クレジットカードを紛失してしまった!トラブルに巻き込まれないための対処法とは

目次

クレジットカードを紛失したら、まずは利用停止

「クレジットカードを紛失した」というトラブルが発生した際、最も避けなければならないのは第三者による不正利用です。暗証番号がわからなくても、クレジットカードが手元にある、もしくは番号や名前を把握しているだけで利用できてしまう場面は多数あります。

もし、道端に落としてしまった可能性がある場合、心優しい人が拾って届けてくれることもありますが、同時に悪用されてしまうケースも考えられます。盗難の被害に遭った場合は、悪用される可能性はさらに高まるので注意しなければなりません。

そのようなリスクを背負わないためにも、クレジットカードを紛失したと気づいた時点で、まずはカードを利用停止するのが最初にやるべき対策となります。利用停止をするには、クレジットカードを扱っているカード会社への連絡が必要不可欠です。

電話で連絡をしたら個人情報を照会し、カード所有者本人であることを伝えましょう。それから紛失や盗難の詳しい状況について説明すれば、ただちにカードが一切使えない状態にしてもらえます。多くのクレジットカード会社は、紛失や盗難の場合には24時間体制で電話を受け付けているので安心です。

この時、サポートデスクから今後はどのように対応していくべきなのかについて説明がありますから、しっかりと聞いておきましょう。クレジットカードを紛失したことで動転している状態なら、なおさらメモとして控えた上で冷静に行動する必要があります。

紛失や盗難対策に特化したサポートデスクであれば、最善の対策方法について的確なアドバイスをしてもらうことも可能です。紛失や盗難に遭ったクレジットカードについて、何か不安な点やわからないことがあれば、この時点で質問しておくことをおすすめします。

⇒ 慌てないで!クレジットカードが不正利用されてしまったら、まず何から対応すべき?

クレジットカード紛失時の緊急連絡先は控えておくと便利

スマートフォンやパソコンが手元にあれば、カードがなくても緊急連絡先を調べることは可能です。しかし、紛失時は慌ててしまいがちですから、電話をしようという考えまではなかなか至らないかもしれません。冷静な判断ができず、クレジットカードの行方をただ捜し回るのは賢明な策だとは言えません。

紛失した時に「サポートセンターへすぐに電話をすればいいんだ」と、冷静な判断ができるように、緊急時の電話番号として手帳に書き込んでおく、バッグにメモを忍ばせておくなどの対策をとっておくといいでしょう。スマートフォンの電話帳に予め電話番号を登録しておくのも有効的な手段です。

クレジットカードの紛失や盗難に遭った際に最も重要なポイントとなるのは、いかに早くカードの利用停止ができるかどうかになります。できれば紛失したその日のうち、遅くとも紛失が発覚した当日であることが重要です。連絡が遅くなればなるほどクレジットカードが不正利用される可能性は高まっていきますし、カード所有者の責任としてなるべく早く行動を起こすべきだと言えます。この時、緊急連絡先をきちんと控えておいたなら、最短でカードの機能を完全に停止させることができます。

特に、クレジットカードを複数枚所有していて、カードが入った財布ごと落としてしまった、盗難被害に遭ったという場合は大いに役立ちます。電話番号をメモしてあるのとないのとでは、利用停止するまでの時間に大きな差が出てくるでしょう。数枚あるクレジットカード会社それぞれの電話番号を把握するのは困難を極めるものです。

利用頻度が少なかったり、随分前に使ったきりだったりする場合には、そもそも何というカード会社のクレジットカードを持っていたのかも思い出せないかもしれません。混乱せずに対処できるようにという意味でも、それぞれの緊急連絡先を控えておくと非常に便利です。

クレジットカードを紛失したら、警察署にも届けよう

クレジットカードを紛失したら、カードの利用停止をするだけでいいというわけではありません。サポートデスクへと電話をして利用停止をした後は、そのまま警察署へも出向きましょう。警察というと事件性のあるものでないといけないというイメージを抱く方もいるかもしれませんが、クレジットカードの場合は盗難だけではなく、紛失時も知らせる必要があります。

