クレジットカードの審査にはグレードによって難易度が存在する

クレジットカードは後払いで買い物ができるメリットがありますが、後払いが許されるのはクレジットカードを持っている人の信用があるからです。クレジットカードを作る場合はカード会社の審査を受けることになります。審査とはクレジットカードの発行を受ける人のお金に関する信用をチェックすることです。お金に関する信用とは、「支払い日に確実に支払ってくれるかどうか」「いくらまでなら支払えるか」ということだと理解すればよいでしょう。

この信用はその人の収入や財産などによって変わってくることになります。そのため、クレジットカードには複数のグレードが設定されているのが一般的です。クレジットカードのグレードはカード発行会社により体系は少し違いますが、一般的には6つのグレードが存在します。グレードが高いものから、ブラックカード、プラチナカード、ゴールドカードと続き、一般的なクレジットカードはシルバーカードやクラシックカードと呼ばれます。さらにその下のグレードとして年会費無料カードのグレードが設定されている場合もあります。

一般的なグレードのクレジットカードを作りたい場合であっても審査は行われます。しかし、高いグレードのクレジットカードはたくさん買い物などができるように大きな信用枠が与えられることになりますので、審査はより厳しくなります。高いグレードのクレジットカードを作ろうとするとそれだけ審査の難易度が上がることを理解しておきしょう。

クレジットカードのランク・ステータスの分け方は?

ゴールドカードは断然お得?!おすすめクレジットカードはコレ!

クレジットカードのグレードが変われば年会費や入手難易度、さらには、付帯サービスの充実度などの特徴が変わってきます。当然それにともなってステータスも変わります。そこで、それぞれのグレードの特徴についてお伝えします。まず年会費無料カードです。比較的簡単に入手できるタイプのカードでアルバイトやパートであっても作れる可能性が高いです。年会費はその名の通り無料で、付帯サービスとしてはポイント付与と海外旅行保険など最低限の付帯保険などベーシックなレベルになっています。

クラシックカードやシルバーカードと呼ばれるグレードになると原則として1,000~3,000円程度の年会費がかかるのが一般的です。入手難易度や付帯サービスのレベルも年会費無料カードとそれほど変わらないことが多い傾向といえます。与信枠が少し大きくなるという点が特徴です。ゴールドカードは低年会費タイプとそれ以外のタイプに分かれていることもあります。低年会費ゴールドカードの年会費は2,000~6,000円程度、付帯サービスはクラシックカードなどよりも少し充実していることもあります。入手難易度はクラシックカードなどより少し上がりますが、中にはアルバイトやパートでも審査に通る可能性があるといわれています。

低年会費以外のゴールドカードの場合、入手は少し困難になります。それでも20歳代で手に入れることができる人もいます。一般的な年会費は1~2万円程度で、付帯サービスとしては国内旅行保険や国内空港ラウンジ無料利用権など充実してきます。プラチナカードになると、さらに審査が厳しくなり入手が困難です。その分付帯保険が充実しコンシュルジュデスクサービスなども使えるようになります。年会費は2~10万円程度です。

一般的には最高グレードに位置するブラックカードは年会費5~36万円程度で付帯保険はもちろんグルメやホテル、ゴルフなどをサポートするサービスも付いてきます。その分入手は困難でカード会社からのオファーがないと作れないことが多い傾向です。

クレジットカードをランクアップさせるためには?

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(法人代表者様向け)」の基本情報や特徴のまとめ

クレジットカードは最初に作ったグレードでずっと固定されてしまうわけではありません。一定の要件を満たして審査に通ればランクアップすることも可能です。例えば、最初は比較的審査に通りやすいクラシックカードを作ったとしても、利用実績を積み重ねることでゴールドカード会員になれる可能性があります。カードのランクが上がればステータスが上がり信用枠も大きくなって大きな金額の買い物ができるようになるでしょう。充実した付帯サービスを利用できる点もメリットといえます。

ランクアップを実現させるためにはポイントがあります。まず、クレジットカードの支払い日に確実に支払いを行うことです。延滞をするとクレジットヒストリーに傷がついてランクアップの審査にマイナスの影響を及ぼすことになりかねません。また、リボ払いなども避けるべきでしょう。リボ払いは使い方によっては便利ですが、一定以上の支払い能力がない人だとカード会社から認識される可能性があります。

ランクアップしたいカードがある場合は、そのカードに支払いを集中させるなど支払い実績を積み上げる努力をすることもポイントです。

クレジットカードによってランクには幅が存在する

11-2

クレジットカードのグレードはさらに細かく分化する傾向があります。例えば、ゴールドカードについては低年会費ゴールドカードとそれ以外の2種類を発行している会社が増えてきました。また、クレジットカードはグレードによってブラックやゴールド、クラシックなどランク分けされていますが、カード会社によってもカードの価値が変わることがあります。

例えば、あるカード会社で発行しているプラチナカードは他のカード会社のゴールドカードと同等レベルとみられることがあります。同じゴールドカードでもある会社のカードより別の会社で作ったゴールドカードの方が価値としては高いと判断されることもあるでしょう。クレジットカード会社によるカードの価値の差は広がっているといわれています。そのため、クレジットカードを作る場合は、どのグレードのカードを作るかだけでなく、どの発行会社のカードを作るかについても検討することが必要です。

カードの価値の優劣を判断するのは簡単ではありませんが、目安としては審査が厳しいほど格が上がると理解しておけばよいでしょう。

まとめ

クレジットカードにはブラックカードから年会費無料カードまで、さまざまなグレードが存在します。高いグレードになるほど審査は厳しくなり年会費も高くなりますが、その分カードで購入できる金額が大きくなり付帯サービスも充実してきます。クレジットカードを作る場合は審査に通るグレードのカードを作るのが一般的ですが、作ったあとで高いグレードのカードにランクアップすることも可能です。

ただし、クレジットカードのグレードはカード会社が違うと同じグレードのカードでも価値が違う場合があることを理解しておくことが賢明です。クレジットカードのグレードについて正しく理解したうえで自分に合ったカードを作りましょう。