クレジットカードによる決済代行の仕組みとは

目次

クレジットカードでの決済代行の仕組みとは?

クレジットカード加盟店であれば、たくさんの現金を持ち歩かなくても、クレジットカードで欲しいものをすぐに買うことができます。その仕組みは、消費者がカード決済をすると、まず「カードで支払いしても大丈夫な人か」という承認依頼がカード会社へ入ります。そして、カード会社が「大丈夫です」と承認すると、決済代行会社を通してカード加盟店にその情報が伝わり、消費者は欲しいものやサービスを手に入れることができます。その後、消費者の指定した金融機関の口座から、カード決済した金額が引き落とされます。

その後ですが、引き落とされた金額から、まずカード会社が手数料を差し引いて、決済代行会社へ支払われます。次に、決済代行会社が手数料を差し引いて、加盟店にお金が支払われることで、一つの取引が完了します。

クレジットカード発行会社は何社かありますが、加盟店はそれぞれの会社と契約していたのでは、大変な手間がかかってしまいますよね。ですが、加盟店は決済代行会社を利用すれば、複数のクレジットカード発行会社と同時に契約したとみなされるのです。
※参考:『これで基本はばっちり!?正しいクレジットカードの使い方をレクチャー!

加盟店側から見た決済代行会社を利用するメリット

決済代行の仕組みは、クレジットカード払いだけではありません。銀行振り込み払い、コンビニエンスストアでの支払い、代金引換払いなども、決済代行のひとつです。決済代行を使うことのできる基準やルールは、それぞれの仕組みによって異なるので、加盟店が個別に契約するのは大変です。そこで、決済代行会社を利用することで、個別に契約していくための手間と時間を省くことができ、消費者獲得の窓口を早く広げられることになります。

消費者の情報管理という面でも大きなメリットがあります。加盟店で独自にクレジットカードなどの個人情報管理をするとなると、セキュリティを強化するために多くの手間と多額の費用が発生します。ですが、決済代行会社を利用すれば、その必要がなくなります。個人情報保護については厳しい時代になってきているので、情報管理を任せることができれば、加盟店は安心して本来の販売業務に集中することができます。

また、決済代行会社を利用すれば、取引相手は決済代行会社の1社のみとなり、経理業務が楽になるというメリットもあります。

決済代行の仕組みを使うための手数料はどうなっているのか

決済代行の仕組みを知ると、クレジットカードで払っている金額の中に、どれくらいの手数料が含まれているのか気になるのではないでしょうか。

手数料には、まずクレジットカード会社に支払うものがあります。その金額の相場は、カード決済した金額の5%です。例えば、ネットショップで、クレジットカード決済して10,000円(税抜)の買い物をしたとします。そうすると、10,000円×5%=500円が、クレジットカード会社に手数料として支払われます。

また、決済代行会社に支払う手数料もあります。会社によっては、無料のところもありますが、決済1件ごとに数十円、もしくは5~10%というところが多いようです。仮に5%とした場合、先ほどの10,000円の決済に対する手数料は500円になり、決済代行会社に支払われます。

その他に、「この人はカード払いしても大丈夫か」という承認依頼をするときにかかる「与信料」という手数料もあります。この手数料は、カード決済1件あたり10円~25円という会社が多いようです。

例に挙げた10,000円のカード決済をしたときには、クレジットカード会社に500円、決済代行会社に500円+与信料10円程度が差し引かれ、加盟店にはおよそ8,990円が支払われることになります。
※参考:『クレジットカードの手数料は怖くない?!便利なカードを100%楽しむカギは手数料にあった!

消費者側から見た決済代行システムのメリット

現金払い以外の支払い方法が増え便利になりましたが、逆に考えると、自分の考えやライフスタイルに合わない支払い方法に不満を感じる方も多いのではないでしょうか。例えば、クレジットカード払いに抵抗がある方は、代金引換払いや銀行振込払いを選びたいですね。自宅でネットショッピングを楽しむことが多い方は、クレジットカード決済ができたほうが便利だと思うでしょう。そこで、決済代行会社を利用している加盟店を選んで買い物をすれば、自分にとって便利な支払い方法を選ぶことができます。

また、ネットショッピングでは、同じ商品を買うなら、クレジットカード決済ができるショップを選ぶという方も増えてきています。クレジットカード会社によっては、ポイントで利益還元してくれるところもあるので、ポイント欲しさにクレジットカードを使用する方も多くいます。現金払いでは、このような特典はほとんどないため、決済代行システムを導入している加盟店を利用するメリットのひとつと言えます。

支払いが滞るようなことがなければ、欲しいものをすぐに手に入れることのできるクレジットカード決済は、とても便利な決済方法です。仕組みやメリットを知ることで、買い物の内容をより吟味できるようになります。
※参考:『クレジットカード決済の仕組みを探る!

▲目次にもどる