目次

カード会社は返済能力がある申込者かどうかを見ている

クレジットカードを作っておくと、多額の現金を持ち歩かずに買い物ができたり、ネットショッピングでの支払方法の選択肢も増えたりしますので、最低でも1枚は持っておきたいものです。TVCMやバナー広告などで、クレジットカードを作りましょうといった宣伝もよく行われていますので、これからクレジットカードを作ってみようと考えている人も多いでしょう。

クレジットカードを作るためには、カード会社に申し込みをする必要があります。しかし、申し込めば誰でも作れるものではなく、カード会社による審査にパスする必要があります。審査というと「自分はパスできるのだろうか?」と不安になる人もいるのではないでしょうか。そこで大切になるのは、カード会社が申し込み者の何を見て審査をしているのかを知ることです。見ているのは、申し込み者に返済能力があるかどうかです。
※参考:『クレジットカードの作り方を分かりやすく解説!初めて発行する方は必見です

 

審査の時に重要な3Cとは?スコアリングの仕組みを知ろう!

カード会社のビジネスの基本は、お金を貸して利息に相当する手数料をもらうことです。カードの一回払いで買い物をした人は、支払日までの間、現金支出をしなくても買った物を使えます。これはお金を借りているのと同じ効果があります。そして、利息に相当する手数料はお店が負担しています。但し、この手数料を考慮して価格設定をしていますので、手数料は間接的にカード利用者が負担していると考えるのが無難でしょう。

この仕組みにおけるポイントは、カード利用者が利用代金を約束通りに後払いするかどうかです。もし、利用代金を回収できないとカード会社は損失を抱えることになります。そのため、カード申し込みがあった時に、申し込み者の返済能力を判断するためスコアリングシステムが導入されています。

スコアリングシステムは主に三つの項目で判断をします。この三つの項目は3Cと呼ばれており、以下の3要素で構成されています。

・Capacity(返済力)
・Character(性格)
・Capital(資産)

返済能力のポイントは、年収や雇用形態、勤務先等から収入の確実性が判断されます。また、過去に債務整理や自己破産履歴がないかどうかも照会されます。これら項目については、システムで自動判定される部分が多いと言われていて、三つの中ではこの項目が最も重視されます。申し込み者の性格については、システムで判定された返済力からはカード発行を許可するかどうかを判断しにくい場合に行われることが多いようです。最後の資産については、持家かどうかなど、どの程度担保となる財産を持っているかが判断要素となります。

 

 

審査通過のために最低限求められることとは?

クレジットカード作成時の審査でシステムを使っているということは、審査ではねられないぎりぎりの条件が決まっていると思うかもしれませんが、システムで自動的に判定できない部分は、カード会社の人が判断する要素も含まれていますから、「これが審査通過の最低限の基準です」と明確に判断することはできません。また、クレジットカードの種類やカード会社によって、同じ人でも申し込み先によって審査が通ったり通らなかったりすることもあります。

しかし、審査に通過するための最低限度の目安はあります。それが以下の3つ。

信用情報のクレジットカードヒストリーに延滞などの履歴が残っていないこと
会社員など雇用形態で安定した収入があること
勤続年数や居住年数が1年以上あること

つまり、過去に未払いの事故がなく、勤務先がころころ変わらない会社員といったところが最低限求められる条件になる確率が高いということです。
もちろん、自営業でも審査にパスすることは可能です。逆に、クレジットヒストリーが綺麗でも単に利用回数が少ないだけという場合でも審査にひっかかる可能性はあります。一概には言えませんのであくまで目安だと理解しておくといいでしょう。

よく聞くブラックリストは本当に存在するの?

クレジットカード申し込み者にとって、気になる言葉を聞いたことがあるでしょう。それは「ブラックリスト」です。

ブラックリストとは、危険人物一覧と理解するといいでしょう。警察の指名手配一覧のようなものです。例えば、ホテルの料金を支払わないで逃げてしまう人物一覧、ひどいトラブルをいつも起こすエアライン利用者一覧といったものを俗にブラックリストと呼んでいます。

ブラックリストの特徴は、同業者(カード会社)同士で情報を共有している点にあります。そのため、リストに載った人物は、別の会社のサービスを利用したとしても、その別の会社がブラックリストを使って、事前にその人の利用を排除することもできるのです。

このブラックリストは、クレジットカード作成の場合にも存在しているのでしょうか?このリストに載ったらカードは作ることができないという仕組みになっているのでしょうか?
実際には、クレジットカード作成に使われるブラックリストは存在しません。しかし、ないからといって安心はできません。実質的にブラックリストに相当するものがあると考えておいた方がいいでしょう。

ブラックリストに相当するものは、個人信用情報です。各金融機関が個人の信用情報を提供し、第三者である個人信用情報機関が管理しています。各クレジットカード会社もここにアクセスすることで、返済能力の判断情報が得られます。

信頼情報の仕組みとは?どのぐらいの期間、記録が残る?

