現金のメリット・デメリット

海外旅行に行くとき、すべて現金で決済するか、それともカード決済するかで迷った経験はありませんか?現金、カード、それぞれにメリット・デメリットがあるため、旅先で快適に過ごしたいならどちらもバランス良く持つことが大切です。ここでは、海外旅行時の上手なお金の持ち方について解説します。

まず、前提として海外旅行で多少の現金は必要です。現金は使う場所を選びませんし、少額の支払いをするときにも便利です。日本でもときどき経験があるかもしれませんが、海外でも現金をまったく持っていないと困るシチュエーションがときどきあります。

たとえば、チップの支払いがそうです。海外ではレストランやホテルなどでサービスを受けたとき、チップを支払うのが一般的になっている国がたくさんあります。このとき、チップ用の小額紙幣やコインがないと不便です。また、屋台や小さな個人商店などクレジットカードに対応していないお店もあります。基本はクレジットカードという人でも、このときばかりは現金がないと会計ができません。

このように、海外旅行でまったく現金を持って行かないというのはあまりおすすめできません。しかし、まったくクレジットカードを使わず、すべて現金で決済するというのも、それはそれでデメリットが大きくなります。旅行中は出費がかさむため、多額の現金を持ち歩くことになります。このとき、万が一スリや盗難にあい、手持ちの現金を盗まれてしまったら大変です。現金は盗まれたらまず返ってきません。手持ちのお金をすべて盗られた場合には、一文無しになってしまいます。海外は日本ほど治安の良い国ばかりではありません。旅行に行くときは現金の利便性だけではなく持ち歩く危険性も考慮し、リスクを適切に分散させる必要があります。

クレジットカードのメリット・デメリット

一方、クレジットカードには使えないお店があるなどのデメリットはあるものの、多額の現金を持ち歩かなくて済むというメリットがあります。また、旅先で急に高額な決済をすることになったときでも安心です。さらに、海外旅行傷害保険などがついているカードであれば、1枚で旅行保険までカバーできます。

海外旅行でのクレジットカードの使用については、セキュリティ面でもメリットがあります。現金は盗まれたら終わりですが、クレジットカードはきちんと対応すれば損害の拡大を防止できるからです。もし紛失・盗難トラブルにあってしまっても、カード会社に連絡すればすぐにカードを止められます。また、条件によっては補償を受けられるケースもあります。

盗難にあったときのことを考えて複数枚カードを持っていったり、メインカード以外のカードを持っていったりすればより安心です。カードを盗まれても、予備のカードがあれば旅行を継続できます。さらに、このときメインカード以外のカードを持っていくようにしていれば、もしカードを止められるような事態になっても帰国後の生活にあまり悪影響がでなくて済みます。旅先でのトラブル対策という意味では、クレジットカードは優れたところがたくさんあります。クレジットカードを上手に使って旅のリスクに備えましょう。

おすすめはクレジットカードメイン

おすすめのお金の持ち方は、クレジットカードをメインとして現金を少し持っていくという方法です。必要最低限の現金を持っていけば、あとはカードで対応できます。クレジットカードを持っている人であれば、カードだけでどうにかなってしまう場面も多いでしょう。もし現金を持っていくならば、現地で使う予算の3割程度を持っていくのが一つの目安になります。

もし途中で手持ちの現金がなくなってしまっても、クレジットカードがあればキャッシング機能で現地通貨を引き出せます。海外キャッシングは現金を両替するときとは違い、手数料がかからない場合がほとんどです。金利やATM手数料のことを考えても、現地で両替するよりお得です。

海外旅行でおすすめのクレジットカード

おすすめはコレ!大好きなキャラクターと一緒にいられるクレジットカード!

ここでは、海外旅行に持っていくのにおすすめのクレジットカードをいくつか紹介します。まず、海外でのサポートを重視するなら、三井住友VISAカードがおすすめです。クラシックカードなら初年度会費無料、条件によっては翌年度以降も実質年会費無料で使えます。三井住友VISAカードには海外にカード会社のトラベルデスクがあり、そこでさまざまなサポートを受けられます。また、付帯保険として海外旅行障害保険もついてくるため、旅行の必要な保険もカバーできます。さらに、ICチップ搭載で偽造が難しいというメリットも。セキュリティ面、サポート面で安定したクオリティを誇るカードです。

また、ポイント還元率が高く、旅行代金の支払いで大量のポイントをゲットできるカードもお得です。海外旅行ではまとまった出費があるため、高還元率のカードを使えば一気にポイントを貯められます。リクルートカードは、ボンパレやじゃらんなどリクルート系サービスを使っている人と特に相性の良いカードです。年会費無料で基本のポイント還元率は1.2%。普段の生活で使っても効率よくポイントが貯まります。

同じ年会費無料のカードなら楽天カードも使い勝手が良好です。通常ポイント還元率は1%、楽天市場の買い物で使えば2%になります。楽天トラベルや楽天市場など、楽天のサービスを使っている人にはおすすめです。空港ラウンジサービスを使いたい人なら、有料になってしまいますが楽天プレミアムカードにするのも良いでしょう。各国の空港でラウンジサービスを受けられるプライオリティパスがもらえます。もちろん、プレミアムカードだけあって海外旅行保険、ショッピング保険も充実しています。

ポイントプログラムを有効活用しよう

海外旅行での出費は高額になることが多いもの。クレジットカードを積極的に使えばカードのポイントがもらえる分、すべて現金で支払うよりもお得になります。滞在中の支払い・キャッシングはもちろんのこと、旅行代金や旅の準備にかかる費用をクレジットカードで支払えば、それだけでもかなりのポイントが貯まるはずです。さらに、クレジットカードには盗難にあったときもフォローを受けられるなど安全面でのメリットもあります。海外旅行に行くなら最低でも1枚は持っていくことをおすすめします。クレジットカードを活用し、お得に、安全に旅行を楽しみましょう。