落ち着いて対処しよう!クレジットカードが磁気不良を起こした場合の対処法

目次

クレジットカードの磁気の役割

クレジットカードには、磁気というものが搭載されています。現在、多くのクレジットカードには、偽造を防ぐためにICチップというものが搭載されており、このICチップを機械で読み取ることで、クレジットカード決済ができたり、カード利用情報が蓄積されたりします。

しかし、何らかの原因で、ICチップのデータを読み取ることができなくなってしまった場合、それは磁気不良を意味します。自身の持っているカードが、磁気不良を起こしたかどうかはすぐに確認することができます。それは、決済時にクレジットカードを店員に渡し、カードを処理してもらった際に、データを読み取ることができなかった場合です。

レジにてクレジットカード決済ができなかった場合は、一度クレジットカードの利用が停止されていないかを確認してみると良いでしょう。停止されていなければ、それは磁気不良が原因と考えて良さそうです。もちろん、たまたまICチップが読み取れなかっただけの場合や、ICチップの部分に汚れがついていて、読み取れなかったなどの可能性も考えられます。その場合は、ICチップの部分をもう一度拭いてからやり直してみてください。

クレジットカードは、ちょっとした汚れでも読み取れないことがありますので、焦らずに落ち着いて確認することが必要です。

クレジットカードが磁気不良になる原因とは?

クレジットカードの磁気が使えなくなる理由は、大きく分けて4つあります。

一つ目は、「摩擦」です。大抵の方は、クレジットカードをお財布やカードケースに入れていると思われますが、他のカードを重ねて入れていたり、何回も出し入れをしていたりすると、カード面に摩擦が生じてしまい、ICチップが傷つき磁気不良を起こすことがあります。摩擦を防ぐには、きっちりとしたカードケースではなく、取り出しやすいタイプにするか、他のカードと重ねないようにしたタイプをおすすめします。

二つ目は、「汚れ」です。先ほどもご紹介したように、ICチップに指紋などの汚れがあると、それだけで読み取りができなくなりますので、きれいに掃除してあげましょう。

三つ目は、「破損」です。これは、何らかの衝撃がカードに加わりICチップが破損してしまった場合です。見た目は破損してなさそうに見えても、内部で破損していることもありますので、要注意です。考えられる原因として、クレジットカードをポケットに入れたまま洗濯機で回してしまった、子どもがクレジットカードを使って遊んで傷がついてしまった、カード本体の上に重い荷物を置いてしまったなどが想定できます。

最後にご紹介するのは、「強い磁気による相互干渉」です。磁気というのは、互いに干渉しあうため、強い磁気を発するもの同士を一緒にしておくと、ICチップの磁気が狂ってしまい、使いものにならなくなってしまうケースがあります。

強い磁気の例としては、スマートフォンやテレビなどの電化製品などが該当しますので、もしスマホのケースの中にクレジットカードを入れているという場合は、直ぐにやめた方が良いでしょう。その他、クレジットカードが利用できなくなってしまった際の主な原因は、こちらをご確認ください。

クレジットカード再発行依頼の前に・・・!磁気不良の復活方法とは?

クレジットカードが磁気不良を起こしてしまい、使い物にならなくなってしまったのであれば、再発行しか方法がないと思われがちですが、再発行をする前にやるべきことがあります。

一つ目は、「掃除」です。先にも紹介したように、ICチップの部分に汚れが溜まって使い物にならなくなってしまっているだけかもしれません。ですので、まずは、ICチップの部分を柔らかい布などでふき取ってみましょう。あまり強くふき取りすぎると、かえって逆効果ですし、ICチップに傷をつけることになりかねませんので、優しく丁寧にふき取るようにしてくださいね。

二つ目は、「セロハンテープ」です。この方法、意外と「え?」と思われがちなのですが、ICチップの上にセロハンテープを貼るだけで、磁気不良を解消できることがあるようです。ICチップと読み取りリーダーの間に、セロハンテープがあるおかげでスペースができ、ノイズを軽減することができるため、磁気不良を解消できるようです。ただし、あまりやらない方がいいでしょう。なぜなら場合によっては、不正カードとして認定され、今後そのカードが利用できなくなってしまう恐れもあるからです。

磁気不良が疑わしいとなったのであれば、まずはクレジットカード会社に相談・確認してみましょう。

自力でダメなら再発行!お金はかかるの?

クレジットカードが磁気不良を起こし、使えなくなってしまった場合、再発行をしなければなりません。大抵のクレジットカード会社の場合、¥1,000(税抜)程度の発行費用がかかります。磁気不良であったとしても、磁気というのは消耗品ですので、無料サポートの対象外となり、全額実費で負担しなければなりません。

しかし、一部のカード会社の場合、無料で再発行をしてくれる会社もあるようなので、一度、持っているカードのクレジットカード会社に問い合わせて確認してみましょう。また、中々電話している時間がないという方は、インターネットなどで、「持っているカード再発行」と検索することで、再発行に必要な費用を確認することができます。

クレジットカードの再発行にお金をかけたくない場合、そのカード会社のクレジットカードを新しく発行するというのも一つの手です。例えば、ポイントが貯まっていたクレジットカードが壊れてしまった場合、同じカード会社で発行しているカードを発行し、ポイントを移すとします。

この場合、カード発行手数料は無料ですし、磁気不良となったカードは解約すればよいので、無料でクレジットカードを交換することが可能というわけです。ただし、カードによってはその方法を使えない場合がありますので、念入りに確認してから行動することをおすすめします。

クレジットカードの磁気不良を起こさないための予防策

クレジットカードの磁気不良を起こさないためには、日頃の注意が必要です。例えば、強い磁気を発しているところに、クレジットカードを入れる行為や、財布を付近に放置するなどの行為をしなければ、磁気不良は起こりません。ICカードは掃除することで、使えるようになりますので、すぐに再発行に動くのではなく、まずは掃除をしてみてください。それでも使えない場合は、再発行の手続きを行いましょう。

また、磁気シールドカードなどの市販品もありますので、そういったものを活用するのも良いでしょう。磁気シールドカードとは、クレジットカードに、そのカードを貼り付けるだけで、カードが長持ちするようになるグッズのことです。比較的手に入りやすい値段になりますので、店頭で探してみてくださいね。

クレジットカードの再発行は、新規発行のように、最短即日というわけではありません。手続きをしてから再発行されますので、少なくとも3週間~4週間かかってしまうケースも多いようです。場合によっては、1ヶ月以上かかってしまうこともありますので、なるべく磁気不良などでカードを壊さない方がいいです。

また、新しいカードが届くのを待っている間、代替カードなどは存在しないため、一切、そのカードで決済できません。その点だけ覚えておくと、今後の取り扱い方にも注意が向くようになるのではないでしょうか。

磁気不良の対応が素早いクレジットカード

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

・大手銀行系カードであって対応が非常に丁寧
最短3営業日で再発行対応

公式サイトはこちら→

JCBカード(一般)

「JCB一般カード」の基本情報や特徴のまとめ

・日本の国際ブランド「JCB」から直接発行するクレジットカード
・最短翌日で再発行対応

公式サイトはこちら→

 

▲目次にもどる