クレジットカードの引き落としができない?そんなときはどうすれば?

目次

クレジットカードの引き落とし日を確認しよう

クレジットカードには締め日と引き落とし日があります。なんらかの原因で引き落とし日に口座からの引き落としができない場合は、支払遅延という扱いになり、信用情報に傷がつく恐れもあります。カードや発行会社によって締め日と引き落とし日は違うため、複数枚を所有している場合には特に注意が必要です。支払遅延が常習的に行われる場合には、カードの強制大会などの措置が取られる場合もありますので、クレジットカードの引き落とし日はカードごとに必ず確認しておくようにしましょう。

残高不足で引き落としができない

クレジットカードは基本的に申し込みの段階や審査に通過した後の段階で、口座振替の登録をします。登録している口座から毎月確定額が引き落とされる仕組みですが、クレジットカードの支払遅延が起こるもっとも多いケースは、引き落とし日に口座の残高が不足していて引き落としができないという場合です。日常的に使っている口座であればATMなどでの引き出しの時に口座残高を常に確認する機会がありますが、普段使わない口座を登録している場合には、うっかり残高不足を起こしてしまうというのはよくあることです。

残高不足によって引き落としができない場合には、クレジットカード会社の方から支払いの督促がはがきで届きます。この督促に従って支払いを行えば、翌月からは問題なく使用することができますが、督促が来る前の段階で引き落としができていないことが分かっているのであれば、必ず自分からクレジットカード会社に連絡を入れましょう。

感覚的に後払いのイメージしか持っていない方が多いですが、クレジットカードは借り入れをしているのと同じです。お金を借りている場合には1日でも支払いが遅れたら信用を失っても文句を言うことはできません。ましてや気付いているのにも関わらず、督促が来るまで自分からなにも行動をしないのは支払い意志がないと思われても仕方ありません。
口座は常に余裕のある状態にしておき、残高不足を起こさないようにするのが一番いいですが、仮に残高不足を起こしてしまった場合でも放置することなく必ず自ら行動を起こすことを心がけましょう。

※参考:『信用や今後の審査に関わる?絶対にやってはいけないクレジットカードの滞納!

銀行振り込みで支払を

残高不足などが原因で口座の引き落としができない場合には、クレジットカード会社によって対応の仕方が異なります。その中でも、もっとも一般的なのは銀行振り込みによる支払いです。クレジットカード会社指定の口座に一括して支払う方法で、もっとも迅速性の高い方法です。うっかり支払期日を忘れてしまっていた場合や、口座の残高を確認していなかった場合などで、手元にお金があるなら銀行振り込みによる支払がもっとも簡単で、かつクレジットカード会社からも信頼されやすい方法です。

自分で引き落としができていないことに気がついた場合には、カード会社のカスタマーセンターに電話を入れ、対応方法を相談してください。本当に勘違いをしていた場合には、電話口で直接オペレータに口座情報を聞き、その場で振込作業を行うのがベストです。また、WEB明細を発行しているカード会社も多いため、WEB上のマイページから明細を確認し、そこに記載されている銀行振込用の口座情報を確認したうえで支払いを行うという方法もあります。

この場合には、使っているクレジットカードによってWEBでの明細の受け取り方や登録方法などがさまざまですので、個々に確認をするようにしましょう。クレジットカード会社からの連絡があるまで引き落としができていないという事実に気付かなかった場合には、自宅宛にはがきが届き、そこに記載されている口座に振込をすることになります。

支払遅延を起こしてしまった場合に、ブラックリストへの登録やカードが作れなくなってしまうのかどうかの質問などは多いですが、ここで紹介しているように、自ら連絡を入れて即日銀行振り込みによる支払を行っているのであれば基本的に大事にはなりませんので安心してください。ただし、これも常習的に続く場合は別で、いくら支払い期日後すぐに銀行振り込みを行っていたとしても、遅延は遅延ですので何度もこのようなことが起こらないように注意してください。

再引き落としで支払を

クレジットカード会社によっては、自ら電話で連絡して銀行振込を希望した場合でも、『再引き落としを後日掛けるので口座に資金の用意をお願いします』と言われるケースもあります。これはカード会社自体が銀行振込による支払に対応していないケースです。この場合は、クレジットカード会社の案内通り、指定された日付までに引き落としの掛かる口座へ入金をしておくだけで大丈夫です。

また、これもカード会社によって異なりますが、今現在手元に資金がなく迅速な銀行振り込みをすることができない場合には、カスタマーセンターに連絡を入れることで再引き落としを依頼することもできます。銀行振込による支払に対応している会社なのにもかかわらず、後日に回してほしいとこちら側からお願いすることはおすすめはしませんが、手元に資金を用意できていない場合は仕方ありません。その場合は再引き落としでの支払いを選択しましょう。