クレジットカード作成時の審査では、カード会社は個人の信用情報を必ず確認します。そのため、クレジットカードを作りたい人は、この信用情報の仕組みをある程度把握しておくことも大切でしょう。

支払延滞の発生は、返済能力に関わる重要な情報です。こういったことが発生した場合、銀行やクレジットカード会社などの各登録金融機関は、個人信用情報のネットワークに報告します。そうすると、すべての登録金融機関はこの情報を共有できるようになるのです。このネットワークには、相互ネットワークCRINとFINEの二つがあります。このうち、クレジットカード作成にあたっては、FINEの情報が重要視されますので、こちらの仕組みを理解しておきましょう。

FINEは、貸金業法における指定信用情報機関制度で、クレジットカード会社などの貸金業者の過剰貸し出し防止の目的で作られた仕組みです。FINEで管理されている情報は、氏名、住所、勤務先、運転免許番号、契約年月日、貸付金額と残高、元本や利息の支払い遅延等の個人信用情報です。その結果、支払遅延等の情報はいち早く共有されてしまうことになります。

では、一度でも支払遅延等を起こしてしまえば、ブラックリストに載ったのも同然になってしまうのでしょうか?この点を理解するには、各情報の記録がどのぐらいの期間保存されるのかを知ることが役立つでしょう。例えば、申込情報は6カ月、クレジット情報は5年、利用記録は6カ月程度です。つまり、支払遅延情報は最大5年ですので、支払遅延を起こした過去がある人は、この履歴が消えるまでクレジットカードの審査には通りにくくなるでしょう。

審査を確実にパスするためにはどうしたらいい?

クレジットカード作成に当たって、過去に支払遅延を起こしていなかった場合でも、その他の理由で審査に通らないこともあります。しかし、審査をパスしやすくするノウハウはありますので、これからカードを作る人は知っておくといいでしょう。ポイントは、申込書の記載方法です。二つのポイントを抑えた申込書を作成すると、審査に通る確率が高まるでしょう。

一つ目のポイントは、すべての項目を埋めるように努めることです。「たくさん記入欄があって面倒だ」「どう書いていいかわかりにくいので空欄にしておこう」というのは避けた方がいいでしょう。記入欄が設けられているということは、カード会社はその内容によって何らかの判断をしようとしていることを意味します。そこを空欄にしてしまうと、「書くと不利に判断されるから書かなかった」と判断される可能性があり、審査においては不利になってしまいます。性格面での判断にもマイナスの影響を及ぼすでしょう。

二つ目のポイントは、嘘を書かないことです。カード会社の調査能力は高いので、嘘を書いてもばれると覚悟しておいた方がいいでしょう。嘘がばれた場合は審査に通らない可能性が高いです。年収、勤務先だけでなく勤続年数も正確に記入することが大切です。場合によっては職場まで電話がかかってくることもあります。
※参考:『フリーター・アルバイトの人はクレジットカードの発行に不利という噂を徹底解明!フリーターでも作れるおすすめのクレジットカードをまとめてみた

 

審査に通りやすいクレジットカードってあるの?

過去に支払遅延を起こした人は個人信用情報が共有されているため、どのカード会社でもクレジットカードを作れないのでしょうか?また、支払遅延情報がないにもかかわらず勤続年数が短い、年収が少ない等の理由で審査をパスできなかった人は、クレジットカードを持てないのでしょうか?そんなことはありません。

実は、申し込み者について同じ情報を持っているクレジットカード会社でも、審査を通すか通さないかについては差があります。つまり、比較的審査に通りやすいクレジットカード会社やクレジットカードの種類があるのです。そういったカード狙えば、審査にパスできる可能性があります。

審査が通りやすいと一般的に言われているカード会社は、イオンカードや楽天カードなどの流通・産業系のカード会社です。これらの会社は、生活者に密着したカード提供が目的ですので、あまり審査を厳しくしてしまうと、買い物をしてくれる人の数が減ってしまい目的が達成できません。そのため、審査は他のカード会社と比べ通りやすいと言われています。また、街頭や店頭で募集しているカードは、加入者数を増やすことを目的としていますので、比較的審査に通りやすいでしょう。

同じカード会社でも、複数のカードを発行している場合は、その種類によっても審査基準が異なります。学生向けのカードや新社会人をターゲットとしたエントリータイプのクレジットカードなどは、通常のカードと比べ審査の条件が緩和されている場合もあるので狙い目といえるでしょう。さらに、別のカードを持っていれば、口座開設さえすればほぼ確実にクレジットカードが発行されるタイプもあります。

※参考:『「楽天カード」の基本情報や特徴のまとめ

※参考:『「リクルートカード」の基本情報や特徴のまとめ

初めてのクレジットカードは審査が柔軟なものがおすすめ

クレジットカードは、ある意味借金で買い物をするものだからやめておこうと考えて、これまでクレジットカードを持っていなかった人もいるでしょう。また、過去の支払遅延が気になってカードを作るのを控えてきた人もいるかもしれません。

そういった人でも、クレジットカードを持つことによるメリットは大きいですから、カードを作っておくことをおすすめします。特に日銀のマイナス金利政策によって金利が下がっている状況を考えると、借入はよくないと考えるのは単純すぎるかもしれません。自分が支払える範囲でカードを使うことができれば、カードを持つメリットだけを十分に享受できるようになるはずです。

しかし、初めてクレジットカードの作成申し込みをしたら審査が通らなかったという事態になると、二度とトライしたくなくなるでしょう。それを防止するためにも、まずは審査が柔軟なクレジットカードへ申し込むことが大切です。1枚クレジットカードを持つことができれば、使い方の研究もできますし、利用実績が増えることでクレジットの枠が増えたり、2枚目以降のカード発行時の審査にも好影響を与えたりします。

学生であれば学生向けのカードを選ぶ、社会人であればエントリータイプのカードを選ぶなど、まずは、審査が柔軟なクレジットカードから始めることをおすすめします。その上で、申込書をしっかり記入して、念願のクレジットカードを手にしましょう。

参考:『』

参考:『初めてクレジットカードを作る方へおさえておきたいポイントとおすすめのカード5選

▲目次にもどる