ポイントが貯まりやすい・貯まりにくいの定義とは?

ポイントクレジットカード

クレジットカードには、カード会社ごとにそれぞれ独自のサービスを展開しています。ポイントプログラムもカードによって異なり、ポイントの貯まりやすさには大きな違いが存在します。わかりやすい例にポイント還元率があるでしょう。カードによっては還元率が0.5%のこともあれば、1.0%以上のこともあります。還元率は必ずしも年会費の高いステイタスカードになるほど高くなるわけではなく、一般カードでも高い還元率のものはたくさんあります

また、誕生月にはポイントが倍以上になったり、特定のお店でカードを使った場合にはより多くのポイントが加算されたりします。そのため、クレジットカードをよりお得に使用したい場合は、上記のようなお得なポイントプログラムを展開しているカードを積極的に選ぶことが重要です。

例えば、楽天カードの通常還元率は1.0%で、100円(税込み)の利用ごとに1円相当の1楽天スーパーポイントがもらえます。ただし、楽天市場での買い物に使用した場合、還元率は4.0%以上に上がります。ライフカードの基本還元率は0.5%で、1,000円の利用で5円相当の1ポイントがつきます。誕生月にはポイント3倍となり、年間の利用合計額によってステージが上がり還元率が良くなるのが特徴です。年間50万円以上の利用額でポイント還元率は1.5倍の0.75%、100万円以上で1.8倍の0.9%、年間200万円以上でなんと2倍の1.0%の還元率となります。

このように、通常のポイント還元率が低くても条件によっては高くなることもあるので、ポイントでクレジットカードを選ぶ場合はポイントプログラムを隅々までチェックすることが重要です。

ポイントが貯まりやすいクレジットカードは?

クレジットカード女性

リクルートカードは通常の還元率が1.2%という、クレジットカードの中でもかなりの高還元率となっています。ポンパレモールやポットペッパー、じゃらんnetなどのリクルートのサービスに対してカードで支払いをすると、さらに1~3%還元率がプラスされます。リクルートカードにはどの国際ブランドでも電子マネーのnanacoとモバイルSuicaが、JCB以外で楽天Edy、SMART ICOCAがつけられます。電子マネーのチャージでもポイント付与の対象となるので、かなりお得なカードといえます。

紀伊国屋三井住友VISAカードは、1,000円(税込み)の利用ごとに1ワールドプレゼントポイントが付与される還元率0.5%のカードです。しかし、このカードを使って買い物をするとワールドプレゼントだけではなく、100円につき1ポイントつく紀伊国屋の独自ポイントも加算されます。さらに、紀伊国屋での利用でKinokuniya Pointは2倍、店頭で洋書を購入するとなんとポイント還元率が10%にもなります。本好きにはたまらないカードなのが特徴です。

Yahoo! JAPANカードで採用しているのは、さまざまなシーンに使える大変便利なTポイントです。Yahoo!公金支払いを利用すると公共料金や税金の支払いまでこのカードで行えるので、1年間に貯まるポイントはかなりのものとなることでしょう。また、5の付く日にYahoo!ショッピングかLOHACOでカードを使うと、ポイントが5倍となるサービスもあります。日常の隅々までお得が実感できるカードとなっています。

ANAカードはビジネスや旅行で飛行機に乗る機会が多い人にとってお得なカードです。ANAグループの飛行機を利用するとフライトマイル以外にも、ボーナスマイルがもらえます。さらに、ANAカードマイルプラス提携店で対象商品を購入すると三井住友VISAカードのワールドプレゼントが貯まるだけではなく、マイルも貯まるのでダブルでお得を実感できます。ポイントとANAマイルは相互に交換でき、5マイルコースでは移行手数料は無料です。

貯まったポイントカードのお得な使い方は?

ゴールドカード

ポイントを有効的に活用する方法のひとつにギフト券があります。商品券やギフト券は現金と同じように利用できるため、生活必需品から趣味のものまで何でも購入できます。また、他のポイントや電子マネーなどに交換する場合も、お得に交換できることが多いのでおすすめです。クレジットカードによっては年会費をポイントで支払えるものもありますが、こちらも交換レートの効率が良いことが多いので、年会費がかかるカードの場合は、ぜひ試してみてください。

クレジットカードのポイントや交換する時期には有効期限が存在する?

プレミアムカード

クレジットカードによっては永久不滅ポイントプログラムを採用しているところもありますが、有効期限が存在ものもあります。有効期限が過ぎてしまうとせっかく貯めたポイントが消滅してしまうので注意が必要です。しかし、有効期限が迫っているにもかかわらず欲しい商品にまだポイントが届かないということもあるかもしれません。

そのような場合はポイントの繰越サービスを利用すると良いでしょう。有効期限を忘れそうという人も事前に繰越サービスを使っておくことで、ポイントの期限を延ばすことが可能です。ポイントの有効期限を忘れないためには、それぞれのカードの有効期限をリストアップして、よく目にする場所に貼っておくなどで対応していきましょう。

ポイントを貯めるためのコツとは?

貯金箱

ポイントを貯めるためのコツとして、キャンペーン情報を随時チェックしておくことが挙げられます。カードによっては特定の商品を特定の時期に購入するとポイント還元率がアップするキャンペーンを展開していることがあります。また、カード会社のネットショッピングモールを利用はポイントを貯めるのに大変便利です。商品によってはポイントが20倍となることも珍しくありません。たいていのショッピングモールには大手のショップも入っているので、使い勝手が良いのが魅力です。ネットモールではとりわけ商品の価格が高いわけでもなく、ただカード会社のネットモールを経由するだけでたくさんポイントが稼げるのでお得です。

クレジットカードには、100円単位でポイントが貯まるものと1,000円単位で貯まるものの主に2種類があります。1,000円単位のものの中には1,000円未満の端数は切り捨てられてポイントがもらえないこともあるので注意が必要です。例えば、1,000円単位の場合は1,980円(税込み)の買いものでも1ポイントしか貯まらない恐れがあります。上記の例では、100円単位のプログラムだとしっかりと19ポイントが貯まるため、カード選びでは何円単位でポイントが貯まるのかチェックすることも、ポイントを賢く貯めるコツといえるでしょう。

まとめ

ポイントはクレジットカードを使う楽しみのひとつです。できるだけお得に手に入れたいのが多くの人の本音でしょう。ポイントを効率的に貯めるためにはカード選びから慎重に行う必要があります。新規にカードの申し込みをしたい人は、ポイントプラグラムについてしっかりチェックしてください。ポイントは必ずしもショッピングだけではなく、公共料金や税金の支払いでもカードを使って支払えば付与されます。お得にポイントを手に入れて、人生をますます楽しんでいきましょう。