勤務先の電話番号にかかってきますから、ウソの番号や企業名を書いた場合は、カード会社からの電話が来た時点で、虚偽の申告だと見破られてしまいます。ウソの内容を書くことは、絶対にしてはいけません。

また、本人確認と同時に、「本当に本人が申し込んだのか」という確認も行っています。クレジットカードは、審査に通過するとショッピング枠などの、使うことができる限度額が設定されます。万が一、なりすましで他人が誰かの名義を使い、クレジットカードを発行しようとしても、在籍確認をした時点で、本人に「このカードを申し込みましたか?」と聞きますので、「申し込んでいない」と答えれば虚偽の申し込みとして審査落ちになります。これが、在籍確認の目的です。

基本的に、在籍確認はありますが、最近ではカード会社によっては社員証のコピーなどで、在籍確認の代わりにするところもあるようです。

クレジットカードの在籍確認がないケースってあるの?

在籍確認が行われない(にくい)ケースというのは、結論から述べると存在します。クレジットカードというのは、個人の信用情報を照会し、過去にどのようなカードを使っていて、金融事故がないか、つまりクレヒス(クレジットカードヒストリー)も調査しています。その際に、クレジットカードの履歴を見て、金融事故を起こしておらず、申込書に書かれている住所と、その履歴の住所が一致すれば、そこで申込書の信用度が上がります。次に、会社名(勤務先)の住所を照会し、一致すれば問題ないと判断され、在籍確認が行われずに審査を通過することもあるようです。その場合は、本人確認をして終了となります。

ここでのポイントは、「過去に金融事故を起こしていない」という点です。一度でも返済の延滞をしてしまうと、他の情報が一致していても、申込者の信用性を確認するために本人確認を行う必要があります。仮に、転職や出向などで会社名が変わっている場合は、在籍確認の電話がほぼあると思っていて間違いありません。また、会社の合併などで社名が変更になった場合でも、他社と判断されて電話がくることがあります。調べなくても分かるような大企業だった場合であれば、そういうことはないかもしれませんが、審査担当者次第という部分が大きいので、「確実にない」とは言い切れません。

また、在籍確認が行われない可能性が高いひとつの方法として、健康保険証の提示をすれば良い場合もあります。健康保険証の場合、会社名が記載されていますので、それで在籍していることが分かります。もし、在籍確認に不都合がある方は、この方法を試してみると良いでしょう。「必ず来ない」とは言い切れませんが、ある程度効果はあるのではないでしょうか。

在籍確認がないクレジットカード会社はあるの?

基本的には、在籍確認が行われにくいクレジットカード会社は存在しないと思っておいたほうがよいでしょう。現在では、機械によるスピード審査が導入されていることが多く、そこで審査落ちになってしまうケースもしばしばあります。即日発行などのカード会社であれば、在籍確認がないという場合もあり得ます。

例えば、商業施設などで行っているキャンペーンの際に申し込みをした場合、対面で手続きを進めるのでそれが本人確認となり、在籍確認の電話がないというケースもあるようです。対面での場合、申込時に運転免許証や健康保険証の確認がありますし、場合によっては決済口座の登録もその場で行われます。本人の意思確認も同時に行えますので、在籍確認は不要と判断されることがあるのです。

また、カード会社の関連サービスを使用している場合には、在籍確認をしなくても良いと判断されるケースもあります。例えば、関連会社の銀行口座を持っている場合、そこで本人確認がとれていますので、確認の電話を省略してカードを発行をすることができるのです。このように、対面申込などの即時発行や、関連サービスを使用している、という場合には、在籍確認は省略されるケースもあります。しかし、先に述べたように在籍確認をするか否かは最終的にはカード会社側の判断となりますので、基本的には在籍確認の連絡が来ると思っておいたほうが良いでしょう。

クレジットカードの在籍確認が行われにくい時期はあるの?

在籍確認が行われにくい時期は、果たして存在するのでしょうか?その答えは、「YES」のようです。カード会社によって異なりますが、主に春先が多いといわれています。なぜ春先なのかというと、学生の方が社会人になったり、新しくクレジットカードを発行しようとしたりする人が増え、申込数が多くなりやすい時期なのです。したがって、申込数が増えることで一時的にカード会社が人手不足になります。在籍確認をする場合、電話をかける人が必要です。審査担当者が、電話をかけている間にもクレジットカードの申し込み依頼が次々ときますので、どうしても作業が滞ってしまい、業務に支障が出かねません。そのため、春先などカードの申し込み依頼が集中する時期は、信用情報機関に照会をして問題がない人物であれば、そのままクレジットカードを発行してしまうケースもあるようです。

しかし、その場合は、限度額が引き下げられているなどの対応も考えられますので、よくチェックするようにしましょう。しかし、限度額が引き下げられているからといって、増額申し込みをしても拒否される場合があります。その場合は、そのカードを使い続け、利用履歴を残していくほかありません。利用履歴を残せば残すほど、信用度が上がりますから限度額も増加できるようになります。利用回数を増やし、クレジットカードの履歴を着実に溜めていきましょう。

個人事業主の場合、クレジットカードの在籍確認はどうなる?

個人事業主の方の在籍確認は、基本自宅に電話がかかってくるようです。というのも、自宅が仕事場である方が多く、大抵そこにかければ本人が出て、そのまま本人の意思確認も行えますので、審査がスムーズに進むというわけです。個人事業主だから不利というわけではなく、必ず審査は平等に行われていますので安心してくださいね。ただし、個人事業主の場合、収入証明書の提示を求められることがあります。その際には、カード会社の指示に従い必ず提示するようにしてください。収入証明書は、前年度の確定申告書の控えなどで代用することが可能です。

また、自宅に在籍確認の電話がかかってくるメリットとして、「固定電話」というのがあります。固定電話というのは、簡単に解約できないものですし、自宅の住所を確認してから契約するため、社会的信用度が高いとされています。もし、クレジットカードの申込用紙に、固定電話の番号を記入していれば、それだけで信用度が増しますし、審査の際に多少なりとも有利になると言われることがあります。しかし、最近では、携帯電話の番号だけでも審査をしてくれるカード会社も多くなっています。

個人事業主だからクレジットカードが発行できない、というわけではありません。きちんと、情報の照会が行えれば問題なく発行・使用できますので、申し込みをする前から諦めるのではなく、不安であればカード会社に相談し、希望のクレジットカードが無事発行できるように対応していきましょう。

クレジットカードの在籍確認は決して怖いものではない

いかがでしたか?クレジットカードをこれから初めて発行する方や、カードは持っているものの在籍確認を経験したことがない人は、「在籍確認が来たらどうしよう…」そう不安になることもあるでしょう。しかし、上記で説明していきた通り、着実にクレジットカードヒストリーをためていくこと、カード会社の支持にしっかり従うこと、そして何よりカード申込書に虚偽の内容を記載しないことなどをしっかり守れば、在籍確認に引っかかることはまずないと言っていいでしょう。

いずれにしても、クレジットカードの審査や在籍確認は、信用度の高い人ほど通過する可能性が高くなりますので、日々お金まわりの管理には十分に気をつけて生活したいものです。
▲目次にもどる