クレジットカードの支払い方法!支払いのタイプと仕組みを徹底網羅!

目次

支払い方法が知りたい!クレジットカードにはどんなものがある?

クレジットカードの支払にはオーソドックスなものとして、1回払いと分割払い、リボルビング払いの3つがあります。最も一般的に利用されている支払い方法として挙げられるのは1回払いですが、金額が大きくなると分割払いやリボルビング払いを活用する方も少なくありません。また、他にもボーナス払いというものもあります。支払う回数や総額に対する支払い額が異なってくるのが特徴です。

一般的なクレジットカードは、1回払いや分割払いに対応しています。他にもリボルビング払いなどの方法を備えた万能的なクレジットカードもあるので、さまざまな支払い方法を望まれる人にとっては適したカードです。また、リボルビング払い専用のクレジットカードもあります。例えショッピングをしたお店が一回払いのみの対応であったとしても、クレジットカード自体がリボルビング払いのみの支払いであったなら、後者の支払い方法が適用されるのです。このように、支払い方法やそれに対応しているクレジットカードの種類は実に多種多様となっています。

1回払いで全額完済!支払いを続ける必要がない!

数々の支払い方法の中で、最も多くの方が利用しているのが1回払いです。リボルビング専用といった特殊なクレジットカードでない限りは、この支払い方法が適用できます。1回払いは、ショッピングやキャッシングに利用した金額を全て、次の引き落とし日に支払うこととなります。利用した日の翌月に決済ということが多くなります。つまり、1回払いで30,000円(税抜)分のショッピングをしたのなら、同じく30,000円(税抜)を次の決済日に支払うわけです。100,000円(税抜)なら100,000円(税抜)の支払い、200,000円(税抜)なら200,000円(税抜)の支払いになります。1回払いの場合は使った金額が大きいほど、支払い額も大きくなるので、そこを考えつつ上手くクレジットカードを利用する必要があります。

しかし、1回払いの最大の魅力は、負債として支払いを続ける必要性がないということです。1回払いは、クレジットカードを通してお金を借りたとしても、翌月までには完済する形ですから、きちんと支払いさえ済ませてしまえば、借金を背負っているという感覚にもなることはありません。また、金利もかからないので、金額的に損をしてしまうということもありません。ショッピングによりポイントが加算されるクレジットカードであれば、逆にお得になります。クレジットカードを利用する金額をきちんとセーブできるのなら、1回払いは最も賢い支払い方法だと言えるのです。

分割2回払い!金利をかけたくない大きな買い物に便利!

高額なものを購入した際に有効的な方法と言えるのが、分割2回払いです。例えば、100,000円(税抜)分の買い物をした際、1回払いだと次の決済日に100,000円(税抜)円支払わなければなりません。しかし、2回に分割して支払うとなれば、利用日の翌月に50,000円(税抜)、翌々月にも50,000円(税抜)というような形で完済できます。家具や家電など、1つで数万円単位もするような大きな買い物の際には役立ちます。

また、あまり知られていないことですが、分割であったとしても、2回払いであれば、1回払いと同様に金利は発生しないのです。金利を支払うことなく、大きな買い物をスムーズに行いたいということであれば、この方法が重宝します。しかし、どこでもこの2回払いを受け付けてくれるというわけではないので注意が必要です。特に、ネットショッピングとなるとクレジットカードの支払い方法について細かく指定することができないということも珍しくはありません。2回払いでショッピングをしたいのであれば、購入する前の時点で細かな分割指定の対応を行っているか、お店側に事前確認を取ってみることをおすすめします。

分割3回払い以上は?回数と支払いの仕組み

3回以上の分割払いについては、1回払いや2回払いとは違い、金利が利用金額や分割回数に応じて別途でかかってきます。金利がどのくらいなのかはクレジットカードやカード会社によりけりですが、返済期間が長引けば、その分だけ金利もかかってくるため、気をつけなければなりません。例えば、150,000円(税抜)のショッピングをして3回払いにした際、3ヶ月間は、50,000円(税抜)と金利を毎月支払う必要があるわけです。

分割払いには2回や3回の他に、6回や12回払いなどもあります。一般的な最大回数は24回払いです。回数が多くなれば、その分だけ毎月の支払い額は減らせます。しかし、同時に金利は増え、最終的な支払い総額も大きくなるので、そこを考えながら何回払いにするのかを考えていくことが大切です。支払える余裕があるにも関わらず、毎月の支払い額を減らしたいがために分割の回数を多くすると、結果的には自分が損をしてしまうことになります。無駄遣いや衝動買いで金利のかかる分割払いをすることはもちろん避けるべきですが、分割払いの回数に対する配慮もきちんと行いましょう。生活を切り詰めてまで無理して支払いをする必要はありませんが、できる限り少ない回数の分割払いにしたほうが賢明です。

夏や冬のボーナス払い!一括払いと変わらない感覚で利用できる?

