目次

クレジットカードを作るのに、年齢制限なんてあるの?

クレジットカードを作る際に、ひとつ基準になるのが年齢ですが、クレジットカード全般に共通した年齢制限というものは存在していません。年齢制限は各クレジットカード会社によってさまざまです。一般的にクレジットカードは信用力の表れでもありますので、安定収入があって、かつ社会的にある程度の信頼性があると判断された方に対して発行されます。そのため、従来は未成年に対してクレジットカードを発行する会社は少なかったのですが、年会費無料のカードを中心に未成年でも作れるクレジットカードが増えてきました。

法律でクレジットカードを作れる最低年齢が決められているわけではありませんが、多くのカード会社の申し込み資格を見てみると、ほとんどが『18歳以上(高校生を除く)』となっていることがわかります。つまり、18歳以上の大学生からがクレジットカードを持てる基準と考えておきましょう。ただし、未成年の場合には特殊な規定や申し込み条件が加わることがありますので注意が必要です。逆に、年齢制限は上限もある程度ですが決められています。60歳や65歳といった定年退職を迎える年齢になると、申し込み資格にはひっかからないものの、審査は通りにくくなります。

このように、クレジットカードには明確な年齢制限はないですが、おおよそ18歳~65歳くらいまでが対象になっていると考えてよさそうです。

18才未満の方の場合はデビットカードなら発行可能

上でも解説したように、ほとんどのカード会社は18歳未満にはカードの作成資格を与えていませんので、個人のカードを持つことは不可能だといえます。18歳未満で安定収入があるケースというのは、中学校卒業後すぐに就職をして働いている場合などがあげられます。それ以外にも、高校に通いながらアルバイトなどを通じてある程度の収入を得ている方もいます。このようなケースでは、16歳や17歳でも新入社員と同等の月給をもらっている場合がありますが、このように大きな収入がある場合でもクレジットカードの作成はできません。

18歳以下で、どうしてもカードを持ちたいという場合には、クレジットカードとは若干異なるものの、同じような使い方ができるデビットカードがおすすめです。デビットカードはクレジットカードとは違い、限度額という概念が存在しません。クレジットカードは通常、支払いがひと月程度遅れて行われますので、その間はクレジットカード会社から借り入れをしているのと同じ状態にあります。そのため、クレジットカードではひと月に使える金額には限度額が設定されるわけですが、それに対してデビットカードはあらかじめ登録しておいた銀行口座から即日引き落としがあるため、事実上、『銀行口座の残高=限度額』というイメージになります。

口座の残高という実際に存在するものが限度額になっているため、信用力はクレジットカードほど必要ないわけですね。また、年齢に関してですが、発行元によっては15歳以上であれば親権者の同意なしで作ることが可能なものもあります。

18才、19才の場合には学生カードや家族カードがおすすめ

18歳や19歳の場合には、未成年ではありますが、いよいよ多くのクレジットカード会社において個人のクレジットカードを持つことができる年齢になります。個人のカードを持つことができるといっても、申し込みには必ず親権者の同意が必要で、無断でつくることは原則できません。申込みの際の提出書類として、同意書を求められますので、その所定の同意書に親権者直筆のサインと印鑑が必要になります。親権者の同意を取ることは、未成年者にとってもっとも高いハードルかもしれません。しかし、クレジットカードの使用目的をしっかりと話すことで、同意を得られる可能性もありますので、クレジットカードが必要な理由を正直に話すようにしましょう。

クレジットカードの中には、このような方を対象にした学生カードというものが存在します。大学生や専門学生といった学生でも作りやすく審査が通りやすいカードですが、このような学生カードの場合であっても、親権者の同意は必要になります。ほとんどのクレジットカードには家族カードという制度があります。これは、家族の誰かがクレジットカードを持っている場合に、その権限で所定の枚数の同様のカードを発行できる制度です。もし親などがクレジットカードを持っている場合には、学生カード以外でも家族カードを利用することによってクレジットカードを持つことはできますので、お願いしてみるのもひとつの手です。

ちなみに、カードによっては親権者の同意がない場合には限度額は10万円程度、親権者の同意がある場合には30万円というように限度額が同意の有無によって変動するものもあります。

高校生はクレジットカードを持てない

これまで見てきたように、高校生という属性自体がクレジットカードの作成対象外となっているため、高校に在学している最中はクレジットカードを諦めるしかありません。年齢が規定の18歳以上であっても、留年などの理由で高校に未だ在学しているという場合にはクレジットカードを申し込むことができないので注意が必要です。メガバンクなどが発行するクレジットカードには、学生の場合であっても、成人をしている場合にはカードの作成が可能な場合もあります。しかし、その場合であっても、成人した学生というものが大学生や専門学生を対象としているため、高校生は不可能だと考えるのが普通です。

