クレジットカードの適正な保有枚数は?

クレジットカード3枚

クレジットカードは審査に通れば何枚でも持つことが可能なものです。2016年度の調査によると、クレジットカードを持っている人の割合はおよそ84%とかなり多くの人が所持しています。「何枚持つべきか」は、その人のライフスタイルによって異なるため断定はできないものの、2016年度の調査によれば平均所持枚数は3.2枚です。少なくとも日本人はクレジットカードを1~3枚程度持っていると考えられます。

クレジットカードを複数枚持つ必要があるのかというと、クレジットカードはどれもサービスが一律ではありません。カード会社やポイントプログラム、国際ブランドなどによってさまざまな個性があるからです。カードを複数所持することで状況に適したカードが利用でき、よりお得に支払いができたりポイントやマイルが貯まったりします。

メインカードと補助となるカードの認識を持つ

クレジットカードを複数所持する際に考えておきたいポイントは、メインカードとサブカードについてです。メインカードとは自分の生活全般の支払いに利用するカードのことで、公共料金の支払いから日用品の購入などで使用します。一方、サブカードはクレジットカードをより快適でお得に利用するために持つカードのことです。メインカードが使えない場合やメインカードにはないサービスを提供している場合に、サブカードは真価を発揮します。

メインカードは、よく行くスーパーや飲食店などで、お得になるサービスやポイントプログラムがあるものを選ぶと良いでしょう。逆に、サブカードは自分の趣味や旅行などに便利なサービスが付帯しているかで選びます。例えば、ガソリンを給油する際に割引されたり、交通系のカードでお得に電車に乗れたりするものがおすすめです。また、メインカードとサブカードで相互にポイント交換や合算ができると、よりクレジットカードのお得さを実感できます。メインカードと似たようなカードをサブカードにしてしまうと幅広くカードの良さを享受できないので、メインカードとサブカードは思い切って毛色の違うものを選んでみてください。

また、サブカードはメインカードとは異なる国際ブランドを持つことが大切です。国際ブランドとはVISAやJCBなどのことで、カード加盟店では「VISAとMastercardのみ支払い可能」など、国際ブランドが限定されていることが多くなっています。したがって、メインカードの国際ブランドが使えないお店でもサブカードの国際ブランドなら支払い可能ということもあるため、メインとサブで国際ブランドを分けることは重要です。

加えて、サブカードはメインカードにトラブルが起きたときにも役立ちます。クレジットカードの磁気やICチップが劣化したり傷ついたりすると、カードリーダーで読み込みが不可能となります。もし、クレジットカードを1枚しか保有していない場合は、その1枚が支払いに利用できないと途方に暮れてしまうことでしょう。クレジットカードは自分の生活にとって本当に必要なものを1枚持ち、さらにその上で補助的な意味を込めてもう1枚以上持つようにすると良いでしょう。

クレジットカードのおすすめの保有枚数は?

前提として人によってそれぞれおすすめの保有枚数は違うため、「何枚クレジットカードを持つべきか」は個々のケースによって異なります。基本的には自分のライフスタイルに合った持ち方をするべきであり、必ずしも平均枚数と同じ数だけ持たなくてはならないというわけではありません。すでに、述べたようにクレジットカードの平均保有枚数は、およそ3枚ですが、自分の中で管理が難しいと判断した時点で、今持っている以上の枚数を持たないようにすることが賢明です。また、すでにたくさん持ちすぎていると感じた場合は、不要なものから解約して目が行き届く範囲でカードを使うようにしてください。

クレジットカードの保有枚数が増えることのメリット・デメリットは?

クレジットカードの保有枚数が増えると、1枚のカードが使用できないとき別のカードで補えるメリットがあります。また、海外旅行などではお財布をいくつかに分散させることが広く行われていますが、カードもそれぞれのお財布に分散させて入れることで、盗難の被害にあってもダメージが少なくて済みます。リスク分散のためにも保有枚数を多くすることはメリットといえるでしょう。

一方、複数枚のクレジットカード保有にはデメリットもあります。数が多くなるほど管理面で大変となり、どのカードも平均的に使っていると利用額や限度額などの把握が難しくなります。また、ポイントが分散されてしまい、利用頻度や利用金額にもかかわらずポイントプログラムでお得に感じにくくなる恐れもあります。紛失のリスクも保有枚数が増えるに連れて上がっていくのでデメリットといえるでしょう。複数のカードを使用する場合は、デメリットも把握しておくことが重要です。

複数のクレジットカードを持つ時の注意点とは?

そのため、複数カードを所持している場合は収入が大きく増えることがない限り、新しいカードの作成は困難であることが多い傾向です。もしも新規発行を確実なものにしたいのなら、すでに、持っているカードで利用頻度が低いものを解約するか、いくつかのカードの限度額を引き下げる手続きを行うことをおすすめします。

クレジットカードはいわばカード会社に支払いを建て替えてもらい借金をしている状態です。したがって、クレジットカードを無用に何枚も持っていると住宅ローンの審査などに通りにくくなるといわれています。銀行はローン申請者のクレジットカードのショッピング枠を借金であるとみなします。カードをむやみに持っているだけで多くの負債を抱えていることと同じになるので注意が必要です。

まとめ

クレジットカードは厳重に管理することが求められるものなので、数が増えるほどその分管理により気を使わなければならなくなります。そのため、自分に適したカード枚数を把握し、多すぎると感じたら枚数を減らすこともときには重要です。しかし、クレジットカードの保有枚数が1枚だけではリスクがあるため、補助として2枚目のカードを持つことは大変重要です。上手にサブカードを活用して、カードライフをより良いものにしていきましょう。