知っておこう!クレジットカードの現金還元とはどんなもの?

目次

クレジットカードにあるキャッシュバックと現金還元ってなに?

クレジットカードのキャッシュバックとは、月間の利用額に応じて一定の割合で、現金を還元してくれるサービスです。無条件で、キャッシュバックを適用してくれるクレジットカードもあれば、一定の条件をクリアすることでキャッシュバックの対象となるクレジットカードもあります。また、キャッシュバックには、いくつかの方法があるのですが、それは後ほどご紹介しますね。

次に、現金還元についてです。クレジットカードの現金還元とは、キャッシュバックの総称です。例えば、クレジットカードの月間利用額に対し、付与されるポイントを現金にキャッシュバックする方法や、ポイントを支払額に充当して実質のキャッシュバックを受けるなどの方法があります。

ポイントが貯まるクレジットカードと何が違う?

ポイントが貯まるクレジットカードを、キャッシュバックカードと混同している人も多いのではないでしょうか。カード利用料に応じて恩恵を受ける点は共通していますが、そのためのシステムは異なります。

ポイントを貯められるクレジットカードでは、それぞれ独自のポイントプログラムを導入しています。カードを利用料に応じてポイントが貯まっていき、貯まったポイントに相当する商品やギフト券などに交換できるのです。マイルや異なる会社のポイントに移行できるものもあります。

もちろん商品などを得られるのが大きな魅力ですが、ポイントを貯めたり、どれに交換するのかを考えたりするのも楽しみの一つといえるでしょう。ポイントには有効期限があることが多いので、失効させないように注意する必要があります。

一方、キャッシュバックカードには有効期限がありません。カード利用料に応じて受けられる恩恵はキャッシュバックのみで、ポイントが貯まるクレジットカードのような選択肢はありません。また、キャッシュバックは毎月行われるが一般的なので、ポイントのように貯めるという感覚を感じることは少ないでしょう。

クレジットカードの現金還元は3種類ある!

現金還元には、先に紹介した2つと合わせて3つあります。1つ目は「ポイント充当式」です。クレジットカードは、月間の利用額に対し、カード会社独自のポイントが付与される場合があります。ポイントプログラムの中に「カード利用請求額に充当する」という項目があるのであれば、それはポイント充当式です。貯まったポイントを一定のレートで換算し、申込をすることで利用額に充当され実質のキャッシュバックを受けられます。
このポイント充当式のメリットは、請求額に割引感があるということです。例えば、10,000円支払う予定だった請求額が、ポイント充当により8,500円になることで、目に見えてお得感が生まれるのです。
頑張って貯めたポイントで割引を受けることで達成感を感じたい人などにおすすめの現金還元方法です。

2つ目は「銀行振込式」です。年に1回や2回の割合で、クレジットカードの利用額に対して一定の割合で算出したキャッシュバック額を指定の銀行口座に振り込むという形です。また、一時的にポイントとして付与されて銀行口座に振込される形もこちらにあたります。例えば、5,000ポイント貯まり換金する場合、5,100円になって振込されるなどの特典がある場合もありますので確認することをおすすめします。
この銀行振込式のメリットは、銀行の残高が増えること、そして還元してもらった金額を自由に使えることです。少しでも多く貯金をしたい人、浮いたお金を使って購入するものがすでに決まっている人などにおすすめの現金還元方法です。

3つ目は「電子マネー充当式」です。クレジットカードの利用額に応じて付与されるポイントが、電子マネーに充当されるタイプで、実質的なキャッシュバックといえます。電子マネーであれば日々のお買い物などに使えますので、とても便利だと言えます。
この電子マネー充当式に関しては、使用できる店舗が限られてしまうという特徴があります。普段使う電子マネーの種類と使うお店が決まっている人などにおすすめの現金還元方法です。

知っておきたい!現金還元額を増やす方法!

現金還元を増やす方法としては「メインで使うクレジットカードに一本化する」という方法があります。お店ごとや締め日ごとにクレジットカードを使い分けていると、全体の支払額は大きくても、個々のカードの支払額は小さいため現金還元は下がってしまいます。金額を増やすには、使うカードを取捨選択して一本化すると良いでしょう。また、メインカードに絞る際に、なるべく現金還元率が高いカードに絞った方がより現金還元を増やすことができるでしょう。

また、電気・ガスなどの公共料金をコンビニエンスストア払いや銀行引き落としにしている場合は、クレジットカードにすると現金還元を増やすことができる場合があります。固定費にかかっている費用が大きい場合、それをすべてクレジットカードに変えることで、お得に使うことができますので、検討してみましょう。他にも、リボ払いなどを利用すると、クレジットカードの支払額に応じて付与されるポイントが2倍になるなどの特典があるクレジットカードもあります。

リボ払いの場合、支払額が多ければ多いほど支払期間は長くなりますが、ポイントは貯まりやすいため現金還元を増やすことが可能です。誕生日月にはポイントが5倍などの特典があるカードもありますから、カードの現金還元率だけに気を取られず、そのような特典があるクレジットカードを選んでみるのも一つの手です。

ただし、一括で支払うことができるのにも関わらず現金還元目的でリボ払いをするのは得策でありません。リボ払いは、本来支払うべき総額に数十%という高い手数料が発生する返済方法です。一時的に借金をするという解釈にもなりますので、十分気をつけましょう。

▲目次にもどる