再引き落としに関しては認識を甘く持っている方が多いのも現実で、過去に督促などの大袈裟なはがきなどは届いていないから、自動で再引き落としがかかるときにしっかりと支払いをしていれば大丈夫だと思っている人が多くいます。しかし、これは考えが甘いと言わざるを得ません。督促などのはがきが自宅宛に届いていなかった場合でも、支払期日を守らなかった延滞という事実は変わりません。そのため、毎月のように再引き落としを掛けられている場合には、事前の連絡なしに一発で解約させられてしまうことも十分に考えられますので、その点は重く受け止めるべきです。

コンビニ振込で支払を

従来、クレジットカードの支払いは口座引き落としが基本で、それ以外の方法は多くはありませんでした。しかし、次第に支払方法も柔軟になり、その典型例が上で紹介したような銀行振込です。銀行振込は支払いに遅れた場合だけに限らず、口座の登録をしなくても毎月決まった期日に自ら振り込みを行うといった制度が用意されているクレジットカード会社も存在します。これと同様に、コンビニでの支払いができる制度もあります。

コンビニでの支払いは、基本的に自らお願いする訳ではなく、クレジットカード会社からの連絡を待つことになります。これは、支払遅延が起きているという旨が書かれたハガキや封筒などに同封されているコンビニの支払い用紙を使って支払うケースです。コンビニでの支払い用紙が送られてくる場合は、引き落としの期日から相当期間遅れていることが想定されますので、この場合には延滞分の利息が上乗せされていることが通常です。

そのため、コンビニ支払いは通常よりも支払い金額が高くなってしまいますので、できるだけ避けるようにしたいところです。この点から考えてみても、金利を負担しなくていい分だけ銀行振込による支払がベストだといえます。

参考:『クレジットカードの支払い方法 リボ(分割)の回数やボーナス払い、一括払いとの違いやメリット

お金がない場合はどうするの?

手元にお金がある場合には、銀行振込による支払をするのがもっとも良いということはお分かりいただけたのではないでしょうか。ただし、銀行振込が良いのは分かっていたとしても、どうしても手元に資金を用意できず、支払いをすることができないという場合も考えられます。この場合にも、まずすべきことはクレジットカード会社への連絡です。自ら支払いを遅延してしまっている事実を真摯に認め、その上で手元に資金がないということを伝えてください。そしてどうしたら支払うことができるのかを担当のオペレータに相談しながらリスケジュールを検討します。

仮に、現段階ではお金がないだけで、翌月末であればお金が用意できるという場合であれば、再引き落としをその日を目安に掛けてもらうようにします。逆に翌月末でもお金が用意できないという場合には、リボ払いや分割などに変更するほかありません。金利は多めにかかってしまいますが、リボ払いでは月々の支払額は大幅に軽減されますので、このような場合には真っ先に検討することになります。

このように、一般的にはカード会社に正直に連絡して相談をするのがもっともいい方法ですが、信用情報に傷を付けたくないなどの理由で、できれば相談をしないで解決したいという場合もあります。この場合には、手元資金がないわけですので借り入れをするしかありません。借り入れに関しても、できれば消費者金融などからではなく、親族から借りられるのであれば親族から借りることをおすすめします。

お金を消費者金融で借りるのにも信用情報に掲載されますし、なによりも手元資金で困っているのにも関わらずそこに金利が上乗せされるのは、さらに返済に困ることになりうるからです。もしくは、他社のクレジットカード会社のキャッシング枠を利用するということも考えられますが、こちらも消費者金融と同様に、ぐるぐると自転車操業のような状況に陥る可能性がありますので、できれば避けたいところです。

クレジットカード会社への相談やリスケジュールを中心に、ここに挙げたような対応策でだいたいの場合には解決するはずですが、それでも手持ち資金が不足していてどうしても払えないという場合には、本格的に債務整理などを検討しなければなりません。クレジットカードを複数持っていて、どれもが支払日に間に合わない状態である場合には、一向に未払い金が減っていかない状態に陥っていますので、カード会社よりも弁護士事務所や司法書士事務所への相談を優先的にしましょう。

もちろん、このような状態に陥ることは良いことではありませんが、実際にクレジットカードが原因で債務整理を行うケースは多く存在していますので、恥ずかしいと思わず勇気を持って相談してみることが肝要です。支払いができない状態で長い間放置しておくと、未払い金はどんどん膨らんでいき、金利なども上乗せされていってしまいます。

このように、額が大きくなっていくと債務整理も簡単ではなくなってしまいますので、自分でどうにかすることができないと判断した場合には、早めに専門家に相談することが大切です。このような事態に陥ることのないように、クレジットカードは計画的に利用するようにしましょう。

参考:『クレジットカードが作れない!?考えられる原因と対策を徹底解説!

▲目次にもどる