このように、高校生はクレジットカードを作るという行為においてはもっとも不利ですので、とにかく高校在学中は我慢するしか方法はありません。もしくは、ネットショップや定額課金などのように、決済方法が限られているものを購入するためにどうしてもカードが必要だという場合には、『18歳未満の方の場合』でも紹介したように、デビットカードの利用を検討しましょう。例外的にではありますが、高等専門学校などのある特殊な条件を満たすことによって高校生という肩書きでもクレジットカードが発行されるケースもあります。しかしこれは稀なケースですので、通常は高校生でクレジットカードを持つことは不可と考えるべきです。

クレジットカードは、20才以上の社会人なら誰でも申し込める

20歳を過ぎて成人を迎え、かつ社会人として働いているのであればようやく自分一人の判断でクレジットカードを作ることができるようになります。当然、親権者の同意書も必要なければ、提出書類の内容によって限度額が制限されるといったようなこともありません。
ただし、申し込み自体をすることは誰でもできますが、審査が通るかどうかは、また別問題です。成人をしていて働いていたとしても、フリーターなどの場合には審査が通らないクレジットカードも多く存在しますので、申し込み前に条件にはよく目を通すようにしましょう。

世間一般でハイステータスといわれているようなクレジットカードや、富裕層をターゲットにしたトラベルやレジャーなどにサービス内容の充実を図っているクレジットカードは審査が通りにくい典型です。もしカードのステータス性にこだわらず、とりあえずクレジットカードを持ちたいという場合には、年会費無料や大衆向けのサービスを展開しているようなクレジットカードに申し込みをしましょう。また、付帯サービスの充実などを考えなければ、アルバイトやパートなどでも作れるクレジットカードは増えてきていますので、とりあえず審査を受けてみることをおすすめします。毎月の収入が少なかったとしても、限度額は低く抑えられる可能性はあるものの、意外と簡単に審査をパスできるカードも多く存在します。


35歳を過ぎて初めてクレジットカードを申し込む場合は要注意

35歳という年齢は社会人としても非常に脂ののっている時期で、もっともキャリアアップが期待される時期でもあります。そんな働き盛りの年齢ではあるものの、35歳になって初めてクレジットカードを取得する場合には逆に審査が通りにくくなるというケースもありますので注意が必要です。この理由としてはさまざまなことが言われますが、一般的には信用情報が綺麗すぎるということが理由に挙げられます。

クレジットカードの発行に際しては、申込者の信用情報を専門機関に問い合わせることで、それをもとに審査を行っています。このときに、35歳という年齢まで過去に借り入れやクレジットカードの利用などが全くないとなると、審査をするもとになる情報が適切に得られないということになり、審査が通過しないことがあるのです。これはいわゆるスーパーホワイトという状態で、利用履歴がないだけにどのような判断を下していいのかがカード会社としても分からない状態です。

ただし、そんな場合でも、上述したような大衆向けに用意されているようなクレジットカードでは、ほとんどの場合は作ることができますので、ステータスを求める場合でもこういったカードで利用実績を積んでいくしかありません。もしクレジットカードを作ることができない特別な理由がないのであれば、このような状態に陥らないためにも、なるべく早い20代のうちに1枚でもいいのでクレジットカードを保有し、利用実績を積んでおくのがベストですね。

高齢になると、クレジットカードの審査が厳しくなる

65歳を目安に、高齢者になってくるとクレジットカードは作りにくくなる傾向にあります。これは突然の死亡などに伴う貸し倒れのリスクを勘案したものとも考えられますが、一方で、安定収入がないというのも大きな問題です。65歳というと年金の受給がスタートしている年齢ですが、クレジットカードを発行する際の審査としては、年金は安定収入とは考えないのが一般的です。申込みの条件として、『社会人で安定収入のある方』という書き方がされているものに関しては、年金での収入では非常に難しいといえます。

ただし、高齢になると絶対にクレジットカードを作成できないのかというとそういうわけでもなく、なかには高齢者を対象としたクレジットカードを発行している会社も存在します。高齢になってからのクレジットカードの作成を考えている場合には、このようなカードを選ぶと審査に通りやすくサービス内容も高齢者を対象としたものが多いため、使い勝手も良いはずです。クレジットカードは高齢になると作りにくくなるという事実は一般的にも知られるようになってきたため、会社員として働いている信用力のあるうちに必要なカードは作ってしまうという方も多くいます。

また、独立を考えている方も同様で、起業したばかりの経営者の場合にはクレジットカードは非常に作りにくいといわれていますので、できれば独立前にクレジットカードは作っておいたほうがいいです。

▲目次にもどる