学生や専業主婦の方にとってはあまり馴染みがないものかもしれませんが、ボーナス払いという支払い方法もあります。正社員の場合、夏や冬には給与の他にボーナスがもらえる会社は多いものです。そのボーナスを使って支払いを行う方法が、ボーナス払いになります。例えば、年始にボーナス払いでクレジットカードを利用した場合、夏のボーナスがもらえる7月か8月に一括請求されるのです。冬のボーナスの場合は12月か1月に決済となります。お金がなくてしばらく支払いができない、あるいはボーナスを使って一気に支払いを行いたいという場合には便利です。

ボーナス払いの場合、一括で支払うという点に変わりはないので、金利が発生することはまずありません。有意義なショッピングをするためにボーナスを活用するわけですし、余計な手数料もかからないですから、利用者側には特にデメリットはないと考えてもいいです。大きな買い物をしても金利をかけることなく一括で支払いたい時には非常に役立ちます。ただ、決済を行う時期によってはお店側に数ヶ月単位で支払いを待ってもらうことになります。その特性ゆえにボーナス払いが利用できるお店は限られてくることは念頭に入れておきましょう。

リボルビング払い!金額設定が重要となる?

リボルビング払いは、通称リボ払いとも呼ばれていますが、一括払いや分割払いとは全く異なる支払い方法になります。この支払い方法の大きな特徴は、毎月の返済額が固定となっているという点です。支払い額が毎月5,000円(税抜)に設定されている場合、ショッピングに使った金額が10,000円(税抜)であっても、30,000円(税抜)であっても、支払いは一律で5,000円(税抜)ということになります。また、決済の回数についても同様で、ひと月のうちに2回や3回のリボ払いによるショッピングを行ったとしても、支払い額は変わらず5,000円(税抜)です。

この支払い方法で気をつけなければならないのは、負債額が多いにも関わらず、少ない金額設定となっているケースになります。支払い額が少ないと、完済するまでの期間はそれだけ長くなってしまうのです。それだけではなく、リボルビング払いはカード会社の規定に基づいた利息がかかってきますから、金利も支払わなければなりません。そうなると、返済をしているはずが、金利ばかり支払っていて、いつまでも完済ができないということにもなるのです。このような事態を招かないためには、支払いの設定額を大幅に変更するか、利用額に応じて支払いの設定額が変わる形式のリボルビング払いにすることが大切なポイントとなります。また、よほどお金に困っている状況以外では、リボルビング払いを利用しないように心掛けましょう。

支払いの手順と手数料の有無!どんなものがあるの?

支払い方法については、ショッピングの際に指定したもの、あるいはクレジットカードで予め定められているもので決定されます。しかし、これらの決済の支払いを済ませるためには、カード会社によって指定された日付で返済を行う必要があるのです。その支払い手順についても、いくつかの種類があります。最も一般的な方法としてはまず、口座振替が挙げられます。簡単に言うと、引き落としを行うサービスのことで、指定の銀行口座に予めお金を入金しておき、あとは返済日になったら自動的に支払いを行うというものです。その他の支払い手順としては、カード会社の口座へ直接振り込む方法やコンビニ決済もあります。

口座振替の場合は自動で引き落としが行われるだけなので、特に手数料を負担することはありません。ただし、カード会社の口座へ振り込む方法だと、振込手数料を自己負担することになります。コンビニ決済についても同様で、コンビニで処理を行う上で振込手数料が必要となります。手数料が具体的にはいくらになるのかについては、利用する銀行やクレジットカードによって左右されることもありますが、いずれも数百円程度はかかります。それほど大した金額ではないと思うかもしれませんが、毎月支払うとなれば、年単位で考えると決して無視できない大きな金額になるのは間違いありません。そのため、手数料がかからない口座振替が最善の支払い手順なのです。

どうすれば貯蓄ができる?

基本的には口座引き落としで!スムーズに支払いを済ませよう!

毎月の支払いに手数料がかからないという点から重宝されやすい口座振替ですが、適用されている理由としてはそれだけに留まりません。支払い日が毎月固定されていることと、スムーズに支払いを済ませられるというメリットもあるのです。銀行振り込みやコンビニ決済の方法を取ると、つい支払うのを忘れてしまうこともあるかもしれません。しかし、自分のタイミングで前もって銀行口座へ入金を済ませておきさえすれば、あとは自動的に引き落としによって支払いが完了するので安心できます。

口座振替なら、カード会社側にもスムーズに返済してもらいやすいというメリットがあるため、支払い手順の基本となっています。クレジットカードを発行した時に、口座振替依頼書という書類も同封されているので、必要事項を記入した上で速やかに返送をすれば、問題なく引き落としによる支払いが行えるようになります。引き落としになることによるメリットはあっても、デメリットは特にありません。特別な事情がない限りは、カード会社も推奨している口座の引き落としによって支払うようにすることをおすすめします。他の支払い手順を踏むのは、口座の残高不足によって引き落としが行えなかった時や、支払いができずにカード会社側から指定された時などといった場合のみにしておきましょう。

▲目次にもどる