道端で落としたのではなく、もしかしたら自宅や車の中にあるかもしれないという可能性があったとしても、その確証がない限りはすぐに警察署へと足を運ぶべきです。

第三者による不正利用が実際に行われてしまった場合、その被害額をカード会社に補償してもらうためには、紛失届や盗難届を出した際に警察から受け取れる証明書を用意しなければなりません。つまり、カード会社に紛失や盗難の事実を伝えてクレジットカードの利用停止をするという行為だけでは補償を受けることはできないのです。

他にも補償を受けられない条件は幾つかありますが、カード会社に電話した後となると安心してしまい、警察への届出は後回しになりがちですから、特に注意しておきましょう。

不正利用の被害を受けた日から60日以上が経過してしまうというのも、補償を受けられなくなってしまう条件の1つになります。紛失届や盗難届を警察に提出したとしても、被害に遭ってから長い期間が空いてしまった後では手遅れだということです。だからこそ、早い段階での連絡は欠かせないとも言えます。

警察署へ行くタイミングを見計らっているようでは届出が遅くなってしまう可能性が高まりますから、紛失が発覚したその日のうちに行くのがベストです。サポートデスクに電話をすると、書類を用意するために警察署へ出向くように指示されることもありますから、忘れないうちに行っておきましょう。

クレジットカード会社に届出番号を知らせよう

警察署へ出向き、紛失届や盗難届を出すと、届出の番号を受け取ることができます。この届出番号は、警察署へ届出したことを証明するものですから、受け取ったらきちんとクレジットカード会社へと知らせましょう。届出が受理されればその日のうちに届出番号を入手できますから、わかり次第すぐに知らせるのが賢明です。

カード会社に届出番号を控えてもらうことで、補償を受けるための手続きを進められます。万が一の被害に備えて円滑に補償を受けられるようにしたいのなら、なおさら早い段階で知らせることを意識しましょう。

もし、どうしても警察署へ出向くことができない場合には、インターネット上で電子申請による紛失届の提出をすることも可能です。この場合でも、もちろん届出番号は分かるようになっているため、その画面を画像データとして残しておくか、印刷して保存しておきましょう。

クレジットカード会社へは、届出に関して特に書類の提出を求められることはありませんが、届出番号は電話口で伝える必要があります。この時に番号を間違えてしまわないようにするためにも、きちんと届出番号の控えを見ながら知らせるようにしましょう。

また、届出番号は、単純にカード会社へと知らせるためだけのものではなく、警察署へ状況の確認を取る上でも大切なものとなります。紛失したカードが警察署に届けられていないかどうか、盗難に遭った場合なら犯人を逮捕できたかどうかなどの状況確認をする際、届出番号を把握しているととてもスムーズです。

また、届出をした後に自分で紛失したはずのクレジットカードを見つけた時も、警察署に知らせる必要があるので、その時にも届出番号がわかっていると、警察側としてもわかりやすいと思います。

クレジットカード再発行の手続きをしよう

クレジットカードを失くしたり、盗難に遭ったりしたからといって、問題が解決するまでずっと待ち続けるわけにはいきません。そのままではカードが見つかるまではショッピングやキャッシングの利用ができないということになってしまいますから、生活していく上でとても不便に感じてしまうものです。

光熱費や携帯電話料金などといった毎月かかる固定費をクレジットカードで支払っていた場合は、特に早い段階で再度カードの利用ができるように再発行の手続きを進めたほうがいいです。

再発行をするタイミングですが、一般的には紛失や盗難に遭ってから、数日経った後になります。電話口ではすぐに再発行の意思を伝えることができますが、そこから再発行く手続きを行うための書類を送ってもらうためには何日かかかるためです。

ここで誤解されがちなのは、再発行をするまでの数日の間にクレジットカードが見つかった場合、そのままカードの利用を再開できるのではないかということです。悪用されておらず、自宅の中で見つかった場合でも、クレジットカードの仕様上、利用再開はできません。利用停止した時点でカード番号のデータは抹消されてしまいますから、後から見つかったとしてもクレジットカードの再発行は避けられないのです。

再発行の手順についてですが、まずは手続きを進めるための書類が必要となります。カード会社から届き次第、必要事項を記入して返送することで再発行を行うことができます。書類を返送し、新しいカードが届くまでの期間は大体1週間から2週間程になります。

届いた新たなクレジットカードは、これまで所有していたクレジットカードと同様に問題なく使用することができますが、再発行したこのカードを入手するためには、手数料として¥1,000(税抜)から¥2,000(税抜)程度の手数料がかかるので注意しておきましょう。

⇒ クレジットカードを再発行するときに知っておきたいポイントはこれだ!

新しいクレジットカードで再登録の手続き開始

再発行した新しいクレジットカードが届いたら、古いカードで支払っていた毎月の固定費を再登録する必要があります。なぜなら、新しいクレジットカードは、これまで使用していたものとは番号が全く異なるためです。新しいクレジットカード番号に変更しないまま支払い予定日当日を迎えてしまうと、当然ながらカード決済が行えないので未払いの状態になってしまいます。そうなると生活に支障が出る可能性もありますから、まずは固定費として登録している所へと1つ1つ連絡していきましょう。

再登録をしたい理由については細かく事情を伝える必要はありませんが、もし質問された場合には、紛失や盗難に遭って再発行をしたためと簡潔に答えれば問題ありません。再登録をすること自体は、クレジットカードの再発行ほど時間がかかることはありませんから、できれば新しいカードが届いたその日のうちに済ませてしまいましょう。

決済ができずに振込み用のハガキが届いてしまうと、余計な手数料も支払うことになってしまいます。固定費の支払い登録をしていたのなら避けられない問題ですし、無駄を省くという意味でも早めの行動が重要となります。

何らかのサービス利用料として月額料金をクレジットカードで支払っていた場合にも、同様の手続きが必要となります。必ず電話で連絡する手段を取るべきだとは限らないですから、インターネット上で手続きを進められるようなものであれば、ネットで完了させてしまうことをおすすめします。

ただ、手当たり次第に再登録の手続きを進めていると、どこに連絡をして、どこはまだしていないのか混乱してしまうかもしれません。連絡する前に、どんな支払いを毎月していたのかを予めリストアップしておき、再登録の手続きを行ったかどうかについてもメモしておくと、スムーズに完結させられます。

紛失したクレジットカードが見つかった時の対応

紛失したクレジットカードが見つかった時、すでにカード利用の停止をしていたのなら、再度利用することはできません。なりすましによる利用再開のリスクを避けるため、カード会社は、クレジットカードの利用停止をする際、同時にカード番号の登録を抹消してしまいます。番号に関する登録がないということは、二度と使えないということです。

「せっかくカードが見つかったのに再発行しなければならないなんて…」と、もったいない気持ちになるかもしれませんが、利用者の安全を確保するためには仕方がない仕様なのだと割り切る必要があります。

見つかった時の対応ですが、まずはすぐにカード会社へと連絡を入れておきましょう。連絡したからといって使えるようになるわけではありませんが、知らせない限りは紛失したままという扱いになってしまいます。カードの利用停止から時間がそれほど経っていないのなら、古いカードを回収するための封筒を送付してくれます。カードの再発行が済んでおり、時間がだいぶ経っている場合には自分で破棄するように指示されることが多いです。磁気の部分やICチップをハサミで切るか、シュレッダーにかけるなどした上でゴミとして処理しましょう。

また、カード会社だけではなく、警察署への連絡も必要です。カード会社同様、何の報告もないままだと紛失、あるいは盗難被害に遭ったままだと思われてしまいます。新たに書類を提出しなければならないというわけではないので、紛失時と同様に直接警察署へと出向く必要はありません。

電話でも問題はないので、失くしたクレジットカードが見つかった旨を伝えることが重要です。この時、控えておいた届出番号で情報を照会してもらうとスムーズに話が進みます。カードが見つかった際は、カード会社と警察署の両方へ連絡を終えてこそ、クレジットカード紛失の問題が解決したと言えますね。

 

▲目次にもどる